モトローラ歴代スマホを徹底比較|おすすめ機種や評判を紹介【2022年最新】

  • 2022年4月8日
  • by.nuko

moto g50 5

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

MOTOROLA(モトローラ)はハイエンドからエントリーモデルまで複数のスマホをリリースしており、コスパが良いと評判です。

そこで今回は、現在国内で販売されているモトローラのスマホからおすすめ5機種をピックアップし、スペックや特徴を比較します。

モトローラのスマホの購入を考えている人は、是非参考にしてください。

モトローラのおすすめスマホ5選
  • motorola edge30 PRO
    10万円以下で買える最高峰スペックモデル
  • moto g50 5G
    高速レンダリングでゲームも快適な高コスパモデル
  • moto g100
    高性能プロセッサとRAM8GBの高性能モデル
  • moto g31
    20,000円前後で購入できる5,000万画素クアッドカメラ搭載スマホ
  • moto e7 power
    20,000円以下で購入できるポートレートやパノラマ対応のデュアルカメラ搭載スマホ

画像引用元:motorola edge 30 pro

MOTOROLA(モトローラ)とは

moto g50 5

画像引用元:モトローラ公式サイト

モトローラは、1928年にアメリカで設立されたメーカーです。

スマホ製品を扱い始めたのは2013年頃と、他の会社と比べるとやや遅い印象を受けますが、元々は半導体やテレビなどを開発・製造するメーカーでした。

一方で、世界で初めて片手で使える携帯電話を売り出した企業としても知られています。

現在、モトローラのスマホ事業は「Lenovo」の傘下となっています。

モトローラのスマホは安価なものが多く、コスパの良さに定評があります。

また、Motoアクション(端末を持ち上げるだけでロック解除、端末を伏せるとサイレント等)などの独自の機能を搭載していることも大きな特徴となっています。

モトローラ歴代スマホ一覧比較表

moto g100 ディスプレイ

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

次に、モトローラでこれまで販売されてきたスマホを見ていきましょう。

たくさん発売しており、かなりの量になっています。

「最新機種だけ確認したい」という人は、下記のスキップボタンを押してくださいね。

モトローラ歴代スマホ一覧(上から古い順)
  • moto X【2013年8月】
  • moto G【2013年11月】
  • moto G 4G【2014年5月】
  • moto G 2014【2014年9月】
  • moto X 2014【2014年9月】
  • Nexus 6【2014年10月】
  • moto E(2nd Gen)【2014年12月】
  • moto E(2nd Gen)XT1527【2015年1月】
  • moto E【2015年2月】
  • moto X style【2015年7月】
  • moto G(3rd gen)【2015年7月】
  • moto X play【2015年7月】
  • Droid Turbo 2【2015年10月】
  • moto X Force【2015年11月】
  • moto G4 plus【2016年5月】
  • moto G4【2016年5月】
  • moto G4 play【2016年5月】
  • moto e3【2016年8月】
  • moto M【2016年11月】
  • moto Z2 play【2017年6月】
  • moto C【2017年6月】
  • moto e4【2017年6月】
  • moto C plus【2017年6月】
  • moto e4 plus【2017年6月】
  • moto G5s plus【2017年8月】
  • moto G5s【2017年8月】
  • moto X4【2017年8月】
  • moto Z2 Force Edition【2017年8月】
  • moto Green Pomelo【2017年10月】
  • moto Z 2018【2017年10月】
  • moto e5【2018年4月】
  • moto e5 plus【2018年4月】
  • moto g6 plus【2018年4月】
  • moto g6【2018年4月】
  • moto e5 play【2018年4月】
  • moto g6 play【2018年4月】
  • moto Z3 play【2018年6月】
  • p30 note【2018年8月】
  • motorola p30【2018年8月】
  • moto Z3【2018年8月】
  • motorola one【2018年8月】
  • p30 play【2018年10月】
  • moto g7 play【2019年2月】
  • moto g7 power【2019年2月】
  • moto g7【2019年2月】
  • moto g7 plus【2019年2月】
  • moto Z4【2019年5月】
  • One Vision【2019年5月】
  • motorola p50【2019年7月】
  • One Action【2019年8月】
  • One Zoom【2019年9月】
  • moto e6s【2019年9月】
  • moto e6 plus【2019年9月】
  • One Macro【2019年10月】
  • moto g8 plus【2019年10月】
