サブスク音楽配信サービス11選を比較!聴き放題のおすすめアプリはどれ?

  • 2022年10月20日
  • by.haru_11

学割なら半額でSpotifyプレミアムを楽しめる画像

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

この記事では、サブスク音楽配信サービスを比較します。

ICT総研が発表した『2020年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査』によると、定額制音楽配信サービスの利用者数は、2020年末の2,390万人から2023年末には2,930万人になる見込みです。

定額制音楽配信サービス

画像引用元:ICT総研

またICT総研が2020年10月に実施したアンケートによると、定額制音楽配信サービスを有料で使っている人は19.2%、無料で使っている人は13.3%と、有料の利用者数が多くなっています。

有料サービスの利用率は年々増加傾向で成長率が高く、特に20代~30代の利用率が最も高いです。

本記事では、定額制である「サブスク音楽配信サービス」を比較して紹介します。

みんなが聴いている音楽が気になる人は、ぜひご一読ください。

サブスク音楽配信サービスとは

ヘッドフォンで音楽を聴く女性

サブスク音楽配信サービスとは、月額や年額という形で料金を払うことで、音楽が聴けるようになるサービスです。

日本の音楽市場を見ると、CDなどのオーディオレコード市場が減少しているのに対し、音楽配信市場は増加傾向にあります。

無料サービス、有料サービスともに年々拡大していますが、特に有料サービスの増加率が大きいです。

それだけ多くの人が音楽に課金していると言えるでしょう。

サブスクとダウンロードの違いは?

音楽配信を楽しむには、サブスクの音楽配信サービスと、iTunesストアなどのダウンロードサービスを利用する方法があります。

楽曲をダウンロードして購入した場合は、後から追加料金がかかったり期限が切れて聞けなくなることはありません。

一方サブスクの配信サービスは、毎月一定額を支払うことで全ての楽曲が聴き放題になります。

聴きたい曲が配信されていない場合や、サービスを利用しない月がある場合はダウンロードの方がおすすめです。

サブスク音楽配信サービスの特徴|比較一覧表

Apple Musicで聴ける曲の例

画像引用元:Apple Music公式サイト

サブスク音楽配信サービスは、各社によって様々な特徴があります。

料金や配信数、特徴を比較すると以下の通りです。

サービス名料金配信数特徴
Amazon Music
Unlimited
個人:980円/月
個人(プライム会員):880円/月
ファミリー:1,480円/月
ワンデバイス:480円/月
9,000万曲配信曲数が多い
色々な端末で楽しめる
再生機能が便利
30日間の無料体験期間
Apple MusicVoice:480円/月
学生:580円/月
個人:980円/月
ファミリー:1,480/月
9,000万曲3万プレイリストが聴き放題
オフライン再生も可能
空間オーディオを採用
1ヶ月間の無料体験期間
AWAStandard:980円/月
学割:480円/月
アーティスト:270円~/月
1億曲世界最大規模の楽曲数
公式プレイリストあり
オフライン再生も可能
30日間の無料体験期間
Rakuten Musicスタンダード:980円/月
楽天カード会員:780円/月
ライトプラン:500円/月
9,500万曲楽天会員はお得
楽天ポイントが貯まる
楽曲数が多い
30日間の無料体験期間
Spotify個人:980円/月
2人:1,280円/月
ファミリープラン:1,580円/月
学生:480円/月
非公開
(8,200万曲)
プレイリスト数が充実
音質の調整が可能
2人専用プランあり
1ヶ月間の無料体験期間
LINE MUSIC個人:980円/月
ファミリー:1,480円/月
学生:480円/月
9000万曲無料のフリープランあり
人気曲に簡単にアクセス
オリジナルプレイリスト作成
1ヶ月間の無料体験期間
dヒッツ550円/月プラン
330円/月プラン
非公開
(プレイリスト2万)
J-popが豊富
ダウンロード可能
全プレイリストお試し視聴
31日間の無料体験期間
auうたパス聴き放題ベーシック:330円/月
Myうたプラス:550円/月
オンデマンド:980円/月
7,000万曲オリジナルラジオやライブ映像あり
高音質再生に対応
月額料金が安い
30日間の無料体験期間
KKBOX自動更新プラン:980円/月
90日パッケージ:2940円/90日間
9,000万曲高音質サラウンド
音声検索
Listen with
1ヶ月間の無料体験期間
YouTube Music
Premium
Android:1,180円/月
iOS:1,550円/月
ファミリー:1,780円/月
学生:680円/月
非公開広告なし
バックグラウンド再生
公式楽曲やライブ映像あり
1ヶ月間の無料体験期間
TOWER RECORDS
MUSIC
スタンダード:980円/月
学生:480円/月
7,000万曲MVが広告なしで見放題
パソコンでも視聴可
自分用ライブラリを自動作成
1ヶ月間の無料体験期間

