格安SIMで使い放題のカウントフリーアプリ一覧|youtube/Instagram/LINEがカギ

  • 2019年4月14日
  • by 
格安SIMで使い放題のカウントフリーアプリ一覧|youtube/Instagram/LINEがカギ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

近年、月々の携帯料金を抑えたいという人たちの要望に応えるように、低価格のモバイルデータ通信を提供する「格安SIM」が増えています。

その中でも、今回注目したいのは「カウントフリーアプリ」を設定している格安SIMです。

カウントフリーとは、特定のアプリを使った分に関しては、通信量がカウントされない仕組みのこと。つまり、カウントフリーアプリを上手に使えば、通信料を大幅に節約できるようになるのです。

そんなカウントフリーアプリの種類や注意したいポイント、カウントフリーになる格安SIMの会社などをまとめました。

また、カウントフリーを提供している8つの格安SIMの中から、対象アプリの種類別におすすめの会社も紹介します。

1 格安SIMで使い放題に!カウントフリーアプリ

simカード

格安SIMで使い放題のカウントフリーアプリにはどのようなものがあるのでしょうか?

1-1 格安SIMでサービス使い放題!カウントフリーアプリまとめ

ではさっそく、どの格安SIMがどのアプリをカウントフリーにしているのか、そして料金はどの程度になるのか、一覧表で確認してみましょう。

SNSカウントフリー

会社名LINEモバイルDMMモバイルDTI SIMLinksMate
対象アプリLine、Twitter、Facebook、InstagramLine、Twitter、Facebook、InstagramTwitterTwitter、Facebook、InstagramL
基本月額料金(データ通信のみ)500円(LINEのみフリー・1GB)、1,110円(4種フリー・3GB)850円(3GB)~2,430円(7GB)500円(1GB)~
基本月額料金(音声通話可)1,200円(LINEのみフリー・1GB)、1,690円(4種フリー・3GB)1500円(3GB)~なし1,100円(1GB)~
オプション料金なし250円/月なし500円/月
最安月額料金LINEのみフリー:500円
4種フリー:1,100円
1,100円2,430円1,000円

動画カウントフリー

会社名BIGLOBEモバイルJ:COM MOBILEDTI SIM
対象アプリYouTube、AbemaTV、U-NEXTJ:COMオンデマンドYouTube
基本月額料金(データ通信のみ)900円~980円~2,430円
基本月額料金(音声通話可)1,400円~1,980円~なし
オプション料金データSIM:980円/月、音声通話SIM:480円/月
なしなし
最安月額料金1,880円980円2,430円

音楽や通話などをカウントフリーにしている格安SIMもありますが、今回は特に通信量がかさみやすいSNS(LINE、Instagramなど)や動画視聴(Youtubeなど)に着目してみました。

ドコモキャンペーンバナー

1-2 カウントフリーとは

そもそも「カウントフリー」とは、指定されたサービスを利用する上で発生した通信量が、月々のデータ使用量としてカウントされないシステムのことです。

スマホが携帯電話機の主流となった今、1人あたりが利用する毎月のデータ通信量は、10年前とは比較にならないくらい増えています。

それに伴い、通信会社が提供する料金プランも次々と変化してきました。

会社にもよりますが、現在最もポピュラーなプラン形態は、「データ通信量が一定量以上になったら通信制限(速度低下)をかける」というものでしょう。

ついうっかりデータ通信を使い過ぎてしまい、通信制限に引っかかってしまった経験のある人も少なくないはずです。

しかし「カウントフリー」アプリを利用すれば、そんな通信制限を気にすることなく、思う存分にネットサービスを楽しむことができます。

カウントフリーアプリの利用中は、そのサービスをどれだけ使っても月々の通信量としてカウントされません。つまり、使い放題の状態になるのです。

カウントフリーアプリでスマホ代が節約できる

アプリには様々なものがありますが、よく使うアプリは人によって大体決まっているはず。

特に、「基本的に、スマホではSNSしかしない」という人にとって、カウントフリーはかなり魅力的なサービスとなるでしょう。

また、月々の通信量の大半をカウントフリーでまかなえるのであれば、1ヶ月あたりの通信量の上限を下げる(=安いプランに変更する)ことも検討してみてはいかがでしょうか。

毎月のスマホ代を大きく節約することができますよ。

カウントフリーを導入すると…
  • 通信量の消費が抑えられる
  • 通信制限を回避しやすくなる
  • 通信量の上限が低いプランに変更できる(=スマホの通信費が節約できる)

