dカード/dカード GOLDのブランド変更は可能?dポイントなど注意点を解説

  • 2022年10月27日
  • by.nuko

dカードゴールド
 

ドコモ・ahamoをお得に使うならdカード GOLD
今なら入会&利用&要Webエントリーで、合計最大11,000dポイントもらえる!

この記事では、dカード/dカード GOLDのブランド変更方法やメリット、注意点について解説します。

入会時になんとなくブランドを決めてしまうと、使い勝手が悪くなってしまう場合もあります。

そんな時は一度解約・再入会することでブランドを変更できますが、解約が絡むため注意点もあります。

dカード/dカード GOLDのブランドを変更したい方は、この記事を参考にスムーズに変更手続きをしてください。

dカード/dカード GOLDブランド変更のポイント
  • dカード/dカード GOLDはブランド変更できる
  • 通常はブランド変更不可
  • 解約新規でブランド変更可能
  • 解約新規は入会・利用特典は適用されるか不明

dカードのブランド変更は可能?

dカードゴールドとdカード

dカード/dカード GOLDでは、VISAとMaster Cardの2つのブランドが選べます。

しかし、dカード/dカード GOLDには、ブランドを変更する手続きがありません。

そのため、ブランドを変更するには現在のdカードを解約し、希望のブランドで新規入会する必要があります。

dカードの解約・再入会手続きは決して難しいものではありませんが、年会費が2重にかかったりカード番号が変わったりと、注意したいポイントも把握しておきましょう。

dカードでブランド変更するメリット

dカードゴールドとdカード

dカードでブランドを変更することには、使い勝手の点でメリットがあります。

ブランドによって特性が異なり、受けられる特典も変わってきます。

使い勝手が向上する可能性がある

dカードが採用しているVISAとMaster Cardにはそれぞれ特徴があります。

ブランドを変更することで、カードの使い勝手がよくなる可能性があります。

VISAの主な特徴
  • 国内シェア55%で使えるお店が多い
  • 世界シェアNo.1
  • ヨーロッパ圏以外で使えるお店が多い
  • 非接触決済「Visaのタッチ決済」が使える
Master Cardの主な特徴
  • 世界シェアNo.2
  • ヨーロッパ圏で使えるお店が多くMaster Cardしか使えない場合もある
  • 非接触決済「Mastercard®コンタクトレス」が使える
  • コストコはMaster Cardのみ

国内利用ならシェア率の高いVISAが便利で、さらに利用するお店がVisaのタッチ決済に対応しているなら決済も楽々です。

Master CardではMastercard®コンタクトレスで同様の決済が可能です。

一方で、ヨーロッパ圏に行くことが多い方やコストコ愛用者は、Master Cardでないと不便に感じるかもしれません。

新規入会特典は再度もらえる?

dカード/dカード GOLDの入会特典ページには、再入会時に特典がもらえるか否かを明記していません。

ただし、特典の進呈対象外となる場合として下記の文言が記載されています。

過去に本特典に同券種でエントリーされたことがある方

そのためポイントの二重取りは難しいといえるでしょう。

また、dカード利用規約を見ると、「dカードやスマホの契約状況によって特典を限定したり廃止することができるという」旨の記載があります。

dカードをある程度の期間問題なく使っていた方は特典対象になりそうですが、状況によっては特典がもらえない可能性もあると思っておいたほうがいいかもしれません。

dカードのブランド変更方法

dカードゴールド

ここからは、dカード/dカード GOLDのブランド変更をする手順を見ていきます。

ブランド変更の流れ
  1. 予備のクレジットカードを用意する
  2. dカード/dカード GOLDを解約する
  3. 3〜4日間を空ける
  4. 希望ブランドでdカード/dカード GOLDに申し込む

