dマガジンと楽天マガジンを比較!5つのポイントからおすすめはどっち?

  • 2021年7月24日
  • by.haru_11

電子書籍を読む人

マンガを読むなら電子書籍ストアがおすすめ!割引キャンペーンも開催中!

dマガジンと楽天マガジンは雑誌が読み放題で楽しめるアプリです。

同じようなサービスのため、どちらのアプリを使おうか迷ってしまうかもしれません。

今回はdマガジンと楽天マガジンを比較して紹介していきます。

雑誌アプリを探している人はぜひ参考にしてください。

dマガジンと楽天マガジンの特徴
  • 記事ごとに楽しむなら:dマガジン
  • オフラインで読むなら:dマガジン
  • 料金重視なら:楽天マガジン
  • 好きな雑誌を集めたいなら:楽天マガジン

トップ画像引用元:楽天マガジン

dマガジンと楽天マガジンを比較①月額/プラン

プラン

画像引用元:楽天マガジン

まずはdマガジンと楽天マガジンの月額料金とプランを比較していきます。

各サービスの料金は以下の通りです。

項目dマガジン楽天マガジン
月額プラン440円418円
年額プランなし3,960円
無料期間31日間31日間
ポイント付与dポイント
(100円で1ポイント)
楽天ポイント
(100円で1ポイント)
登録dマガジンストア公式サイト楽天マガジン公式サイトへ楽天マガジン

月額料金は楽天マガジンのほうが22円安くなっています。

また、楽天マガジンでは年間プランが用意されていて、年間プランを月額換算すると330円になります。

月額料金と比べると88円も安いです。

さらにdマガジンも楽天マガジンも31日間の無料体験が用意されています。

どちらにしようか迷っている人は、試しに両方使ってみるのもいいでしょう。

dマガジンの場合はdポイントが貯まるため、ドコモユーザーならdマガジンを使うとポイントが使えてお得です。

反対に、楽天マガジンでは楽天ポイントが貯まるため、楽天カードを主に使っていたり楽天市場をよく使う人は、楽天マガジンのほうが貯まったポイントを使いやすいかもしれません。

dマガジンと楽天マガジンを比較②支払い方法

dマガジン

画像引用元:dマガジン

続いてdマガジンと楽天マガジンの支払い方法を比較します。

dマガジンの支払い方法は以下の3通りです。

dマガジンの支払い方法
  • ドコモ料金と合算
  • クレジットカード
  • dポイント

ドコモのケータイ回線の利用者であれば、毎月の支払いと併せてdマガジンの料金を支払うことができます。

ドコモのケータイ回線を利用していない人は、クレジットカードあるいはdポイントの支払いになります。

クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESSが使えるため、ほとんどのクレジットカードが使用できるでしょう。

dポイントは、期間限定や用途限定で付与されたポイント以外のポイントが使用できます。

楽天マガジンの支払い方法

次に楽天マガジンの支払い方法は、以下の3通りです。

楽天マガジンの支払い方法
  • クレジットカード
  • 楽天ポイント

楽天ポイントでも支払いはできますが、決済時に「利用ポイント数」が不足している場合は差額分をクレジットカードで引き落とすため、会員登録時にクレジットカードの登録が必須となります。

登録できるクレジットカードは、VISA、MASTER、JCB、ダイナースクラブカード、American Express、デビット、楽天カードです。

プリペイドカードは対象外ですが、月次決済ができるデビットカードは利用可能となっています。

dマガジンと楽天マガジンを比較③ラインナップ

dマガジン

画像引用元:dマガジン

ここからはdマガジンと楽天マガジンのラインナップを比較します。

まず、各サービスの取り扱い雑誌数は以下の通りです。

項目dマガジン楽天マガジン
取り扱い雑誌数700誌以上600誌以上

数を比べるとdマガジンのほうが100誌ほど多くなっています。

続いて各サービスのジャンルを見ていきましょう。

dマガジンのジャンル分けはこのようになっています。

dマガジンのジャンル
  • 総合週刊誌
  • 女性ファッション
  • 男性ライフスタイル
  • 女性ライフスタイル
  • 料理・暮らし・健康
  • お出かけ・グルメ
  • ビジネス・IT・国際
  • 海外誌
  • スポーツ・車
  • エンタメ・趣味
  • 男性ファッション
  • ムック・増刊