  • moto g8 play【2019年10月】
  • moto e6 play【2019年10月】
  • razr 2019【2019年11月】
  • One Hyper【2019年12月】
  • moto g8 power【2020年2月】
  • moto g stylus【2020年2月】
  • moto g8【2020年3月】
  • moto e6s【2020年3月】
  • moto g8 power life【2020年4月】
  • motorola edge+【2020年4月】
  • motorola edge【2020年4月】
  • moto g PRO【2020年5月】
  • moto g fast【2020年6月】
  • One Fusion+【2020年6月】
  • One Fusion【2020年7月】
  • moto g 5G plus【2020年7月】
  • One Vision plus【2020年7月】
  • moto e(2020)【2020年7月】
  • moto g9【2020年8月】
  • moto g9 play【2020年8月】
  • razr 5G【2020年9月】
  • moto e7 plus【2020年9月】
  • moto one 5G【2020年9月】
  • moto g9 plus【2020年9月】
  • moto e7【2020年11月】
  • moto g 5G【2020年11月】
  • moto g9 Power【2020年11月】
  • moto g play【2021年1月】
  • moto g power 2021【2021年1月】
  • moto g play(2021)【2021年1月】
  • moto one 5G ace【2021年1月】
  • moto g stylus 2021【2021年1月】
  • edge S【2021年1月】
  • moto G30【2021年2月】
  • moto e6i【2021年2月】
  • moto g10【2021年2月】
  • moto e7 power【2021年2月】
  • g10 power【2021年3月】
  • moto g50【2021年3月】
  • moto g100【2021年3月】
  • moto g40 Fusion【2021年4月】
  • moto g60【2021年4月】
  • moto e7i Power【2021年4月】
  • moto g20【2021年4月】
  • motorola defy【2021年6月】
  • edge 20 lite【2021年7月】
  • edge 20【2021年7月】
  • edge 20 pro【2021年7月】
  • edge s pro【2021年8月】
  • edge lite Luxury Edition【2021年8月】
  • edge 20 fusion【2021年8月】
  • moto g60s【2021年8月】
  • moto e20【2021年9月】
  • moto g50 5G【2021年10月】
  • moto g31【2022年1月28日】
  • motorola edge 30 PRO【2022年4月下旬】

モトローラのスマホの大きな特徴は、一度に数種類のモデルを販売する点です。

そのため、1年間におけるスマホの販売数が他のメーカーと比べてもかなり多い傾向にあります。

把握するのもかなり大変ですよね。

【2022年】モトローラおすすめスマホ5選

moto g50 5g

画像引用元:moto g50 5g – 2021 Androidスマートフォン | motorola JP

では次に、モトローラのおすすめスマホを5機種紹介します。

今回は、日本でも販売されている下記の5機種をピックアップしました。

モトローラのおすすめスマホ

それぞれスペックや特徴について詳しく解説していくので、是非チェックしてください。

motorola edge 30 PRO

motorola edge 30 pro

画像引用元:motorola edge 30 pro | モトローラ公式オンラインストア

motorola edge 30 PROのスペックは下記の通りです。

motorola edge 30 pro
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:163.06mm
幅:75.95mm
厚さ:8.79mm
重さ約196g
アウトカメラメイン:5,000万画素
超広角/マクロ:
5,000万画素
深度:200万画素
インカメラ6,000万画素
バッテリー4,800mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 8 Gen1
OSAndroid 12
認証指紋・顔
カラーコスモブルー
motorola edge 30 PROのポイント
  • 公式ショップ価格89,800円
  • 4月下旬発売予定の最新モデル
  • Snapdragon 8 Gen1搭載の最高スペック
  • 5,000万画素のトリプルカメラ&6,000万画素のインカメラ

motorola edge 30 PROは、4月下旬発売予定の最新モデルです。

最新のSnapdragon 8 Gen1を搭載した最高峰スペックで、動画視聴や最新ゲームのプレイもストレスフリーで使えます。

メインカメラもインカメラも高画素数のカメラを搭載し、暗い場所でもばっちり綺麗な写真が撮れます。

キャリアでは10万円以上するようなハイエンドモデルを安く手に入れたい方におすすめです!

