コンビニ利用で得するおすすめクレジットカード(セブン/ファミマ/ローソン)

コンビニ利用で得するおすすめクレジットカード(セブン/ファミマ/ローソン)

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

よく利用するコンビニだからこそ、より高還元なクレジットカードで買い物をしたいですよね。

本記事では、セブンイレブン・ローソン・ファミマにおいて、最もお得なクレジットカードをご紹介します。

少額な買い物が多いコンビニでも、年単位で考えれば合計買い物額は相当な額になるはず。

高還元なクレジットカードを知ることは、大きな節約に繋がりますよ。

トップ画像引用元:NTTdocomo × LAWSON | dカード、DCMXなら、ローソンでのお買物が5%おトク!

セブンイレブン・ローソン・ファミマの全てでお得なクレジットカード

三井住友VISAカード
「コンビニはどこでもいい」という方は、三井住友VISAカードがおすすめです。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの主要コンビニ3つでポイントは5倍です。

ポイントは、1000円につき1ポイントは基本で、対象店舗の利用で250円ごとに1ポイントが付与されます。

ポイントの内訳 支払い額1000円の場合

項目ポイント
1000円ごと1ポイント1ポイント
250円ごと1ポイント4ポイント
合計5ポイント

支払い額は1000円未満の場合、ポイント付与されません。

しかし、月の合計金額が1000円以上であればポイント対象となるので、支払いカードを三井住友VISAカードに設定すれば簡単にクリアするでしょう。

250円ごとのポイントは、各店舗ごとの支払い額が対象です。

他にも特典あり!三井住友VISAカードのおすすめポイント
  • マクドナルドもポイント5倍
  • タッチ決済・スマホ決済にも対応
  • ポイントはマイルやショッピングに使える
  • 保険が充実
  • 券種が豊富で自分に合った最適な1枚が見つけられる

セブンイレブンでおすすめのクレジットカード2選

セブンイレブン

まずは、セブンイレブンでおすすめしたい2枚のクレジットカードをご紹介します。

なお、金額は特段の記載がないかぎり、すべて税別です。

最もおすすめ!セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
まず最初におすすめするクレジットカードはセブンカード・プラスです。

項目還元率
基本還元率0.5%
セブンイレブンでの買い物
(セブン&アイグループでの買い物)
1.5%
イトーヨーカドーの
ハッピーデー
6.5%

セブン&アイグループで真価を発揮するクレジットカード

セブンカード・プラスの基本還元率は0.5%です。

基本還元率1.0%のカードが多い昨今、この還元率は低いですよね。

ところが、セブンイレブンを含むセブン&アイグループでの買い物では1.5%の高還元率となるので侮れません。

イトーヨーカドーのハッピーデーで5%割引

イトーヨーカドーでは、毎月8のつく日(8日、18日、28日)が「ハッピーデー」に設定されています。

この日に、セブンカード・プラスで買い物をすれば、5%の割引を受けることができるのです。

さらに、基本還元率である1.5%も適用されるので、実質6.5%分の還元を受けられる計算に。

累計ボーナスポイントも魅力的!

セブンカード・プラスでは、1年間にnanacoポイントを付与された決済金額に応じて、以下のボーナスポイントがもらえます。

条件もらえるポイント
累計ポイント対象金額が
100万突破
3,000ポイント
累計ポイント対象金額が
150万突破
10,000ポイント
累計ポイント対象金額が
150万突破後、
さらに100万円を達成
10,000ポイント

条件金額が途方もないように見えますが、年間の買い物額を合計すれば、意外と100万円は超えているもの。

普段の買い物でもセブンカード・プラスを利用するよう意識しましょう。

【公式】セブンカード・プラス詳細・申し込みはこちら

基本還元率が最大3.0%!JCB CARD W


次におすすめするクレジットカードは、JCB CARD Wです。

項目還元率
基本還元率0.5%
セブンイレブンでの
買い物
2.0%
セブンイレブンでの
買い物
(カード入会後3カ月間)
3.0%

JCB CARD Wでは、1,000円の買い物につき1ポイントが付与されます。

つまり還元率は0.1%と、かなり低めですよね。

ところが、本カードで得られる「OkiDokiポイント」には、1ポイント=5円相当の価値があるのです。

よって、実質的な基本還元率は5倍の0.5%となります。

セブンイレブンはいつでも4倍、入会から3ヶ月間は6倍に!

JCB CARD Wをセブンイレブンでの買い物時に利用した場合、還元率が通常の4倍である2.0%にアップします。

さらに、カード入会後の3ヶ月間は「WがWでキャンペーン」が適用され、還元率が通常の6倍である3.0%に!

