【イモトのWiFi VS グローバルWiFi】レンタルWifi徹底比較|どっちがおすすめ?

  • 2019年12月21日
  • by 
【イモトのWiFi VS グローバルWiFi】レンタルWifi徹底比較|どっちがおすすめ?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回の記事では海外で使えるレンタルWiFiである「イモトのWiFi」「グローバルWiFi」のサービス内容や料金プランを比較して、どのような人におすすめかを紹介していきます。

出張や旅行で海外に赴く際、日本のスマホをそのまま使うと高額な料金が請求される「パケ死」と呼ばれる現象を起こすことがあります。

そのパケ死を防ぐために海外渡航前には、海外専用のモバイルWiFiルーターを契約・持ち運ぶのが昨今の海外旅行ではトレンドです。

今回比較する「イモトのWiFi」「グローバルWiFi」は、海外専用モバイルWiFiルーターでは最大手です。

これから海外旅行に行かれる方は是非今回の記事を参考に、自分に最適なレンタルWiFi業者を選んでみてください。

イモトのWiFi VS グローバルWiFi
  • 単発の旅行や料金の安さを重視する人はイモトのWiFiがおすすめ
  • 頻繁に海外に行く人や受け取り先の数で選ぶならグローバルWiFiがおすすめ
  • 1日あたりの料金はイモトのWiFiがリーズナブル
  • 空港受け取り出来る数はグローバルWiFiの方が多い

トップ画像引用元:【公式】海外でWiFiを使うならグローバルWiFi | 海外WiFi レンタル

データ容量無制限料金プランの利用料金を比較


日本人が比較的好む海外旅行先で、無制限プラン1日分あたりの利用料金をまとめたのが下記表です。

項目イモトのWiFi
(4G無制限・早割あり)
グローバルWiFi
(4G無制限・早割あり)
ハワイ1,900円2,170円
北アメリカ1,900円2,170円
中国1,660円2,270円
(※無制限特別回線)
韓国1,660円1,870円
台湾1,660円1,870円
イギリス1,900円2,370円
フランス1,900円2,370円
ギリシャ1,900円2,370円

1日当たりの利用料金で比較すると、イモトのWiFiの方が安く利用出来るので、単純に利用料金が安いモバイルWiFiルーターを契約したいならイモトのWiFiがおすすめです。

→海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>はコチラ

補償オプションに加入しておくと紛失・盗難時でも安心

海外旅行中で何らかの事情でモバイルWiFiルーターが紛失・盗難してしまった、あるいは故障した時の補償オプションを比較したのが下記です。

会社補償オプション日額修理代金・再調達代金の免除割合
イモトのWiFiあんしんパック200円80%免除
あんしんパックフル300円100%免除
あんしんパックプラス500円100%免除
最大補償額…42万円
グローバルWiFi安心補償パックミニ200円80%免除
+故障時の代替機配送
安心補償パックフル300円100%免除
+故障時の代替機配送
安心補償パックMAX500円100%免除
+故障時の代替機配送
最大補償額…50万円

どちらも有料ですが手厚いサポートを受けられるので、初めて海外旅行に行く際は補償オプションを利用した方が無難でしょう。

料金の安さで選ぶならイモトのWiFi!

補償オプションの内容は大きく変わらないので、利用料金を重視する人はイモトのWiFiの方が1日当たり数百円安いのでおすすめです。

1日程度では大きな違いはありませんが、これが数週間や数ヶ月にも及ぶ出張や長期旅行になると、お財布にかかる負担は決して馬鹿には出来ません。

1日当たりの利用料金も重要な比較点なので、短期・長期問わず料金の安さを最重要視する人にはイモトのWiFiを選ぶと良いでしょう。

イモトのWiFi|特徴・料金プラン・実際の利用者の口コミまとめ

支払い方法で比較

グローバルWiFiの料金

画像引用元:海外WiFiレンタルの料金プランのご案内 | 【公式】海外WiFiならグローバルWiFi

レンタルWiFiはクレジットカード払いが主流ですが、イモトのWiFiとグローバルWiFiの決済方法も比較してみましょう。

イモトのWiFiはAmazon Pay払いにも対応


イモトのWiFiは業界内では珍しくAmazon Pay払いに対応しています。

イモトのWiFiの決済方法
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ・銀行・郵便局で後払い
  • 請求書払い(法人会員のみ)

以前の海外利用可能なWiFiは、クレジットカード払いのみ対応という業者も少なくありませんでしたが、イモトのWiFiはAmazon Payやコンビニ払いにも対応しています。

