【Mugen WiFi VS SPACE Wi-Fi 】徹底比較|どっちがいいか?その理由

【Mugen WiFi VS SPACE Wi-Fi 】徹底比較|どっちがいいか?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回の記事では、レンタルルーター業者で最近注目の「Mugen WiFi」と「SPACE Wi-Fi」の違いやどっちを契約したら良いかを比較していきます。

どちらも料金の安さを売りにしているので、月額料金の比較を始め契約内容の比較、使用する回線や速度制限の条件の面も比較しました。

「Mugen WiFi」と「SPACE Wi-Fi」に興味がある人、この2社のどちらかと契約を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

Mugen WiFiとSPACE Wi-Fiの特徴やメリット、おすすめできるユーザー
  • 海外利用可能・速度制限の条件が緩いのが特徴の「Mugen WiFi」
  • 国内外問わず使えるのは「Mugen WiFi」のメリット
  • 契約期間無し・料金の安さが特徴の「SPACE Wi-Fi」
  • WiMAXをレンタルで短期間だけ利用出来るのは「SPACE Wi-Fi」だけのメリット
  • 海外でも使いたい・速度制限を避けたいユーザーは「Mugen Wifi」を選ぼう
  • 短期間だけ利用したいユーザーは「SPACE Wi-Fi」がおすすめ!

トップ画像引用元:【Mugen WiFi】最強コスパ無制限WiFiルーター

Mugen WiFiとSPACE Wi-Fiを月額料金と契約内容で比較


SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fi

「Mugen WiFi」と「SPACE Wi-Fi」を月額料金や事務手数料などの契約内容で比較したのが下記表です。

項目Mugen WiFi
(アドバンスプラン)
Mugen WiFi
(格安プラン)
SPACE Wi-Fi
月額料金3,880円3,280円3,680円
事務手数料3,000円0円
機種代金0円
契約年数2年1ヶ月
契約満了時の総支払金額95,640円81,720円3,680円
※1ヶ月のみ
支払い方法クレジットカードのみクレジットカード
口座振替

2社とも月額料金の安さを謳っていますが、単純に月額料金の安さで比較すると「Mugen WiFi」(格安プラン)の方が安いです。

ただ、「SPACE Wi-Fi」は最低契約期間が1ヶ月なので、短期利用だと総支払額では「SPACE Wi-Fi」の方が安くなります。

この2社を料金の安さで比較するなら「どのくらいの期間使用するか」が重要なポイントとなってくるので、比較する前に利用期間を想定しましょう。

Mugen WiFiは海外での利用が可能

「海外でも使えるルーターを契約したい」という方は、ルーターを海外に持ち込んで利用出来る「Mugen WiFi」がおすすめです。

項目Mugen Wifi
利用可能国数134ヶ国
1日あたりの料金アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア…1.200円
中東・アフリカ・南米…1,600円 
1日のデータ容量1GB

「SPACE Wi-Fi」はソフトバンクの4G LTE回線とWiMAX回線という、日本国内専用回線なので海外で使うことが出来ません。

ビジネスの出張や旅行の関係で海外でも使えるルーターの需要が増えていますが、海外利用を視野に入れている方は「Mugen WiFi」を契約しましょう。

契約期間の縛りが無いのはSPACE Wi-Fiのみ

「短期間だけ利用したい、2年間も同じ業者で使うつもりはない」という方は、最低利用期間が1ヶ月の「SPACE Wi-Fi」がおすすめです。

僅かな期間だけ利用したいニーズに応えてくれます。

超短期間で使えるSPACE Wi-Fi
  • 固定回線が開通するまでのつなぎ
  • 一時帰国のネット環境の為
  • 短期の旅行や出張でとりあえず必要

さまざまなな目的があるとは思いますが、「少しの間だけネット環境を利用したい」という事は誰にでもあります。

そんな方には契約期間の縛りが1ヶ月という「SPACE Wi-Fi」がおすすめです。

口座振替が利用出来るのもSPACE Wi-Fiのみ

月額料金の支払い方法で比較すると、「Mugen WiFi」がクレジットカードのみに対して「SPACE Wi-Fi」はクレジットカード・口座振替の両方に対応しています。