主要ジャンルに加えて、ムック本や増刊号も揃っています。

次に、楽天マガジンのジャンル分けはこのようになっています。

楽天マガジンのジャンル
  • 女性ファッション
  • 女性ライフスタイル
  • ヘア・ビューティー
  • 男性ファッション
  • 男性ライフスタイル
  • IT・ガジェット
  • ビジネス・経済・国際
  • ニュース・週刊誌
  • 芸能・エンタメ
  • 趣味
  • スポーツ・アウトドア
  • 車・バイク
  • 健康・生活・料理
  • グルメ・トラベル
  • 国内旅行ガイド(ムック)
  • 海外旅行ガイド(ムック)

dマガジンより楽天マガジンのほうが細かくジャンル分けされているため、便利に検索することが可能です。

さらに「車・バイク」や「国内旅行」「海外旅行」といったジャンルの雑誌も揃っています。

女性ファッション雑誌の比較

dマガジンと楽天マガジンで共通しているジャンルについて、取り扱っている雑誌を詳しく比較していきます。

女性ファッション誌で具体的に用意されている雑誌の例は以下の通りです。

女性ファッション雑誌dマガジン楽天マガジン
STORY
eclat
CLASSY.
リンネル
sweet
美人百花
marie claire
NYLON JAPAN

どちらも多くの雑誌を取り扱っていますが、dマガジンのほうがラインナップが豊富です。

女性誌のなかでも人気の高いsweetや美人百花なども取り扱っています。

男性ファッション雑誌の比較

dマガジンと楽天マガジンでは、男性ファッション誌も取り扱っています。

男性ファッション誌で具体的に用意されている雑誌の例は以下の通りです。

男性ファッション雑誌dマガジン楽天マガジン
smart
MEN'S NON-NO
OCEANS
LEON
men's FUDGE
CLUTCH

人気雑誌はdマガジンにも楽天マガジンにもありますが、dマガジンのほうが少し雑誌の種類が多いようです。

読みたい雑誌が決まっている人は、各サービスで読めるかどうかを登録前に確認しておきましょう。

スポーツ雑誌の比較

dマガジンと楽天マガジンでは、サッカーやゴルフといったスポーツ系の雑誌も豊富に取り扱っています。

スポーツ誌で具体的に用意されている雑誌の例は以下の通りです。

スポーツ雑誌dマガジン楽天マガジン
週刊ゴルフダイジェスト
ワールドサッカーダイジェスト
スマッシュ
(テニス雑誌)
月間バスケットボース
バドミントン・マガジン
F1速報

dマガジンにはバスケットボールやバドミントンの雑誌も用意されています。

一方、楽天マガジンにはF1の雑誌も取り扱っています。

自分の趣味に合う雑誌があるかどうかで、dマガジンか楽天マガジンか選ぶのもいいでしょう。

dマガジンと楽天マガジンを比較④バックナンバー

楽天マガジン

画像引用元:楽天マガジン

バックナンバーの数は、dマガジンのほうが少し多く取り扱っているようですが、dマガジンと楽天マガジンで大きな差はありません。

しかし、楽天マガジンのほうが広告掲載が多く、dマガジンは広告が非表示されている場合が多いです。

ファッション誌などでは広告も楽しみの1つになりうるため、広告も含めて読みたい人には楽天マガジンをおすすめします。

広告がストレスに感じる人はdマガジンのほうがいいでしょう。

別冊の付録についても、dマガジンのほうが読める物が多いため、付録もしっかり読みたい人はdマガジンをおすすめします。

具体的な雑誌のバックナンバーの数は以下の通りです。

雑誌dマガジン楽天マガジン
MORE3ヶ月分3ヶ月分
VOGUE JAPAN12ヶ月分6ヶ月分
日経ウーマン2ヶ月分2ヶ月分
OCEANS6ヶ月分6ヶ月分
POPEYE2ヶ月分2ヶ月分
ゴルフダイジェスト6ヶ月分7ヶ月分

