本当のおすすめフォレンジック業者はどれ?選び方・調査事例・料金を解説

ネットワークやデジタル機器のトラブルが日々発生している中で、フォレンジック調査を依頼する時に本当におすすめできるフォレンジック業者はごく一握りです。業者によってフォレンジック調査の方法や対応できるトラブルが異なるので、フォレンジック業者の選び方・調査事例・料金について解説しています。
  • 2022年9月9日
  • by.bitdds

フォレンジック調査

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

近年、デジタル機器が普及していることから、個人や企業で扱っているパソコンやスマホなどでデジタルデータのトラブルが多数発生しています。

情報漏洩やマルウェア感染などのトラブルが発生が増えている中で、セキュリティの需要が増しているのと同じように「フォレンジック調査」の需要も増加しています。

今回はフォレンジック調査の概要からサービスの詳細、依頼するための流れと編集者が本当のおすすめフォレンジック業者を紹介します。

フォレンジック調査事例
  • マルウェア・ランサムウェア感染調査
  • 情報漏洩・ダークウェブ調査
  • ハッキング・不正アクセス調査
  • サイバー攻撃調査(標的型攻撃)
  • 社内の不正調査
  • デジタル遺産調査・パスワード解析
  • 浮気・不貞行為調査
  • 無実証明調査
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

フォレンジック調査とは?

フォレンジック調査とは

フォレンジック(forensic)とは、PCやスマホなどに記録されているログやデータを抽出するために用いる技術のことです。

フォレンジック調査とは、フォレンジックの技術を用いて得た情報からマルウェア感染の経路サイバー攻撃、社内不正などのトラブルが発生した際にそれらを解決・解明するために調査・解析を行うことを指します。

このフォレンジック調査の調査結果は事実確認の意味合いだけでなく、法務執行機関などで扱われる公的な調査資料として活用することができます。

法人調査だけでなく、個人調査ではデジタル遺産の調査・解析やパソコンやスマホなどのパスワード解除など、フォレンジック業者によって幅広い問題に対して調査を行っています。

フォレンジック調査の必要性

近年パソコンやスマホなどのデジタル機器が普及したことにより、インターネット上や企業でのデジタルデータに関するトラブルも増加しています。

デジタルデータは記憶媒体にデータを移行して持ち出すことや、データの改ざん削除が簡単に行えるため、こまめに状況を把握しなければ情報漏洩などの大きなトラブルの原因になってしまいます。

データ上で何か異変を感じたり不正行為が発覚した場合には、フォレンジック調査を行うことで、原因の所在・被害の範囲・侵入経路など、問題の解明ができます。

社会のIT化が進む中で、個人でも企業でもデジタル機器を扱うフォレンジック調査の必要性も増加していきます。

フォレンジック調査のメリット

フォレンジック調査を行うメリットとして、以下の二つが挙げられます。

フォレンジック調査のメリット
  •  デジタルデータを証拠として使用できる
  •  トラブルを早く解明できる

 デジタルデータを証拠として使用できる

個人での調査と大きく異なる点は、フォレンジック業者でフォレンジック調査を行うことで、法務執行機関などで扱われる公的な調査資料として活用できる信頼性が確保でき、証拠として使用することができます。

法的証拠性を確保するためには、第三者が理解できる形に整理したうえで資料を作成するのが一般的ですが、電子データは改変が容易であるため、データが編集されてしまう可能性がある状態では証拠としての役割を持つことはできません。

電子データの改ざんを確かめる方法として「ハッシュ値が変化しているかどうか」という数値が指標として扱われますが、フォレンジック調査では専門エンジニアによって正確な手続きを行うため、調査の前後でデータが変わることなく法的な証拠性を確保した調査報告書を作成することができます。

 トラブルを早く解明できる

フォレンジック調査において、抽出した電子データやネットワーク上から特定の情報の調査・解析を行うのは膨大な時間が必要になります。

会社の規模にもよりますが、多くの時間がかかってしまう場合には、短時間で初動調査ができるファストフォレンジックが有効です。

ファストフォレンジックで調査対象を絞り込んだ後に、必要に応じて細かく調査を行うディープフォレンジックで解析を行うと、より効率的にトラブルの解明ができます。

時間を置けば置くほどリスクが高くなる状況が多く、早急な対処が求められます。

フォレンジック業者を選ぶときのポイント

フォレンジック業者を選ぶ時には、以下のポイントを比較して選びましょう。

フォレンジック業者を選ぶポイント
  • 技術力が高くスピード復旧ができる
  • 調査実績が多い
  • セキュリティ対策がしっかりしている

技術力が高くスピード復旧ができる

フォレンジック調査は豊富な経験があり、設備などを踏まえた実績のある技術力が高い業者に調査を依頼しましょう。

また、ランサムウェアの感染防止や緊急時の調査依頼には早急な調査を求められるため、スピード対応ができるかどうかも重要になります。

24時間365日依頼相談に対応している業者やファストフォレンジックで初動調査が行える業者であれば、依頼してから短い期間で対応可能な場合があるので、業者に依頼する際には事前に確認するようにしましょう。

