最短即日開通!自宅で楽天モバイルを契約する手順を分かりやすく解説

  • 2021年2月25日
  • by.a-sato

楽天モバイルロゴ

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルでは、eSIMをmy 楽天モバイルアプリから契約すれば最短即日に開通できるといわれています。

そこで今回は、楽天モバイルを自宅で申し込む方法と併せて、どのように申し込めば即日開通できるのかを詳しく解説していきます。

物理SIM・eSIM両方の手順を紹介し、さらに開通手続きやAPN設定方法についても紹介します。

これから楽天モバイルを契約しようと考えている人は参考にしてください。

楽天モバイルで最短即日に開通する方法
  • eSIM対応のスマホを用意する
  • my 楽天モバイルアプリからeKYCを使ってeSIMを申し込む
  • eSIMなら物理SIMの発行を待たずにネット上で開通できる
  • 物理SIMも最短2日で使うことができる

※本記事中の価格は総額表示

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの商標登録です。

トップ画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルなら即日開通も可能!

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

月額料金が3,278円、楽天基地局のエリア内だと高速通信で容量無制限の楽天モバイルですが、リーズナブルだけでなく即日開通させることが可能です。

楽天モバイルで即日開通する条件
  • eSIM対応のスマホを用意
  • my 楽天モバイルアプリからeKYCを使ってeSIMを申し込む

楽天モバイルで即日開通するには、まずeSIMの契約が必須となります。

そして、申し込み時にmy 楽天モバイルアプリを使用し、「AIかんたん本人確認(eKYC)」で本人確認を行う必要があります。

eSIMとは?

eSIMとは、物理SIMを使う必要がなく、サーバー上でスマホがSIM情報を読み込むことでSIMとしての機能が利用できるサービスです。

物理SIMに依存していないため、SIMカードの故障の心配がなく、機種や回線サービスによってSIMカードを変更する手間がありません。

SIMカードの発行も必要ないため、ネットで申し込み即日開通させることも可能です。

また、一度に複数のSIM情報を端末に保存できるため、電話とネットで使う回線を使い分けるなど、さまざまな用途で使うことができます。

主なeSIM対応機種

現時点で、eSIMに対応しているといわれている主な機種をまとめました。

楽天モバイル取り扱い機種とその他の機種でまとめているので、是非チェックしてください。

楽天モバイルのeSIM対応機種

楽天モバイルのeSIM対応機種
  • Rakuten Hand
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Mini
  • OPPO A73
  • AQUOS sense4 lite

その他の主なeSIM対応機種

その他の主なeSIM対応機種
  • Google Pixel 4/4 XL/4a/4a(5G)
  • Google Pixel 5
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhoneにiPhoneSE(第2世代)

楽天モバイルで取り扱いの一部機種と、Google Pixel・iPhoneが主なeSIM対応機種となっています。

物理SIMの場合は最短2日

物理SIMの場合はeSIMのように即日開通ができません。

しかし、物理SIMでも最短2日で手元に届くので、申し込みから開通まであまり時間がかからない点が魅力です。

急ぎで楽天モバイルに変えたい・新規契約したい人にもおすすめでしょう。

自宅で簡単!楽天モバイルの申し込み方法

楽天モバイルのエリア2020年12月

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

次に、楽天モバイルを自宅で申し込む方法について解説していきます。

今回は、即日開通についても焦点を当てているので、即日開通可能な申し込み方法についても触れていきます。

ステップ1:スマホを用意する

楽天モバイルでスマホを購入することもできますが、自分で好きな機種を用意することも可能です。

他社のスマホを使う場合は、必ず事前に動作確認を楽天モバイル公式サイトにて行ってください。

eSIMを使いたい場合は、その機種がeSIMに対応しているかどうかという点もしっかり確認しましょう。

ステップ2:MNP予約番号を発行

電話番号を引き続き楽天モバイルで使いたいという人は、まず今使っているキャリアや格安SIMでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号の発行は店舗や電話、オンラインサイトから可能になりますが、混雑することを考えるとオンラインからの手続きが1番おすすめです。

