AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxを比較|カメラ・価格的に買いはどっち?

  • 2021年6月3日
  • by.morino

AQUOS R6 SHARP

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

先日行われたAQUOS新製品発表会にて、待望の最新モデル「AQUOS  R6」が発表されました。

発売日は2021年6月中旬以降ですが、約1年3ヶ月ぶりの新モデルということで、発売を心待ちにしているファンの方も多いのではないでしょうか。

幅広いユーザーのニーズに応えたモデルを世に送り出してきたAQUOSですが、Rシリーズはその中でもハイエンド系のシリーズに該当します。

今回は、AQUOS R6とiPhoneの最新ハイエンドモデルiPhone 12 Pro Maxのスペックを比較し、今どちらが買いなのかを探っていきます。

どっちが買い?
  • カメラ性能やスペックなど共通点が多い
  • ドコモ・ソフトバンクユーザーならAQUOS R6が買い
  • それ以外のキャリア・格安SIMならiPhone 12 Pro Maxがおすすめ

※本記事の価格はすべて総額表示

トップ画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6がおすすめな人

AQUOS R6がおすすめな人

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

AQUOS R6がおすすめな人の特徴
  • 最高スペックの国産スマホがほしい
  • 一眼レフ並のハイスペックなカメラ性能がほしい
  • ドコモ・ソフトバンクユーザー

では、各特徴の詳細を見ていきましょう。

最高スペックの国産スマホがほしい

近年はコスパの良い海外メーカーのスマホがたくさん販売されていますが、個人情報流出が懸念されるなど安全性に問題を抱えていることも少なくありません。

その点、国産スマホは少々割高ですが、安全性も高く故障時のサポートも充実しているので安心して長く使いたい人にぴったりです。

とはいえ、安全性だけでなくスペックにも妥協したくない場合の国産スマホの選択肢は限られてきます。

そこでおすすめなのが、今回発売されるAQUOS R6です。

AQUOSの中でもハイエンドに相当するRシリーズの最新モデルなので、スペックは現時点でもトップクラスであることが確約されています。

一眼レフ並のハイスペックなカメラ性能がほしい

AQUOS R6は、ドイツの老舗カメラメーカーであるライカと共同開発したカメラセンサー&レンズを搭載しています。

ライカの部品は本格的な高級デジカメに搭載されることは珍しくありませんでしたが、スマホのカメラに使用されるのは珍しい事例です。

AQUOSシリーズ最高峰となる高級一眼レフ並のハイスペックなカメラは、国内のみならず海外からも注目されています。

専用のデジカメを購入するよりもコスパが良いので、写真好きな人におすすめです。

ドコモ・ソフトバンクユーザー

AQUOS R6は、ドコモとソフトバンクから発売されます。

既にドコモ・ソフトバンクを使っている方か、これからドコモ・ソフトバンクへの乗り換えを検討している人におすすめです。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 12 Pro Maxがおすすめな人

iPhone 12 Pro Maxがおすすめな人

画像引用元:iPhone 12 ProまたはiPhone 12 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

iPhone 12 Pro Maxがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

iPhone 12 Pro Maxがおすすめな人の特徴
  • iPhoneが好きで使い慣れてる方
  • カメラにこだわりたい
  • SIMフリー版がほしい

iPhoneが好きで使い慣れてる方

iPhoneは、日本で約50%近くのシェアを誇るほどの人気なので、今使っているスマホがiPhoneという方も多いのではないでしょうか。

おサイフケータイなど国産スマホ独自の機能などは搭載していませんが、OSの更新が長くサポートされる、ウイルスやマルウェアに感染しないなど、非常に高い安全性を有しているので長く使えるのも魅力です。

iPhoneは価格や用途に合わせたモデルがたくさん用意されており、その最新モデルであるiPhone 12 Pro Maxはハイエンドモデルに相応しい高いスペックを有しています。

使い慣れているiPhoneでハイスペックな端末がほしい人は、iPhone 12 Pro Maxがぴったりです。

カメラにこだわりたい

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone史上最高のカメラ性能を持ったモデルです。

前モデルから引き続きトリプルカメラカメラを採用しており、特に広角カメラは前モデルよりもセンサーサイズが大きくなり、光学手ブレ補正を付けるなどかなり力を入れています。