1-3 人気アプリのデータ消費量

画像引用元:料金プラン|スマートフォン・料金|LINEモバイル

カウントフリーの格安SIMを検討するのであれば、まずは自分がよく使っているアプリについて知らなければ、きちんと使いこなすことはできません。

下の表は、1GBのデータ量でできることを、アプリごとにまとめたものです。

 1GBあたり
LINE(テキストトーク)50万回
LINE(無料通話)55時間30分
Imstagram(写真投稿閲覧)約1時間10分
Imstagram(ライブ配信閲覧)約3時間
Facebook閲覧1万5,000フィード
Youtube144p(超低画質):約714分、720p(高画質) :約74分
音楽(ストリーミング再生)約16時間

意外にも、音楽配信アプリのデータ通信量はそれほど多くありません。また、音楽をダウンロードしてオフラインで繰り返し試聴できるサービスを利用すれば、さらに効率よく楽しめるでしょう。

このように、アプリによって発生する通信量にはかなりの差があります。長時間使っているからといって、必ずしも通信量が多くなるわけではないので、注意してくださいね。

特に通信量がかかるアプリ3つ

  • LINE
  • Instagram
  • Youtube(その他動画サイト)

通信量の節約を考えたとき、カギとなるのはこの3サービスです。

長時間利用する上に、写真・動画のやり取りも多いLINE・Instasgram、そして動画サイトYoutube。

特にInstagramは、綺麗な写真をメインにしたSNSということで、どの画像も画質が高く、意外にも動画閲覧以上にデータ通信量がかかるという調査結果も出ています。

「通信量が気になるから、動画は見ないでInstagramで我慢しよう」というのは、あまり意味のない節約方法かもしれません。

1-4 アプリごとのデータ通信量の確認方法

  • 自分がどのアプリをどれくらい使っているのか
  • よく使うアプリが、毎月どれくらいのデータ通信量を消費しているのか

というのは、なかなか把握しづらいものです。

たとえアプリの利用時間が長くても、やり取りするデータの内容が動画かテキストかによっても、通信量は変わってきます。

まずは、自分がどのアプリをどれだけ使っているか、数値で確認してみましょう。

iPhoneでの確認方法

  1. 「設定(ホーム画面)」から「モバイル通信」を選択
  2. ページ下部にアプリ毎のモバイルデータ通信量が記載されています。

ただし、この数字は毎月の通信量ではなく、カウントをリセットしてからの累計となります(リセット日時は一番下に書かれています)。

あくまでも割合の目安として確認してください。一旦リセットして、数日間の利用量を確認してみるのもおすすめです。

Androidでの確認方法

  1. 「設定(通知バー)」から「データ使用量」を選択
  2. 「モバイルデータ使用量」をタップ
  3. 折れ線グラフと各アプリのデータ使用量が、多い順に表示されます。

表示する期間の設定が可能です。1ヶ月単位での確認もできます。

月額2,000円台でスマホ運用できるおすすめ格安SIM比較【2019】

次の章では、人気アプリと格安SIMのカウントフリー設定について、おすすめの組み合わせを紹介します。上の手順で特定のアプリをかなり使っていた人は必見ですよ!

2 人気アプリ×格安SIMのカウントフリー設定 おすすめはコレ!

カウントフリーはすべての格安SIM会社で用意されているものではありません。また、アプリの種類や料金なども会社によって異なります。

2-1 カウントフリーアプリを設定している格安SIM一覧

まずはじめに、カウントフリーで利用できる格安SIM会社8つをそれぞれ簡単に紹介します。

DTI SIM

使用回線:ドコモ
カウントフリー対象アプリ:YouTube、Twitter

  • 通信制限になっても、該当アプリは速度が変わらず使える
  • 月額料金0円で使える「お試し」期間が半年間ある

LinksMate

使用回線:ドコモ
カウントフリー対象アプリ:各種ゲーム、Instagram、Twitter、Facebook

  • 豊富なゲーム連携、ゲーム特典あり
  • 通信速度が速い※通信量ゼロにはならず、通信量カウントが90%以上OFF

OCN モバイル ONE

使用回線:ドコモ
カウントフリー対象アプリ:各種音楽配信サービス、

  • クレジットカードなしでも申し込み可能
  • 月に1回、料金プランの変更が可能。プランの見直しがしやすい

LINEモバイル

使用回線:ソフトバンク、ドコモ
カウントフリー対象アプリ:LINE、LINEミュージック、Facebook、Twitter、Instagram

  • お得なキャンペーン多数あり
  • ソフトバンクかドコモのどちらかを選べるマルチキャリア
  • 2019年6月までにau回線対応予定

DMMモバイル

使用回線:ドコモ
カウントフリー対象アプリ:LINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagram

  • 全プラン最安値クラスの低価格
  • 最大3枚のSIMでデータのシェアができる

BIGLOBEモバイル

使用回線:ドコモ、au
カウントフリー対象アプリ:YouTube、AbemaTV、radiko.jp、U-NEXT、各種音楽配信サービス

  • 余ったデータ通信量の翌月繰り越しが可能
  • 全国83,000ヶ所で使える「BIGLOBE Wi-Fi」

mineo

使用回線:ドコモ、au
カウントフリー対象アプリ:LaLa Call(通話)

  • 無料でコース変更が可能
  • データ通信量のシェア、ギフト、寄付ができる

J:COM MOBILE

使用回線:au(スマホセットプラン)、ドコモ(SIMカード単体)
カウントフリー対象アプリ:J:COMオンデマンド、J:COMミュージック、J:COMブックス

  • スタート割、キャッシュバックなどキャンペーン多数
  • 端末代コミプランでも低価格

2-2 各アプリごとのカウントフリー格安SIM

カウントフリーの対象になるアプリは、SNS系、動画、音楽、その他と種類が分けられます。

それぞれのアプリがカウントフリーになるのはどの格安SIMなのかをまとめました。

アプリの種類アプリ名格安SIM名
SNSLINELINEモバイル
DMMモバイル
TwitterLINEモバイル
DMMモバイル
DTI SIM
LinksMate
FacebookLINEモバイル
DMMモバイル
LinksMate
InstagramLINEモバイル
DMMモバイル
LinksMate
動画Youtube、AbemaTV、U-NEXTなどBIGLOBEモバイル
J:COM MOBILE
DTI SIM
音楽Google Play Music、 Apple Music、、Spotify、LINEミュージックなどJ:COM MOBILE
OCN モバイル ONE
LINEモバイル
BIGLOBEモバイル
その他ゲームLinksMate
通話mineo
マイナビサイトDTI SIM

どの格安SIMを選ぶかによって、カウントフリーになるアプリの種類・数にはバラつきがあることが分かります。

Instagramがカウントフリーなおすすめ格安SIM比較|これで見放題!

次の章では、特定のアプリがカウントフリーになる格安SIMから、おすすめのモデルを紹介します。

3 カウントフリーから格安SIMを選ぶ際に注意したいこと

カウントフリーという観点から格安SIMを選ぶにあたって、契約前に見ておきたいポイントについて考えてみましょう。

3-1 カウントフリーから格安SIMを選ぶ際のポイント

カウントフリーを提供している格安SIMを契約するのであれば、以下3点に注意するようにしましょう。

  • カウントフリーアプリの種類
  • 通信速度と画質
  • 料金設定

「カウントフリーアプリの種類」については1~2ページで解説しているので、ここでは残りの「通信速度と画質」と「料金設定」について説明します。

3-2 格安SIMの通信速度と画質

1~2ページで紹介した格安SIMのほとんどは、ドコモもしくはauの回線を利用して、モバイルデータ通信を提供している会社です。

しかし、同じドコモ回線を利用している格安SIMでも、会社ごとに設備や利用人数などは違いますから、どうしても通信速度に差が出てきます。

また、どんなに通信速度に優れている格安SIMでも、時間帯によっては速度が著しく低下してしまう場合も。特に昼休みの時間帯は、速度低下が起こりやすいです。

そのため「この格安SIMはいつでも通信速度が速い!」とは断言できません。ただ、カウントフリーアプリのある格安SIMの中では、

  • LinksMate
  • BIGLOBEモバイル

の2社が、どの時間帯でも比較的安定した通信を提供してくれます。

低画質設定、低速化に注意

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」に加入すると、Youtubeなど動画再生アプリがカウントフリー対象となります。

ただし、画質が制限されてしまう(Youtubeは360pを上限とした低画質に、AbemaTVは画質設定最低)ので注意してください。

「タブレットの大きな画面で動画を見たい」という人や「好きな動画は高画質で見たい」という人にはあまりおすすめできません。

3-3 格安SIMの料金設定

カウントフリー対応の格安SIMを選ぶ際に注目したいのは、やはり料金でしょう。

オプション料金が必要になるのであれば、それも合わせて月々のプランを考える必要があります。

通信量がかかるSNSと動画に絞って、各社の料金を比較してみましょう。

SNSカウントフリー

会社名LINEモバイルDMMモバイルDTI SIMLinksMate
対象アプリLine、Twitter、Facebook、InstagramLine、Twitter、Facebook、InstagramTwitterTwitter、Facebook、InstagramL
基本月額料金(データ通信のみ)500円(LINEのみフリー・1GB)、1,110円(4種フリー・3GB)850円(3GB)~2,430円(7GB)500円(1GB)~
基本月額料金(音声通話可)1,200円(LINEのみフリー・1GB)、1,690円(4種フリー・3GB)1500円(3GB)~なし1,100円(1GB)~
オプション料金なし250円/月なし500円/月
最安月額料金LINEのみフリー:500円
4種フリー:1,100円
1,100円2,430円1,000円