月額料金や楽曲の配信数、取り扱いジャンルも各社バラバラです。

本記事では各社の特徴を詳しく解説するので、自分に合った音楽配信サービスを見つけてください。

サブスクの音楽配信サービスがおすすめの人は?

サブスクの音楽配信サービスがおすすめの人は、音楽を聞かない月がない方、通信量が気にならない方です。

毎月一定額を支払えば一曲ずつ購入するより安価で利用できます。

また、ほとんどのサービスが無料のお試し期間を設けているので、自分に合うサービスかどうかじっくり吟味することができるところも利点です。

おすすめなどの便利機能で普段は聞かないような曲と出会えることも配信サービスの醍醐味です。

サブスク音楽配信サービスの選び方

音楽を聴く

まずはサブスク音楽配信サービスの選び方を解説します。

音楽サービスを探すときは、以下の4つのポイントを比較してください。

サブスク音楽配信サービスの選び方
  • 自分の好きなジャンルがあるか
  • 無料トライアル期間の長さ
  • 月額料金・料金プラン
  • 機能の使いやすさ

自分の好きなジャンルがあるかで比較

まずは自分の好きなジャンルがあるかどうか確認しましょう。

音楽配信サービスによっては、全ジャンルを網羅しつつも特定のジャンルの楽曲数が多い場合もあります。

特に聴きたいジャンルが決まっている人は必ずチェックしてください。

ジャンル特化の音楽サービス
  • LINE MUSIC:K-POPに強い
  • KKBOX:C-POP、K-POPに強い

無料トライアル期間の長さで比較

各サービスには無料トライアル期間が設けられています。

ほとんどのサービスで1ヶ月ほどは無料で使えるため、無料期間のうちに使い心地を確認しておきましょう。

無料トライアル期間
  • Amazon Music Unlimited:30日間
  • Apple Music:1ヶ月間
  • dヒッツ:31日間

月額料金・料金プランで比較

料金プランはサービスによって幅があります。

大まかには月1,000円程度のサービスが多いですが、格安プランを用意している会社もあるため、少額で楽しみたい人は格安プランを活用しましょう。

料金プラン
  • AWA:月額980円(Standardプラン)
  • dヒッツ:月額330円/550円
  • auうたパス:月額330円(聴き放題ベーシック)

機能の使いやすさで比較

音楽配信サービスは、機能の使いやすさも大切です。

バックグラウンド再生は外せない、広告は絶対なくしてほしいなど、あらかじめ自分の欲しい機能を確認しておきましょう。

特徴的な機能
  • Spotify:音質調整が可能
  • LINE MUSIC:オリジナルプレイリストを作成
  • TOWER RECORDS MUSIC:自分用ライブラリが自動作成される

サブスク音楽配信サービスのおすすめランキング

AWA

画像引用元:AWA

ここからは、サブスク音楽配信サービスのおすすめランキングを紹介します。

おすすめは以下の11サービスです。

Amazon Music Unlimited

Amazon Music

画像引用元:‎「Amazon Music」をApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)は、Amazonのプライム会員でなくても利用できるサブスク音楽配信サービスです。

