dカード/dカード GOLDは未成年・学生でも作れる?審査や限度額を調査

  • 2020年8月22日
  • by.affiprecious

dカード GOLDへアップグレード

今人気急上昇中の「dカード」は、d払いでポイント2重取り、Amazonやマクドナルドでポイントがおトク!さらに「dカード GOLD」はドコモ利用料の1,000円(税抜)で10%ポイント還元です!

本記事では、未成年や学生の方でもdカード・dカード GOLDを作れるのか、そしてその方法について解説します。

dカードは、お買い物をする度にdポイントが貯まる大変お得なカードです。

マツモトキヨシなどでは、還元率が4倍以上にもなります。

しかし、クレジットカードはユーザーの支払い能力が問われるもの。一般的に「成人になってから/就職してから作るもの」というイメージがあります。

しかし、条件さえ満たしていれば、クレジットカードは未成年や学生でも作れるものです。

未成年・学生のⅾカードまとめ
  • dカードを作れるのは満18歳以上で高校生は作れない
  • dカード GOLDを作れるのは満20歳以上
  • 未成年者がdカードを申し込む場合、オンライン手続きは使えない
  • 未成年者でもdカード GOLDの家族カードなら持てる
  • dカードの審査は通常と変わらず行われる
  • 審査内容は、申込者の支払い能力と申込書のチェックが中心

トップ画像引用元:dカード | アップグレード・切替えをご希望の方

dカード/dカード GOLDは未成年や学生で持つことができるか

dカードアンドdカードゴールド
結論から申し上げますと、未成年や学生でもⅾカードは持つことができます。

しかし、未成年者がdカード GOLDを発行することはできません。

また、未成年・学生がdカードに申し込む際は、事前に用意すべきものが通常とは異なります。

まずは、dカードの申し込み基準について見ていきましょう。

dカードの申し込み基準

dカードで定められている申し込み基準は、下記のとおりです。2つ目の条件に注目してください。

dカードの申し込み基準
  • 個人名義であること
  • 満18歳以上(学生は除く)であること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • その他当社が定める条件を満たすこと

つまり、満18歳以上であれば、未成年でも所持することはできるということです。

「学生は除く」の「学生」は、高校生を指しています。

大学生や専門学校生であれば問題はありません。

dカード GOLDの申し込み基準

次は、dカード GOLDの申し込み基準についてです。こちらも2つ目の項目に注目してください。

dカード GOLDの申し込み基準
  • 個人名義であること
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • その他当社が定める条件を満たすこと

dカード GOLDはdカードの上位カードにあたるため、「安定した継続収入」が基準の1つとなっています。

しかし、「満20歳以上」という条件もあるので、たとえ安定した継続収入があったとしても、未成年がdカード GOLDを発行することはできません。

dカードを未成年・学生が持つ方法

dカード VISA

高校生はdカードを持てませんが、満18歳以上の大学生・専門学校生であればdカードを持つことは可能です。

ここからは、dカードの申し込み方法について解説していきます。

申し込みはドコモショップ・郵送手続きのみ!

