dアカウントとは?初期設定や使い方、活用方法など分かりやすく解説

  • 2020年3月16日
  • by.n-fujii

dアカウント

今人気急上昇中の「dカード」は、d払いでポイント2重取り、Amazonやマクドナルドでポイントがおトク!さらに「dカード GOLD」はドコモ利用料の1,000円(税抜)で10%ポイント還元です!

ドコモユーザーであれば馴染み深いdアカウントですが、初めてドコモを利用したり、乗り換えでドコモへMNPした人は設定や使い方が知りたいところだと思います。

そこで今回は、初心者向けにdアカウントについての初期設定や使い方から、上級者向けに意外と知らない活用方法にいたるまで分かりやすく解説します。

dアカウントまとめ
  • dアカウントはドコモの様々なサービスを利用する為に必要
  • ドコモユーザーがdアカウントを利用する際はネットワーク暗証番号が重要
  • 利用するメリットが多くデメリットはない
  • ドコモユーザーでなくてもアカウントを取得可能
  • dアカウントの初期設定はアカウント発行していることが前提
  • dアカウント最大のメリットはdポイントが活用できる事
  • dポイントを貯めるならd払いやdカード利用がお得

画像引用元:dアカウント

dアカウントとは

dアカウント

画像引用元:dアカウントについて|dアカウント

ドコモユーザーであれば何かと馴染みの深いdアカウントですが、具体的にdアカウントとは何か?という疑問に対して答えられるユーザーはそれほど多くありません。

dアカウントとは?
  • ドコモで提供されているサービスを利用するためのアカウント
  • 最大のメリットはdポイントを貯めたり使ったりできること

dアカウントとは、2015年12月1日にかつてのdocomo IDが名称変更を行ったもので、ドコモで提供されている数々のサービスを利用するために必要なアカウントです。

サービス利用に必須なので発行することで得られるメリットは非常に多いのですが、最大のメリットとしてはドコモのポイントサービスであるdポイントが貯まる事といえます。

dポイントはそのまま1ポイント1円相当として扱われるため、ドコモを利用するユーザーであればポイントの多さはそのまま月額料金の節約に繋がるため、積極的な利用が有用となっています。

dアカウントのデメリットはある?

ドコモユーザーにとって数多くのメリットがあり、ポイントによる直接的な割引もあるというお得しかないとさえ感じるdアカウントです。

そのため、発行しないことによるデメリットは無いといえます。

それだけdアカウントを発行することによるメリットの方が大きいとも取れますが、実質的に発行したことでユーザーが被るデメリットというものが無いというのもまた1つの事実です。

しいてデメリットを上げるとしたら発行するまでの手間や初期設定などが煩わしいくらいですが、これらも決して難しいものではないので安心となっています。

dアカウントの初期設定

dアカウント

画像引用元:dアカウントとは | dアカウント

dアカウントはドコモのサービスをフルに活用するために必須ともいえるものですが、基本的にはドコモショップ等で機種を購入するとその場でdアカウントの設定を行います。

しかし、ネットで購入した場合などはユーザー自身で設定をするケースもあり、苦手意識のあるユーザーもいるかもしれません。

dアカウント初期設定
  • 初期設定はかんたん
  • アカウントIDとパスワードの入力をして設定完了
  • ドコモユーザーでなくても取得可能

しかし、具体的な初期設定はそれほど難しいものではありません

dアカウントの初期設定は大前提としてdアカウントを発行している必要があり、アカウントのIDとパスワードを入力するだけで初期設定は終了します。

また、dアカウントはドコモユーザーであればメリットを最大限に活用できますが、ドコモユーザーでなくても誰でも取得できるアカウントとなっています。

そのため、ドコモユーザーになる以前よりアカウントを取得していた人はそのままアカウントを引き継ぎ利用することが可能となっています。

過去に取得しているかどうかの確認をおすすめします。

dアカウントの作成

dアカウントを新規発行する際には4ケタのネットワーク暗証番号が必要となり、その上での具体的な発行手順は下記になります。

dアカウントの作成の手順
  1. dメニューより「新規にdアカウントをつくる」を選択
  2. 「ドコモ回線をお持ちの方」を選択
  3. 携帯電話番号、ネットワーク暗証番号、確認用の文字列を入力
  4. dアカウントを読み、同意したら次へ
  5. 入力した電話番号に6桁のワンタイムパスワードがSMSで届くので入力
  6. IDとパスワードを設定する
  7. 入力内容に誤りがなければ完了

