DearMob iPhoneマネージャーを使えば安全・簡単にiPhoneバックアップできる

  • 2018年8月15日
  • by.ユキチ

dm

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

DearMob iPhoneマネージャー」はiPhoneを始めとしたiOSデバイスのデータ移行を安全かつ簡単にするデータ転送ソフトです。

iTunesやWi-Fiに繋げなくても、ソフトを起動してiOSデバイスを接続するだけで、iPadやiPhoneのデータ移行が簡単に行えます。

しかも、iPhoneで撮った写真を時系列ごとに管理できたり、LINEのトーク履歴も保存できたりと、多方面で活用できます。

iPhoneに機種変更したらバックアップとデータの移行は必須です。DearMob iPhoneマネージャーを使って安全・簡単にデータを移行しましょう。

DearMob iPhoneマネージャーのダウンロードはこちらから
DearMob iPhoneマネージャー公式サイト

トップ及びこの記事の画像引用元:【公式】DearMob iPhoneマネージャー – iPhoneのデータをバックアップ・復元・転送・管理できるソフト

 1 3つの機能でiPhoneのデータを簡単バックアップ!DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneを機種変更したり修理に出したりする時に必須となるのが、iPhone内のデータのバックアップや移行作業です。

データ移行作業ではiCloud にデータを預けるにはWi-Fiが必要になりますし、iTunesでのバックアップも案外スムーズにはいかないものです。

「なぜかバックアップできない」「エラーが出る」「バックアップしたつもりができていなかった」「自動同期でデータが一部保存されていない」といったトラブルも、ネット上でよく見かけます。

そんなiPhoneのバックアップやデータ移行で悩んでいる方には、DearMob iPhoneマネージャーがおすすめです。

DearMob iPhoneマネージャーなら、「iPhoneのデータをバックアップしておきたい」と思ったその時に、ササっと作業を完了できます!

1-1 容量の制限がなく動画の転送も可能!

DearMob iPhoneマネージャーには、移行データの容量に制限がありません。

重い動画がいくつあってもOKですし、iPhone&iPadからPCに入れるだけでなく、PCからiOSデバイスに映画やビデオクリップを移すことも可能です。

その際、iPhoneで再生できないファイル形式は自動でフォーマットを変換し、再生可能な状態にしてくれるので手間いらず。

iCloudでバックアップをしようとして、「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」と表示された経験はありませんか?

iCloudには5GBの制限があるため、保存したいデータが全て入りきらない方もいます。これを回避するためには、iCloudのストレージ容量を別途購入するしかありません。

そう考えると、最初からいくらでも転送できるDearMob iPhoneマネージャーは、かなり優秀なのではないでしょうか。

1-2 iPhoneのバックアップがワンクリックで完了する

iPhone&iPadのバックアップはワンクリックでOK。

DearMob iPhoneマネージャーのメインフェイスにある「バックアップ」タグをクリックし、青色の「今すぐバックアップ」ボタンを押すだけです。

バックアップが終わったら、画面上部にある「バックアップファイルを復元」をクリック。先ほどバックアップされたデータが確認できれば成功です。

また、iPhone&iPad内のアプリファイル、ボイスメモ、メッセージのバックアップ、ブックマークのエクスポートも個別でバックアップすることが可能です。

1-3 iPhoneのバックアップ復元もワンクリック

バックアップしたファイルをiOSデバイスに戻す際も、ワンクリックでOKです。

メインフェイスのタグを「バックアップファイルを復元」に合わせて、復元したいiPhone&iPadの名前を選択。

画面下部に出てくる「今すぐ復元」ボタンをクリックしたら、後は待つだけです。

1-4 ファイル暗号化で安全にバックアップ

大事なデータを移行するときに、不安になってくるのがセキュリティの問題ですよね。

DearMob iPhoneマネージャーの最新バージョンには、「ファイル暗号化」機能が追加されています。

写真や動画、連絡先などプライベートなデータをエクスポートする際に、AES・RSA・PBKDF2・ARGON2技術によるファイルの保護が有効になっているのです。

4K写真100枚の暗号化が20秒ほどで完了するため、待ち時間にイライラしてしまうこともないでしょう。

1-5 SMSのメッセージも保存できる

DearMob iPhoneマネージャーでは、繋いだPCからiPhoneのメッセージ機能にアクセスすることが可能です。

すべてのSMSやMMS、iMessageの会話の保存・ブラウズができる上に、暗号化管理でLINEのトーク履歴やアプリのIDなども簡単にバックアップが可能という便利設計。

iPhone機種変更時などに、思い入れのあるトーク履歴が消えてしまった……、そんなトラブルも無くなりそうですね。

次の章では、DearMob iPhoneマネージャーのインストール手順について解説します。

iPhoneのバックアップを取得して復元する方法【iCloud/iTunes】

2 さっそくDearMob iPhoneマネージャーを使ってみよう!