2.5倍までズームできる望遠レンズも画質の劣化が少なく、拡大写真を撮影したいときにも重宝します。

このように、iPhone 12 Pro Maxはとにかくカメラ性能にこだわりたい人にもおすすめです。

SIMフリー版がほしい

AQUOS R6は入手ルートが限られますが、iPhone 12 Pro Maxは主要キャリアだけでなくApp StoreでSIMフリー版も販売されています。

そのため、キャリアの格安プランや格安SIMでハイスペックなスマホを運用したい人にもおすすめです。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|価格編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの価格比較

画像引用元:AQUOS R6 SH-51B

ユーザーが最も気になるポイントが販売価格ではないでしょうか。

ここでは、AQUOS R6とiPhone 12 Pro の価格を販売チャネルごとに比較していきます。

AQUOS R6の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ115,632円77,088円ドコモ公式ショップ
ソフトバンク133,920円確認中ソフトバンク公式ショップ

※ドコモはスマホおかえしプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

AQUOS R6はドコモでは割引前で115,632円、スマホおかえしプログラム適用で77,088円で購入することが可能です。

同時期に発表された同じくハイエンドモデルのXperia 1 IIIが約15万円だったことを考えると、AQUOS R6は比較的手に届きやすいハイエンドモデルと言えるかもしれません。

AQUOS R6はドコモとソフトバンクから発売予定で、すでに予約受付が開始されています。

AQUOS R5Gの時よりも販売チャネルが少なくなっており、ドコモユーザーとソフトバンクユーザー以外は入手しづらいですね。

AQUOS R6の価格
  • 115,632円(ドコモ)
  • ドコモとソフトバンクで予約受付中

iPhone 12 Pro Maxの価格

iPhone 12 Pro Max128GB256GB512GB
ドコモ通常142,560円156,024円182,952円
スマホおかえしプログラム95,040円104,016円121,968円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常141,900円155,150円181,540円
かえトクプログラム75,900円83,030円97,060円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常151,920円166,320円194,400円
トクするサポート+(特典A)75,960円83,160円97,200円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常129,580円141,680円165,880円
詳細Apple公式サイトを見る
一方、iPhone 12 Pro Maxの価格は12万9,580円~19万4,400円と、現時点で発売されているスマホの中でもトップクラスに高額な価格設定となっています。

主要キャリア4社に加えてSIMフリー版も販売されているため、販売チャネルはAQUOS R6よりも多いです。

AQUOS R6のようにキャリアの縛りがなく入手しやすいのは大きなメリットですね。

ただし、キャリアの販売価格は割高です。

機種購入代金の一部が免除されるプログラムを利用しないのであれば、App Storeでの購入をおすすめします。

iPhone 12 Pro Maxの価格
  • 128GB:12万9,580円~15万1,920円
  • 256GB:14万1,680円~16万6,320円
  • 512GB:16万5,880円~19万4,400円
  • 全キャリアとApp Storeで販売中

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|カメラ編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのカメラ比較

画像引用元:AQUOS R6 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxは、どちらもカメラ性能に力を入れていることで知られています。

以下に、AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのカメラ比較表を以下にまとめました。

機種名AQUOS R6iPhone 12 Pro Max
アウトカメラ約2020万画素
1インチシングルセンサー
(超広角~望遠をカバー)
F/1.9
約1,200万画素
トリプルカメラ
(超広角/広角/望遠)
超広角:f/2.4
広角:f/1.6
望遠:f/2.2
インカメラ約1260万画素
f/2.6
約1,200万画素
f/2.4
RAW撮影