基本的にはdメニューよりアカウント発行手順に入れば後はそれほど難しくありませんが、ネットワーク暗証番号が重要なので忘れないように注意が必要です。

またdアカウントの発行以外でも各種設定を行う時に必要となるケースが多いため、ネットワーク暗証番号は厳重な管理をすることが重要といえます。

dアカウントはドコモユーザー以外でも使える?

dアカウント

画像引用元:dアカウントについて|dアカウント

dアカウントはドコモユーザーであれば、ある種必須のアカウントともいえますが、ドコモユーザー以外でも使えるのでしょうか?

dアカウント自体はドコモユーザーでなくても取得可能

ドコモのサービスの中にはドコモユーザー以外でも楽しめるコンテンツが数多くあります。

ドコモユーザー以外がdアカウントを取得するには具体的に下記の手順となります。

ドコモユーザー以外がdアカウントを取得する手順
  1. dアカウント発行ページへアクセス
  2. 登録するID、パスワード、性別、生年月日他必須項目を入力
  3. 登録したメールアドレスに届くワンタイムキーを入力して発行完了

基本的な流れとしては前述にあるドコモユーザー向けの発行方法と同じですが、違う点としてはFacebookやYahoo!JAPAN等のアカウントからでも発行することが可能です。

映像配信サービスdTV

dアカウントはドコモユーザーであればメリットが多いですが、ドコモが提供しているサービスは何もドコモユーザーにのみ向けているものではありません。

現在ドコモユーザー以外のdアカウントユーザーが受けることができるサービス数は実に60種類以上あり、代表的なものをあげるとすれば、やはり映像配信サービスのdTVです。

dTVはdアカウントを取得し月額500円を支払えば利用できます。

国内外の様々な映像作品を視聴できるという、動画視聴を趣味とするユーザーには嬉しいサービスとなっています。

また、現在であれば初月31日間無料キャンペーンを開催しているのでおすすめのコンテンツといえます。

dアカウントで使えるサービス|dポイント

dポイント

画像引用元:お買い物でdポイントをためる|dポイントのため方・つかい方 | ご利用ガイド | dポイントクラブ

dポイントはドコモの月額利用料金支払いに使用できるだけではなく、コンビニなどの一般店舗でポイント利用できます。

その内容として、2種類あります。

dポイント

項目通常ポイント期間・用途限定ポイント
有効期限48ヶ月獲得したサービスによる
用途全てのサービスで利用可能使用できないサービスあり

支払いなどで発生する通常のポイントはドコモが提供する全サービスにおいて使用できます。

しかし、キャンペーン等で得ることが出来る用途・期間限定ポイントは下記5つのサービスには使用することが出来ません。

期間限定ポイントを使用できないサービス
  • ケータイ料金支払い
  • データ量追加
  • スゴ得のクーポン
  • 賞品が当たる抽選
  • 交換商品

ドコモユーザーであれば料金支払いやデータ量追加に使用できないのは手痛いところですが、上記のサービス以外にはすべて対応していますので振り分けが重要といえます。

異なるポイントの合算

dポイントには、通常ポイントと用途・期間限定ポイントの2種類がありますが、両方使えるサービスについては合算することが可能です。

その際には失効までの期間が短いポイントから利用することになるのですが、仮に失効日が同じだった場合には用途・期間限定ポイントから先に使用されます。

上手なポイントの活用方法としてはポイントの振り分けが大事ですが、合算できる点を考慮して振り分けるとよりお得な使い方への近道となります。

dアカウントで使えるサービス|d払い

d払い

画像引用元:d払い – dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済

近年急激に需要を伸ばしているキャッシュレス決済ですが、ドコモもd払いというキャッシュレスサービスを行っており、d払いのためにdアカウントを取得するユーザーも少なくありません。

