スポーツを見るならDAZN(ダゾーン)!料金やDAZN for docomoとの違いは?

  • 2021年3月8日
  • by.bitWave編集部

DAZN公式

作品数は圧巻の21万本
動画から漫画・雑誌まで幅広く楽しめる!今なら初回31日間の無料トライアルも!

テレビやインターネットなどで、DAZNのCMや広告をよく目にすると思います。

DAZNに興味を持つ方も多いと思いますが、一方で詳しいことまではわからず加入をためらう方もいるでしょう。

この記事では、DAZNの料金やキャンペーンからDAZN for docomoとの違いまで説明していきます。

分からないことがある方は、ぜひこの記事を読んでください。

DAZNのまとめ
  • コンテンツが多く料金が安いのでコスパがいい
  • 見逃し配信や2台同時視聴が可能で便利
  • 1ヶ月無料でお試しできる
  • プロ野球・サッカー・F1には特に力を入れている
\ライブスポーツ配信No.1!/

トップ画像引用元:DAZN(ダゾーン)

DAZN(ダゾーン)とは

DAZNアプリのアイコン

画像引用元:DAZN (ダゾーン) スポーツをライブ中継」をApp Storeで

DAZNとは、スポーツを専門とした定額制の動画配信サービスのことです。

運営元本社はイギリスのロンドンにあり、世界各国にサービスを展開しています。

スマホやタブレットに加えて、PCやテレビ、PS4などのゲーム機でも視聴することが可能です。

DAZNでは、以下のようなスポーツを放送しています。

DAZNで放送しているスポーツ
  • サッカー
  • 野球
  • モータースポーツ
  • バスケットボール
  • ラグビー
  • テニス
  • 総合格闘技
  • ボクシング
  • ダーツ
  • バレーボール
  • eスポーツ

DAZNの月額料金

動画

DAZNの料金プランは、3種類から選べます

それぞれ月間プラン・年間プラン・年間視聴パスと呼ばれ、少しずつ特徴が異なります。

プラン名月額料金年額料金
月間プラン1,925円23,100円
年間プラン1,604円19,250円
年間視聴パス1,604円19,250円

年間プランと年間視聴プランの場合、1年分の料金をまとめて払うことになります。

ですが、月額料金に換算すると、月間プランよりも300円ほど安いです。

また年間視聴パスの場合、料金の一部はチームの強化費用として各クラブに還元されます。

NPB球団やJリーグチームのグッズやクーポンを受け取れる可能性もあるので、さらにお得ですね。

\ライブスポーツ配信No.1!/

DAZNのメリット

人気の動画配信サービスは、それぞれに違った特徴やメリットがあります

ここではDAZNのメリットについて見ていきましょう。

DAZNの加入には、どんなメリットがあるのでしょうか。

DAZNのメリット
  • スポーツコンテンツが充実している
  • コストパフォーマンスが良い
  • 見逃し配信がある
  • 6台まで登録・2台で同時視聴可能

