dカード GOLDの国際ブランドはVISA/MASTERのどちらがお得か比較

dカード GOLDの国際ブランドはVISA/MASTERのどちらがお得か比較

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

クレジットカードに必ず付いている国際ブランド。

「VISA」や「MasterCard」をはじめ、現在では様々なブランドがありますが、これらの違いをご存知でしょうか。

クレジットカードを選ぶ際、よく「還元率」が重視されますが、この数字はクレジットカードの種類によって決まります。

よって、この国際ブランドは大して重要視されておらず、カードの契約の際にあまり詳細には説明されません。

しかし、国際ブランドはユーザーの利便性や受け取れるポイントにも影響してくるものなのです。

そこで、今回は2大ブランドである「VISA」と「MasterCard」に着目し、両者の違いについて徹底解説していきます。

1 クレジットカードの国際ブランドとは

よく耳にする「VISA」や「MasterCard」という単語は、「国際ブランド」の種類の名称です。これら国際ブランドは、どのクレジットカードにも必ず付いています。

現在、使われている国際ブランドは以下の7つ。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯(ぎんれん)
  • ディスカバー

現在はクレジットカードに限らず、プリペイドカードやデビットカードにも、この国際ブランドが使われています。

1-1 国際ブランドによって何が変わるのか

国際ブランドは、クレジットカードのポイント還元率には影響しません。dカード GOLDのようなゴールドカードのメリットでもある、特典や各種サービスとも無関係です。

国際ブランドが影響力を持つのは、主に以下2つの要素となります。

  • 使える店舗
  • Apple Payで利用できる決済

2 国際ブランドによって使える店舗が変わってくる

画像引用元:dカード | dポイントをためる/つかう

クレジットカードを店舗で利用するためには、店舗側が国際ブランドに加盟している必要があります。これは、クレジットカードの種類とは無関係です。

例えば、同じⅾカード GOLDでも、VISA加盟店ではVISAブランドのカードで決済できますが、MasterCardブランドのカードでは決済できません。

もちろん、店舗側がVISA・MasterCard両方に加盟していれば、どちらの国際ブランドも利用できます。

クレジットカードに慣れてしまうと、カードが使えないというだけでストレスを感じてしまいがち。利便性を考えると、使える店舗は多いに越したことはありません。

また「使える店舗の多さ」は、間接的に「ユーザーのお得度」にも関わってきます。なぜなら、使える店舗が多ければ多いほど、ポイント還元のチャンスがより増えるからです。

2-1 国際ブランドのシェア率は

2015年に発表されたニルソンレポートによれば、全世界の国際ブランドのシェア率は以下のようになっています。

  • VISA:56%
  • MasterCard:26%
  • その他:18%

国際ブランドには多数の種類がありますが、上記のVISAとMasterCardを合わせると、シェア率は80%にも及びます。

この圧倒的なシェア率が、VISAとMasterCardが国際ブランドの二大巨頭と言われるゆえんです。

特にVISAはMasterCardの2倍以上のシェア率を持っており、使える店舗数では国際ブランドの中でNo. 1。

しかし、日本国内ではこのシェア率の差は実感しにくいところだと思います。なぜなら、クレジットカードが使える店舗では、大抵VISAとMasterCardの両方に対応しているからです。

しかし、海外では事情が全く異なります。

VISAの海外事情

VISAが最も強い地域はアメリカです。加盟店が非常に多く、今や「使えない店は無い」といっても過言ではありません。

また、ヨーロッパを除くほとんどの地域では、MasterCardよりもVISAの方がより多くの加盟店を抱えています。

特に、アジア地域の発展途上国などでは、VISAの強さを如実に実感することができるでしょう。発展途上国が増えているアフリカ地域でも、同様の傾向があります。

よって、ヨーロッパ以外の旅行では、VISAブランドのクレジットカードが最も良い選択肢であると言えますね。

MasterCardの海外事情について

上のシェア率が示すとおり、MasterCardの加盟店はVISAよりは少なめです。しかし、そんなMasterCardが圧倒的に強い地域が存在します。

それがヨーロッパです。

ヨーロッパ地域ではMasterCard限定の店舗が多く、VISAが使えない店舗が目立ちます。

他の地域であればVISAのクレジットカードだけで事足りますが、ヨーロッパでは通じないと思った方がいいでしょう。

MasterCardがヨーロッパで極端に強いのは、MasterCardがヨーロッパ圏で強かった「ユーロカード」と提携していたためです。

MasterCardが設立されたのは1968年のことですが、このわずか2年後にユーロカードと提携。2002年には統合に至りましたが、これがきっかけとなって、MasterCardはヨーロッパに定着したのです。

ヨーロッパへの旅行や出張が多い方は、MasterCardが最も良い選択であると言えるでしょう。

dカード GOLDのメリット|ドコモユーザー最強のカードを徹底解説

次のページでは、Apple Payにおける国際ブランドの影響について解説していきます。

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