手順1:予備のクレジットカードを用意する

dカードのブランド変更は解約新規になるので、約2週間は利用できない期間が発生します

その間に月額課金や買い物でクレジットカードが必要になると、決済できずに困ってしまうでしょう。

dカード/dカード GOLDしか持っていない方は、楽天カードなど予備のクレジットカードを用意してからの手続きをおすすめします。

手順2:dカード/dカード GOLDを解約する

続いて、現在利用しているdカード/dカード GOLDを解約しましょう。

dカードを保有した状態では、新たなカード入会手続きができません

解約窓口は以下の通りです。

dカード解約窓口

手順3:3〜4日間を空ける

現在利用しているdカード/dカード GOLDを解約しても、すぐ新規入会手続きはできません

通常は3〜4日空ければ再入会できるようになります。

手順4:希望ブランドでdカード/dカード GOLDに申し込む

解約から3〜4日空けたら、希望するブランドでdカード/dカード GOLDに申し込みましょう。

これでブランド変更手続きは完了です。

新しいカードが届いたら、月額課金の支払い設定やおサイフケータイの設定を新しいカード情報に更新しましょう。

dカードでブランド変更する時の注意点

クレジットカード

ここからは、dカード/dカード GOLDでブランド変更する際の注意点を見ていきましょう。

ブランド変更の注意点
  • 再加入には再び審査がある
  • 年会費が二重に発生する可能性あり
  • 年間利用額特典が受け取れない可能性あり
  • 各種料金の自動引き落とし設定に注意
  • カードの利用限度額も再審査で決まる

再加入には再び審査がある

dカード/dカード GOLDに再加入する際は、改めて入会審査があります

すでに通過している審査なので、旧カードを支払いの滞りなく利用していれば審査落ちすることはまずないでしょう。

とはいえ、100%通過するという保証はありません。

収入が減っていたり他の金融商品で事故履歴があったりと、状況によっては審査が通らない可能性もあります。

審査落ちする可能性がある場合は、dカードのブランド変更は控えた方がいいかもしれません。

年会費が二重に発生する可能性がある

dカード GOLDには、11,000円の年会費がかかります。

この年会費はdカード GOLDを解約しても戻ってくることはありません。

新規契約するdカード GOLDも年会費が発生するので、ブランド変更をする年は年会費が二重にかかる可能性があります

二重払いを避けるには、dカード GOLDの年会費が課金されるタイミング直前に解約新規をするといいでしょう。

年会費の課金タイミングは、dカード GOLDの「加入日」で、以下の方法で確認できます。

dカード GOLDの加入日確認方法
  • dカード GOLDの台紙で確認
  • dカード GOLD公式サイトのご利用明細から確認
  • dカードゴールドデスク(0120-700-360)に電話

