5GとWi-Fi6の違いを分かりやすく解説|WiFiルーターは今後不要になる?

次世代通信規格5GやWi-Fi6は通信のあり方を変えると話題沸騰中です。今回は5GとWi-Fi6の違いやそれぞれの特徴を詳しく解説しました。新しい技術が気になる方やこれから新しくスマホやWi-Fiを使おうと考えている方はぜひ参考にされてください。わかりやすく解説しています!

5GとWi-Fi6の違いを分かりやすく解説|WiFiルーターは今後不要になる?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

次世代通信技術「5G」と次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi6」にはどのような違いがあるのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では5GとWi-Fi6の特徴と違いについて比較し、今後WiFiルーターは不要になるかどうかなども含めて分かりやすく解説します。

次世代のワイヤレスネットワークを支える最新技術が気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

5GとWi-Fi6の特徴
  • 5GはIOT技術の進展に役立つ通信技術
  • 5Gはセキュリティリスクが高まるため、どのように対処するかが重要
  • Wi-Fi6は2.4GHz帯と5GHz帯を併用して提供され、状況に応じて最適なほうを使える
  • Wi-Fi6は通信速度が向上し、同時接続数や通信安定性も向上する

画像引用元:NTTドコモ 5G | 5Gでできること

5GとWi-Fi6の違いは何?

ドコモの5G

画像引用元:docomo 5G | 企業情報 | NTTドコモ

さっそく、5GとWi-Fi6の違いについて詳しくチェックしていきましょう。

特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

項目5G
(第5世代移動体通信)
Wi-Fi6
(IEEE 802.11ax)
規格策定3GPPIEEE
転送速度最大10Gbps~
20Gbps
最大9.6 Gbps
周波数帯3.7 GHz帯
4.5 GHz帯
28 GHz帯
2.4 GHz帯
5 GHz帯
サービス提供元移動体通信事業者Wi-Fiルータ開発メーカー
主に使われる場所屋外ネットワーク屋内ネットワーク

それぞれの項目について、違いを確認していきましょう。

周波数帯が異なる

antennas

5GとWi-Fi6では、割り当てられる電波の周波数帯が異なります。

5Gで利用する周波数帯は3.7GHz帯/4.5GHz帯/28GHz帯で、いずれの周波数帯も直進性が高く、減衰しやすいという特徴があります。

特に5Gで新たに利用開始される28GHz帯はミリ波(30GHz~300GHz)に近い周波数帯で、より大容量通信ができる反面減衰しやすいと周波数帯です。

今後は、電波の特性を考慮してどのように基地局を展開していくかが重要といえるでしょう。

Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)ではWi-Fi4(IEEE 802.11n)までと同様に、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しています。

2020年1月時点で主流となっているWi-Fi5(IEEE 802.11ac)と比較すると、安定した通信を確保しやすいといえるでしょう。

すでにWi-Fi6に対応しているルータが販売され始めているため、一気に普及していくことが予想されます。

周波数帯
  • 5G:3.7GHz帯/4.5GHz帯/28GHz帯
  • Wi-Fi6:2.4GHz帯/5GHz帯

転送速度が異なる

5Gは最大転送速度10Gbpsでサービスインする予定です。

その後技術開発が進めば、将来的には20Gbpsでのサービスも検討されています。

今後は光回線も10Gbpsでのサービスが主流になっていくと予想されているため、最大転送速度の面では固定回線と同等になると予想されるでしょう。

ただし、電波特性上減衰しやすいという特徴があるため、実際にどの程度の速度が出るのかが気になるところです。

Wi-Fi6の最大転送速度は9.6Gbpsで、10Gbpsの固定回線に接続して利用することを想定していると考えられます。

転送速度
  • 5G:最大転送速度10Gbps(予定)
  • Wi-Fi6:最大転送速度は9.6Gbps(想定)

主な利用シーンが異なる

スマホ
5GとWi-Fi6の主な利用用途はそれぞれ異なります。

移動体通信事業者が基地局を整備する5Gは、屋外で利用されるのがメインになるといえるでしょう。

Wi-Fi6は対応しているルータを固定回線に接続して利用するため、屋内で利用するのがメインです。

利用シーン
  • 5G:移動体通信事業者が整備し、屋外利用がメイン
  • Wi-Fi6:固定回線につないで屋内で利用するのがメイン

Wi-Fi6のほうが急速に普及すると考えられる

5Gは減衰しやすい電波を使っているという性質上、4Gより多くの基地局が必要になります。

したがって、基地局の整備に時間がかかると考えられるでしょう。

しばらくは現行の4Gがメインになり、各国の都市部から順に5Gが整備されていくと予想されます。

一方でWi-Fi6は、ルータとデバイスの両方が対応していれば簡単に使えるため、今後は急速に普及していくでしょう。

自宅で高速通信が必要な場合は、通信速度が速い光回線を契約するとともにWi-Fi6に対応したルータを準備するのがおすすめです。

5GとWi-Fi6の相違点
  • 利用する周波数帯に違いがある
  • 転送速度が異なる(理論上は5Gのほうが速い)
  • 利用シーンが異なる(屋外で5G・屋内でWi-Fi6)
  • 急速に普及すると予想されるのはWi-Fi6

5Gの特徴やメリット・デメリットを解説

5G

画像引用元:次世代のワクワクを、5Gで広げよう。| au

ここまでで、5GとWi-Fi6の違いを簡単にチェックしていきました。

次に、5Gの特徴やメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

5Gの特徴を紹介。どのようなものに使われる?