d払いは、おサイフケータイとは違って対応機種を選ばないバーコード式決済で、ネットショッピングや店頭払いなど幅広い用途に活用できます。

特徴的なのはdアカウントを所有することでd払いを利用できるだけではなく、貯めたdポイントを利用できるという点で、他にも100円につき1ポイント貯めることも可能です。

様々なサービスに利用できるdポイントを上手に貯めるための一つのポイントとしてd払いを活用するというのは、ドコモユーザーのみならず有用な方法といえます。

2通りの支払い方法

d払いはおサイフケータイなどのICカード認証タイプではなく、バーコード式電子決済のため、使用方法はバーコードを読み取るか、バーコードを読んでもらうかの2通りとなっています。

d払いの支払い方法
  • お店のスタッフに提示してもらったバーコードを読み取る
  • スマホに表示されたバーコードをスタッフに読み取ってもらう

具体的な使用方法としては店舗支払いであれば料金支払い時にd払いで支払う旨を店員に伝えることによって、店舗側が対応している方法に従う形となります。

ネットショップでの利用はショップ側のバーコードを読み取る方式になります。

dアカウントで使えるサービス|My docomo

ドコモ

画像引用元:お問い合わせ | お客様サポート | NTTドコモ

以前からドコモユーザーの場合には、My docomoとの違いに戸惑ってしまうというのは少なからずあかもしれません。

特にMy docomoで利用していたIDとパスワード「ドコモオンライン手続き」と「ドコモ料金サイト」で利用していたユーザIDとパスワードは変更となっています。

基本的にdアカウントとMy docomoは全く異なるものなのですが、サービスの殆どがdアカウントに統合されたため、以前使用していたIDやパスワードも変更となっています。

この場合、以前よりドコモを利用していたユーザーであれば手間となってしまいますが、dアカウントの新規発行をしないとサービスを利用できなくなるため注意が必要です。

なお、これからドコモユーザーになるという人は初めからdアカウント取得の流れになるため上記の心配はありません。

dカード/dカード GOLDもdアカウントでより便利に

dカードアンドdカードゴールド
ドコモユーザーであれば多大なメリットのあるdポイントを貯めるにあたって、最大効率を引き出すのはやはりドコモが発行している、dカード/dカード GOLDでしょう。

dカード/dカード GOLDはクレジットタイプやプリペイドタイプなど複数の種類が存在していますが、いずれもポイントを獲得するにあたって利用しない手はないと言えるほど有用なカードとなっています。

ドコモのサービスを利用するにあたって多く活用されているdアカウントも当然dカード/dカード GOLDに対応していて、アカウント登録することによって便利な、Member’s Menuを利用することが可能となります。

特にMember’s Menuで利用できる具体的なサービスの中でも「契約内容や利用明細の照会」と「各種サービスの申込み受付」はユーザーにとって嬉しいサービスです。

上記の他にもMember’s Menuで、各種キャンペーンの応募や資料請求、住所や勤務先の変更などdカードにまつわる様々な対応が楽になります。

dカード/dカード GOLD発行の際にはdアカウントの登録をおすすめします。

dカード GOLDは還元率がスゴイ!フル活用で年間8万円以上もお得に

dアカウントのよくあるトラブル

IDとパスワードを必要とするアカウントは様々なトラブルが発生しがちです。

よくあるトラブルと対応
  • ドコモユーザーでネットワーク暗証番号を忘れる
  • ネットワーク暗証番号の入力を間違えてロックされる
  • わからない場合はドコモショップかインフォメーションセンターに問い合わせ
  • インフォメーションセンターの場合は郵送となる

