接触確認アプリ「COCOA」の登録/設定/使い方を分かりやすく説明してみた。

接触確認アプリ「COCOA」の登録/設定/使い方を分かりやすく説明してみた。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

接触確認アプリ「COCOA」は、厚生労働省が提供している新型コロナウイルスの対策アプリです。

スマホにダウンロードしておくことで、同じく接触確認アプリを入れているスマホと近づいたときに接触情報を署名で記録します。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するには、陽性者と接触した可能性のある人を見つけることが重要です。

そこで今回は、接触確認アプリ「COCOA」の登録方法や設定方法、使い方について詳しく解説してきます。

接触確認アプリ「COCOA」とは
  • 新型コロナウイルス対策のアプリ
  • 過去14日間の陽性者との接触を確認できる
  • 陽性者情報の登録もできる
  • 個人情報やプライバシーにも配慮されている

トップ画像引用元:厚生労働省

接触確認アプリ「COCOA」とは

接触確認アプリ「COCOA」

画像引用元:App Store

接触確認アプリ「COCOA」は、2020年6月19日に厚生労働省が提供を始めたスマホ向けのアプリです。

スマホにダウンロードしておくことで、同じく接触確認アプリを入れている人が1m以内に15分間以上いる場合、自動的に接触情報をスマホに記録してくれます。

万が一、新型コロナウイルスの陽性者と接触した場合でも、接触確認アプリによる通知でいち早く知ることが可能です。

濃厚接触した可能性のある人は外出を控え、PCR検査などの適切な処置につなげることができます。

この仕組みを実現するために利用されているのが、Bluetoothという近距離無線通信機能です。

もともとスマホに内蔵されている機能で、このBluetoothを活用したのが接触確認アプリです。

COCOAを利用する方法
  1. スマホのアップデートがまだなら、先にアップデート
  2. アプリをダウンロード
  3. 登録やBluetoothなどの設定を行う
  4. 利用開始

接触確認アプリ「COCOA」のダウンロード方法

接触確認アプリ「COCOA」は、iPhone・Androidの対象バージョンがダウンロード可能です。

ここでは、iPhone・Androidで接触確認アプリをダウンロードする方法をそれぞれ解説します。

iPhoneにダウンロードする場合

iPhoneで接触確認アプリを利用するには、iOS13.5以上にアップデートされている必要があります。

iOS13.5以上へのアップデートを済ませてからアプリのダウンロードを行ってください。

iPhoneで接触確認アプリをダウンロードする方法は下記のとおりです。

  1. 下記をタップ
    アップルストア
  2. 「COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ」をダウンロード
    (※厚生労働省から提供されています)
    接触確認アプリ「COCOA」03
  3. ホーム画面に「接触確認アプリ」というアイコンが追加されていれば完了
    接触確認アプリ「COCOA」04

Apple Storeのおすすめ欄に出てくることも

なお、7月20日時点では「Appタブ」の「おすすめの新着App」からでも、ダウンロードが可能な場合があります。
接触確認アプリ「COCOA」05

Androidにダウンロードする場合

Androidで接触確認アプリを利用するには、Android6.0以上にアップデートされている必要があります。

Android6.0以上へのアップデートを済ませてからアプリのダウンロードを行ってください。

Androidで接触確認アプリをダウンロードする方法は下記のとおりです。

  1. 下記をタップ
    グーグルプレイ
  2. 「COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ」という名前で、厚生労働省から提供されているため確認してダウンロード
  3. ホーム画面に「接触確認アプリ」というアイコンが追加されていることを確認

Androidの対応端末は?

