dカードのiDキャッシュバック|残高照会の方法と使い方をカンタン解説

ドコモのdカード・dカード GOLD(ゴールド)のiDキャッシュバックを徹底解説!残高照会・確認の方法からiDキャッシュバックの実際の使い方までまとめて紹介します。意外と知らないdポイントから充当する方法でiDキャッシュバックをお得に活用してみましょう。

  • 2020年6月9日
  • by.ssisdk

ドコモ

今人気急上昇中の「dカード」は、d払いでポイント2重取り、Amazonやマクドナルドでポイントがおトク!さらに「dカード GOLD」はドコモ利用料の1,000円(税抜)で10%ポイント還元です!

この記事では、dカード/dカード GOLD(ゴールド)のiDキャッシュバックの使い方や残高紹介の方法を解説していきます。

dカードやdカード GOLDに入会した際に、iDキャッシュバックをもらったという方も多いのではないでしょうか。

いまいくら残っているのか、どうやったら増やすことができるのか、これから詳しく見ていきましょう。

※2020年4月追記:2020年4月からdカードの入会特典はiDキャッシュバックからdポイントへと変更になりました。

dカードのiDキャッシュバックまとめ
  • iDキャッシュバックとはiDで決済した利用料金を充当する還元のこと
  • 直接現金で還元される訳では無い
  • iDキャッシュバックを受け取る方法は「dポイントから充当する」のが一般的
  • dカード申込み時にも直接iDキャッシュバックを受け取ることが出来る
  • 残高照会はdカード公式ホームページにログインして行う
  • dカードのiDは店舗で直接カードで決済 or スマホに登録のiD払いで利用出来る

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:dカード GOLD 入会特典|dカード

dカードのiDキャッシュバックを理解する

dカードアンドdカードゴールド
dカードのiDキャッシュバックを理解する前にiDの概要について解説したいと思います。

iDとは簡単にいうと電子マネーの一種で、ドコモが運営しています。

決済方法にはチャージして使うプリペイド型や使った分をクレジットカードで支払うポストペイ型があります。

dカードのiDとは
  • iDはドコモの電子マネー
  • dカードをかざして支払いができる
  • スマホと連携すればiPhone/Androidでも支払い可能に

iDとは何?

iDとはNTTドコモが運営している電子マネーの名称で、店舗の決済時にスマホやiD対応のクレジットカードを使って決済するタイプの電子マネーです。

ドコモ提供とは言ってもドコモユーザー限定ではなく、ドコモを契約していないユーザーでも対応しているクレジットカードを持っていればiDを使えます。

dカードにはiDの機能が付帯しており、クレジットカード決済とは別扱いなのでdカードには「クレジットカードによる決済」「iDによる決済」の決済方法が存在している訳です。

その中でも「iDによる決済」は以下の方法があります。

iDによる決済方法
  • ポストペイ型
  • プリペイド型
  • デビット型

使った分だけクレジットカードで支払う「ポストペイ型」

iDで決済した料金を一旦クレジットカード会社が集計し、後でユーザーに請求する「ポストペイ型」が代表的なiD決済方法です。

dカードはクレジットカードなのでポストペイ型で対応しており、iDで決済した料金はdカードへ行き、最終的にdカード支払い先の銀行口座から引き落としされます。

クレジットカード会社が一旦、iDの利用料金を支払うので、手元に現金が無くてもiDが利用出来るのが特徴です。

事前にチャージして使い過ぎを防止するスタイルの「プリペイド型」

ポストペイ型は後から請求されるタイプに対し、事前にiDにチャージした範囲内で決済できるのがプリペイド型の支払い方法です。

一般的な電子マネーがプリペイド型で、dカードプリペイドという名称のdカードも、この支払い方法に該当します。

事前にチャージした分だけ使えるので、クレジットカードを使用し過ぎて翌月ピンチ…とならないのが最大のメリットです。

口座残高内で使用できる「デビット型」の3種類

iD対応の銀行口座内で即時決済するのが「デビット型」の支払い方法で、名称通りデビットカードのように使用出来るのが特徴です。

プリペイド型と異なり事前チャージは不要、ポストペイ型と異なり銀行口座の残高内で即時決済されます。

そのため、プリペイド型とポストペイ型のハイブリットタイプと言えるでしょう。

ただし、dカードシリーズはデビット型には対応していないので、今回の記事ではデビットカードのように使えるiDがあるとだけ覚えていただければOKです。

iDキャッシュバックとは何?