AQUOS R6のカメラ

今回、AQUOS R6は高級カメラメーカーのライカが監修した1インチの大型シングルセンサーとズミクロンという7枚構成のレンズを採用しています。

従来のAQUOSシリーズは自社ブランドLUMIXのカメラユニットを流用していたので、カメラ性能の目新しさはありませんでした。

しかし、今回ライカと提携したことで、カメラ性能は間違いなく現行スマホの中でもトップクラスの性能へと躍進を遂げています。

流行の複数センサーではありませんが、超広角・標準・望遠をカバーしているので幅広いシーンでの写真を撮影できますよ。

また、光学的なボケの演出に長けているので、誰でも簡単に一眼レフのような背景がぼけたポートレート写真を撮影できるのも魅力です。

AQUOS R6のカメラ
  • ライカ監修
  • 1インチの大型シングルセンサー
  • 7枚構成のレンズ
  • アウトカメラ:約2,020万画素
  • インカメラ:約1,260万画素

iPhone 12 Pro Maxのカメラ

一方のiPhone 12 Pro Maxは、前モデルから引き続き約1,200万画素の超広角・広角・望遠から成るトリプルレンズを採用しています。

とりわけ広角レンズに力を入れており、iPhone 12 Proの6枚構成のレンズから7枚構成のレンズに変更するなど差別化が図られています。

画素数はAQUOS R6に負けますが、写真ごとに最適な絞り値へ自動調整してくれるので自然なボケを演出してくれます。

また、アウトカメラにはLiDARスキャナが搭載されており、暗い場所でも背景を綺麗にぼかしてくれます。

従来のモデルでは難しかったナイトポートレートを、簡単に撮影できるようになったのは嬉しいですね。

iPhone 12 Pro Maxのカメラ
  • 超広角・広角・望遠から成るトリプルレンズ
  • 7枚構成の広角レンズ
  • アウトカメラ:約1,200万画素
  • インカメラ:約1,200万画素
  • 暗い場所に強いLiDARスキャナ搭載

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|サイズ編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのサイズ比較

画像引用元:AQUOS R6 SH-51B

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxは、どちらも近年流行の大型スマホに該当するサイズです。

以下に、AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのサイズ比較表を以下にまとめました。

機種名AQUOS R6iPhone 12 Pro Max
サイズ幅:74mm
高さ: 162 mm
厚さ: 9.5mm
幅:78.1mm
高さ:160.8mm
厚さ:7.4mm
重量207g226g

どちらの機種もサイズ感はほぼ同じで、大型スマホらしく手に持つと重厚感があります。

重量はAQUOS R6の方が軽量ですが、注目すべきはAQUOS R6は9.5mmの厚みでしょう。

数値だけ見ると、薄型化が進む近年のスマホの中でも分厚い部類です。

とはいえ、これはスマホとしては最大級となる1インチの大型センサーを収めるためだと考えられます。

むしろこの薄さと重量へよく収められたなという印象ですね。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのサイズ比較
  • どちらも大型スマホに分類される
  • ほぼ同じサイズ感だがAQUOS R6の方が分厚い
  • 重量はAQUOS R6の方が軽い

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|ディスプレイ編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのディスプレイ比較

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

以下に、AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのディスプレイ比較表を以下にまとめました。

機種名AQUOS R6iPhone 12 Pro Max
ディスプレイ6.6インチ
(IGZO OLED有機ELディスプレイ)
6.7インチ
(オールスクリーンOLEDディスプレイ)
解像度2,730×1,260ピクセル2,778 x 1,284ピクセル
リフレッシュレート最大240Hz最大60Hz
フレームレート最大120fps最大60fps

まずはディスプレイの見た目とサイズを見ていきましょう。

AQUOS R6はノッチレスなもののややベゼルに厚みがあり、iPhone 12 Pro Maxはノッチがあるもののベゼルは薄めです。

どちらも一長一短ですが、ノッチがない分AQUOS R6の方が没入感があります。

続いてリフレッシュレートを見ていきましょう、iPhone 12 Pro Maxはスマホとしては平均的な60Hzに対応しています。

AQUOS R6は世界初となる240Hzもの高リフレッシュレートに対応しています。

現行のスマホゲームでこれほどの高リフレッシュレートを活かせるコンテンツは少ないですが、AQUOS R6はゲーミンススマホとしても使い勝手がよさそうです。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのディスプレイ比較
  • AQUOS R6はノッチレス
  • iPhone 12 Pro Maxはベゼルレス
  • AQUOS R6は最大240Hzもの高リフレッシュレート対応
  • iPhone 12 Pro Maxのリフレッシュレートは平均的

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|認証編

iPhone 12 Pro Max 実機レビュー7
AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの認証システム比較表を以下にまとめました。

