ドコモでiPhone使ってる人、AppleCare+よりdカード GOLDの補償が良いかも

  • 2020年12月2日
  • by.araki

dカード

今人気急上昇中の「dカード」は、d払いでポイント2重取り、Amazonやマクドナルドでポイントがおトク!さらに「dカード GOLD」はドコモ利用料の1,000円(税抜)で10%ポイント還元です!

この記事では、dカード GOLDを契約すると自動で付いてくるdカードケータイ補償について、AppleCare+と比較しつつ解説していきます。

iPhoneを使っていると心配になるのが、故障・紛失時にかかる、修理料金や買い直しの費用です。

格安スマホならば、仕方ないと割り切って新しい端末を買えばいいかもしれません。しかし、ただでさえ高額なiPhone。そう簡単には割り切れませんよね。

万が一のときに備えて、Appleが提供している保証サービス「AppleCare+」への加入を考えている人も少なくないでしょう。

しかし、ドコモユーザーの場合、AppleCare+よりdカード GOLDを契約して、「dカードケータイ補償」を受けられるようにしたほうが良いこともあります。

dカード GOLDのdカードケータイ補償について
  • 買い直しの費用を最大10万円補償
  • 補償期間は購入から3年以内
  • 紛失・盗難や全損等が補償対象
  • 修理には適用できない

トップ画像引用元:dポイントがどんどんたまる!dカード/dカード GOLDのメリット・おトクに使う方法まとめ | ドコモのクレジットカード

dカード GOLDのdカードケータイ補償

dカード GOLDへアップグレード

画像引用元:dカード | アップグレード・切替えをご希望の方

dカードケータイ補償とは、ドコモで使っている携帯電話が紛失・盗難または修理不能になってしまった際、その携帯電話と同一の機種・カラーを買い直す場合に受けられる補償サービスです。

ここで言う「修理不能」とは、水漏れや全損等を指します。

買い直しで補償を受けるためには、ドコモショップまたはドコモ(ドコモオンラインショップは対象外)が指定している販売店舗で、dカード/dカード GOLDを使ってその端末を買う必要があります。

dカードケータイ補償はdカード GOLDだけでなく、dカードにも付いてきますが、dカード GOLDのほうが手厚いサービスを受けられるのでお得ですよ。

dカード GOLDは、株式会社NTTドコモが提供する、年会費10,000円(税抜)のゴールドカードです。

dカードケータイ補償の内容
  • dカードなら最大1万円まで補償
  • dカード GOLDなら最大10万円まで補償
  • dカード GOLDは年会費10,000円(税抜)かかる

dカードケータイ補償の詳細な内容

dカードケータイ補償の補償金額、補償期間、補償方法は、それぞれ以下の通りです。

項目dカード GOLDdカード
補償金額最大10万円最大1万円
補償期間購入後3年以内購入後1年以内
補償方法dカード/dカード GOLD利用代金の請求額から補償金額を減額

dカード/dカード GOLDで支払う買い直しの費用が減額されます。

特にdカード GOLDユーザーの補償額は最大10万円!かなり大きいですよね。

なお補償にあたっては、株式会社NTTドコモによる審査が行われます。

iPhone 12 miniならタダで買い直せる!

iPhone 12 mini
具体的にシミュレーションしてみましょう。

例えばiPhone 12(64GB)が、水没して修理不能になった場合、これを買い直そうとすると101,376円かかります(ドコモオンラインショップでの価格を参考)。

しかし、dカード GOLDのユーザーがdカードケータイ補償を利用すれば、支払う額が1,376円で済むのです。

計算式

101,376円(端末代金)-100,000円(最大補償額)=1,376円(支払い額)

iPhone 12ではなく、iPhone 12 miniを使っていた場合、256GBモデル以外は支払い額が0円に!

ドコモのiPhone 12 miniの価格
  • 64GB:87,912円
  • 128GB:95,832円
  • 256GB:110,088円

※ドコモオンラインショップでの価格を参考。

修理と違い、買い直しなら、故障とは関係ない傷やバッテリーの消耗等も全部リセットされます。これも嬉しいポイントのひとつですね。

期間限定】29歳以下ならdカード GOLDで最大35,000円分のポイント還元!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの公式サイトはこちら。

AppleCare+との違い

AppleCare

画像引用元:Apple サポート 公式サイト

今度はdカードケータイ補償とAppleCare+の、サービス内容の違いについて見ていきましょう。

AppleCare+は、端末購入から2年間、特別料金での修理や保証を受けられるサービスです。

AppleCare+に加入するだけでも以下の料金がかかります。

機種AppleCare+AppleCare+
盗難・紛失プラン
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
22,800 円24,800円
iPhone 12
iPhone 12 mini
16,800円18,800円
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
22,800 円24,800円
iPhone 1116,800円18,800円
iPhone SE(第2世代)8,800円10,800円
iPhone XR16,800円18,800円

AppleCare+への加入で受けられるサービスとその料金は以下の通りです。

項目料金
画面の損傷を修理3,700円
過失や事故による
その他の損傷を修理
12,900円
盗難または紛失
による交換
(盗難・紛失プランのみ)
12,900円