前述の通り、dカードにはiDという電子マネーが利用できる機能があり、そしてiDで使った料金は後から請求される仕組みとなっております。

ではdカードのiDキャッシュバックを簡潔にまとめると、下記3つの特徴を持った還元サービスになります。

iDキャッシュバックの特徴
  • dポイントやiDキャッシュバック残高をiDのご利用代金に充当するサービス
  • キャッシュバックという名前だが直接現金が返ってくる訳では無い
  • iDキャッシュバックは2種類存在する

要は「iDで支払った料金をdポイントや元々存在するキャッシュバック残高で相殺する仕組み」をiDキャッシュバックと呼んでいる訳です。

dカードのiDキャッシュバックをもらう・増やす方法

現在、iDキャッシュバックをもらう・増やす方法はdポイントをiDキャッシュバックに充当する方法のみとなっております。

2020年3月末までの入会特典ではiDキャッシュバックがもらえていましたが、現在ではdポイントへ変更されています。

dポイントはdカードの利用やドコモユーザーなら毎月の利用料金に応じて付与されるので、必然的にドコモユーザーであれば、iDキャッシュバックの機会が多くなります。

dポイントをiDキャッシュバックに充当する

現在持っているdポイントをiDキャッシュバックに充当すると、iDキャッシュバック残高にチャージされてiDで決済した料金から相殺されます。

dポイントによるiDキャッシュバックには厳密には2種類存在します。

iDキャッシュバック(dカード)

iDキャッシュバックの増やし方の中で、メインとなるのがiDキャッシュバック(dカード)です。
iDキャッシュバックをもらう・増やす方法

キャッシュバック方法iDキャッシュバック(dカード)
対象ユーザーdカード/DCMXユーザー
特典2,000ポイントを
2,000円分の1口単位で
dカードのiD利用代金に充当
最低充当単位2,000ポイント
交換可能なポイント上限数40,000ポイント

iDキャッシュバック(dカード)は、2,000ポイントを1口単位としてまとめてiDキャッシュバックの残高にチャージすると、利用料金から2,000円分相殺される仕組みです。

仮に2,000円分相殺しきれなかった場合でも、最大6ヶ月間は繰り越しされるので使い切らなくても半年以内に使い切れば問題ありません。

iDキャッシュバック(d払い:iD)

dポイントを使ったiDキャッシュバックの充当方法の中で、dカードを持っていないドコモユーザーが使用するのがiDキャッシュバック(d払い:iD)です。

キャッシュバック方法iDキャッシュバック(d払い:iD)
対象ユーザードコモケータイ回線を契約している人
dカードを持っていないが
iDを使用しているドコモユーザー
特典2,000円ポイントにつき1,800円分の
d払い(iD)ご利用代金に充当
最低充当単位2,000ポイント
交換可能なポイント上限数10,000ポイント

かつてはdカードminiと呼ばれていた充当方法で、ドコモ回線を契約しているがdカードを持っていない人が、iDキャッシュバックにチャージする為のシステムです。

dカードを持っていない分、特典の額も少なくなっているので、iDキャッシュバックを受ける為には敢えてこちらの方法を選ぶ理由はほぼありません。

iDキャッシュバック(dカード)の申込み方法

dポイントをiDキャッシュバック(dカード)に申込む方法は下記の通りです。

iDキャッシュバック(dカード)の申込み方法
  1. iDキャッシュバックコース|交換商品につかう|d POINT CLUBにアクセスしてdアカウントでログイン
  2. 「iDキャッシュバックコース」を選択
  3. 「交換商品につかう iDキャッシュバックコース」ページで「iDキャッシュバック(dカード)を選択
  4. 画面の指示に従い連絡先等の入力
  5. 申込み内容の確認
  6. 問題なければ手続き完了

これで1dポイントにつき1円としてiDキャッシュバックに充当されます。

dポイントが2,000ポイント以上余っている人は、積極的にiDキャッシュバックに充当して活用すると良いでしょう。

dカード iDキャッシュバックの残高を確認する方法

今自分がどれだけiDキャッシュバックを持っているのか、確認したい場合は下記手順で確認できます。

iDキャッシュバックの残高の確認方法
  1. dカード公式ホームページにアクセス
  2. dカードのdアカウントでログイン
  3. dカード管理ページの「iDキャッシュバック照会」を選択
  4. iDキャッシュバック残高と利用期限が表示

iDキャッシュバック残高と利用期限が一緒に表示されるので、期限以内にiDを利用してキャッシュバック残高が消失しないように注意しましょう。

iDはどこで使える?