dアカウントの場合はドコモユーザーかそうでないかで分かれるため、よりトラブルが多くなってきます。

中でもドコモユーザーの場合はネットワーク暗証番号にまつわるトラブルが多く、忘れてしまったという事でアカウントの発行手続き自体が出来ないというケースもあります。

前述でも紹介したようにネットワーク暗証番号は非常に重要な暗証番号です。

もし、連続で間違えた場合は入力がロックされ、翌日の0時以降でないと解除されないという事態にも発展します。

ネットワーク暗証番号がわからない場合には本人確認書類を持った上でドコモショップで確認するか、インフォメーションセンターへ問い合わせて郵送してもらうかの対処になります。

郵送してもらう場合は、数日かかってしまうため注意が必要です。

ログインできない

dアカウントにおけるトラブルの中でも上位に入ってくるのはIDとパスワードを入力しているにも関わらず、dアカウントへログインができないというケースです。

この場合原因として考えられるのは、ほぼIDもしくはパスワードの入力ミスで、半角英数字と記号のみに対応しているところを全角で入力してしまったなどがあります。

また、法人のアカウントの場合は各回線ごとにアカウントも異なるため、使用したIDとパスワードが回線違いである事も考慮する必要があるといえます。

パスワードを忘れた

入力ミスでもなく、dアカウントにログインできない場合考えられるのはIDやパスワードが根本的に違うという事があげられますが、中でもパスワードは忘れがちな項目です。

dアカウントのパスワードを忘れてしまった場合、最も簡単に解決する方法はdアカウントのサイトにある「よくある質問」から「パスワードをお忘れの方」を選択することになります。

「パスワードをお忘れの方」を選択すると、ユーザーのタイプ別フローチャートによって的確な対処方法が表示されるため、少しでも忘れてしまったようなら早めの対処をおすすめします。

dアカウントを削除する方法

dアカウント

画像引用元:dアカウントとは | dアカウント

dアカウントはドコモユーザーにみならずドコモのサービスを利用するのなら多くのメリットを持つアカウントです。

しかし、ユーザーの事情によっては削除をするケースもあると考えられます。

アカウントの削除を行う場合ドコモ回線を所持しているか否かで対応が変わり、具体的な方法は下記になります。

dアカウントを削除する方法
  • ドコモ回線所持:dアカウントのページ「IDを削除する」より手続き
  • ドコモ回線未所持:dアカウントメニュー「dアカウントを廃止する」より手続き

いずれもアカウントの削除にはdアカウントのIDとパスワードが必要となります。

また、ドコモ回線を所持している場合はネットワーク暗証番号でも手続きすることが可能となっています。

dアカウントはドコモサービスの要

dアカウントのメリット

画像引用元:dアカウント

ドコモが提供するサービスの多くに関わるdアカウントについて、初期設定や使い方、活用方法などを解説してきましたが、如何でしたでしょうか?

d払いやdポイント、そしてdカードなどドコモの提供するサービスの中でも今注目のサービス全てに関係しているだけに、dアカウントの理解はそのままお得へと繋がります。

お得なdアカウントのポイント
  • dアカウントはドコモの様々なサービスを利用する為に必要
  • ドコモユーザーがdアカウントを利用する際はネットワーク暗証番号が重要
  • 利用するメリットが多くデメリットはない
  • ドコモユーザーでなくてもアカウントを取得可能
  • dアカウントの初期設定はアカウント発行していることが前提
  • dアカウント最大のメリットはdポイントが活用できる事
  • dポイントを貯めるならd払いやdカード利用がお得

現在ではdポイントが利用できる場面も増えてきていることに加えて、d払いによってドコモユーザーのみならず誰でもポイントを貯めることが可能となっています。

今回を機にドコモの様々なサービスでお得に活用できるdアカウントを取得してみては如何でしょうか。

d払いキャンペーンまとめ|2020年10月の最大ポイント還元を解説

ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