DearMob iPhoneマネージャーのインストール方法と、操作画面の使い方を解説します。

WindowsバージョンとMacバージョンがありますので、それぞれのPCに合わせて参考にしてください。

2-1 Windowsバージョンのインストール

「iPhoneをWindowsに接続して写真を開いてみたら、謎の英数字フォルダの中に、ファイルがごちゃごちゃに分類されていた……」といった経験はありませんか?

いくら何でもそんな状態では見づらいですよね。

DearMob iPhoneマネージャーのWindowsバージョンなら、写真が時系列ごとにサムネイルで表示されるので、とても管理しやすいですよ。

まずは、無料版から試してみましょう。インストールは3ステップで完了します。

1公式サイトの無料ダウンロードボタンをクリックし、「dearmob-iphone-manager.exe」ファイルを起動します。

2ユーザーアカウント制御のポップアップウィンドウが出たら「はい」を押しましょう。

3インストール画面に移行したら、「インストール」を押して完了です。

今のところカスタムインストールの設定は無く、インストール先をCドライブから変更できるのみとなっています。

4インストールが終わったらDearMob iPhoneマネージャーを起動し、USBケーブルでiPhone/iPad/iPodなどのiOSデバイスを接続します。

5iOSデバイス側に「このコンピューターを信頼しますか?」という画面が出ますので、「信頼」を押してアクセスを許可してください。

これで準備は完了です。

2-2 Macバージョンのインストール

Macバージョンのインストール手順も簡単です。

1まずは、公式サイトの無料ダウンロードボタンをクリックし、「dearmob.dmg」ファイルを起動します。

2DearMob iPhoneマネージャーアイコンをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップします。

3USBケーブルでiOSデバイスを接続すると、iOSデバイス側に「このコンピューターを信頼しますか?」という画面が出るので、「信頼」を押してアクセスを許可します。

これで準備は完了です。

次の章では、DearMob iPhoneマネージャーの画面構成と環境設定でできることを解説します。

2-3 DearMob iPhoneマネージャーの画面の見方

これがDearMob iPhoneマネージャーのメインフェイスです。見ての通りとてもシンプルですね。

メインで使う「写真転送・音楽管理・ビデオ・バックアップ・ファイル」ボタンが並び、その下に細かい設定管理ができる「ファイル暗号化・連絡先・PadCast・電子書籍……」などが並んでいます。

あとは、繋いでいるiOSデバイスを確認する左上のアイコンと環境設定の2つさえ操作できれば、このソフトをマスターしたと言っても良いでしょう。

【環境設定】
Windows:メインフェイスの右上の歯車マーク
Mac:左上のメニューバーのDearMob>環境設定

もう1つ、iOSデバイスのバッテリー容量を確認するボタンもあります。

【バッテリー容量の確認方法】
Windows:メインフェイスの左上のバッテリーアイコンをクリック
Mac:メインフェイスの右上のバッテリーアイコンをクリック

2-4 環境設定でできる3つのこと

DearMob iPhoneマネージャーの環境設定項目は、かゆい所に手が届くものばかりです。

ファイルフォーマットごとに保存先を指定できる

DearMob iPhoneマネージャーの環境設定では、データの保存先を設定できます。

写真・音楽・ビデオ・その他で、それぞれ別の場所を指定できるのが便利です。(Windows:設定>ルート、Mac:設定>初期化のエクスポートパスでアクセス可能)

通知設定の変更・画像&音楽ファイルのフォーマット指定が可能

また、「オプション」タグでは、最新バージョンの通知のオンオフ、写真フォーマットをjpgに変換するか、音声フォーマットをMP3やAACにするかなどを設定できます。

「ソフトの環境設定って面倒くさそう」という方も少なくないかと思いますが、DearMob iPhoneマネージャーには細かい設定がありません。その分、初心者でも扱いやすくなっています。

重要なデータにはファイル暗号化を

最後の「ファイル暗号化」タグでは、写真・動画・連絡先などのプライベートな情報にパスワードをかけることができます。

重要なデータには保護をかけるようにしておくと安心ですね。

2-5 DearMob iPhoneマネージャーのユーザー評価

いかがでしたでしょうか。多機能な上に安全かつ簡単にデータ移行ができる事をご理解いただけたと思います。

ただ気になるのはユーザーの評価ですよね。ここでSNSに集まったDearMob iPhoneマネージャーのユーザー評価を紹介します。

DearMob iPhoneマネージャーのユーザー評価
  • 便利そう、このソフトを推していきたい
  • ドラック&ドロップで簡単にiPhoneの中に音源入れるソフトが見つかった
  • かなり快適でおすすめ
  • iPhoneのカメラロールに10万枚近くあってiTunesが絶望的に使えない、救世主が現れた、早速ゲットした
  • 機種変更など写真データを移行する時などにかなり有用に見える
  • 入れている曲から着信音が簡単につくれるのが良い

かなり好評ですね。特に画像ファイルがたくさんある時などに効果を発揮するようです。SNS全盛期時代の今では多くの方がスマホで写真を撮っているのではないでしょうか。

DearMob iPhoneマネージャーを使用すれば安全かつ簡単かつ早くデータ移行ができます!