機種名AQUOS R6iPhone 12 Pro Max
指紋認証×
顔認証

AQUOS R6は指紋認証と顔認証の両方に対応していますが、iPhone 12 Pro Maxは顔認証(Face ID)対応のみとなっています。

コロナ禍以前は物理的な操作が不要な顔認証の需要が高かったのですが、マスクを付けることが日常になったコロナ禍以降は指紋認証が見直されつつあります。

しかも、AQUOS R6の指紋センサーはディスプレイ内側に搭載されており、認識エリアは30×20mmと一般的なスマホよりも広めに設計されているのも嬉しいですね。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの認証システム比較
  • AQUOS R6は指紋認証と顔認証の両方に対応
  • iPhone 12 Pro Maxは顔認証のみ

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|カラー編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのカラー比較

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6のカラー展開は、販売チャネルによって異なります。

ドコモの場合はブラックのみですが、ソフトバンクはブラックとホワイトの2色から選択できます。

一方、iPhone 12 Pro Maxのカラーはグラファイト・シルバー・ゴールド・パシフィックブルーの4色から選択できます。

カラーバリエーションの豊富さはiPhone 12 Pro Maxに軍配が上がります。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのカラー比較
  • AQUOS R6:2色展開(※ただしドコモは1色のみ)
  • iPhone 12 Pro Max:4色展開

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|バッテリー編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのバッテリー比較

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのバッテリー性能比較表を以下にまとめました。

機種名AQUOS R6iPhone 12 Pro Max
バッテリー容量5,000mAh3,687mAh(非公式)
急速充電×
約30分で最大50%充電
ワイヤレス充電×
Qi充電、MagSafe充電対応

AQUOS R6は、AQUOS史上最大の5,000mAhもの大容量バッテリーを搭載しています。

独自のバッテリーセーブ機能「インテリジェントチャージ」も搭載しているので、長時間の動画視聴やゲームプレイも安心ですね。

なお、急速充電やワイヤレス充電には対応していません。

一方のiPhone 12 Pro Maxのバッテリー容量は非公表ですが、TENAA(中華人民共和国工業情報化部)調べで3,687mAhであることが確認されているようです。

この情報を元にして考えると、バッテリー容量は平均的ですが、急速充電やワイヤレス充電には対応しているので汎用性の高さはiPhone 12 Pro Maxに軍配が上がります。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのバッテリー比較
  • 本体のバッテリー容量はAQUOS R6に軍配
  • 急速充電・ワイヤレス充電の汎用性はiPhone 12 Pro Maxに軍配

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Max比較|処理性能編

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの処理性能比較

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの処理性能比較表を以下にまとめました。

機種名AQUOS R6iPhone 12 Pro Max
CPUSnapdragon 888A14 Bionic
RAM(メモリ)12GB6GB
ROM(ストレージ)128GB128GB
256GB
512GB
micro SD○(1TBまで)×

CPUのベンチマークだけを比較すると、AQUOS R6に搭載されたSnapdragon 888よりもiPhone 12 Pro Maxに搭載されたA14 Bionicの方が上回っているという結果が公表されています。

もっとも、スマホの処理性能はCPUだけで決まるものではありません。

Antutuスコアを見ると、AQUOS R6は72万点台の後半、iPhone 12 Pro Maxは64万点台の前半です。

Antutu総合スコアは40万点以上あれば処理性能がスムーズとされていますので、両機種ともその基準を軽く超えているので処理性能は非常に優れています。

AQUOS R6は12GBの高速RAMを搭載しているので、その分処理性能が上回ったものと思われます。

続いて、ROMについて見ていきましょう。

AQUOS R6のROMはハイエンドモデルにしては少々不足感がありますが、micro SDに対応しているため容量の拡張ができるので問題ないでしょう。

iPhone 12 Pro Maxの場合は、使い方に合わせてROMの容量を3種類から選択できますが、ROMの容量が増えるほど価格も高くなるのはデメリットの1つです。

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの処理性能比較
  • AntutuスコアはAQUOS R6に軍配
  • AQUOS R6はROMが少ないがmicro SDで拡張可能
  • iPhone 12 Pro MaxはROMが増えるほど価格が高くなる