諸々の事情でクレジットカードを持てない人でも契約できるので「クレカ持ってないから無理…」と諦める必要はありません。

グローバルWiFiはLINE Payに対応しているのが特徴


一方のグローバルWiFiは、LINE Payと銀行・郵便局の後払いにも対応しています。

グローバルWiFiの決済方法
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • コンビニ・銀行・郵便局で後払い
  • 請求書払い(法人会員のみ)

Amazon Payには対応していませんが、グローバルWiFiはLINE Payに対応しています。

LINE PayはLINEアプリ上で利用・管理できるので、老若男女問わず利用出来るユーザーが多いのもメリットでしょう。

LINE Pay/PayPayのチャージで困るクレジットと銀行口座の登録について

支払い方法の評価はAmazon PayかLINE Payを使うかで評価が決まる

イモトのWiFiはAmazon Pay、グローバルWiFiはLINE Payに対応しており、それ以外の決済方法に違いはありません。

決済方法で2社を比較した場合、決め手となるのは使用したい電子マネーに対応しているか否かになります。

逆に言うとAmazon PayもLINE Payも使わないなら、決済方法の面で2社に違いはないので好みの業者を選ぶと良いでしょう。

ビジネス向けの請求書払いは2社共に対応している

イモトのWiFiもグローバルWiFiも、法人限定サービスですが請求書払いに対応しているので帰国後の経費計算が楽なのは嬉しいポイントです。

通常の個人扱いだと出張の度に個別請求なので計算の手間がかかりますが、請求書払いなら個別請求ではなく一括請求できるので、経理担当者の業務を簡易化出来ます。

請求書払いにするには法人の会員登録が必要なので、2社をビジネス目的で利用するなら忘れずに行っておきましょう。

イモトのWiFi|特徴・料金プラン・実際の利用者の口コミまとめ

次の章では引き続き、イモトのWiFiとグローバルWiFiを空港受け取りできる箇所の数やルーターの種類などで比較してみます。

空港受け取りできる空港・カウンター数で比較

WiFi

海外利用出来るレンタルWiFiは、出発前に空港やカウンターでルーターを受け取ってそのまま機内に持ち込む方法が主流です。

イモトのWiFiもグローバルWiFiも空港で受け取り可能ですが、実際に受け取りが出来る空港や窓口数に違いがあります。

「出発前の準備が忙しく、宅配便を使って自宅で受け取るのが難しい…」そんな人は出発時の空港が対応しているかが重要です。

イモトのWiFiは6箇所の空港で受け取り可能
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港(ロッカー受け取り対応)
  • 中部国際空港(ロッカー受け取り対応)
  • 福岡空港(ロッカー受け取り対応)

国際線が発着する代表的な空港は押さえており、西日本の空港ではロッカー受け取りに対応しているのがイモトのWiFiのメリットです。

空港によっては帰国時にいつでも返却できる「24時間返却BOX」を設置しており、その中にレンタルWiFi一式を投函するだけで返却も完了するのも魅力でしょう。

グローバルWiFiは全国18空港、38箇所のカウンターで受け取り可能
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 渋谷ちかみち総合インフォメーション
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 伊丹空港
  • 静岡空港
  • 新千歳空港
  • 旭川空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 宮崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港 など

受け取り可能な空港数の多さもさることながら、渋谷ちかみち総合インフォメーションやJR宮島駅のような、空港以外の施設でも受け取れます

又、下記では、混雑時でも並ばずに受け取れるロッカー受け取りサービスである「スマートピックアップ」に対応しているのもメリットです。

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 関西国際空港

グローバルWiFi公式ホームページでは、スマートピックアップ利用方法の動画もあるので事前に予習しておくと、よりスムーズです。

受け取り可能な空港数・カウンターで選ぶならグローバルWiFi!