なお、2020年6月19日時点で動作確認されているAndroid端末は下記のとおりです。

動作確認されている端末(バージョン)
  • ASUS ZenFone 5 (9)
  • ASUS ZenFone 5Z(10)
  • ASUS ZenFone Max M2(9)
  • Galaxy Note 10+(10)
  • HUAWEI MediaPad M3 Lite(7)
  • HUAWEI P20 lite(9)
  • HUAWEI P30 lite(9)
  • Lenovo TB-8504X(8.1.0)
  • Motorola moto g7 power(9)
  • NuAns NEO Reloaded (Trinity)(8.1.0)
  • OPPO Reno A(9)
  • Pixel 3(10)
  • Pixel 3a(10)
  • Samsung Galaxy Note 10+(10)
  • Sharp AQUOS sense3 (SH-M12)(9)
  • SHV41(9)
  • Sony Xperia SOV38(10)
  • TA-1119(10)

接触確認アプリ「COCOA」の登録・設定方法

ここでは、接触確認アプリ「COCOA」の登録方法や初期設定について解説します。

初期設定はとても簡単なので、数分ほどで登録が完了します。

接触確認アプリ「COCOA」の登録・設定方法
  1. 起動から〜利用規約の同意
  2. Bluetoothと通知を有効にする

1. 起動から〜利用規約の同意

  1. 接触確認アプリをスマホにダウンロードしたら、起動して「次へ」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」06
  2. プライバシーについての確認事項が表示されるので、問題がなければ「利用規約へ」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」07
  3. 利用規約が表示されるので、確認したら「規約に同意して次へ」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」08
  4. プライバシーポリシーについて表示されるので、同様に確認して「同意する」を選択
    接触確認アプリ「COCOA」09

2. Bluetoothと通知を有効にする

接触確認アプリは、Bluetoothを利用して接触の検知を行います。

  1. まずは「有効にする」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」10
  2. 接触のログ記録と通知の許可を求められるので、「有効にする」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」11
  3. 「ご登録ありがとうございました」と表示されたら初期設定は完了なので「ホーム画面へ」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」12

接触確認アプリ「COCOA」の使い方

接触確認アプリ「COCOA」の初期設定が完了していれば、下記のような画面(ホーム画面)が表示されているはずです。
接触確認アプリ「COCOA」13

それぞれの使い方を詳しく解説します。

接触確認アプリ「COCOA」の使い方
  • 陽性者との接触を確認する(14日間)
  • 陽性情報の登録
  • アプリを周りの人に知らせる
  • メニューで「アプリの設定」などができる

陽性者との接触を確認する(14日間)

ホーム画面の一番上にある「陽性者との接触を確認する」では、新型コロナウイルスの陽性者と接触があった場合に接触回数が表示されます。

接触確認の情報は1日に1回ほど更新されるので、こまめに確認しておきましょう。

ただし、機能が有効になるのはあくまでアプリをダウンロードして初期設定を終えてからです。

そのため、接触確認アプリを入れる前の接触情報は確認することができないので注意しておきましょう。

陽性者との接触がない場合は、「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されます。
接触確認アプリ「COCOA」14

陽性者との接触が確認された場合

新型コロナウイルスの陽性者との接触が確認された場合は、「陽性者との接触確認◯件」と接触回数が表示されます。

件数の下に表示されるのは、

  • 症状を入力して相談
  • 電話で症状を伝えて相談
  • 陽性者との接触一覧

という3つの項目です。

「症状を入力して相談」と「電話で症状を伝えて相談」では、入力フォームか電話で症状についての相談が可能です。

状況によって、帰国者・接触者外来などへの案内を受けることができます。

「陽性者との接触一覧」では、過去14日間に陽性者と接触した日付と件数が表示されます。

同一の陽性者と複数回の接触が合った場合は、その回数だけ件数が増える仕様になっている点は注意しておきましょう。

陽性情報の登録

保健所や医療機関でPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルスへの感染が確認された場合は、任意で陽性者情報の登録を行うことが可能です。
接触確認アプリ「COCOA」15

陽性者情報の登録を行うと、スマホにダウンロードしている接触確認アプリ上の自分のID(最大で過去14日間の接触情報)が署名でシステムに登録されます。

システムに登録された陽性者情報と接触情報を組み合わせることで、陽性者との接触の有無を確認することが可能になります。

陽性者情報の登録には、PCR検査などをする際に「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム」に登録したメールアドレスか、電話番号あてのSMSに通知される「処理番号」が必要です。