MNP予約番号の有効期限は15日間となります。

ステップ3:楽天モバイルで申し込む

次に、楽天モバイルで申し込みを行います。

基本的に楽天モバイルの公式サイトから申し込むことが可能ですが、eSIMで即日開通させたいという人はmy 楽天モバイルのアプリから申し込む必要があります。

2つの申し込み方法について紹介するので、是非チェックしてください。

物理SIMの場合

物理SIMを申し込む場合の手順は下記の通りです。

  1. 楽天モバイル公式サイトを開き「新規/乗り換え(MNP)お申し込み」を選択
    楽天モバイル申し込み
  2. 楽天カードや銀行と一緒に申し込むか、楽天モバイル単体で申し込むか選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  3. 「プランを選択する」を選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  4. オプションを選ぶ※任意
    楽天モバイル申し込み
  5. SIMカードタイプを選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  6. 端末購入の有無によって製品選択へ進むか、そのまま申し込むか選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  7. 楽天会員IDでログイン
    楽天モバイル申し込み
  8. 契約者情報が表示されるので、間違いがないか確認
    楽天モバイル申し込み
  9. 本人確認方法を選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  10. 本人確認書類についての注意事項を確認したら「次へ進む」
    楽天モバイル申し込み
  11. 契約種別を選ぶ※今回は新規を選択
    楽天モバイル申し込み
  12. 電話番号を選ぶ※1,100円払えば下4桁を好きな番号にできる
    楽天モバイル申し込み
  13. 受け取り先を選び、住所に間違いがないか確認
    楽天モバイル申し込み
  14. お届け希望日と日時を選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  15. プランのお支払い方法を選ぶ
    楽天モバイル申し込み
  16. 楽天スーパーポイントや紹介特典を使うか選択
    楽天モバイル申し込み
  17. メルマガの設定を行い、「申し込む」を選択
    楽天モバイル申し込み
  18. 完了

eSIMで即日開通したい場合

eSIMも公式サイトで申し込むことが可能ですが、それだと楽天モバイルからSTART GUIDEが届くまで開通させることができません。

即日開通したい場合は、スマホで本人確認ができる「AIかんたん本人確認(eKYC)」を使うことで可能となります。

この章では、eKYCを使った上での申し込み手順について紹介していきます。

  1. my 楽天モバイルアプリをインストール
  2. アプリからeSIMを申し込む※本人確認方法で「eKYC」を選択
  3. アプリから開通手続きを行う(後述にて詳しく解説します)

公式サイトからではなく、my 楽天モバイルアプリから申し込むことが必須となります。

アプリからであれば、eKYCを利用して本人確認が可能であり、START GUIDEの到着を待つ必要なく、開通に必要なQRコードはネットからアクセスできるため、eSIMであれば即日開通が可能となります。

ステップ4:開通手続きを行う

次に、開通手続きを行います。

乗り換えする場合、楽天モバイル申し込み後に開通手続きをしないと番号を移行させることができません。

必ず忘れずに行うようにしましょう。

  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. ログイン後、右上のメニューから「申し込み履歴」をタップ
  3. 該当の申し込み番号を探してタップ
  4. 「MNP転入する」をタップ
  5. 完了

9時から21時までに申し込みをした分については当日中に開通されますが、21時~8時59分までの申し込み分については、翌日9時以降に開通処理が行われます。

eSIMの場合は開通手続きとAPN設定を続けて行うことができるので、次の章にて手順を解説していきます。

ステップ5:APN設定を行う

楽天モバイル以外のスマホを使う場合、SIMを読み込んだだけではネットを使うことができません。

ネットを使えるようにするためには、APN設定が必要となります。

そこで、この章ではiPhone・Androidスマホ別にAPNの設定方法について解説していきます。

eSIMについては開通と一緒にAPN設定を行うことができるので、前章で触れなかった開通手続きの方法についても紹介します。

iPhoneの場合

まず、iPhoneのAPN設定方法について解説していきます。

物理SIM・eSIM別に紹介するので、是非チェックしてください。

物理SIMの場合

物理SIMの場合のAPN設定方法は下記の通りです。

※この設定方法はiOS 14以降のものです。

  1. 設定を開き「モバイル通信」をタップ
  2. 「通信のオプション」を選択
  3. 「音声通話とデータ」を選択
  4. 「VoLTE」タップすると下にポップアップが表示されるので「OK」を選ぶ
  5. 「VoLTE」がONになっていることを確認して前のページへ戻る
  6. 「モバイル通信ネットワーク」を選ぶ
  7. 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の「APN」入力エリアに「rakuten.jp」を入力
  8. 入力後、左上の「<」をタップして戻る
  9. 完了

eSIMの場合

次に、eSIMの開通・APN設定方法について解説していきます。

こちらもiOS 14以降の手順となります。

スマホで本人確認が完了する「AIかんたん本人確認(eKYC)」で申し込んだ場合は、申し込み後ネット上で開通手続きが可能です。

  1. 開通するスマホ以外の端末でmy 楽天モバイルにログイン
  2. 申込番号下の「>」をタップ
  3. 「楽天回線の開通手続きを行う」を選択
  4. 画面にQRコードが表示される
  5. 使用するiPhoneで設定を開く
  6. 「モバイル通信」を選ぶ
  7. 「モバイル通信プランを追加」を選択
  8. カメラが起動するので、先ほど別端末で表示させたQRコードを読み込む
  9. 「モバイル通信プランを追加」を選択
  10. アクティベーションを待つ
  11. 「OK」を選択
  12. 「通信のオプション」を選択
  13. 「音声通話とデータ」を選ぶ
  14. VoLTEをONにする
  15. 「OK」を選択
  16. VoLTEがONになっていることを確認して「戻る」
  17. 「モバイルデータ通信ネットワーク」を選択
  18. 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の「APN」入力エリアに「rakuten.jp」を入力
  19. 入力後、左上の「<」をタップして戻る
  20. 完了