なお、AppleCare+に加入していない場合の修理料金は以下のようになります。

機種画面の破損のみその他の損傷
iPhone 12 Pro Max35,800円64,800円
iPhone 12 Pro30,400円59,800円
iPhone 1230,400円47,800円
iPhone 12 mini24,800円42,800円
iPhone 11 Pro Max35,800円64,800円
iPhone 11 Pro30,400円59,800円
iPhone 1121,800円42,800円
iPhone SE(第2世代)14,500円30,400円
iPhone XS Max35,800円64,800円
iPhone XS30,400円59,800円
iPhone XR21,800円42,800円
iPhone X30,400円59,800円
iPhone 8 Plus18,400円42,800円
iPhone 816,400円36,400円
iPhone 7 Plus18,400円36,400円
iPhone 716,400円32,800円
iPhone 6s Plus18,400円35,800円
iPhone 6s16,400円32,700円
Phone 6 Plus16,400円35,800円
iPhone 614,500円32,700円
iPhone SE(第1世代)14,500円30,400円
iPhone 5s
iPhone 5c
14,800円30,400円

AppleCare+は「修理不能」に対する保証がない

AppleCare+はdカードケータイ補償と違って、水漏れや全損等に対する保証はありません

修理料金が特別価格になることがメインのサービスです。

修理不能なくらいiPhoneが壊れてしまった場合は、普通に買い直すか諦めることになります。

dカードケータイ補償は買い直し限定

一方dカードケータイ補償は、紛失・盗難または水漏れや全損等による買い直しに対する補償であって、修理のためのサービスではありません

そのため、画面が割れたけどまだ使えるといった状態に対しては適用できないので注意しましょう。

このように、どういった事態に備えたいのかによっても、どちらがおすすめかは変わってきます。

もちろんdカード GOLDを契約しつつ、AppleCare+にも加入することには何の問題もありません。

ただ筆者としては、どちらか片方だけ選ぶのであれば、dカード GOLDを契約してdカードケータイ補償を利用することをおすすめします。

やはり買い直しに対して最大10万円も補償してもらえるのは大きいです。

また、dカード GOLDなら他のサービスも充実しています。

AppleCare+とdカードケータイ補償の違い
  • AppleCare+は修理料金が特別価格になるのがメイン
  • dカードケータイ補償は買い直しに対する補償
  • 画面割れなどの修理費用を安くしたいならAppleCare+
  • 使えなくなった時の買い替え補償が欲しいならdカードケータイ補償

dカード GOLD契約の特典

dカードGOLDの特長

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

最後に、dカード GOLDを契約することによるメリットを簡単に紹介します。

dカード GOLDは年会費が10,000円(税抜)かかりますが、ゴールドカードとしての手厚いサービスを多数受けることができます。

dカード GOLDとdカードの特典

項目dカード GOLDdカード
年会費11,000円永年無料
ドコモのケータイ
ドコモ光
利用料での還元率
税抜1,000円につき
10%ポイント還元
税抜1,000円につき
1%ポイント還元
ケータイ補償期間購入から3年間購入から1年間
ケータイ補償最大補償額10万円1万円
年間利用額特典100万円以上
11,000円相当
のクーポン進呈
-
200万円以上
22,000円相当
のクーポン進呈
お買い物あんしん保険年間300万円
まで補償
年間100万円
まで補償
買い物での還元1%ポイント還元
d払いでのポイント還元
(街のお店)
1.5%ポイント還元
d払いでのポイント還元
(ネットショッピング)
2%ポイント還元
特約店ポイント特約店が設定した
ポイントが追加で進呈
空港ラウンジ利用国内・ハワイの
主要空港ラウンジ
無料利用可
-
旅のサポート世界各地で日本語スタッフが旅行をサポート
海外旅行保険最大1億円補償-
国内旅行保険最大5,000万円
補償
-
申込dカード GOLD公式サイトdカード公式サイト

dカードも年会費無料のクレジットカードとしてはお得な特典が多いですが、dカード GOLDは一層充実しています。

特に、dカード GOLDの契約者なら、ドコモのケータイ利用料金のうち10%分がポイント還元されるという点は大きいメリットですよね。

例えば5Gギガホの月額は7,480円(dカードお支払割適用時)ですから、それだけでも毎月700ポイントが還元されます。

その他、買い物保険や旅行保険も完備。dカードケータイ補償はかなり手厚い内容でしたが、あくまでdカード GOLDに付帯しているサービスの一部に過ぎないのです。これは驚きですね。

また、dカード GOLDはゴールドカードなので、所有していること自体がステータスになります。

ドコモユーザーなら試しに契約してみるだけでも損はないことでしょう。

ドコモのiPhoneはdカード GOLDで補償を受けられる

以上、dカード GOLDの特典のひとつである、dカードケータイ補償についてでした。

dカード GOLDのdカードケータイ補償について
  • 買い直しの費用を最大10万円補償
  • 補償期間は購入から3年以内
  • 紛失・盗難や全損等が補償対象
  • 修理には適用できない

dカードケータイ補償は、紛失や盗難、水漏れや全損等に見舞われた際の買い直し費用を、最大10万円補償してくれるサービスです。

対するAppleCare+は、修理料金を特別価格にしてくれます。

どちらも良いところがありますし、両立も可能です。

しかし、どちらか片方しか選べないなら、dカード GOLDを契約して、最大10万円のdカードケータイ補償を受けられるようにしたほうが良いでしょう。

dカード GOLD契約者なら、ドコモのケータイ利用料金の10%分がポイント還元されます。また、他にも充実した特典を受けることができますよ。

ドコモユーザーなら非常にメリットの多いdカード GOLDは、純粋にゴールドカードの中でもおすすめのクレジットカードです。

dカード GOLDがあればケータイ補償サービスは不要?2つの違いと注意点

ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