それぞれ説明していきます。

スポーツコンテンツが充実している

DAZNでは、年間130コンテンツ以上、10,000試合以上を放送しています。

DAZN以外にもさまざまな動画配信サービスがありますが、これほどのスポーツコンテンツを有したものはありません。

特にサッカーの放送には力が入っており、Jリーグに加えて、海外の人気のあるリーグの試合も視聴できます。

また、DAZNで独占放送している試合も多くあるので、チェックしてみてください。

コストパフォーマンスが高い

DAZNは、コスパがいいことも嬉しいポイントです。

DAZNの月額料金を、スポーツ配信に力を入れているwowow、スカパー!と比べてみましょう。

サービス月額
DAZN1,925円
WOWOW2,530円
スカパー!サッカーセット2,480円
スカパー!プロ野球セット4,054円

DAZNは他と比べて料金が安いことが分かりますね。

また、DAZNは完全定額制で、追加料金を払わないと見られないコンテンツなどはありません。

充実したスポーツコンテンツの量を考えると、コストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。

見逃し配信がある

DAZNで放送しているスポーツは、リアルタイムで視聴できなくても、見逃し配信期間内ならいつでも視聴可能です。

そのため自分で録画をする必要はありません。

また、見逃し配信中のコンテンツの一部をダウンロードできるので、外出中の通信量が気になる方にはおすすめです。

6台まで登録、2台で同時視聴可能

DAZNは1つのアカウントを、最大6つのデバイスに登録することができます。

追加料金なしで、電車ではスマホやタブレット、家ではテレビといったように、環境に合わせて視聴することが可能です。

また、登録したデバイスのうち、最大2台まで同時視聴できます。

家族でアカウントを共有することは利用規約的にも問題ありません。とても便利ですね。

DAZNのデメリット

タブレットで動画を楽しむ

DAZNには多くのメリットがある一方、加入前に知っておくべきデメリットも存在します。

これらを頭に入れつつDAZNに入会してみるといいでしょう。

実際に1ヶ月使ってみて、デメリットが気になるかを試してみるのもオススメです。

DAZNのデメリット
  • 映像が止まったりカクついたりすることがある
  • 画質がそれほど良くない

この2つについて、詳しく説明していきます。

映像が止まったりカクついたりすることがある

アクセスが集中する時間帯には、ライブ配信中に映像が止まったりカクついたりすることがあります。

頻発することはありませんが、いいところで止まったりすると、ついイラついてしまったり、冷めたりしますよね。

ただこの現象はDAZN側の問題だけでなく、もちろん視聴中の通信環境も影響を及ぼしています。

公式サイトには8.0Mbps以上の通信速度があれば最高品質で視聴できる旨が記載されています。

加入前に部屋の通信速度をフリーソフトで測ってみるといいかもしれません。

画質がそれほど良くない

先程同様、アクセスが集中している時間帯だと、画質も落ちてしまうことがあります。

画質が途中で落ちると集中できませんし、サッカー試合など「引き」が多い映像については、細かいところまで見えなくなります。

ネット配信なので仕方ないですが、テレビ中継のようには見られないことは覚えておきましょう。

\ライブスポーツ配信No.1!/

DAZNで使えるキャンペーン

チェック

次に、DAZNで行われているキャンペーンについて紹介していきましょう。

キャンペーンを利用すれば、より有意義にDAZNを使うことができます。

随時追加される可能性もあるため、最新のキャンペーンはぜひ公式サイトで確認してみてください。

DAZNのキャンペーン
  • 1ヶ月お試し無料
  • 年間視聴パス

1ヶ月お試し無料

DAZNに加入したことがない場合、最初の1ヶ月を無料でお試しすることができます。

このお試し期間には、いくつかの特徴があります。

DAZNのお試し期間
  • 料金を払っている人と同じコンテンツが見られる
  • お試し期間終了後は契約を延長しなくても良い
  • お試し期間終了日までに退会手続きをすれば料金は一切発生しない
  • もしお試し期間中に退会しても期間内での視聴は可能

お試しをすると強引に契約を迫るサービスもありますが、DAZNではそういったことは一切ありません

年間視聴パス

DAZN 年間視聴パス

画像引用元:明治安田生命Jリーグを観るならDAZNで!

年間視聴パスは、DAZNと各Jリーグクラブ、NPB球団が協力して、毎年期間限定で販売されています。

各チームのクラブショップや試合会場、オンラインショップでの購入となります。

年間視聴パスのメリットは3つあります。

年間視聴パスのメリット
  • 1ヶ月当たりの料金が月額プランよりも安い
  • 購入金額の一部が購入したチームの強化費用になる
  • 購入したチームのグッツやチーム指定の店舗で使えるクーポンががもらえる可能性あり