通常、dカードの申し込み方法は「ドコモショップ」「郵送手続き」「オンライン手続き」の3つから選べるのですが、未成年の場合、オンライン手続きは利用できません。

dカードを申し込むために、親権者の同意が必要となるためです。

最も簡単なのはドコモショップでの手続きですが、必ず親権者が同伴する必要があります。

とはいえ、どうしても都合がつかないときもありますよね。そのような場合は、郵送手続きも可能です。

公式サイトからdカード入会申込書を請求し、届いた申込書に必要事項を記入してください。親権者の署名も必要です。

あとは、本人確認書類の写しと口座振替依頼書を同封して郵送すればOK。

郵送ですから、記入内容や書類に漏れがあると、確認作業に時間がかかる上に、審査に落ちてしまう恐れもあります。封をする前によく確認してくださいね。

また、後日親権者への電話確認などが行われます。そういった電話がかかって来ることを、予め伝えておきましょう。

申し込み後の流れ

dカード申し込み後の大まかな流れは下記のとおりです。

dカード申し込み後の流れ
  1. ドコモによる入会審査
  2. 申し込み者の在籍確認
  3. 親権者同意確認
  4. dカード発行・郵送

申し込み後にまず行われるのは、ドコモによる審査です。詳細は後述します。

審査後は申し込み書の記載内容を確認するため、勤務・アルバイト先へ確認の連絡が行くことも。

また、郵送手続きの場合は、親権者の元にも必ず同意確認の電話が行きます。予め連絡しておくとスムーズに事が運ぶでしょう。

最終的に「問題ない」と判断されれば、晴れてカードが発行されます。カードの受け渡し方法は郵送です。

通常であれば、申し込みから2~4週間ほどで発行されます。気長に待ちましょう。

ドコモショップの手続きに必要なもの

ドコモショップで未成年の方がdカードの入会手続きを行う際に必要なものは、下記のとおりです。

手続き時に持参するもの
  • 支払いに指定する口座情報を確認できるもの(キャッシュカード、口座通帳など)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 勤務先情報(勤務先社名・住所・電話番号など)

郵送で申し込む場合でも、同じものが必要になります。

ドコモショップに行くなら来店予約を!

地域にもよりますが、ドコモショップは大抵混雑しています。混み具合によっては、その日は受付してもらえず、後日の予約となる場合も。

また現在は、新型コロナウイルス対策として店舗で手続きする際には来店予約が必要となっています。

スマホによる来店予約の手順は下記のとおりです。

来店予約の手順
  1. 行きたいドコモショップを検索し、選択する
  2. 画面を下にスクロールし、「この店舗の来店予約をする」を選択
  3. 自分が行いたい手続きを選択

あとは画面の案内に沿って必要事項を選択し、予約したい日時を指定すれば来店予約は完了です。

dカード GOLDを未成年・学生が持つ方法

dカード GOLD VISA ポインコ

dカードは、満20歳以上の大学生・専門学校生なら発行できますが、未成年者の発行は認められていません。

発行時の手続きの流れは、dカードと同じです。しかし、成人ですから親権者の同意は要りません。オンライン手続きの利用も可能です。

あとは審査に通るかどうかの問題となります。

家族カードなら未成年者でも持てる!

未成年のうちはdカード GOLDを発行できませんが、dカード GOLDと同じように使えるカードなら所持することならできます。

それは、dカード GOLDの「家族カード」です。

ご家族の誰かがdカード GOLDに入会している場合は、家族カードを発行してもらいましょう。

そうすれば、dカード GOLDの本会員と同じサービスを受けることができます。

dカード GOLDの家族カードは、発行時に審査が行われません。しかも、1枚目は無料で発行できます。

2枚目以降は1,000円の年会費がかかりますが、dカード GOLDで得られるお得度を考えると、必要であればできるだけ発行した方が良いでしょう。

ただし、dカード GOLDで獲得できるdポイントは本会員に集約されます。

つまり、家族カードを使って貯めたdポイントは、本会員のみが利用できるシステムになっているということです。この点だけは注意してくださいね。

dカード/dカード GOLDの学生の限度額

dカードとdカード GOLDの限度額は、会員の入会時の信用度合いによって決定されます。

つまり、会員の年齢などはあまり関係がなく、会員の収入状況やこれまでのクレジットカード利用歴などが関係するということです。

クレジットカードによっては、限度額が大枠で決まっているものもあります。

しかし、dカード・dカード GOLDではそのような額は決まっていませんし、公表もされていません。

ネット上の口コミによると、学生の場合は10万~30万円が比較的多いようです。

限度額を引き上げる方法

dカードとdカード GOLDでは、dカードの会員ページから限度額を引き上げることができます。

申請は10万円単位で可能です。ただし、入会後半年間は申請できません。

また、引き上げには審査が必要となります。

審査の基準は公表されていませんが、引き上げ申請の条件から見ても、少なくとも半年間の支払いを遅滞なく行っていることが条件の1つとなるでしょう。

なお、家族カード会員は限度額の引き上げ申請ができません。

dカードの未成年・学生への審査は厳しい?

check

dカードに限らず、クレジットカードの入会審査の内容や基準は、基本的に公表されていません。

それゆえに、ネット上では様々な憶測が飛び交い、まるで個人情報をすべて見られているかのような記述も見られます。

実際のdカードやdカード GOLDの審査はどうなのでしょうか?