moto g50 5G

moto g50 5G

画像引用元:moto g50 5G | モトローラ公式オンラインストア

moto g50 5Gのスペックは下記の通りです。

moto g50 5G
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ高さ:167mm
幅:76.4mm
厚さ:9.26mm
重さ約206g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
深度センサー:約200万画像
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUMediaTek Dimensity 700
認証指紋
防水IPX2
カラーメテオグレイ・テンダーグリーン
moto g50 5Gのポイント
  • 価格は16,000円~33,000円程度
  • MediaTek Dimensity 700プロセッサの高速レンダリングでゲームも快適
  • バッテリー駆動時間2日以上
  • 4,800万画素のトリプルカメラ

価格は販売店によって異なりますが、例えばOCN モバイル ONEでは16,501円とかなりリーズナブルです。

MediaTek Dimensity 700プロセッサが搭載されており、高速レンダリングによるグラフィックスで快適にゲームを楽しむことができます。

また、バッテリー容量も5,000mAhと大容量で、最大2日以上は使えるといわれています。

ナイトビジョンやマクロビジョンなど、多彩な機能が使える4,800万画素のトリプルカメラも魅力です。

moto g100

moto g100

画像引用元:moto g100 | モトローラ公式オンラインストア

moto g100のスペックは下記の通りです。

moto g100
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:約168.38mm
幅:約73.97mm
厚さ:約9.69mm(最薄部)
重さ約215g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:1,600万画素
深度:200万画素
インカメラメイン:1,600万画素
超広角:800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 870
OSAndroid 11
認証指紋
カラーイリディセントスカイ
moto g100のポイント
  • 公式ショップで58,800円
  • 2021年5月発売
  • 高い輝度とコントラストの6.7インチディスプレイ
  • Qualcomm Snapdragon 870 5GとRAM8GBの高性能モデル
  • 高速充電対応の5,000mAhの大容量バッテリー
  • 6,400万画素の超高解像度カメラ

価格は公式ショップで58,800円と、スペックの割に安い高コスパモデルです。

画面サイズは6.7インチと大きく、まるで映画のスクリーンのような高い輝度とコントラストで、鮮やかな映像を楽しむことができます。

Qualcomm Snapdragon 870 5Gとスナドラの中でもかなり高性能なプロセッサが搭載され、RAMはハイエンドモデル並の8GBとかなり快適です。

5,000mAhの大容量バッテリーは高速充電にも対応しているため、充電の時間が取れない時にも安心です。

ポートレートやマクロ、ナイトビジョン、指定した箇所以外のカラーをモノクロにするスポットカラーなど、多彩な機能を搭載した6,400万画素のカメラシステムも人気です。

moto g31

moto g31

画像引用元:moto g31 | モトローラ公式オンラインストア

moto g31のスペックは下記の通りです。

moto g31
ディスプレイ6.4インチ
本体サイズ高さ:161.9mm
幅:73.9mm
厚さ:8.55mm(最薄部)
重さ約181g
アウトカメラメイン:5,000万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
深度センサー
インカメラ1,300万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUMediaTek Helio G85
OSAndroid 11
認証指紋・顔
カラーミネラルグレイ、
ベイビーブルー
moto g31のポイント
  • 価格は16,000円~26,000円程度
  • 2022年1月28日発売
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • 5,000万画素のクアッドカメラシステム