クレジットカードを持っていない人でも契約できるので、諸々の事情でクレジットカードの発行が難しい・持たない主義の人なら「SPACE Wi-Fi」を選びましょう。

海外利用と口座振替で選ぶのもポイント
  • Mugen WiFi:海外でも使いたいひと
  • SPACE WiFi:短期間だけ利用したい人、口座振替で契約したい人

また、月額料金の安さは2年間利用し続けると「Mugen WiFi(格安プラン)」の方が安くなりますが、22ヶ月利用時点の総支払額は「SPACE Wi-Fi」の方が安くなります。

23ヶ月目以降からは「SPACE Wi-Fi」の方が料金面で損なので、2年以上利用するなら「Mugen WiFi」、それより前なら「SPACE Wi-Fi」と覚えておくと良いでしょう。

Mugen WiFiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

通信回線と速度、速度制限の条件を比較

Mugen WiFi

契約内容の次は通信回線と速度、速度制限の条件といった使い勝手の面で比較してみましょう。

項目Mugen WifiSPACE Wi-Fi
通信回線4G LTE4G LTE
WiMAX
最大下り通信速度150Mbps440Mbps
最大上り通信速度50Mbps非公開
速度制限の条件ネットワーク占有と思われる大容量通信をした時WiMAX…3日間で10GB以上 
4G LTE…1日3GB以上

「Mugen WiFi」と「SPACE Wi-Fi」は回線の種類と速度制限の条件に大きな違いがあります。

速度制限の条件が緩いのはMugen WiFi

「Mugen WiFi」は速度制限の条件が『ネットワーク占有と思われる大容量通信をした場合』と明記されているので、一般的な使い方では速度制限にかかる可能性は低くなっています。

家庭の固定代替回線として利用しても速度制限がかかりにくいので、家族のスマホの通信費を安くしたい、という方におすすめです。

「SPACE Wi-Fi」はWiMAX回線でお馴染みの3日間10GB制限、ソフトバンク回線の1日3GBの制限が健在なので使い方次第ではあっという間に速度制限になります。

『速度制限で通信が遅くなるのを避けたい』という人は「Mugen WiFi」を契約すると良いでしょう。

SPACE Wi-FiならWiMAX回線を利用可能!

「SPACE Wi-Fi」の大きなメリットとして『利用できる回線の中に4G LTE回線より高速なWiMAX回線がある』点が挙げられます。

WiMAX回線は電波強度がやや弱くなったものの、通信速度は4G LTE回線を圧倒しているので通信速度を重視する人におすすめです。

ただし、使い過ぎると今度は3日間10GBの速度制限にかかってしまうので、その点を考慮しながら利用しましょう。

ソフトバンク回線とWiMAX回線どちらかを希望する場合は申し込み後に連絡

「SPACE Wi-Fi」で契約する時の注意点として『4G LTE対応ルーターとWiMAX対応ルーターどちらが送られるかは「SPACE Wi-Fi」次第』というのがあります。

そのまま申し込みを進めると「WiMAX希望だったのに4G LTE対応ルーターが送られてしまった」という事態も起きてしまいます。

どちらか一方を希望する場合は申し込み完了後にサポートセンターに連絡をしてください。

速度制限を避けるかWiMAX利用かで選ぶ
  • 回線は4G LTEのみだが速度制限の条件が緩い「Mugen WiFi」
  • 4G LTEとWiMAXの2種類の回線が利用出来て速度が速いが、速度制限の条件が厳しい「SPACE Wi-Fi」

どちらも一長一短なので速度制限の緩さを重視するなら「Mugen WiFi」、回線速度やWiMAXを使いたい人は「SPACE Wi-Fi」を選ぶと良いでしょう。

次のページでは、Mugen WiFiとSPACE Wi-Fiの評判を比較してみます。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