Amazon Music Unlimitedの概要
月額料金個人:980円
個人(プライム会員):880円
ファミリー:1,480円
ワンデバイス:480円
楽曲数9,000万曲
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生対応
オンデマンド再生対応
バックグラウンド再生対応
広告非表示対応
無料お試し期間30日間
公式サイトAmazon Music Unlimitedを試すアマゾンミュージック

Amazonではスマートスピーカー(Amazon Echo)やFire TV、Fireタブレットなど数のデバイスを展開していますが、それらのデバイスでもAmazon Music Unlimitedの音楽を楽しめます。

アクセスも簡単なので、Amazon製品を使っている人は音楽もAmazonサービスを選択するのがおすすめです。

プライム会員なら無料のAmazon Prime Musicも使える

Amazonプライム会員に加入するとAmazon Prime Musicという無料の音楽サービスを利用できます。

Amazon Music Unlimitedより配信数は少なくなりますが、Amazon Music Unlimited同様にオフライン・オンデマンド再生などが可能です。

プライム会員の人は、まずはAmazon Prime Musicを使ってみてから有料のAmazon Music Unlimitedに切り替えてもいいかもしれません。

特にAmazon Prime Musicは洋楽のラインナップが豊富にあります。

Amazon Music Unlimitedのポイント
  • 配信曲数が9,000万曲と多い
  • プライム会員はお得
  • 最大6台のデバイスで利用可能
  • 30日間の無料体験期間あり

Apple Music

Android版Apple Musicまとめ

画像引用元:Google Play | Apple Music

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

ICT総研によると、Apple Musicはサブスク音楽配信サービスで、Prime Music、Spotifyに続き3番目に利用者が多いです。

さらにWebアンケートの顧客満足度調査結果では、Apple Musicが第1位となりました。

Apple Musicの概要
月額料金個人: 980円
ファミリー: 1,480円
学生: 580円
Voice: 480円
楽曲数約9,000万曲
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間1ヶ月
公式サイトApple Musicを試す

Apple Musicでは曲名やアーティスト名だけではなく、ムードや都市別といった独特な切り口でプレイリストを紹介しているため、その時の気分で音楽を選ぶことができます。

新プラン「Voice」登場

Apple Musicには、Siriで音楽を再生する専用プラン「Voice」があります。

月額480円という格安料金で使える分、利用できるサービスが制限されているプランです。

Voiceでできないこと
  • Apple製デバイス以外での利用
  • ドルビーアトモス空間のオーディオ
  • 歌詞の表示
  • 曲のダウンロード
  • 家族アクセス
  • 1人1人に合わせた曲の提案

AndroidスマホなどApple製品以外のデバイスで利用することはできません。

オフライン再生は可能ですが、ライブラリへのダウンロードは不可となっています。

「まずは最低限の機能のみ使ってみたい」というiPhoneユーザーなら向いているでしょう。

Apple Musicのポイント
  • 配信曲数が9,000万曲と多い
  • 3万プレイリストが聴き放題
  • Siri用プラン「Voice」が登場
  • 1ヶ月間の無料体験期間あり

AWA

AWA

画像引用元:‎AWAをApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

AWAはICT総研の調査で、顧客満足度がApple Musicに次いで2位となった音楽サービスです。

いきなり有料プランは手が出しずらい、という人のために、1曲あたり1分30秒のハイライト再生を無料で使えます。

AWAの概要
月額料金Standard:980円/月
学割:480円/月
アーティスト:270円~/月
楽曲数9,000万曲
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間30日間
公式サイトAWAを試す

ChromecastやAndroid TV用のアプリを使用すれば、自宅のテレビをプレイヤーとして使うこともできます。

特定のアーティストの楽曲が聴き放題となるアーティストプランもあるため、聴きたいアーティストが決まっている人ならAWAのアーティストプランがおすすめです。

アーティストプランの料金
  • 1アーティスト:月額 270円
  • 2アーティスト:月額 540円
  • 3アーティスト:月額 810円
AWAのポイント
  • 配信曲数が1億曲と世界最大規模
  • 無料プランは月20時間制限・広告非表示
  • 公式プレイリストあり
  • 30日間の無料体験期間

