DMMモバイルの料金プラン解説!適切なプランをシミュレーション

DMMモバイルの料金プラン解説!適切なプランをシミュレーション

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

さまざまなMVNO(コストを抑えて格安でSIMを提供する会社)がありますが、DMMモバイルはドコモ回線を使用しているということもあり、乗り換え先として人気です。

そこで今回は、DMMモバイルの料金プランを解説して各プランに向いている人を解説していきます。

今回の記事の流れ
  • DMMモバイルの料金プラン
  • 各プランのデータ通信量と料金
  • 各プランの特徴
  • 各プランに向いている人

DMMモバイルの料金プランはどのような内容なのか、さっそく見ていきましょう。

※7月9日に、DMMモバイルが楽天モバイルに買収されるという決定がありましたが、本記事は2019年7月8日の情報をもとに記載しております。

トップ画像引用元:DMMモバイル

DMMモバイルの料金プランをチェック

ディーエムエムモバイル

画像引用元:SNSフリー – DMM mobile

現在DMMモバイルが提供しているプランは大きく分けて、下記の2つです。

『シングルコース』
『シェアコース』

DMMモバイルの料金プランの特徴

プランの特徴を簡単にあげます。

  • 通信だけが必要な人に向けた『データ通信SIMプラン』がある
  • 音声通話やSMSが必要な人に向けた『通話対応SIMプラン』がある
  • データ通信量が余ったら翌月に繰り越せる(一部を除く)

2つコースの中でも、ネットのみ使用できるSIMプランと、通話も対応するSIMプランの2つが存在します。

データ通信SIMプランの特徴

  • インターネットに接続するだけのプラン
  • SMS機能が装備されていない
  • SMS機能を使いたい場合、月額150円でオプションとして申し込む必要がある

通話対応SIMプランの特徴

  • インターネットと音声通話がセットになったプラン
  • SMS機能が最初から装備されている

上記を踏まえて、まずはシングルコースの内容から紹介します。

シングルコース

シングルコースはSIMカードを1枚だけ利用する人のための料金プランです。

どのくらいの通信容量が必要なのかを選ぶだけなので難しくありません。

シングルコースの料金プランの内容
データ通信量データ通信SIMプラン通話対応SIMプラン
ライト440円1,140円
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
8GB1,980円2,680円
10GB2,190円2,890円
15GB3,280円3,980円
20GB3,980円4,680円

シングルコースの特徴

  • 1ヶ月440円〜スマホやタブレットが使える
  • データ通信量に『ライト』がある
  • ライト〜20GBまでと選択肢が多い

ライトとは高速データ通信ではなく、最大通信速度は200Kbpsで通信するプランで、高速データ通信をOFFしたときと同じ速さになります。

追加料金を支払うことで高速データ通信も可能です。

ライトは3日間のデータ容量の合計が366MBを越えると、速度制限される場合があるので注意しましょう。

また、ライトのデータ通信量は翌月に繰り越すことができません。

こんな人におすすめ
  • 1人でDMMモバイルを使う予定である
  • 家族とデータ通信を分け合う予定がない
  • 高速データ通信は必要ない
  • とにかく通信費を安く抑えたい
  • 家や会社のWi-Fiが使えるので、スマホのデータ通信量は少しで良い

シェアコース

シェアコースは家族など複数人でDMMモバイルを使い、データ通信量を分けあって使いたい人に向けたプランです。

シェアコース(8GB〜)の料金プランの内容 その1
データ通信量データ通信SIM
最大3枚プラン
通話対応SIM1枚+
データ通信SIM
最大2枚プラン
8GB1,980円2,680円
10GB2,190円2,890円
15GB3,280円3,980円
20GB3,980円4,680円
シェアコース(8GB〜)の料金プランの内容 その2
データ通信量通話対応SIM2枚+
データ通信SIM
1枚プラン
通話対応SIM
最大3枚プラン
8GB3,380円4,080円
10GB3,590円4,290円
15GB4,680円5,380円
20GB5,380円6,080円

シェアコース(8GB〜)の特徴

  • データ通信量は8GBから選べる
  • 8〜20GBまでと選択肢は4種類
  • SIMを合計で最大3枚まで発行可能

シェアコースで追加できるSIMの数は最大3枚までです。

データ通信SIMと通話対応SIMを何枚ずつ発行するかによって料金が異なります。

シェアコース(8GB〜)は4つのデータ通信量から選ぶことになります。

DMMモバイルではネットだけを使うデータ通信SIMプランがあるので、スマホとタブレットでシェアコースを使うこともできます。

こんな人におすすめ
  • スマホとタブレットなどでデータ通信を分け合いたい
  • 家族・恋人・友達とデータ通信を分け合いたい
  • みんなで高速データ通信を使いたい

【注目】シェアコースの1〜7GBプランもある

基本的にシェアコースは8GBからの申し込みが可能な料金プランです。

しかし、DMMモバイルでは1〜7GBのシェアコースもあり、後からプラン変更ができます。

シェアコース(1GB〜)の料金プランの内容 その1
データ通信量データ通信SIM
最大3枚プラン
通話対応SIM1枚+
データ通信SIM
最大2枚プラン
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
シェアコース(1GB〜)の料金プランの内容 その2
データ通信量通話対応SIM2枚+
データ通信SIM
1枚プラン
通話対応SIM
最大3枚プラン
1GB1,960円2,660円
2GB2,080円2,780円
3GB2,200円2,900円
5GB2,610円3,310円
7GB3,260円3,960円

シェアコース(1GB〜)の特徴

  • データ通信量は1GBから選べる
  • 1〜7GBまでと選択肢は7種類
  • SIMを合計で最大3枚まで発行可能
  • SIM追加が1枚につき月額300円発生する
  • 一旦シェアコース(8GB〜)で契約する必要がある

シェアコース(1GB〜)は、1度シェアコース(8GB〜)を契約する必要があります。

その後、マイページにてプラン変更を行うことでシェアコース(1GB〜)の選択することが可能です。

シェアコース(1GB〜)は、2枚目以降のSIMに関して月額300円の費用が発生します。

ここが、シェアコース(8GB〜)と違う点です。

シングルコースにSIMを追加してシェアコースを利用することもできますが、その場合、追加SIM1枚に対して発行手数料3,000円が発生します。※月額300円とは別の費用

シェアコース(1GB〜)を初めから考えている人は、シングルコースにSIMを追加するのではなく、一旦シェアコース(8GB〜)の契約がおすすめです。

そして、あとからシェアコース(1GB〜)に変更すると余計な費用がかかりません

こんな人におすすめ
  • スマホとタブレットなどでデータ通信を分け合いたい
  • 家族・恋人・友達とデータ通信を分け合いたい
  • みんなで高速データ通信を使いたい
  • 1〜7GBの範囲でデータ通信を分け合いたい
DMMモバイルの料金と通信速度は格安SIMの中でどのくらい?特徴はコレ!

次のページでは、DMMモバイルの豊富なオプションを見てみます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
sunsun
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