iD_use_shop

画像引用元:使えるお店をさがす|電子マネー「iD」

iDキャッシュバックを使ってdポイントをiDとして利用出来る訳ですが、肝心のiDはどこで使えるのかを紹介します。

日本全国の「iD」マークが付いている店舗で利用可能で、店舗のジャンルとしては下記となります。

iDが使える店舗のジャンル
  • コンビニエンスストア
  • スーパー
  • ショッピングモール・百貨店
  • レストランやカフェ、ファーストフード
  • 居酒屋・バー
  • ドラッグストア
  • 健康・ヘルスケア
  • 生活・暮らし・雑貨
  • 家電量販店・携帯電話取扱い店舗
  • 書籍・音楽
  • 美容・ファッション
  • エンターテイメント・レジャー
  • スポーツ
  • タクシー
  • ガソリンスタンド
  • 空港・交通施設
  • インターネットカフェ・カラオケ
  • ホテル・旅館
  • 観光スポット
  • ネット決済

セブンイレブンやローソンなどのコンビニでも使えるのでiDは普段使いにも便利です。

また、Amazonのネット決済にも使用出来るので、店舗・Webと幅広く利用出来るのが特徴です。

dカードiDの使い方4つ

iD_Start_iPhone

画像引用元:iDスタートガイド iDご利用法 Apple Pay Touch ID|電子マネー「iD」

dカードのiDを使う方法は主に4つあります。

dカードのiDを使う方法
  • 決済時にiDを直接使用する旨を伝えてdカードを提示
  • iPhoneにdカードを登録してWalletアプリからiDを利用
  • AndroidのiDアプリにdカードを登録してiDを利用
  • AndroidのGoogle Payアプリにdカードを登録してiDを利用

dカードをそのまま持っていってiDを使うか、スマホにdカードを登録してキャッシュレス決済を行うかの違いになります。

dカードでiDを使う方法

dカードに付帯しているiDは、下記2ステップで利用できるのでとても簡単です。

dカードでiDを使う方法
  1. 決済時に「iD払いで」と店員に伝える
  2. dカードを提示して「タントン♪」という音が鳴れば決済完了

iD利用時の注意点として「iD払いで」と伝えるのを忘れてしまうと、通常のクレジットカード決済として処理されてしまうことがあります。

そうなるとiDキャッシュバックの残高で利用料金の相殺が出来ないので、必ずiD払い希望と決済時に伝えましょう。

iPhoneにdカードを登録してiDを使う方法

iPhoneのWalletアプリに下記手順でdカードを登録すれば、dカードを持ち運びする事無くiDを利用出来ます。

iPhoneにdカードを登録してiDを使う方法
  1. iPhoneのWalletアプリを起動
  2. 画面中央の「カードを追加する」をタップ、または画面右上の+マークをタップ
  3. 「続ける」をタップ
  4. 「クレジット/プリペイドカード」をタップ
  5. カメラが起動するのでdカード表面をカメラで読込
  6. 画面の指示に従いカード情報を入力して「次へ」をタップ
  7. 利用規約の内容を確認して「同意する」をタップ
  8. 画面右上の「次へ」、または「完了」をタップしてdカード登録完了
  9. 店舗で決済時にiDで支払う旨を伝達
  10. Touch IDなら指を乗せて本人認証
  11. Face IDならiPhoneのサイドボタンをダブルクリックして顔認証を行い「リーダーにかざしてください」と表示
  12. iPhoneをかざして「タントン♪」と鳴れば決済完了

iPhoneのWalletアプリはiD以外にもSuicaもまとめられるので、何枚もの電子マネーカードを持ち運ぶ必要がありません。

iPhoneユーザーならiD含めて一律に管理できるので、スマートなキャッシュレス決済を実現できるでしょう。

Androidにdカードを登録してiDを使う方法(iDアプリ)

Androidユーザーの場合、iDアプリとGoogle Payアプリのどちらかでdカードを登録すればiDを使用出来ます。

Androidにdカードを登録してiDを使う方法(iDアプリ)
  1. iDアプリの場合は下記手順でdカードを登録できます。
  2. iDアプリをAndroidにインストールして起動
  3. 「はじめて「iD」を使う方」をタップ
  4. 「iD対応のクレジットカードで登録する」をタップ
  5. 登録するクレジットカード一覧からdカードをタップ
  6. 画面の指示に従いカード情報を登録
  7. 問題なければiDアプリにdカードが登録されてカード情報が表示
  8. 店舗で決済時にiDで支払う旨を伝達
  9. Androidをリーダーにかざす
  10. Androidをかざして「タントン♪」と鳴れば決済完了

これでiDアプリを利用してdカードのiDを利用出来るので、利用する電子マネーがiDだけならiDアプリを使うと良いでしょう。

Androidにdカードを登録してiDを使う方法(Google Pay)

