DAZN | サッカー・プロ野球・F1見るならマストなダゾーンだぞーん!

DAZN | サッカー・プロ野球・F1見るならマストなダゾーンだぞーん!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

スポーツコンテンツの豊富さに驚愕!欧州サッカーも堪能

  • 29歳・自営業
  • 男性
  • 月額利用料:DAZN for docomo 980円
  • 1週間の視聴時間:10時間
  • アプリの操作性:操作性は良いですが、稀に動画再生が止まってしまうことがあります

DAZNの最大のメリットは、何といってもスポーツコンテンツの豊富さだと思います。去年から始まったJリーグのリーグ戦全試合の生放送のみならず、今年からは読売巨人軍を除いたプロ野球11球団の試合の生放送も開始されました。

他にも国内でいえばバスケットボールのBリーグやバレーボールのVリーグなどの他の競技も観られるし、国外でいえばブンデスリーガ・リーガエスパニョーラ・イングランドプレミアリーグ・イタリアセリエA・フランスリーグアンといった欧州5大サッカーリーグの試合も観られるのも素晴らしい。

これだけスポーツコンテンツが豊富なのにも関わらず、月額利用料金は1,750円とかなり安いです。

例えばスカパー!のサッカーセットが月額2,980円、プロ野球セットが3,980円であることを考えると破格ともいえる値段設定だと思います。

加えて、携帯電話がドコモ契約の場合であれば、「DAZN for docomo」というドコモユーザー専用の会員カテゴリに登録ができてこちらの月額利用料金はなんと980円と更に安くなります。

また、専用のチューナーやアンテナといった設備機器が必要であり、特に一人暮らしでアパートに住んでいる場合などにはとても面倒であったスカパー!と比べて、DAZNであれば、インターネットで接続されたパソコンやスマートフォン、あるいはタブレット端末だけあれば、登録をすればすぐに視聴が開始できる点もかなりのメリットだといえるでしょう。

ただ、ひとつデメリットがあるとすれば、インターネットの接続環境やDAZN側の通信環境によって、動画再生が止まりがちになってしまったりすること。1つの試合がまるまる視聴不可能となってしまうことも、実際に起きています。

特にスポーツコンテンツはリアルタイムでの生放送が大きなウリであるのに、生でスムーズに視聴できないのは大きなストレスです。ただし、去年は確かに不具合が多かったように感じますが、今年あたりからはかなり改善が見られます。

Jリーグを堪能しつつ他のスポーツ観戦もリーズナブルに満喫!

  • 45歳・自営業
  • 男性
  • 月額利用料:DAZN for docomo 980円
  • 1週間の視聴時間:6時間
  • アプリの操作性:使いやすく不具合もほとんどなし。地方在住なので、場所によっては映像が途切れるときがある。

Jリーグの観戦が主な目的です。以前はスカパーから自宅テレビでの視聴でしたが、DAZN for docomoでのタブレット視聴ができるようになってから場所を選ばず、比較的リアルタイムで観戦できるようになったことが最大のメリットです。

もちろん欧州サッカーも見ることができるようになったのは嬉しいことですが、サッカー以外のスポーツにも目が行くようになりました。

一週間あたりの視聴は、サッカーを1~2試合、他スポーツをちらほらという内訳になっています。

個人の満足に留まらず、スポーツ界全体の活性化にもDAZN for docomoの仕組みは、大きな影響を与えているような気がします。スポーツ好きな私からすると、この点もメリットと言えなくもありません。

次に大切なポイントは料金に関してです。Jリーグをスカパーで視聴していた時に比べて、ひと月当たり約2,000円も安くなりました。

場合によってはWOWOWに2ヶ月のみ契約をしたりもしていましたので、料金に関しては圧倒的に安く、お得になりました。これが3番目のメリットです。

以上のようにかつてに比べて格段に便利になってはいますが、裏を返せばデメリットにもなっています。

実は、DAZN for docomoでJリーグの視聴を開始して、スタジアムには1度も行っていません。手軽にお得に見たい試合を見ることができるので、仕事の都合などを優先してしまいます。

もちろんスタジアムには大きなパワーと臨場感があり、現地でしか味わえないものがあります。

しかし、私のようなライトなファン層、言い換えるなら特定のチームを応援しないサッカーファンにとっては、スタジアムよりも手元の機械を選んでしまいがちなのです。しかもサッカー以外の魅力的なコンテンツも揃っていますから。

そしてもう一つ、小さいことですがデメリットがあります。

老眼にタブレットはとても辛いということです。画面もきれいな分、目が疲れます。

DAZN for docomoのようなサービスと電子機器の発展は好ましいことですが、年齢とともに様々なところで不都合なことが出てきます。

サービスも技術も、人間から離れていく発展では進歩がありません。老いも若きも楽しめる形で進んでほしいと切に願っています。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

プロ野球、サッカーファンならマストアプリのDAZN

  • 26歳・自営業
  • 男性
  • 月額利用料:DAZN 1,890円
  • 1週間の視聴時間:12時間
  • アプリの操作性:操作性は良好ですが、切り替えがめんどくさいです

DAZNのメリットはなんといっても巨人戦以外の野球放送がほぼ見放題であるということ!

これまで野球はそれぞれのサービスや放送局が放送権を持っていたため、画一的に全ての試合をリアルタイムで見ることができるサービスはありませんでした。

唯一パ・リーグTVはパ・リーグ6球団の試合を全て放送していましたが、結局セリーグはいつまでも配信を始めることはありませんでした。

そこで最近になってDAZNが放送権を獲得し、巨人以外のすべての試合が見られるサービスを展開したのです。

月額1,890円という今まであるサービスの半額以下の値段でありながらほぼすべての試合を観覧可能!これはDAZNのお得さが一発でわかるのではないでしょうか。

また、もう一つのメリットとしてDAZNではありとあらゆるスポーツをみることができるという点があります。

上記にあげた野球と同様にサッカーやバスケなど、国内国外問わず様々なスポーツの試合がDAZNでは配信されています。

特にJリーグに関してはJ1、J2、J3のすべての試合が放送されているため、ファンであれば契約必須の内容でしょう。

普段野球しか見ないという方でも別のスポーツをオフシーズンに楽しむことがようになりますし、何より興味の幅が広がるというのは非常に喜ばしいことです。

最後にDAZNのデメリットについてですが、最も不満である点は遅延がそこそこ激しいという点です。

他社のサービスに比べて遅延があり、混雑時は画質の劣化などサービスが安定しない傾向にあるため、完全リアルタイムで最高画質で楽しみたいという方にはあまり向いていないと思われます。

また、海外スポーツについては、主要な試合にしか翻訳された実況解説がついていないというデメリットもあります。よっぽど英語に堪能でなければ理解することが難しいため、その魅力も半減です。

最もこの点については順次対応を進める予定だと公式にアナウンスされているため、首を長くして待つことにしています。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

どのジャンルのスポーツもDAZN1つで堪能しまくり

2018年の春から一気に有名になったDAZN(ダゾーン)。

サッカーJリーグの全試合の放送や巨人軍以外のプロ野球の放送が決定するなどよりパワーアップしたからです。

その他、バスケットボールなども放送していますが国内だけでなくヨーロッパサッカーやF1や自転車競技など地上波ではなかなか取り上げてくれないスポーツをリーズナブルに放送してくれます。

これがスマホとネット環境があれば堪能できるというから、どのスポーツファンも納得ですね。

好きなスポーツをDAZNで観戦して思いっきり楽しみましょう!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