3 DearMob iPhoneマネージャーは写真や動画データの保存庫としても使える

「iPhoneのバックアップは必要ないけど、写真や動画データをどこかに保存しておきたい」という時にもDearMob iPhoneマネージャーは使えます。

写真の転送・管理用のソフトとしても十分な機能を備えているのが、DearMob iPhoneマネージャーの特徴です。

3-1 写真の管理画面はかなりシンプル

DearMob iPhoneマネージャーの「写真転送」タグを押すと、iOSデバイスに保存されている写真・画像がサムネイルで表示されます。

左側がiPhoneのアルバムフォルダ、右側が選択したアルバムに含まれる画像ファイルです。

この画面上で写真の追加・削除や、エクスポートなどの操作ができます。

次の章では、iPhoneとPC間でファイルを転送する手順について解説します。

3-2 iPhoneからPCへ写真を転送

iOSデバイスからPCへ写真を転送する手順は、画像を選択してエクスポートボタンを押すだけ。

画像を圧縮せず高画質のまま送れるので、思い出の写真をPCで編集したいという方にもおすすめです。

画像の転送は複数ファイルにも対応しています。

転送したい写真が含まれるフォルダをクリックし、該当の写真を選択していきましょう。全ファイルを転送したい場合は、「すべてを選択する」にチェック。これで一括選択が可能です。

選択が完了したら、メニューバーの「エクスポート」タグをクリックしましょう。数秒後に「完了」メッセージが表示されれば無事完了です。写真入りフォルダが作成されているか確認してみてください。

同様の手順で動画も転送できます。DearMob iPhoneマネージャーのメインフェイスで「ビデオ」タグに切り替え、同じように操作してみましょう。

3-3 PCからiPhoneへ写真を転送

PCからiOSデバイスへ写真を転送する手順は3ステップです。

1メインフェイスの上部のメニューバーにある「写真追加」タグをクリックし、PCから転送したい画像ファイルを選択します。

この時、フォルダをまるごとコピーしたい場合は、「写真追加」の右端にある逆三角形から「フォルダ追加」で追加しましょう。

2「開く」ボタンを押して転送を始めます。

3写真の追加が終わったら、右下にある「同期」ボタンをクリックして、「完了」ボタンが出たら終了です。

3-4 そのほかの転送機能

写真や動画、音楽以外にも、アプリ内のファイルをまるごとエクスポートしたり、iPhoneやiPad内の電子書籍(EPUB・PDF・オーディオブック)のエクスポート、追加、削除なども行えます。

3-5 DearMob iPhoneマネージャーはPCからiPhoneへの動画転送ツールに最適

DearMob iPhoneマネージャーは、PCからiPhoneへ動画を追加する時に起こりがちな2つのトラブルを解消してくれます。

フォーマット問題

PCからiPhoneへ追加したい動画が、iPhoneでは再生できないフォーマットの場合、転送前に別途変換ソフトを用意してフォーマット変換をしなければなりません。

一方、DearMob iPhoneマネージャーでは、「変換」ボタンを押すだけでiPhoneで再生可能なMP4に自動変換してくれます。

そのため、いちいち変換ソフトを用意する必要がありません。

動画サイズ問題

動画ファイルのサイズが大きく、1GBを超えてしまっている場合、DearMob iPhoneマネージャーの「サイズ圧縮」ボタンを押せば、自動的に動画サイズを圧縮してくれます。

難しい設定などは必要ありません。

まずは無料版でDearMob iPhoneマネージャーを試してみよう!

DearMob iPhoneマネージャーを使えば、面倒なiPhoneのバックアップやデータの管理も、誰でも簡単にこなすことができます。

無料版では1日に可能なインポート・エクスポート回数に制限がありますので、ちょっと試してみて、「これは使える……!」と思ったら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、快適なスマホライフに役立ててくださいね!

DearMob iPhoneマネージャーが気になった方はこちら→DearMob iPhoneマネージャー公式ページ

スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントをご紹介しています。私生活は利便性よりセキュリティ&プライバシー重視、石橋を叩いて渡るタイプです。現在はiPhone XRを愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