Rakuten Music

楽天ミュージック

画像引用元:‎楽天ミュージックをApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

Rakuten Musicは、楽天が提供する音楽配信サービスです。

邦楽・洋楽を問わず、懐かしい名曲から最新曲まで豊富なジャンルから自由に好きな曲を選んで再生できます。

Rakuten Musicの概要
月額料金スタンダード:980円/月
楽天カード会員:780円/月
ライトプラン:500円/月
楽曲数9,500万曲
App Store評価★★★☆☆
Google Play評価★★★☆☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間30日間
公式サイトRakuten Musicを試す

Rakuten Musicアプリなら、オフライン再生やバックグラウンド再生も可能です。

マイページ登録のミッションで5ポイントが貯まるなど、楽天ポイントが貯まりやすいのも特徴の一つ。

貯まったポイントは楽天市場など、各種楽天サービスで使えるようになります。

Rakuten Musicのポイント
  • 楽天会員は月額料金がお得
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽曲数が9,500万曲と多い
  • 30日間の無料体験期間

Spotify

Spotify

画像引用元:‎SpotifyをApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

ICT総研によると、Spotifyはサブスク音楽配信サービスで、Prime Musicに次いで2番目に利用者が多いです。

前回調査の4位から2位に浮上しており、最も利用者数が増えたサービスとなっています。

Spotifyの概要
月額料金個人:980円
2人:1,280円
ファミリープラン:1,580円
学生:480円
楽曲数7,000万曲
App Store評価★★★★★
Google Play評価★★★★★
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間1ヶ月
公式サイトSpotifyを試す

月間アクティブユーザー数が2021年度第4四半期に計4億600万人に達し、そのうち有料会員数は1億8000万人に達していると、公式に発表されています。

有料会員数は前年同期比で16%も増加しており、人気急上昇のサービスです。

Spotifyのポイント
  • プレイリスト数が充実
  • 音質の調整が可能示
  • 2人専用プランあり
  • 1ヶ月間の無料体験期間

LINE MUSIC

LINE MUSIC

画像引用元:‎ラインミュージックon the App Store

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

LINE MUSIC(ラインミュージック)は、名曲から最新ヒット曲まで9,000万曲以上が聴き放題になるサービスです。

ICT総研によると、LINE MUSICはサブスク音楽配信サービスで、Prime Music、Spotify、Apple Musicに続き4番目に利用者が多くなっています。

LINE MUSICの概要
月額料金個人:980円
(年間:9,600円)
ファミリー:1,480円
(年間:14,000円)
学生:480円
楽曲数9,000万曲
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間1ヶ月
公式サイトLINE MUSICを試す

LINEアプリと連携することも可能で、好きな楽曲をLINEの着信音に設定できます。

「カラオケ機能」があるため採点して楽しむこともできるでしょう。

K-POPも充実しているため、K-POPを中心に聴きたい人にもおすすめです。

LINE MUSICのポイント
  • 無料のフリープランあり
  • 人気曲に簡単にアクセスできる
  • オリジナルプレイリストが作成可能
  • 1ヶ月間の無料体験期間

dヒッツ

dヒッツ

画像引用元:‎dヒッツをApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

dヒッツはNTTドコモが運営する聴き放題の音楽サービスですが、ドコモユーザーでなくても利用可能です。

邦楽を中心に配信しており、月額料金が安いことが特徴です。

dヒッツの概要
月額料金550円
330円
楽曲数非公開
(プレイリスト2万以上)
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間31日間
公式サイトdヒットを試す