Androidスマホの場合

次に、AndroidスマホのAPN設定方法について見ていきます。

こちらも、物理SIM・eSIM別に詳しく解説していきます。

物理SIMの場合

Androidスマホの物理SIMのAPN設定方法について見ていきましょう。

Androidスマホは機種によってUIが異なるため、表示されている名称や仕様が本章で解説する内容と異なる可能性があります。

  1. スマホで設定アプリを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「詳細設定」をタップ
  5. 「アクセスポイント名」をタップ
  6. 画面上の「+」をタップ
  7. 下記表を参考にし、APN情報を入力する
  8. 画面右上のメニューアイコンをタップして「保存」を選択
  9. 前のページに戻り、楽天モバイルのAPNが選択されていることを確認する
  10. 完了

入力する必要のあるAPN情報は下記の通りです。

楽天モバイルのAPN情報
APN名楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

eSIMの場合

次に、eSIMで開通・APN設定を行う方法について見ていきましょう。

iPhoneと同じく、eKYCを使えばSTART GUIDEの到着を待つことなく、ネットからQRコードにアクセスすることができ、即日開通も可能となります。

  1. 開通するスマホ以外の端末でmy 楽天モバイルにログイン
  2. 申込番号下の「>」をタップ
  3. 「楽天回線の開通手続きを行う」を選択
  4. 画面にQRコードが表示される
  5. 楽天モバイルの回線を使うスマホで設定を開く
  6. 「ネットワークとインターネット」を選ぶ
  7. 「モバイルネットワーク」を選ぶ
  8. 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ
  9. 「次へ」をタップ
  10. 「OK」をタップ
  11. 先ほど別端末で表示したQRコードを読み込む
  12. 「有効化」をタップ
  13. 「完了」をタップ
  14. モバイルネットワークが「Rakuten」になっていることを確認して完了

eSIMの場合は、APN情報の入力をする必要がありません。

楽天モバイルの申し込み方法
  1. スマホを用意する
  2. MNP予約番号を発行※乗り換えのみ
  3. 公式サイトから申し込む
  4. 開通手続きを行う
  5. APN設定を行う

楽天モバイルがおすすめな理由

楽天モバイルのZERO宣言

画像引用元:楽天モバイル

次に、楽天モバイルがなぜおすすめなのか解説していきます。

楽天モバイルの料金プランが2021年4月1日からまた新しくなります!

ライトユーザーもヘビーユーザーもさらにお得に使えるようになります。

ちなみに既存ユーザーは4月1日以降、順次自動でアップデートされる予定です。

月額料金は最大3,278円!1GBまでは0円

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金は下記の通りです。

通信量月額料金
0~1GB0円
1~3GB1,078円
3~20GB2,178円
20GB~無制限3,278円

1GBまでの利用量なら0円で使うことができ、20GBまで使ったら使った分だけ料金が段階的に高くなる仕組みです。

無制限でも3,278円という料金で使うことができますが、20GB以下のライトユーザーの人もよりお得に使えるようになりました。

手数料は一切かからない│契約の縛りもなし

契約事務手数料やSIM発行手数料などの諸費用は一切かかりません。

また、契約期間や最低利用期間などの縛りもなく、違約金もないのでサービスが合わないと感じたらいつでも解約や乗り換えを行うことができます。

4Gと5G両方使える

楽天モバイルでは、4Gだけでなく5Gのサービスも既に始まっています。

料金は前章で解説した「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金と全く同じです。

4Gでも5Gを使ってもプラン料金は同額です。

通話もかけ放題

楽天モバイルには専用の通話アプリ「Rakuten LINK」があり、そのアプリを使えば国内通話がかけ放題で利用できます。

通話オプションなどの加入も一切不要で通話料がかからなくなるため、通話をたくさん利用する人にもおすすめです。

今ならプラン料金1年無料

現在300万名を対象に、プラン料金が1年間無料になるキャンペーンも実施しています。

1年間はプラン料金が一切かからないので、お試しで楽天モバイルを使ってみたいと考えている人にもぴったりです。

楽天モバイルがおすすめな理由
  • 月額料金は最大3,278円
  • 事務手数料や解約金などの手数料はかからない
  • 契約の縛りもなし
  • 4G・5Gの両方が使える
  • Rakuten LINK(アプリ)利用で通話はかけ放題
  • 今ならプラン料金1年無料(先着300万名)

楽天モバイルでeSIMを契約すれば即日開通が可能!

楽天アンリミット6

画像引用元:楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表

最後に、楽天モバイルで最短即日に開通する方法についてまとめます。

楽天モバイルで最短即日に開通する方法
  • eSIM対応のスマホを用意する
  • my 楽天モバイルアプリからeKYCを使ってeSIMを申し込む
  • eSIMなら物理SIMの発行を待たずにネット上で開通できる
  • 物理SIMも最短2日で使うことができる

楽天モバイルで即日開通するには、eSIMをmy 楽天モバイルからeKYCを使って申し込む必要があることがわかりました。

eSIMは物理SIMがなくても回線を使うことができる非常に便利なサービスなので、eSIM対応のスマホを持っている人は是非この機会に使ってみてはいかがでしょうか。

また、楽天モバイルにもeSIM対応機種の取り扱いがあるので、興味がある人は是非検討してみてくださいね。

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。