還元率では、セブンカード・プラスを完全に凌駕していますね。

JCB CARD Wはコンビニ利用には向かない?

非常に優秀な還元率を誇るJCB CARD W。

還元率だけを見るとセブンカード・プラスよりも明らかに上なのですが、使い勝手ではどうしても劣ってしまいがちです。

なぜなら、ポイント付与の対象となる最低金額が1,000円だから。

基本的に、コンビニでの買い物は朝食や昼食、ちょっとした小物ばかりですよね。

1,000円以上の買い物はあまりしない人が多いのではないでしょうか。

つまり、還元率は非常に素晴らしいものの、ポイント付与の機会がセブンカード・プラスよりも少ないのです。

無理に買うものを増やして1,000円以上にするのであれば、そもそもこのカードを使わない方がお得かもしれません。

ただ、カードを利用する店舗がセブンイレブンなどのコンビニに限らないのであれば、JCB CARD Wは非常に優秀なカードであると言えるでしょう。

JCB CARD Wを最大限利用したら年間6万円以上もお得になる話

ローソンで最もおすすめできるクレジットカード

ローソン

ローソンで最もお得なクレジットカードは、ドコモが発行・運営しているdカードです。

項目還元率
基本還元率1.0%
ローソンでの買い物5.0%

還元率5%!すべてのキャッシュレス決済の中でも非常に優秀なdカード

dカード VISA

ローソンでの買い物でdカードを利用すると5%もお得になります。

ただし、これは5%分のポイントが受け取れるという意味ではありません。

還元率5%の内訳
  • dカード決済で3%割引
  • dカード決済でⅾポイント1%付与
  • dカード提示でⅾポイント1%付与

ちなみに、この「5%」という還元率は、クレジットカードのみならず、他のキャッシュレス決済(電子マネー、スマホ決済アプリ)を含めてもトップクラスの還元率です。

また、今回ご紹介している、セブンイレブンやファミマでお得に使えるキャッシュレス決済と比べても、dカードの5%に並ぶ決済方法はありません。

ローソンだけに限って言えば、dカードの実力は突出していると言えるでしょう。

ドコモユーザーはぜひdカードGOLDを!

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

dカードには、「ドコモユーザーにとって最強」とまで言われている、より上位のクレジットカードが存在します。

それが「dカードGOLD」です。

このdカードGOLDを利用した場合でも、ローソンでの還元率5%は実現できます。

ここからは、とても魅力的なdカードGOLDの詳細について見ていきましょう。

ドコモの通信料金に対して10%還元

dカードGOLD最大の魅力的は、ドコモの通信料金に対してポイントが付与される点です。

その還元率は、なんと10%!

ドコモの携帯電話を利用している方なら、通信料金は毎月必ず発生する経費ですよね。

そのうちの10%分が還元されるのですから、1年間で考えればかなりのポイントが貯まることになります。

また、ポイント付与は携帯電話の通信料金のみではなく、ドコモの光回線サービス「ドコモ光」の利用料も対象となります。

例えば、毎月以下の料金を払っている人の場合、1年間に受け取れるポイント数は表のとおりとなります。

  • ドコモの携帯電話の通信料金:4,680円
  • ドコモ光の利用料金:5,200円
項目月額料金ポイント還元率付与されるポイント
携帯電話の
通信料金
4,680円10%
(1,000円につき
100円分)
400
ポイント
ドコモ光料金5,200円10%
(1,000円につき
100円分)
500
ポイント
合計9,880円-900
ポイント
月額合計118,560円-10,800
ポイント

表のとおり、年間でおよそ10,000円分のポイントがもらえます。

dカードGOLDの基本還元率は1.0%ですから、本来、10,000ポイントを貯めるためには、およそ100万円分の買い物が必要です。

つまり、そんな買い物額のポイントが、ドコモユーザーなら携帯電話代や光回線代を支払っているだけでゲットできるということ。

これは非常にお得ですよね。

ゴールドカードの年会費も十分に相殺可能

dカードGOLDはゴールドカードなので、dカードとは違い年会費10,000円がかかります。

もちろんdカードにも年会費はあるのですが、無料にできる手段もあるため、実質無料で利用可能です。

通常のクレジットカードの年会費は、高くでも1,000円前後なので、dカードGOLDの年会費を見て「かなり高い」と感じた方も多いことでしょう。

しかし、これは上で解説した、ドコモの通信料金で貯めたポイントで十分相殺できる額です。

ドコモ dカードとdカード GOLDを比較|優れているカードはどっち?

次のページでも、引き続きdカードGOLDのお得な点について解説していきます。

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