審査で見られるのはごく一部の情報のみ!

結論から言うと、審査で見られるのは以下の点が中心となるようです。

審査のポイント
  • 申込者のクレジットカード利用歴やローンの支払い状況
  • キャッシングの利用状況
  • クレジットカードの申し込み履歴
  • 申込書の記入項目

基本的には、申込者の支払い能力と申込書のチェックが行われます。

つまり、申込者の個人情報を事細かに審査しているわけではなく、クレジットカードを利用する上で重要な部分のみを審査しているということです。

そもそもクレジットカードは、買い物時の支払いを運営会社に一時的に肩代わりしてもらうシステムですよね。

そのため、運営会社は「本当にカードの利用料金を払ってもらえるのか」という観点で審査を行います。

過去にクレジットカードなどの支払いで事故を起こしている方は、当然ながら不利です。

「この人はまた同じ事をするかもしれない」と運営会社に警戒されてしまうので、審査を通るのが厳しくなります。

また、短期間のうちに複数枚のクレジットカードの申し込みをしている方も要注意です。

「複数のカードを使うほどお金に困っているのか」と疑われてしまうので、審査に通りにくくなります。

学生・未成年者の審査は厳しい?

上記の事を踏まえると、学生や未成年者であっても、審査で不利になることはないということがわかります。

dカード GOLDはゴールドランクのカードですから、収入額も重視されるかもしれません。

一方、dカードの審査で重要となるのは、これまでのクレジットカードやキャッシングの利用履歴です。

しかし、ほとんどの学生・未成年者は、まだこれらの利用履歴がありませんよね。

満20歳前後の若者であれば、これは普通のことです。そのため、利用履歴がないことを理由に、審査で落とされることはまずないでしょう。

申込書の不備には要注意!

学生・未成年者が申請時に注意すべきは、申込書の記入項目だけです。

場合によって、書き損じが原因で審査に落とされることもあるので、本当に注意してください。

一般的に、クレジットカードの審査に落ちた場合、その理由は一切教えてもらえません。

審査を通過できなかった人が、「収入のせい?」「学生だから?」「未成年はダメ?」など色々と悩んだ結果、書類を見直してみたら不備を見つけた…、という例もあります。

ですから、申込書の記入には十分注意してください。完成後も1回はしっかり確認することをおすすめします。

未成年・学生でも作れるお得いっぱいのdカード!

今回は、未成年や学生でもdカード/dカード GOLDを持てるか、そして発行時の手続き方法について解説しました。

未成年・学生のⅾカードまとめ
  • dカードを作れるのは満18歳以上で高校生は作れない
  • dカード GOLDを作れるのは満20歳以上
  • 未成年者がdカードを申し込む場合、オンライン手続きは使えない
  • 未成年者でもdカード GOLDの家族カードなら持てる
  • dカードの審査は通常と変わらず行われる
  • 審査内容は、申込者の支払い能力と申込書のチェックが中心

dカードは基本還元率が1%と高い上に、dカード特約店では還元率が2倍以上になるお得なカードです。

特にマツモトキヨシなどでは、還元率が4倍以上に。

また、dカード GOLDではdカードのメリットに加え、たくさんの特典も付いてきます。

dカード GOLDの特典
  • ドコモの携帯電話・ドコモ光の利用料10%還元
  • 年間利用額に応じて最大22,000円分のクーポンプレゼント
  • 最大10万円までの携帯電話補償
  • 海外・国内旅行の充実した旅行保険
  • 国内主要空港ラウンジ無料

さらに、dカードでは最大6,000円分、dカード GOLDでは最大13,000円分のdポイントをゲットできる入会キャンペーンを開催しています。

未成年や学生であっても、dカード・dカードGOLDは作れます。今がお得に始めるチャンスですよ!

ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