受け取り可能な空港・カウンターの数で比較した結果は、グローバルWiFiの方が受け取れる空港・カウンター数が多く勝利という結果になりました。

イモトのWiFiは国際線が発着する大規模な空港に対応しているものの、地方の空港には対応していないので受け取れないユーザーも出てくるでしょう。

しかし、グローバルWiFiは日本全国の空港、また一部施設が対象となっているので、受け取り場所の便利さにこだわるならグローバルWiFiがおすすめです。

レンタルするルーターの選び方を比較

海外で利用するWiFiルーターは、国内利用ではあまり見かけない機種なのでどのルーターを選んだら良いか不安に感じている方もいるかもしれません。

そこでレンタルするルーターはどのように選ぶのかを、イモトのWiFiとグローバルWiFiで比較してみましょう。

最適なルーターを見繕ってくれるイモトのWiFi

イモトのWiFiでレンタルできるルーターはいくつか種類がありますが、申し込み時点で渡航先に合わせて最適なルーターを業者側で選んでくれます。

「渡航先は1ヶ国なのか」「複数の国を回るのか」といったことも含めて対応してくれるので、初めて海外WiFiを利用する人にもおすすめです。

クラウドSIMを生かして1台で多くの国をカバーできるグローバルWiFi

グローバルWiFiで提供しているルーターは1種類のみですが、クラウドSIMに対応しているので1台で200ヶ国以上をカバーできます。

提供しているのが1種類ということは、どこに渡航する場合でも同じルーターなので一度使い方を覚えてしまえば接続は非常に簡単になります。

その為、滅多に海外に行く機会が少ない人より、仕事や旅行で頻繁に海外に行く機会が多い人に向いています。

クラウドSIMとは?SIMカードとの違いとメリット・デメリット

イモトのWiFiとグローバルWiFiどちらを選ぶべき?

悩む男女

イモトのWiFiとグローバルWiFiを比較した結果を踏まえて、『どのような人にどちらがおすすめなのか』を紹介します。

イモトのWiFiは短期・単発の海外旅行の人、料金の安さ重視の人におすすめ
  • 数週間程度の短期海外旅行・出張
  • 直近の海外旅行後、次に海外旅行に行く日程は不明
  • 海外で使うルーターは、1日あたりの料金が安い業者が良い

上記にあてはまるユーザーには、1日あたりの料金が安いイモトのWiFiを選んだ方がお得に利用できるのでおすすめです。

イモトのWiFiは渡航先に合わせて最適なルーターを見繕ってくれるので、いざ海外に行ったが使えなかった…という事態も起こりにくいのもメリットです。

「料金が安くルーターも見繕ってくれる」という特性上、ビジネスよりは旅行をエンジョイしたい人に向いていると言えるでしょう。

グローバルWiFiは出張等で頻繁に海外に行く人におすすめ
  • 渡航期間が数ヶ月に渡る長期海外出張
  • 空港受け取り希望だが、出発地点の空港で受け取れるか不安
  • 帰国後に再度海外に赴く可能性がある
  • 何度も渡航するのでルーターは同じモデルの方が使い慣れるので良い

上記に該当するユーザーは、受け取り可能な空港・カウンターの数が多く、法人向けサービスがあるグローバルWiFiを選ぶのがおすすめです。

グローバルWiFiは提供しているモバイルルーターが1種類のみなので、一度使い方を覚えてしまえば再度利用する時でもスムーズに使いこなせるメリットがあります。

これらの特徴からグローバルWiFiは旅行よりもビジネスで海外出張に赴くビジネスマン向けと言えるでしょう。

グローバルWiFi for Bizなら返却不要で月3GBまで国内で利用可能!

グローバルWiFiは法人向けサービスとして、レンタル後返却手続きが不要の「グローバルWiFi for Biz」を提供しています。

グローバルWiFi for Bizの特徴
  • 一度レンタル出来ればオフィスに置きっぱなしでもOK
  • 使用した日数だけ請求される定額制料金プラン
  • 月3GBまで日本国内でも通信できる日本定額プラン

頻繁に海外に行く機会が多い人ほどレンタルする手間が増えますが、グローバルWiFi for Bizなら一度借りてしまえば、出張の度にレンタル・返却する必要がありません。

グローバルWiFi for Bizは法人限定サービスなので、この点もビジネス向けの海外ルーターと言えるでしょう。

グローバルWiFi|特徴・料金プラン・お得なキャンペーンまとめ

短期・海外旅行ならイモトのWiFi、長期・ビジネス目的ならグローバルWiFiがおすすめ

イモトのWiFiもグローバルWiFiも、どちらも海外で利用できるレンタルWiFiという点では共通なので、深く考えず契約しても海外で使えます。
紹介した2社にはさまざまな特徴があるので、お得に利用したいなら用途に合わせた最適な業者をしっかりと確認すべきです。

  • 短期・仕事では無い海外旅行なら、料金の安いイモトのWiFi
  • 仕事で海外出張なら法人向けサービスが多く受け取れる空港数の多いグローバルWiFi

娯楽として海外に行くのか、ビジネスの一環として赴くのかでも両社の違いははっきり出るので、どちらを契約するか迷ったら自身の用途から選ぶと良いでしょう。

イモトのWiFi VS グローバルWiFi
  • 単発の旅行や料金の安さを重視する人はイモトのWiFiがおすすめ
  • 頻繁に海外に行く人や受け取り先の数で選ぶならグローバルWiFiがおすすめ
  • 1日あたりの料金はイモトのWiFiがリーズナブル
  • 空港受け取り出来る数はグローバルWiFiの方が多い
海外でも完全無制限!どんなときもWiFiの利用エリアと旅行でかかる料金

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