JリーグやNPBに応援しているチームがある方には、年間視聴パスはかなりおすすめです。

DAZNへの登録方法

DAZNのアイコン

画像引用元:‎「DAZN (ダゾーン) スポーツをライブ中継」をApp Storeで

DAZNへの登録は、公式サイトや専用アプリからできます。

今回は公式サイトからの登録方法をご紹介します。

アプリの場合はスマホからのみですが、公式サイトかの場合はスマホ・PCともに変わりません。

DAZNに登録する方法

  1. DAZN公式ホームページを開く
  2. 画面中央の「まずは、1ヶ月お試し¥0」をクリック
  3. 年間プランか、月間プランかを選択
  4. 氏名、Eメールアドレス、パスワードを登録
  5. 支払い情報を登録

DAZNの番組表

DAZN 番組表

画像引用元:DAZN (ダゾーン) 番組表

実際にDAZNではどんなコンテンツを放送しているのか、気になっている人も多いでしょう。

DAZNでは、公式サイトで番組表を公開しています。

>> DAZN (ダゾーン) 番組表 | DAZN JP

今回は、DAZNが特に力を入れて放送している「プロ野球」、「サッカー」、「F1」の放送ラインナップを紹介します。

プロ野球

DAZNでは、広島東洋カープと中日ドラゴンズ以外が主催する一部オープン戦と公式戦全試合を視聴することができます。

中日ドラゴンズの主催する公式戦は基本見ることができますが、読売ジャイアンツとの一部試合を視聴することができません。

広島東洋カープの主催試合に関しては視聴できませんが、ビジターゲームは視聴可能です。

また、今年度の発表はまだありませんが、例年はクライマックスシリーズと日本シリーズの放送も行っています。

広島ファンの方は少し残念ですが、野球だけでも十分元を取れますね。

サッカー

サッカーだけでも他に類を見ない、数多くのコンテンツを放送しています。

DAZNで放送しているサッカーコンテンツ
  • 明治安田生命J1リーグ
  • 明治安田生命J2リーグ
  • 明治安田生命J3リーグ
  • プレミアリーグ
  • ラ・リーガ
  • セリエA TIM
  • リーグ・アン
  • ベルギーリーグ
  • スュペル・リグ
  • エールディビジ
  • ギリシャ・スーパーリーグ
  • コパ・デル・レイ
  • コッパイタリア
  • FAカップ
  • DFBポカール
  • スーペルコッパ・イタリアーナなど

2021年シーズンは、国内リーグであるJリーグの、J1からJ3までの全試合を独占放送。

また、世界最高のリーグと呼び声高いプレミアリーグは、21~22シーズンまで全試合放送することが決まっています。

さらに、ラ・リーガとリーグ・アンは毎節最大10試合、セリエAは最大7試合と 、人気の高い試合を楽しむことができます。

日本人が多く在籍するベルギーリーグや、元日本代表の香川真司選手が在籍するギリシャ・スーパーリーグも、視聴可能です。

とにかくサッカーコンテンツの量は圧倒的で、サッカーファンにはマストといっても過言ではないでしょう。

F1

DAZNでは、F1全レースと、全公式セッションを放送します。

2021年は、長らくF1を引っ張ってきたホンダのラストイヤーとなっていますね。

また、角田裕毅選手のF1デビューが期待されているということもあり、国内では盛り上がること間違いなしでしょう。

これを機に、F1好きの方はもちろん、F1のことをよく知らない方も、DAZNで見始めるというのはいかかでしょうか。

\ライブスポーツ配信No.1!/

DAZN for docomoとの違い

DAZN for docomo

画像引用元:DAZN for docomo

「DAZN for docomo」というサービスは、2017年にNTTドコモとDAZNを運営しているパフォーム・グループが連携することでできました。

DAZNとDAZN for docomoの間には、視聴できるコンテンツや機能面での違いはありません

ですが、以前は料金の面での大きな違いがありました。

DAZNは月額料金が1,925円であるのに対して、DAZN for docomoはドコモユーザーのみ1,078円と約半額で利用できました。

しかし現在は割引がなくなってしまい、同じ料金設定となっています。

2021年の3月時点では、以下のような違いがあります。

DAZNとDAZN for docomoの違い
  • 支払い方法
  • お試し期間
  • 料金発生日

それぞれ違いについて、詳しく説明します。

DAZN for docomoとの違い①支払い方法

DAZNはさまざまな支払方法が存在します。

DAZN for docomoの場合、支払いはドコモの利用料金と合算にできます。

ドコモユーザーでない場合には、クレジットカード払いのみの対応です。

サービス支払い方法
DAZNクレジットカード
デビットカード
PayPal
DAZNプリペイドカード
など
DAZN for docomoドコモの利用料金に合算
クレジットカード