そのほかにも、ほとんどの雑誌のバックナンバーを取り揃えています。

本屋ではなかなか売られていない過去の雑誌を読み返すことができるため、とてもお得です。

dマガジンでバックナンバーを読む方法

ここからはdマガジンでバックナンバーを読む方法を紹介します。

アプリからバックナンバーを表示させる方法は以下の3通りあります。

アプリから表示
  • メニュー「参加雑誌一覧」から選択
  • 雑誌タイトルに表示される「雑誌紹介」から選択
  • 雑誌タイトル横の「+」ボタンから選択

また、dマガジンはアプリだけでなくパソコンサイトから閲覧することも可能です。

サイトからバックナンバーを表示させる方法は以下の2通りあります。

サイトから表示
  • dマガジン・サイトで雑誌を選択
  • 参加雑誌一覧で雑誌を選択

アプリでもサイトでも簡単にバックナンバーを読むことができます。

dマガジンに登録した際は、ぜひバックナンバーも楽しみましょう。

楽天マガジンでバックナンバーを読む方法

ここからは楽天マガジンでバックナンバーを読む手順を紹介します。

アプリからバックナンバーを表示させる手順は以下の通りです。

アプリから表示
  1. 楽天マガジンアプリを開く
  2. 好きな雑誌をタップ
  3. 「雑誌詳細」画面の[バックナンバー]を確認

楽天マガジンはdマガジンと同じように、パソコンサイトからもバックナンバーが読めます。

サイトからバックナンバーを表示させる手順は以下の通りです。

サイトから表示
  1. 公式ホームページを開く
  2. 雑誌にカーソルを合わせて[バックナンバー]をクリック

アプリでもサイトでも手順は少ないため、バックナンバーも簡単に読むことができます。

登録したら最新号だけでなく、バックナンバーもぜひ楽しんでください。

dマガジンと楽天マガジンを比較⑤アプリの機能

ダウンロードしたコンテンツ

画像引用元:楽天マガジン

ここからはdマガジンと楽天マガジンのアプリの機能を比較していきます。

どちらのサービスを使おうか迷っている人は、アプリの使い勝手も参考にしてください。

dマガジンのアプリの機能

dマガジン

画像引用元:Apple Store

dマガジンにはスマホ(iPhone、Android)とタブレット用のアプリがあります。

アプリの特徴は以下の通りです。

アプリの特徴
  • 記事が見つけやすい
  • ダウンロード機能が充実
  • 「クリッピング」できる

dマガジンでは雑誌を探すときに「記事から選ぶ」を使うことができます。

雑誌本体を検索するだけでなく、雑誌に掲載されている記事から興味のある話題を読めるようになっています。

普段、自分が見ない雑誌であっても、トレンドになっている記事をチェックできるためとても便利です。

記事はジャンルごとにまとまっていて、同じ話題の記事をナナメ読みすることもできます。

また、ダウンロード機能は楽天マガジンよりdマガジンのほうが充実しています。

楽天マガジンは雑誌を開いたときに1冊丸ごとダウンロードされるようになっていますが、dマガジンはダウンロード設定を細かく指定することが可能です。

「自動モード」に設定していると、表紙から開いたときは1冊分、記事から選ぶと記事分がダウンロードされます。

「節約モード」の場合、記事単位でダウンロードすることができるため、通信量を節約できてお得です。

「一括モード」の場合は常に1冊分がダウンロードされるようになります。

また、dマガジンには「クリッピング」機能が用意されています。

「クリッピング」は、本のしおりのように1ページ単位で記事を保存できる機能です。

dマガジンでは100ページまで保存ができて、マガジンを利用している間はずっと保存ができます。

ただし、クリッピングができない記事があったり、クリッピングした記事の前後は読めなかったりするため、注意が必要です

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

楽天マガジンのアプリの機能

楽天マガジン

画像引用元:Apple Store

楽天マガジンにはスマホ(iPhone、Android)とタブレット用のアプリがあります。

アプリの特徴は以下の通りです。

アプリの特徴
  • 雑誌が選びやすい
  • 「ふせん」で読み返し可能
  • 登録が簡単

楽天マガジンは表示のカスタマイズ性が高く、雑誌が選びやすいのが特徴です。

ホーム画面に表示させるジャンルを好きなように設定できるため、興味のある雑誌のみをまとめてすぐに見ることができます。

dマガジンはカスタマイズ機能がないため、色々なジャンルの雑誌をスムーズに読みたい人は楽天マガジンがおすすめです。

また、楽天マガジンには「ふせん」機能が用意されています。

dマガジンの「クリッピング」と同じような機能になりますが、楽天マガジンの「ふせん」はページ数の制限がなく、異なる端末でもふせんが有効になります。

例えば家でタブレットを使って読んでいた雑誌を、通勤・通学中の電車でスマホで読みたい場合でも、「ふせん」を使えば読んでいたところからスムーズに読み始めることができます。