Google Payで複数の電子マネーを使っているユーザーは、下記手順でdカードを登録してiDを利用出来ます。

Androidにdカードを登録してiDを使う方法(Google Pay)
  1. Google Payアプリをインストールして起動
  2. 「カードを追加」をタップ
  3. 「クレジット/デビット/プリペイド」をタップ
  4. カメラが起動するのでdカードを枠に合わせる
  5. 画面の指示に従いカード情報を入力
  6. 「続行」をタップ
  7. 内容を確認して「同意する」をタップ
  8. 画面の指示に従い本人認証を実施してdカード登録完了
  9. 店舗で決済時にiDで支払う旨を伝達
  10. Androidをリーダーにかざす
  11. Androidをかざして「タントン♪」と鳴れば決済完了

Google PayもSuicaやnanaco等、7種類の電子マネーが使用できるので、Androidユーザーがスマートなキャッシュレス決済を体験するには最適なアプリです。

dカードの初期登録さえ終われば、後は決済時にAndroidをリーダーにかざすだけなので、ロック解除が必要なiPhoneよりも手軽に利用出来るでしょう。

dカード iDキャッシュバックの注意点

iDキャッシュバックはdポイントを普段の支払いに使える便利なサービスですが、利用するにあたって3つの注意事項が存在します。

iDは他の電子マネーと勝手が違う部分もあるので、iDキャッシュバックを利用する前に必ず確認しておきましょう。

iDキャッシュバックの有効期間は6ヶ月に設定されている

使い切れなかったiDキャッシュバックは翌月以降に繰り越しされますが、繰り越しできる有効期間の最大が6ヶ月に設定されています。

6ヶ月を過ぎてしまうとiDキャッシュバックが消失してしまうので、損をしない意味でも残高がある内に、積極的にiDを利用するのがおすすめです。

正確な有効期間はiDキャッシュバック照会で、残高と一緒に表示されるので「最近iD使っていないな…」と、感じたら一度有効期間を確認してみましょう。

iDキャッシュバックはiDを利用した買い物のみに適用される

iDキャッシュバックはdカード全ての支払いに適用される訳では無く、あくまでiDを使って決済した料金のみが適用されます。

dカードを使った支払い、またはdカード(iD)の支払いでも、下記ドコモの料金にiDキャッシュバックは適用されません。

ドコモの料金でもiDキャッシュバックに適用されないもの
  • dカードのクレジットカード(Mastercard/Visa)で決済した料金
  • ETCカードでの利用料金
  • ドコモの携帯電話料金
  • ドコモ光の利用料金
  • NTTファイナンスおまとめ請求
  • 故障修理代
  • 分割払い中の携帯電話の残債一括精算
  • 契約事務手数料

dポイントを使ったiDキャッシュバックはドコモの携帯電話料金に充当できません。

それに対し、dポイント自体は携帯電話料金に充当できる点がややこしくなっています。

iDキャッシュバック残高は即時反映ではない

iDキャッシュバック残高はチャージ、利用共に即時反映されている訳では無く、反映されるまでには若干のタイムラグが生じます。

これは一般的な電子マネー決済は即引き落としなので残高も即時反映されますが、dカードのiDが後払い(ポストペイ)の仕組みを採用しているのが原因です。

「まだまだiDキャッシュバックが残っている」と思い込んでiDを利用し続けたら、実はとっくに残高が切れていて翌月高額請求された…と、ならないようにご注意下さい。

dカードのiDキャッシュバックを上手に活用しよう

dカードのiDキャッシュバックについて見てきました。

dカードのiDキャッシュバックとは?残高照会の方法とiDの使い方
  • iDキャッシュバックとはiDで決済した利用料金を充当する還元のこと
  • 直接現金で還元される訳では無い
  • iDキャッシュバックを受け取る方法は「dポイントから充当する」のが一般的
  • dカード申込み時にも直接iDキャッシュバックを受け取ることが出来る
  • 残高照会はdカード公式ホームページにログインして行う
  • dカードのiDは店舗で直接カードで決済 or スマホに登録のiD払いで利用出来る
  • 「iD払いで」と伝えないとdカード払いとして決済されることもあるので注意
  • クレジット払いはiDキャッシュバックの対象外

iDはコンビニやスーパー、家電量販店にホテルなど多くのところで使える電子マネーとなっているので、これまで使ったことがなかった方もぜひこの機会に試してみてください。

またdカード GOLDならもっとお得にdポイントが貯まるので、dカードの方はdカード GOLDもぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

dカード GOLDは還元率がスゴイ!フル活用で年間8万円以上もお得に

ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