AQUOS R6の特徴まとめ

AQUOS R6の特徴

画像引用元:AQUOS R6の搭載機能|AQUOS:シャープ

ここまでに解説してきたAQUOS R6の特徴は以下の通りです。

AQUOS R6の特徴
  • ドコモ・ソフトバンクから2021年6月中旬に発売
  • 価格は約11万円(ドコモの発売価格)
  • ライカと共同開発したハイスペックなカメラユニット
  • 指紋認証&顔認証対応
  • AQUOS史上最大となる5,000mAhの大容量バッテリー
  • CPUの性能はiPhone 12 Pro Maxに劣るが総合力は上

また、この他にも国産スマホではお馴染みのおサイフケータイや防水防塵にも対応しています。

あらかじめ位置情報を登録してテザリングのオン/オフを自動切り替えできる「テザリングオート」や、指紋センサーを長押しして電子決済アプリをさっと起動できる「Payトリガー」など、日常生活に便利な機能も見逃せません。

AQUOS R6のその他の特徴
  • おサイフケータイ対応
  • 防水防塵対応
  • テザリングの自動オン/オフ
  • 指紋センサー長押しで電子決済アプリを起動
AQUOS R6の評価レビュー|予約/発売日・価格・スペックを解説【2021年】

iPhone 12 Pro Maxの特徴まとめ

iPhone 12 Pro Maxの特徴

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

ここまでに解説してきたiPhone 12 Pro Maxの特徴は以下の通りです。

iPhone 12 Pro Maxの特徴
  • 価格は12万~18万円台とやや高め
  • iPhone史上最高のカメラ性能
  • カラーバリエーションが豊富
  • 顔認証のみで指紋認証は非対応
  • ハイエンドモデルとしてはやや見劣り感のあるバッテリー性能
  • 処理性能に優れたA14 Bionicチップ搭載

この他の特徴としては、iPhoneの最上位モデルに相応しい高級感のあるデザインも顕在です。

もっとも、防水には対応しているものの海外メーカーの宿命としておサイフケータイ非対応なのは好みが分かれる点ですね。
これまで国産のAndroidスマホに慣れている人は不便に感じるかもしれません。

また、上下のスピーカーの位置がずれているので、AQUOS R6と比較するとサウンドのバランスが若干悪く感じられます。

サウンドにこだわりのある人は違和感があるかもしれませんが、他の機種と比較しなければ充分優秀です。

iPhone 12 Pro Maxのその他の特徴
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水対応
  • 他機種と比較するとサウンドのバランスがやや悪い
iPhone 12 Pro Max評価レビュー|最上位モデルだけにある5つの機能

ドコモ・ソフトバンクユーザーならAQUOS R6が買い

AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxの比較まとめ

画像引用元:AQUOS R6の搭載機能|AQUOS:シャープ

今回は、AQUOS R6とiPhone 12 Pro Maxのスペックを比較しながら、どちらが買いなのかを見てきました。

どっちが買い?
  • カメラ性能やスペックなど共通点が多い
  • ドコモ・ソフトバンクユーザーならAQUOS R6が買い
  • それ以外のキャリア・格安SIMならiPhone 12 Pro Maxがおすすめ

どちらもカメラにこだわったハイエンドに相応しいスペックを持つスマホですが、今買うのであればAQUOS R6です。

ただし、ドコモ・ソフトバンクユーザーであればという条件が付きます。

前モデルのAQUOS R5Gは全主要キャリアで販売されていましたが、今回は販売チャネルが少なくなっているのは残念ですね。

特にカメラだけを見てもシャープの本気具合がわかる性能なので、入手手段が限られてしまうのはもったいないという印象です。

他のキャリアや格安SIMで運用したいなら、同程度のスペックを持つiPhone 12 Pro Maxがおすすめです。

朗報としては、AQUOS新製品発表会にて、ライカと長期的な技術提携を結んだことが発表されていることです。

今後も、ライカのカメラユニットを搭載したAQUOSスマホがリリースされていくことはほぼ確実でしょう。

今回販売キャリアに該当しない人は、次の機会まで待つのも良いかもしれません。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年】

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。