アプリの操作を誤って陽性情報を登録することができない仕組みになっています。

あくまでも、アプリのダウンロードや陽性情報の登録は任意です。

しかし、陽性情報の登録は署名で行うことが出来るので、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ意味でも可能な限りこの取り組みに協力していきましょう。

アプリを周りの人に知らせる

接触確認アプリ「COCOA」は、アプリがダウンロードされているスマホ同士の接触を記録します。

そのため、接触確認アプリをダウンロードしている人がより増えることで感染拡大の防止に効果的です。

「アプリを周りの人に知らせる」では、接触確認アプリ「COCOA」をLINEやTwitter、インスタグラムなどで広めることが可能です。

家族や友人、職場の同僚などに接触確認アプリ「COCOA」の存在を伝えることで、感染拡大の防止に協力できます。

接客業や飲食店、福祉関係の仕事をされている方は、特に不特定多数の人との接触する機会が多いです。

身近に上記のような業種で働いている人がいる場合は、接触確認アプリのダウンロードを勧めてあげましょう。

メニューでできること

ホーム画面左上部にあるメニューでは、「アプリの設定」や「アプリに関する問い合わせ」、「利用規約」、「プライバシーポリシー」などの確認を行うことができます。
接触確認アプリ「COCOA」16

アプリの設定

アプリの設定では、接触確認アプリ「COCOA」のバージョン確認やライセンス確認、過去14日間の接触履歴の削除ができます。

接触確認アプリ「COCOA」18

アプリに関するお問い合わせ

アプリに関するお問い合わせでは、サポートへの問い合わせや接触確認アプリに関する情報の確認、利用者向けのQ&Aを見ることができます。
接触確認アプリ「COCOA」19

利用規約・プライバシーポリシー

利用規約とプライバシーポリシーでは、ダウンロード時にも確認した内容を再度見ることができます。

規約などに関して不安になることがあれば、ここで確認するといいでしょう。

接触確認アプリ「COCOA」の気になるところ

新型コロナウイルス感染拡大を防止するための接触確認アプリ「COCOA」。

個人のスマホにダウンロードするため、個人情報やプライバシーは守られるのか不安な方もいるかもしれません。

ここでは、接触確認アプリ「COCOA」に関するQ&Aを解説します。

接触確認アプリ「COCOA」に関するQ&A
  • 個人情報やプライバシーは守られるの?
  • 陽性者との接触が確認されたら?
  • 感染したら必ずIDの申告が必要?
  • アプリの利用・ID発行を止めるには?
  • アプリに不具合はない?

個人情報やプライバシーは守られるの?

接触確認アプリ「COCOA」のようなスマホアプリによる感染拡大のための取り組みは、各国で行われています。

個人情報やプライバシーに関する姿勢は各国で異なりますが、日本は電話番号や位置情報などを取得しない方法を採用しています。

つまり、COCOAを入れたからといって電話番号や現在位置や移動履歴の情報が漏れることはないとされています。

AppleとGoogleが開発したAPIを利用しており、使用するのはBluetooth機能のみ、とかなりプライバシーに配慮されています。

接触の確認にはスマホごとに割り振られた署名IDを使用します。暗号化された状態で端末内にのみ保存され、1日毎に変化。

そして、14日経過すると過去のIDは端末内からも削除されます。

なお、スマホに保存されている署名IDは、AppleやGoogle、政府が取得できないようになっているため、安心して利用できます。

陽性者との接触が確認されたら?

接触確認アプリの「陽性者との接触を確認する(14日間)」で、陽性者との接触が確認された場合、

  • 症状を入力して相談
  • 電話で症状を伝えて相談

という項目が表示されるようになります。

入力フォームか電話で相談ができるので、状況に応じて帰国者・接触者外来などの受診を案内されます。

受診の際は、接触確認アプリの「陽性者との接触確認◯件」の部分が必要になる事があるので、スクリーンショットを保存しておきましょう。

感染したら必ずIDの申告が必要?