年間利用額特典が受け取れない可能性がある

dカード GOLDの年間利用額特典は、前年の12月16日〜今年の12月15日までが利用金額の集計期間です。

その翌年の5月下旬〜6月上旬に、特典を選ぶダイレクトメールが届きます。

2022年分を例にすると
  • 集計期間:2020年12月16日〜2021年12月15日
  • 特典DM発送:2022年5月下旬〜6月上旬

また、集計期間中のdカード GOLD利用金額に応じて、もらえるクーポンの金額が変わります。

年間利用額特典の金額
  • 100万円以上:11,000円相当のクーポン
  • 200万円以上:22,000円相当のクーポン

ここで気を付けたいのは、特典の受け取りまでにdカード GOLDを解約すると、クーポンが受け取れないということです。

年間利用額が100万円に到達している方は、クーポンが受け取れる6月中旬以降にブランド変更をした方がいいでしょう。

年間利用額が引き継がれない

ブランド変更のために解約新規を行うと、dカード GOLDの年間利用額は引き継ぎできないと認識しておきましょう。

dカードのサポートページには、「通常のdカードを解約してdカード GOLDを改めて契約する場合は引き継げない」旨が明記されています。

dカード GOLDを解約新規した場合については言及されていませんが、同様に年間利用額は引き継がれないと見ていいでしょう。

各種料金の自動引き落とし設定に注意

dカード/dカード GOLDで公共料金や各種自動引き落としを設定している方は、ブランド変更でカード番号が変わることに注意しましょう。

dカードを解約した時点で、自動引き落としのクレジットカード決済が無効になります。

新しいdカードが届くのに2週間程度必要で、その間に決済日を迎える支払いが滞ってしまいます。

dカードのブランド変更を行う際は、一時的に他のクレジットカードに支払い方法を変更するなど、支払いが滞らないように対処しておきましょう。

カードの利用限度額も再審査で決まる

dカード/dカード GOLDのブランド変更は解約新規となるため、カードの利用可能枠は再入会時の審査で決まります

旧カードで利用可能枠が増額されていたとしても、新しいカードには引き継がれないので注意してください。

とはいえ、旧カードを申し込んだ時より収入が増えていれば、以前より利用可能枠が多くなるかもしれません。

dカードの再加入時に引き継げるもの

dポイントクラブ

画像引用元:dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ

dカード/dカード GOLDのブランド変更は1度解約することになるため、基本的に再入会時に旧カードの情報は引き継げません。

しかし、以下のいずれかの条件を満たす場合には、旧カードで貯めたdポイントは引き継げます。

dポイントが引き継げる条件
  • ドコモ回線を紐づけている
  • ドコモ回線がなくてもdアカウントを紐づけている

普通に使っていれば、上記の2点どちらも該当しないという人はまずいません。

旧カードで貯めたdポイントは間違いなく引き継げるので、たっぷりdポイントを貯めている方も安心してブランド変更できますね!

VISAとMasterCardの違い

dカード

画像引用元:年会費無料でゴールドカードは作れるの? | ドコモのクレジットカード

最後にdカード/dカード GOLDで利用できるブランド「VISA」と「MasterCard」の違いをチェックしましょう。

VISAとMasterCardの主な違い
  • シェア率
  • 海外で使いやすいエリア
  • 旅行・レジャーで使える特典

違い1:シェア率

VISAとMasterCardでは、VISAの方が圧倒的なシェア率を誇ります。

2020年12月にイプソスが発表した統計データによると、VISAとMasterCardの国内シェアは次の通りです。

国内シェア比較
  • VISA:50.8%
  • MasterCard:17.8%

国内のクレジットカード決済に対応したお店なら、VISAが使えないということはまずありません。

また、2021年5月からはApple PayやWeb決済も使えるようになりました。

スマホ決済が不便でMasterCardにしていた方も、国内利用中心ならVISAにブランド変更した方がいいかもしれませんね。

違い2:海外で使いやすいエリア

VISAとMasterCardでは、海外で利用しやすいエリアが異なります。

カード別の使いやすいエリア
  • VISA:ヨーロッパ圏以外のエリアで使いやすい
  • MasterCard:ヨーロッパ圏で使いやすい

「国際ブランドで困ったらVISAを選べばいい」と言われますが、これはシェア率の高さと使いやすいエリアの多さがゆえですね。

海外に行くならヨーロッパ中心という方は、MasterCardを選んだ方がいいでしょう。

違い3:旅行・レジャーで使える特典

VISAとMasterCardでは、それぞれ提供している特典にも違いがあります。

主な特典は旅行・レジャー関連の割引で内容は都度更新されますが、基本的にVISAの方が豊富な特典を提供しています

カード優待を活用してお得に旅行するなら、VISAを選んだ方がぴったりな特典を受け取れそうですね!

dカード/dカード GOLDの国際ブランドの切り替えは慎重に!

今回はdカード/dカード GOLDのブランド変更について解説しました。

ブランド変更まとめ
  • dカード/dカード GOLDはブランド変更できる
  • 通常はブランド変更不可
  • 解約新規でブランド変更可能
  • 解約新規は入会・利用特典は適用されるか不明

ブランド変更のみの手続きはありませんが、1度解約して再入会することで、VISA・MasterCard間の変更ができます。

ただ、1度解約することになるため、注意点はしっかり押さえておきましょう。

ブランド変更の注意点
  • 再加入には再び審査がある
  • 年会費が二重に発生する可能性あり
  • 年間利用額特典が受け取れない可能性あり
  • 各種料金の自動引き落とし設定に注意
  • カードの利用限度額も再審査で決まる

dカード/dカード GOLDのブランドを変更したい方は、今回の解説を参考にスムーズに手続きしてくださいね!

ドコモ・ahamoをお得に使うならdカード GOLD
今なら入会&利用&要Webエントリーで、合計最大11,000dポイントもらえる!

※dポイント(期間・用途限定)
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!
dカードゴールドの追従バナー