価格はOCN モバイル ONEが最安で、16,501円とかなりリーズナブルです。

バッテリー容量は5,000mAhと普通に使っていれば2日間は余裕の大容量で、外出時など充電ができない時にも安心です。

また、5,000万画素のクアッドカメラが搭載されており、広角撮影やポートレート、スポットカラーなどの機能が利用できます。

moto e7 power

モトローラのmoto e7 power

画像引用元:moto e7 power | モトローラ公式オンラインストア

moto e7 powerのスペックは下記の通りです。

moto e7 powerのスペック
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)2GB
センサー指紋リーダー
近接センサー
加速度計
環境光センサー
プロセッサーMediatek Helio G25
オクタコア
バッテリー容量5000mAh
ディスプレイ6.5インチ
720x1600
寸法165.06 x 75.86 x 9.20mm
重量200g
防水性能IP52撥水設計
カラータヒチブルー
コーラルレッド
背面カメラ1300万画素 | PDAF
200万画素 | マクロ
フロントカメラ500万画素
moto e7 powerのポイント
  • 価格は12,000円~17,000円程度
  • 2021年2月発売
  • 6.5インチの大画面ディスプレイ
  • 最長2日駆動可能なバッテリー
  • クイックフォーカス機能を備えたデュアルカメラ

moto e7 powerは、今回紹介する機種の中で1番リーズナブルなモデルです。

RAMが2GB・ROMは32GBと、2022年現在は必要最低限の小容量スマホです。

スペック的にはエントリーモデルになるので、性能よりもコストを抑えたい人に適しているスマホです。

最長2日間使えるバッテリーやパノラマ・ポートレートが使えるデュアルカメラなど魅力的な機能もたくさんあります。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

モトローラスマホの評判は?

moto g100

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

次に、ツイッターに投稿されていたモトローラのスマホに対する評価や口コミを集めてみました。

実際に使っている人の声も是非聞いてみてください。

作りがかなり頑丈

ブラジルで銃弾が命中した男性が、スマホを持っていたことで一命を取り留めたというニュースがありました。

このスマホがモトローラのmoto g30といわれており、ニュースは「ハルク」のスマホケースを絶賛しているようですが、そもそも銃弾を貫通しない程の頑丈な設計のモトローラスマホにも賞賛の声が集まっていました。

銃弾を貫通させないスマホというのもすごいですね。モトローラのスマホが如何に丈夫なのかがわかります。

色合いがとても綺麗

モトローラのスマホはデザインにも定評があります。

ミドルレンジモデルでありながら快適に使えるだけでなく、デザインや発色の良さに惹かれて購入する人も多いようです。

スマホをケース無しで利用するなら、モトローラのデザインにも注目してください!

デザインも性能も良いけど重い

安さも性能も申し分ないけど、スマホが重すぎるという声もありました。

確かに、160g~180g程度の軽量に抑えているスマホが多い中で、モトローラのスマホは200g以上のものが多く重めに設計されています。

前述の通り、銃弾を貫通させない程の丈夫なスマホなら仕方ないと思いますが、軽いスマホが良い人は重さに注意してください。

コスパは最大級

モトローラのスマホは5万円程度のミドルレンジモデルが多く、価格の安さの割に性能が良いと定評があります。

性能を重視する人にとって、決して最良の選択肢ではないもののコスパは最大級と評判です。

浮いたスマホの購入費用で少し贅沢するのも良いですね。

モトローラスマホはコスパ重視の人にぴったり!

moto g50 5

画像引用元:モトローラ公式サイト

最後に、モトローラのおすすめスマホ5選についてまとめます。

モトローラのおすすめスマホ5選
  • motorola edge30 PRO
    10万円以下で買える最高峰スペックモデル
  • moto g50 5G
    高速レンダリングでゲームも快適な高コスパモデル
  • moto g100
    高性能プロセッサとRAM8GBの高性能モデル
  • moto g31
    20,000円前後で購入できる5,000万画素クアッドカメラ搭載スマホ
  • moto e7 power
    20,000円以下で購入できるポートレートやパノラマ対応のデュアルカメラ搭載スマホ

モトローラのスマホは安く快適に使えるコスパ最高の機種が多いということがわかりました。

また、銃弾を貫通させない頑丈さもあるようです。

最新の最高峰スペックモデルも10万円以下と、モトローラは全体的に高コスパです。

コスパ重視なら、ぜひモトローラのスマホを機種変更先に検討してください!

【2022年5月】格安SIMおすすめ人気ランキング|厳選10社の料金を徹底比較!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!