5Gの特徴を簡単にまとめると下記の通りです。

5Gの特徴やメリット
  • 高速・大容量の通信を実現する
  • 低遅延である
  • 多接続である

それぞれの特徴を、それを支える技術と共に詳しくみていきましょう。

周波数帯域幅を拡張して高速・大容量通信を実現

周波数帯域

画像引用元:5G | 5Gを支える技術 | スマートフォン | au

高速で大容量のワイヤレス通信を実現するためには、利用する周波数の帯域幅を広げなければなりません。

5Gでは、最大20Gbpsの通信速度を実現するために、4Gよりも広い帯域の電波を利用しています。

4Gでは3.6GHz以下の周波数を利用していたものを6GHz以下に広げ、それにプラスして28GHz帯の電波を利用しています。

5Gで新たに使われるようになった周波数帯は、3.6~6GHzと28GHz帯です。

低周波数と高周波数を組み合わせることによって、より高速で大容量の安定した通信を実現するといえるでしょう。

4K動画配信などが普及するにつれて、より高速かつ大容量の通信回線が必要になるでしょう。

5Gが普及すればより安定した快適な通信を利用できるかもしれません。

低遅延なのでさまざまな用途に利用できる

低遅延通信

画像引用元:5G | 5Gを支える技術 | スマートフォン | au

5Gには「低遅延」という特徴があり、こちらも見逃せません。

ネットワーク上のエンドユーザーに近いエリアにエッジサーバを設置して、通信にかかる時間を削減することにより低遅延を実現しています。

5Gは医療や自動運転技術・警報システムにも利用されると予想されているため、低遅延は大きな強みになります。

これらの用途では通信速度や容量よりも遅延の大小が影響するため、5Gの利用用途として最適といえるでしょう。

4Gより多くのデバイスを一度に接続できる

多接続

画像引用元:5G | 5Gを支える技術 | スマートフォン | au

同時に、5Gを利用するサービスごとに帯域を分ける「ネットワークスライシング」と呼ばれる技術も使用されます。

一般的な通信で利用する帯域と医療や自動運転で利用する帯域を分けられるため、ネットワーク全体が輻輳して多くのサービスに影響するという現象を防ぎやすくなるでしょう。

また、サービスごとに必要な帯域を確保して効率的に回線を利用できるため、多くのデバイスを同時に接続できるようになります。

1つの基地局に接続できるデバイスは、4Gで1㎢あたり100,000デバイスだったものが5Gでは1,000,000デバイスになるとされています。

IOTの進歩とともに、通信量や接続するデバイスの台数が増えていくと予想されるため、ネットワークスライシングは見逃せないポイントのひとつです。

5Gのデメリットや課題をみてみよう

通信環境の面でメリットが多い5Gですが、デメリットもいくつか存在しています。

5Gのデメリットには以下のようなものがあります。

5Gのデメリットや課題
  • 減衰しやすいので基地局の整備に手間がかかる
  • セキュリティリスクがある

それぞれのデメリットについて簡単にみておきましょう。

減衰しやすいので基地局の整備に手間がかかる

5Gで使われる周波数帯の電波は、減衰しやすく4Gに比べて遠くまで届かないというデメリットがあります。

ビームフォーミングを利用してユーザーのいる方向に向けて集中して電波を飛ばすようにするものの、それでも多くの基地局を整備しなければならないでしょう。

また、28GHz帯は特に減衰しやすいので天候に影響されることも考えられます。

このようなデメリットがあるため、4Gで広いエリアをカバーしつつ5Gのサービスを提供するという流れになると考えられるでしょう。

セキュリティリスクがある

5Gの進展と共にネットワークに接続するデバイスが増加すると予想されるため、セキュリティリスクが高まります。

今後はどのようにセキュリティを向上させるかが課題のひとつといえるでしょう。

スマホの5Gはいつから?おすすめの買い替え時期と人気の5G対応機種

Wi-Fi6の特徴やメリット・デメリットを解説

Wi-Fi6

画像引用元:Wi-Fi CERTIFIED 6 | Wi-Fi Alliance

次にWi-Fi6について詳しくみていきましょう。

自宅や職場などでWi-Fiを利用する場合、今後はWi-Fi6が主流になると予想されるのでしっかりチェックしておくことをおすすめします。

Wi-Fi6の特徴とメリット。Wi-Fi5からどのように進化した?

router1

Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)が前代のWi-Fi5(IEEE 802.11ac)に比べてどのように進化したのかを紹介します。

主な変更点をまとめると次の通りです。

Wi-Fi6のメリットや特徴
  • 2.4GHz帯を利用することによってより安定した通信を実現する
  • 同時接続できるデバイスの上限が増える
  • 転送速度が大幅に向上する