月額330円プランでも、ストリーミング再生や歌詞の閲覧、お気に入り登録機能、視聴履歴からの視聴、メルマガ受信は可能です。

月額550円プランになると、330円プランに加えて「myヒッツのストリーミング再生」「myヒッツの歌詞を閲覧」が可能となります。

mヒッツとはお気に入り登録機能のことで、お気に入りに登録した楽曲からのストリーミング再生と歌詞の閲覧ができるようになります。

dヒッツのポイント
  • J-popラインナップが豊富
  • 楽曲やプレイリストはダウンロード可能
  • 全プレイリストのお試し視聴ができる
  • 31日間の無料体験期間

auうたパス

auうたパス

画像引用元:‎auうたパス|GooglePlayストア

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

auうたパスは、KDDIが運営する音楽配信サービスです。

auユーザー以外も利用できますが、auスマートパスプレミアム会員であれば追加料金なしで利用できます。

auうたパスの概要
月額料金聴き放題ベーシック:330円
Myうたプラス:550円
オンデマンド:980円
楽曲数7,000万曲
App Store評価★★★☆☆
Google Play評価★★★☆☆
オフライン再生聴き放題ベーシック:×
Myうたプラス:〇
オンデマンド:〇
オンデマンド再生聴き放題ベーシック:×
Myうたプラス:月10曲まで
オンデマンド:無制限
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間30日間

auうたパスでは、音楽専門のオリジナルラジオ「Backstage Café」を独占配信しています。

さらにVRやライブストリーミングが楽しめたり、過去にはアジア最大級の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」やLAで開催された「KCON×M COUNTDAWN」などが視聴できたりしました。

日本のテレビでは放送していない海外アーティストの音楽を聴けるのも大きなポイントです。

auうたパスのポイント
  • オリジナルラジオやライブ映像あり
  • CDと同じ高音質再生に対応
  • 月額料金が330円~と安い
  • 30日間の無料体験期間

KKBOX

KKBOXアプリ

画像引用元:KKBOXをApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

KKBOXは台湾発祥の音楽ストリーミングサービスで、2010年に日本のKDDIが子会社化しました。

特に中国・台湾のC-Popや韓国のK-Popシーンに強いラインナップとなっています。

KKBOXの概要
月額料金自動更新プラン:980円/月
90日パッケージ:2940円/90日間
楽曲数非公開
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示×
無料お試し期間1ヶ月間
公式サイトKKBOXを試す

サービス提供地域は台湾・香港・シンガポール・マレーシア・タイ・日本のため、これらの地域に人気の楽曲が揃っています。

友達やアーティストと同じ音楽を聴きながらチャットができる「Listen with」機能や、音声検索もできます。

KKBOXのポイント
  • 高音質サラウンドエフェクト(DTS)でライブ会場のような臨場感
  • ハミングでも音声検索可能
  • KKBOX LIVEでライブを動画視聴
  • 1ヶ月間の無料体験期間

YouTube Music Premium

YouTube Music

画像引用元:‎「YouTube Music」をApp Storeで

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

YouTube Music Premiumは、広告なし・オフライン再生で音楽を楽しめるサービスです。

動画配信サービスYouTubeと連携していることから、MVやライブ映像といった動画が豊富に用意されています。

YouTube Music Premiumの概要
月額料金・個人
Android:1,180円
iOS:1,550円
・ファミリー:1,780円
・学生:680円
楽曲数非公開
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間1ヶ月間
公式サイトYouTube Music Premium

個人プランはAndroidスマホとiPhoneで料金が異なり、Androidスマホのほうがお得に使うことができます。

ファミリープランや学生プランもあるため、家族複数人で利用したい人や学生の人はぜひ活用しましょう。

YouTube Music Premiumのポイント
  • Androidはお得
  • バックグラウンド再生可能
  • 公式楽曲やライブ映像が広告なし
  • 1ヶ月間の無料体験期間