動画カウントフリー

会社名BIGLOBEモバイルJ:COM MOBILEDTI SIM
対象アプリYouTube、AbemaTV、U-NEXTJ:COMオンデマンドYouTube
基本月額料金(データ通信のみ)900円~980円~2,430円
基本月額料金(音声通話可)1,400円~1,980円~なし
オプション料金データSIM:980円/月、音声通話SIM:480円/月
なしなし
最安月額料金1,880円980円2,430円

※LINEモバイルはキャンペーン実施中です。

LINEモバイル新キャンペーン『LUCKY FESTIVAL』で割引クーポン当たる

オプション料金

カウントフリーありの格安SIMの中で、オプション料金が必要となるのは以下3社です。

  • DMM mobile(SNSフリー)
  • LinksMate(カウントフリーオプション)
  • BIGLOBEモバイル(エンタメフリー・オプション)

「オプション料金がかかるのなら、カウントフリーってあまりお得じゃないよね」という方も多いと思います。

しかし、ども会社もオプション料金は1,000円未満です。

SNSや動画視聴のために1つ上のプランを契約したり、通信制限を解除するために追加料金を払ったりすることを考えれば、はじめからオプション料金を払って使い放題にした方がお得でしょう。

ご自身のスマホの使い方に合わせて、プランを選んでくださいね。

4 カウントフリーから考える、あなたに合う格安SIM

カウントフリーを提供する格安SIMの中から、スマホの使い方別におすすめの会社を紹介します。

4-1 SNSをたくさん使う人におすすめの格安SIM

SNSの利用頻度が高い人におすすめなのは、DMMモバイルとLINEモバイルです。どちらも基本料金は1,000円程度で、すべてのSNSが使い放題になります。

DMMモバイル

  • 利用料金が最低クラス
  • 低価格のオプション料金で、対象アプリ数が多い

LINEモバイル

  • LINEをはじめ、SNS全般が使い放題
  • LINE MUSICも使い放題
  • LINE中心の人なら、低価格に抑えられる
SNSをよく使う人におすすめのプランはコレ
  • 「1ヶ月あたりの通信量の上限はできるだけ大きい方が良い」という方はDMMモバイルの3GBのプラン
  • 「スマホではLINEばかり使っている」「価格はできるだけ安く抑えたい」という方は、LINEモバイル公式ショップの「LINEフリープラン」
  • SNS全般を使っていて、LINEミュージックも利用したいのであれば、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」

4-2 動画をたくさん見たい人におすすめの格安SIM

「チェックしたい動画がたくさんある」「時間の限り動画を見ていたい」という人におすすめの格安SIMです。

BIGLOBEモバイル

  • Youtube以外の動画サイトもカウントフリー
  • 動画以外のエンタメ全般にも対応
  • 速度が比較的安定している

BIGLOBEモバイルの「エンタメ・フリー」オプションでは、YoutubeだけでなくAbema TV、U-nextなどの動画視聴アプリもカウントフリーになります。

さらに、各種音楽配信サービス、radiko.jpもカウントフリーに。

オプション料金も良心的です。

5 カウントフリーで格安SIMをもっと安く運用しよう

「スマホで頻繁にSNSをチェックしている」「見たい動画がたくさんある」という人にとって、カウントフリーはとても心強い味方です。

カウントフリーで選ぶ格安SIM
  • カウントフリー対象アプリは格安SIMによってちがう
  • LINE、Instagram、Youtubeのデータ通信量をいかに抑えるかが節約のポイント
  • カウントフリーにはオプション料金がかかる場合もあるが、トータルで考えればお得に運用できる
  • SNSをよく利用するならLINEモバイル・DMMモバイルが、動画をよく視聴するならBIGLOBEモバイルがおすすめ

カウントフリーの格安SIMを契約しても、普段あまり使っていないアプリがカウントフリー対象になっていては意味がありません。

まず、自分がどのアプリをよく利用しているのか、そしてそのアプリがどれだけのデータ通信量を使っているのかを確認してみましょう。

格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひカウントフリーについても考慮してみてくださいね。

月額1,000円台でスマホ運用できるおすすめ格安SIM比較【2020年】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
yairo
yairo
関東出身、東京、四国を経て関西へ。小学生時代親のPCでポケモン掲示板に入り浸っていたのがインターネット世界への入り口。携帯落としがちなのでとにかく頑丈なG'zOneを長年愛用していたが、結局今はiPhone SEに。スマホも荷物も小さく身軽にしたい派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