これらのポイントについて詳しくみていきましょう。

2.4GHz帯を利用することによってより安定した通信を実現する

Wi-Fi5では、利用する周波数帯は5GHz帯に限られていました。

5GHz帯の電波はほかの電波と干渉しにくいとともに、通信速度が速くなるのがメリットです。

その一方で、直進性が強いためにルータとデバイスの間に障害物があると電波が減衰しやすいというデメリットも存在してます。

住居の構造によっては5GHz帯の電波が上手く届かず、前代の規格であるWi-Fi4(IEEE 802.11n)を利用していた人もいるのではないでしょうか。

Wi-Fi6では再び2.4GHz帯を利用するようになるため、障害物が多くて電波が届きにくかったエリアでも安定した通信を実現できるでしょう。

干渉しにくく高速通信を実現できる5GHz帯と、障害物に強い2.4GHz帯の2種類の電波のうち、状況に応じて最適なほうを利用できます。

それぞれの周波数帯の特徴をまとめると次の通りです。

2.4GHz帯
  • 障害物に強く、間に壁や天井があっても届きやすい
  • 電子レンジなどの家電製品と干渉しやすい
  • 転送速度が遅い
5GHz帯
  • 高速通信を実現できる
  • Wi-Fi専用周波数なので干渉しにくい
  • 障害物に弱く、電波が減衰しやすい

同時接続できるデバイスの上限が増える

Wi-Fi6ではMU-MIMOとOFDMAの2つの技術を使用することにより、より多くのデバイスを接続できるようになります。

こちらは5Gで同時接続デバイス数が増えるのに似ていると考えられるでしょう。

同時に通信に起因する遅延を少なくできるため、より快適なネットワーク環境を構築するのに役立ちます。

ルータがデバイスの位置を検出し、デバイスがある場所に向けて電波を送信する機能も搭載されるため、ルータから離れた場所でもある程度安定した通信を確保できる可能性が高くなります。

Wi-Fi6はさまざまな状況でワイヤレス通信を利用するのに役立つといえるでしょう。

とくに、レストランや交通機関のWi-Fiなど「多くの人が利用して遅くなる」環境を改善するのに役立ちます。

転送速度が大幅に向上する

各規格における転送速度(理論値)
  • Wi-Fi5:6.93Gbps
  • Wi-Fi6:9.6Gbps

Wi-Fi5とWi-fi6の理論上の転送速度は上記の通りです。

Wi-Fi5の実行速度はおおむね600~800 Mbpsですが、Wi-Fi6になると1Gbpsを超えると考えられています。

したがって、今後普及が予想される10Gbps回線で使うワイヤレス接続規格として有用だといえるでしょう。

5Gと違って基地局の整備も必要ないため、今後急速に普及すると考えられる規格です。

これからWi-Fiルータを調達する場合は、IEEE 802.11axと記載されているものを選びましょう。

Wi-Fi6のデメリットはほぼない

ルーター

Wi-Fiには下位互換があるため、Wi-Fi6を利用するデメリットはとくにありません。

手持ちのデバイスがIEEE 802.11axに対応していない場合でも、下位の規格であるIEEE 802.11acや802.11nを利用して通信できるでしょう。

今後発売されるデバイスは、Wi-Fi6に対応すると考えられるため、Wi-Fi6に対応していないルータを選ぶ必要性はありません。

消費電力の低減など環境面でもメリットが多いため、積極的にWi-Fi6を利用していきましょう。

5Gの普及でWi-Fiルーターが今後不要になる?

5Gでは高速で低遅延の通信を実現し、無制限プランが提供される可能性もあるため、Wi-Fiルータが不要になるのではないかと考えている人もいるようです。

しかし、この記事で見てきたように5Gにはいくつかのデメリットがあります。

そのため、外出時には5G回線を利用しつつ自宅や会社などでは固定回線とWi-Fi6を利用する可能性が高いといえるでしょう。

すぐにWi-Fiルータが不要になるとは考えにくいため、Wi-Fi6に対応したルータを準備しておくことをおすすめします。

5GとWi-Fi6の違いまとめ

スマホ画面

今回は次世代の通信技術として期待されている「5G」と「Wi-Fi6」の違いなどについて比較し解説していきました。

基幹となっている技術は同じようなものですが、さまざまな違いがあることを理解できたのではないでしょうか?

今回チェックしたポイントをまとめると次の通りです。

5GとWi-Fi6の特徴
  • 5GはIOT技術の進展に役立つ通信技術
  • 5Gはセキュリティリスクが高まるため、どのように対処するかが重要
  • Wi-Fi6は2.4GHz帯と5GHz帯を併用して提供され、状況に応じて最適なほうを使える
  • Wi-Fi6は通信速度が向上し、同時接続数や通信安定性も向上する

5GとWi-Fi6が普及すると、屋外では5Gを利用して屋内では固定回線につないだWi-Fi6を利用するという流れになると予想されます。

いずれにせよ、通信環境の向上に役立つ技術なので、最新情報をチェックして積極的に活用していきましょう!

Wi-Fi 6とは?10Gbpsの爆速インターネットを実現!次世代新規格の可能性

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