DAZN for docomoとの違い②お試し期間

DAZNのお試し期間が1ヶ月であるのに対して、DAZN for docomoはお試し期間が31日となっています。

一見違いはないようですが、DAZNの場合は登録した月によってお試し期間が変わります

例えば、うるう年ではない2月2日に登録した場合、お試し期間は3月2日までの28日間です。

DAZN for docomoの場合は、どの月に登録してもお試し期間は31日間です。

DAZN for docomoとの違い③料金発生日

DAZNとDAZN for docomoでは、料金発生日が異なります。

まずDAZNは、毎月登録した日づけに料金が発生します。

例:4月3日に登録した場合
5月3日に初回料金→6月3日に2回目料金発生

一方でDAZN for docomoは毎月1日に料金が発生する仕組みとなっています。

例:4月3日に登録した場合
5月3日に初回料金→6月1日に2回目料金発生

ここで気を付けてもらいたいのは、DAZN for docomoの登録日です。

もし4月27日に登録したとすると、5月28日に初回料金、その4日後の6月1日にも料金が発生してしまいます。

登録日によっては損をしてしまうことがあると覚えておきましょう。

DAZNについてよくある質問

タブレットで動画を楽しむ

ネット上では、DAZNに関する質問が数多く存在します。

その中でもよくある質問が、以下の3点です。

DAZNについてよくある質問
  • DAZNの録画はできる?
  • DAZNはテレビで見れる?
  • DAZNを無料で見る方法はある?

これらの質問について、詳しく答えていきましょう。

DAZNの録画はできる?

2021年2月の時点では、録画機能はありません

ですが、30日間の見逃し配信と一部コンテンツのダウンロードは可能です。

また、見逃し配信期間とダウンロードできるコンテンツの増加も検討がされているようなので、チェックしてください。

DAZNはテレビで見れる?

テレビを見る男性

DAZNはテレビでも視聴可能です。

ただしいくつか機材が必要になる場合もあります。

DAZNのテレビでの視聴方法
  • AndroidTV機能
  • スマートテレビ
  • Google Chromecast
  • Amazon Fire TV stick
  • PS4

これらの機能を使えば、大画面でスポーツを楽しめます。

DAZNを無料で見る方法はある?

DAZNは有料のサービスなので、もちろんずっと無料で見られる方法はありません。

ただDAZNに初めて登録した場合、最初の1ヶ月は無料で視聴可能です。

また無料期間中に退会すれば、期間中の視聴は可能ですが、料金は発生しません。

DAZNを退会する前の注意点

格安SIMの速度切替え機能を使う場合は帯域制限に注意の画像

DAZNに入会するにあたり、万が一退会したいと思った時のための注意点も覚えておきましょう。

特にシーズンに関係するスポーツ目当てで入った人は、退会以外の方法もあります。

損をしないようによく確認してみてください。

DAZN退会前の注意点
  • アカウントの一時停止機能がある
  • 支払い方法によって退会方法も異なる
  • 契約期間内は視聴できる

これらを知らずに退会しようとすると、損することもあるでしょう。

それぞれ説明していきます。

一時停止機能がある

DAZNには一時停止機能が存在します

一時停止期間中は、DAZNのコンテンツを視聴することができませんが、料金も発生しません。

スポーツのオフシーズンに活用すれば、わざわざ退会や再登録する手間が省けます。

一時停止は、最大6か月間利用可能です。

退会の方法

退会の方法は、支払い方法によって異なります。

それぞれの退会方法をまとめたので、参考にしてください。

DAZNの退会方法
  • クレジットカード・デビットカード・dアカウント:DAZNメニューの「マイアカウント」より退会
  • iTunesアプリ内課金:「設定」の「サブスクリプション」より退会
  • Google Playアプリ内課金:Google Playアプリメニューの「定期購読」より退会
  • Paypal:マイペイパルメニューの「支払い」より退会

アプリをアンインストールするだけでは退会できないことに注意してください。

契約期間内は視聴できる

もし退会してしまっても、契約期間内はDAZNを視聴することができます

そのため月の最後に慌てて解約せず、解約したい時にすぐ手続きすることをオススメします。

料金を支払ってから1ヶ月の間は視聴することができるので、覚えておいてください。

\ライブスポーツ配信No.1!/

DAZNでスポーツ観戦を楽しもう!

今回は、DAZNの料金、番組表、入退会方法、キャンペーン、DAZN for docomoとの違いなどを説明してきました。

DAZNのまとめ
  • コンテンツが多く料金が安いのでコスパがいい
  • 見逃し配信や2台同時視聴が可能で便利
  • 1ヶ月無料でお試しできる
  • プロ野球・サッカー・F1には特に力を入れている
  • DAZN for docomoは料金発生日に注意すべき
  • 一時停止機能をうまく活用すると便利

ぜひこの記事を参考にして、DAZNに加入してみてください。

dTVの月額料金や評判まとめ|dTVチャンネル/dアニメストア/DAZNとの違いも

作品数は圧巻の21万本
動画から漫画・雑誌まで幅広く楽しめる!今なら初回31日間の無料トライアルも!

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。