新型コロナウイルスへの感染が確認された場合でも、接触確認アプリへの陽性者情報の登録は任意となっています。

接触確認アプリ「COCOA」をダウンロードして利用するかは、個人の判断に委ねられており強制ではありません。

とはいっても、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するという意味では、陽性者情報の登録をすることで濃厚接触者を把握することに役立ちます。

「個人情報が政府などに知られてしまうのではないか?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、接触確認アプリに保存されるデータは署名IDのみで、ここから個人を特定することは仕様上不可能です。

接触確認アプリ「COCOA」を提供している厚生労働省のホームページにも、プライバシーが保護されていることが明記されています。

アプリの利用・ID発行を止めたい

接触確認アプリ「COCOA」の利用やID発行を止めたい場合の方法は、下記のとおりです。

アプリの利用・ID発行を止める方法
  • 接触確認アプリを削除する
  • アプリのログを削除する

接触確認アプリを削除する方法

何らかの理由で接触確認アプリの利用をやめる場合は、アプリの削除を行います。

iPhone・Androidで手順が違うため、それぞれ解説します。

iPhoneの場合

  1. ホーム画面で接触確認アプリを長押し
    接触確認アプリ「COCOA」24
  2. 「Appを削除」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」22
  3. 確認が表示されるので「削除」を選択
    接触確認アプリ「COCOA」23

Androidの場合

  1. ホーム画面で接触確認アプリを長押し
  2. 右上に表示されるゴミ箱アイコンをタップ
  3. 確認が表示されるので「削除」を選択

アプリのログを削除する方法

スマホ内に保存されている接触確認アプリのログを削除することも可能です。

こちらもiPhone・Androidで手順が違うため、それぞれ解説します。

iPhoneの場合

  1. 設定アプリを開き、「プライバシー」を選択
    接触確認アプリ「COCOA」26
  2. 中央までスクロールし、「ヘルスケア」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」27
  3. 「COVID-19接触のログ記録」を選択
    接触確認アプリ「COCOA」28
  4. 一番下の「接触ログを削除」をタップ
    接触確認アプリ「COCOA」29
  5. 確認が表示されるため「削除」を選択
    接触確認アプリ「COCOA」30

Androidの場合

  1. 設定アプリを開き、「Google」を選択
  2. 「OVID-19(新型コロナウイルス感染症)の濃厚接触の可能性の通知」をタップ
  3. 「ランダムIDを削除」を選択

アプリに不具合はない?

6月19日に厚生労働省より提供が開始されましたが、不具合が見つかり一時配信停止されました。(バージョン1.0.0)

そして、7月3日に不具合が修正されたバージョン1.1.1の配信が開始されています。

現在も不具合が見つかったバージョン1.0.0を利用されている方は、最新バージョン(1.1.1)へのアップデートを行ってください。

感染拡大防止のために接触確認アプリを使おう!

今回は、接触確認アプリ「COCOA」の登録方法や設定方法、使い方について解説しました。

接触確認アプリ「COCOA」とは
  • 新型コロナウイルス対策のアプリ
  • 過去14日間の陽性者との接触を確認できる
  • 陽性者情報の登録もできる
  • 個人情報やプライバシーにも配慮されている

接触確認アプリをスマホにダウンロードしておくことで、陽性者との接触を確認することができます。

陽性者との接触が確認された場合は、アプリ上の入力フォームか電話で症状についての相談が可能です。

症状によっては、帰国者・接触者外来などの案内を受けることができます。

個人情報やプライバシーにも配慮されているので、ダウンロードがまだの方はぜひ、この記事を参考にダウンロードしてみてください。

スマホの除菌・消毒はやるべき?正しい掃除方法とおすすめグッズ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