CRO | コンバージョン率最適化の手法(第11回)

CRO | コンバージョン率最適化の手法(第11回)

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は「ランディングページの適した長さ」ついてご紹介させていただきます。
<前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第10回)』>

ランディングページは長いほうが良い?

訴求ポイントだけを抑えたシンプルなものもあれば、決済や会員登録フォームを備えたものと色んな種類があるランディングページ。
では、このランディングページは「長いもの」と「短いもの」とでどちらが良いのでしょうか?

コンバージョンポイントの着目率を特に重視するという考え方「Conversion Centered Design」では、結果として短いランディングページを推奨しがちです。
最も重要なポイントはヒーローイメージ(=最初に目に入るファーストビューの画像)の着目率なので、当然の考え方であると言えるでしょう。

逆に、説得系のファネル(漏斗)構造を重視する場合、ヒーローイメージは要素の1つでしかなく、ページには説得過程とステージに合わせた十分な長さを持つべきだという主張もあります。


<参照:CXL『Designing Your Website Flow To Meet Your Conversion Needs』(英語サイト)>

それではランディングページに関するドグマについて少し話し合ってみましょう。
ランディングページは“短いほうが良い” “長くて繰り返されたほうが良い” “長いが全てを網羅したほうが良い” ……
そんな議論は、これまで何度も繰り返されています。
これは当然といえば、当然です。

なぜなら、常に「その商品がマッチするユーザ」に最適化されていくからです。
購入や登録を優先するユーザには十分なページも、じっくり考えたいユーザにとっては「情報不足」でしかないからです。

原則として、より複雑で高価な製品や市場に新しい製品では、より長いランディングページが機能し、ユーザとの信頼関係を構築する必要があります。
一方、短いランディングページは理解しやすい商品や、既存のブランド認知度が高く、すでに信頼される商品に適しています。

なお、上記にも記載した参照サイトでは、ランディングページを最適化するためのガイドラインがいくつか追加されています。
たいへん役立つので、参考にされると良いでしょう。

長くても短くてもアプローチは一緒

どれだけランディングページが短かろうが長かろうが、最初の意思決定は3~5秒内に行われます。
これはWebサイトのDNAに近いレベルで作用しています。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

上から目線で精神勝利するSEO SEOがGoogleに依存する以上、どんなに頑張ってもGoogleには勝てない。 Googleを騙してやろうとか、使ってやろうなどと考えたところでたかが知れている。 悲しいかな、3歳児が母親にする小さな反抗程度の影響力でしかないのだ...
人もフォームも第一印象が一番だいじ!?... こんにちは。最近アニメ鑑賞にはまっている川瀬です。 AmazonのFire TV Stickを購入してからというものの、映画もアニメもすべて無料で見放題のため、完全にインドア派となってしましました。。 さて、本日は入力フォームにおいての...
CRO | コンバージョン率最適化の手法(第10回)... 今回も前回に引き続き「ユーザ中心設計(UCD)」についてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第9回)』> 他社事例からUCDポイントを見つける 他の人が成功した経験則やデザ...
CRO | コンバージョン率最適化の手法(第9回)... 今回は「ユーザを想定遷移に誘導する手段とそのいくつかの方法」についてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第8回)』> ファネル(漏斗)を通して移動させる 目標はユーザがこちらの意...