TOWER RECORDS MUSIC

画像引用元:AppStore

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

TOWER RECORDS MUSICは、タワーレコードとレコチョクが運営する音楽アプリです。

各種楽曲はもちろん、TOWER RECORDS MUSICでしか見られない限定コンテンツもあります。

TOWER RECORDS MUSICの概要
月額料金スタンダード:980円
学生:480円
楽曲数7,000万曲
App Store評価★★★★☆
Google Play評価★★★☆☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間1ヶ月間
公式サイトTOWER RECORDS MUSICを試す

7,000万曲の配信だけでなく、10万本のミュージックビデオも広告なしで見放題です。

自動で専用プレイリストを作成してくれる機能もあるので、新しいお気に入りの曲に出会えるかもしれません。

無料プランもありますが、プレイリスト作成や歌詞の表示、フル尺再生などは有料プランのみの提供です。

TOWER RECORDS MUSICのポイント
  • 有料プランならMVが広告なしで見放題
  • スマホだけでなくパソコンでも視聴可能
  • 自分専用ライブラリ機能が便利
  • 1ヶ月間の無料体験期間

よくある質問

よくある質問

学割プランのある音楽配信サービスは?

音楽配信サービスでは、学割プランを用意しているところも多いです。

学割プランのある音楽配信サービス
  • Apple Music:580円/月
  • AWA:480円/月
  • Spotify:480円/月
  • LINE MUSIC:480円/月
  • YouTube Music Premium:680円/月
  • TOWER RECORDS MUSIC:480円/月

基本的に通常料金の半額程度で利用できます。

学生の人は大変お得に使えるので、ぜひ学割プランのあるサービスを使いましょう。

買い切りの配信サービスとの違いは?

毎月あるいは毎年、一定額を支払うことで利用し続ける権利を得るのが「サブスク」です。

一方、ユーザーが商品やサービスを購入して所有するのが「買い切り」となります。

買い切りだと購入した音楽はずっと自分のものになりますが、一度に支払う金額は多くなりがちです。

また、購入後にデータがアップデートされることはありません。

サブスクではサービスを利用している間、料金を支払い続けることになりますが、サービスのアップデートも受けられます

複数のデバイスで聞けるサービスはある?

音楽配信サービスでは、複数のデバイスに対応しているものもあります。

様々なデバイスで音楽を聴きたい人は、最大何台のデバイスで使えるか、同時接続できるかどうかチェックしましょう。

複数デバイス対応の音楽配信サービス
  • Amazon Music Unlimited:最大6台
  • Apple Music:最大10台
  • AWA:複数デバイスは可能だが同時視聴は1台のみ
  • Spotify:デバイス数の制限なし
  • LINE MUSIC:複数デバイスは可能だが同時視聴は1台のみ
  • dヒッツ:複数デバイスは可能だが同時視聴は1台のみ
  • auうたパス:複数デバイスは可能だが同時視聴は1台のみ
  • KKBOX:複数デバイスは可能だが同時視聴は1台のみ
  • YouTube Music Premium:最大10台
  • TOWER RECORDS MUSIC:複数デバイスは可能だが同時視聴は1台のみ

自分に合った音楽サービスで楽しもう

今回はサブスク音楽配信サービス11選を比較しました。

それぞれ特徴がありますが、特におすすめなのは以下3つです。

おすすめサブスク音楽配信サービス
  • Amazon Music Unlimited:便利な再生機能、色々な端末で楽しめる
  • Apple Music:空間オーディオを採用、独自のプレイリスト
  • AWA:世界最大規模の楽曲数、公式プレイリストあり

どの音楽アプリにも無料期間が設けられているため、無料期間中に色々な機能を試してみましょう。

流行りの音楽をキャッチアップするためにも、ぜひサブスク音楽配信サービスを検討してください。

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

この記事を書いた人
ライター歴3年のフリーランス。格安SIM・Wi-Fi・スマホ・アプリなどの記事を執筆。au歴18年からmineoに乗り換えて1年。スマホはXperia。パソコンはWindows派(FUJITSU・ASUS・DELL)。東京都出身の元システムエンジニア(応用情報技術者は取得済み)。