ただし、雑誌の配信期限がすぎると「ふせん」のデータは消えてしまうため注意が必要です。

楽天マガジンは最初の利用登録が簡単なこともメリットとして挙げられます。

普段から楽天市場や楽天トラベルを利用している人なら、楽天アカウントを持っていると思います。

楽天アカウントがあれば楽天マガジンの登録もスムーズです。

特にクレジットカード情報も登録済みなら、面倒なカード情報の入力の手間も省くことができます。

dマガジンでもdアカウントがあればスムーズに登録できますが、auやソフトバンクユーザーの場合、dアカウントを持っていない人も多いかもしれません。

dアカウントがない人は、最初にdアカウントを作ってからdマガジンに登録する必要があるため、登録の手順が増えてしまいます。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

dマガジンがおすすめな人

dマガジン

画像引用元:dマガジン

ここからはdマガジンがおすすめな人を解説していきます。

特にドコモユーザーで、電子雑誌をダウンロードして読みたい人にはdマガジンがおすすめです。

dマガジンがおすすめな人
  • 複数の雑誌を購読している
  • 電子書籍をよく使う
  • 初回無料で試したい
  • 記事ごとに雑誌を楽しみたい
  • オフラインでも電子雑誌を読みたい
  • ドコモユーザー

雑誌だけでなく週刊誌も読んでみたい人や、あらゆるジャンルの雑誌に興味がある人はぜひdマガジンを使ってみてください。

取り扱っている雑誌が豊富にあるため暇つぶしにも十分に使えます。

旬の料理レシピやコスメ・美容雑誌、ムック本もあって、飽きずに楽しむことができるでしょう。

電子書籍はレンタルもできる!おすすめのサービスを紹介【2020年】

楽天マガジンがおすすめな人

楽天マガジン

画像引用元:楽天マガジン

ここからは楽天マガジンがおすすめな人を解説していきます。

特に雑誌を何度も読み返したい人や、楽天の他のサービスを使っている人には楽天マガジンがおすすめです。

楽天マガジンがおすすめな人
  • 好きな雑誌を電子雑誌でも読みたい
  • 海外雑誌を読みたい
  • 雑誌を何度も読み返す
  • 定期購読を検討している
  • まずは無料で使いたい
  • 楽天ユーザー

楽天マガジンは海外の雑誌も豊富に取り扱っているため、海外雑誌を読みたい人にもおすすめです。

ホーム画面に好きな雑誌を集めて一覧で見ることも可能なので、よく読む雑誌が決まっている人には使いやすいでしょう。

無料トライアル期間が1ヶ月もあるため、まずは試しに登録してみましょう。

dマガジンと楽天マガジンは無料で試してから決めよう

今回はdマガジンと楽天マガジンを比較しました。

それぞれの特徴とおすすめな人は以下の通りです。

dマガジンと楽天マガジンの特徴
  • 記事ごとに楽しむならdマガジン
  • オフラインで読むならdマガジン
  • 料金重視なら楽天マガジン
  • 好きな雑誌を集めたいなら楽天マガジン

dマガジンと楽天マガジンはどちらも無料トライアル期間が用意されています。

そのため試しに両方使ってみて、使いやすいほうを継続して利用するといいでしょう。

【2021年】電子書籍ストアおすすめ19選を比較|サービスの選び方は?

マンガを読むなら電子書籍ストアがおすすめ!割引キャンペーンも開催中!

この記事を書いた人
haru_11
ライター歴3年のフリーランス。格安SIM・Wi-Fi・スマホ・アプリなどの記事を執筆。au歴18年からmineoに乗り換えて1年。スマホはXperia。パソコンはWindows派(FUJITSU・ASUS・DELL)。東京都出身の元システムエンジニア(応用情報技術者は取得済み)。