実績が多い

フォレンジック調査を行う業者では、対応したトラブルの実績が多ければ多いほど調査依頼に対してノウハウがあるため、対応力があると判断できます。

調査実績がある業者はその分幅広いトラブルに対応が可能ですので、フォレンジック業者の調査事例を比較して、対応力の高い業者を選ぶことをおすすめします。

また、上場企業や官公庁からの依頼の実績はフォレンジック業者の信頼性を図る大きな指標になるので、確認すべきポイントの1つです。

セキュリティ対策がしっかりしている

大切な情報を開づける上で、データを安全に調査するためには、セキュリティ対策がしっかりしている業者を選択することが必須です。

セキュリティ対策の実施を図る指標として、プライバシーマークやISO認証などのセキュリティ規定の認定を得ている業者を選べば間違いないでしょう。

調査中に情報漏洩に繋がってしまうなどのトラブルが発生しないように、セキュリティ体制が整っている業者を選びましょう。

おすすめのフォレンジック業者:デジタルデータフォレンジック

DDFbitWave

デジタルデータフォレンジック

✔11年連続データ復旧国内売上No.1のデータ復旧技術を活用

✔365日営業・24時間電話対応可能

✔官公庁・大手法人を含む累計相談件数14,233件

✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制

✔相談・初期診断・見積無料など豊富なサポート体制

今回おすすめするデジタルデータフォレンジックは国内売上NO.1のデータの復旧業者が提供しているフォレンジックサービスです。

マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題など、幅広く調査しています。

フォレンジック調査を依頼する場合はまずこちらのデジタルデータフォレンジックに相談すると間違いないでしょう。

おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

フォレンジックの種類

フォレンジックには、以下のような種類に可能性があります。

フォレンジックの種類
  • コンピュータフォレンジック
  • ネットワークフォレンジック

コンピュータフォレンジック調査

コンピュータフォレンジックとは、PCやハードディスク、USBメモリなどの機器を調査対象として、デジタルデータを調査・解析することを指します。

PCのログイン情報や検索・通信履歴・操作ログなどの、様々な経路からPCを使用した形跡を調査し、トラブルを解明します。

コンピュータフォレンジックを行う際には、調査対象となる機器の情報を証拠用と解析用の2つに複製し、解析用のデータを調査することで調査中の改ざんを防ぐことで証拠としての信頼性を確保しています。

モバイルフォレンジック調査

モバイルフォレンジックは機器の中でもモバイル端末に特化したフォレンジック調査です。

モバイルフォレンジックでは通話やメール、アプリのインストールなどの履歴やアクセスログなどを調査解析します。

OSの更新が早いことや、パソコンとの構造の違いから調査解析を行うためには高い技術力が必要となります。

ネットワークフォレンジック

ネットワークフォレンジックとは、ネットワーク上のデータのログを調査・解析することです。

ネットワーク内の通信内容などの情報から不正アクセスなどの経路を分析することによって、不正が疑われる・原因となっている機器を絞り込み、状況を解析します。

データ量が膨大な場合にはファストフォレンジックという技術で、社内全体の機器の中からどの機器に異常が発生し、不正な挙動を行っているのかを簡易的に短時間で調査を行い、早期的な解明を目指します。

フォレンジック調査の事例

一概にフォレンジック調査といっても日々発生している様々なトラブルに対して調査を行います。

フォレンジックを用いた調査として、以下のような調査を行います。

フォレンジック調査の事例
  • マルウェア・ランサムウェア感染調査
  • 情報漏洩・ダークウェブ調査
  • ハッキング・不正アクセス調査
  • サイバー攻撃調査(標的型攻撃)
  • 社内の不正調査
  • デジタル遺産調査・パスワード解析
  • 浮気・不貞行為調査
  • 無実証明調査

マルウェア・ランサムウェア感染調査

マルウェアに感染してしまった場合には、情報漏洩が起きていることやマルウェアの感染経路が設置されている可能性が高いです。

そのため、機密情報や個人情報を取り扱っている機器が感染した時には、被害状況を把握し田植えで行政機関や関係各所への報告書を作成する「義務」が発生します。

フォレンジック業者ではマルウェア関連の以下の項目について調査できます。

マルウェア関連の調査
  • 情報漏洩の被害状況調査
  • マルウェアの感染状況・感染経路調査
  • 不正アクセスが発生した場合の経路調査

また、ランサムウェアに感染した場合にはデータが暗号化され、身代金が欲求される場合があるため、被害報告や再発防止の為に感染経路やセキュリティの脆弱性、情報漏洩の状況などを明確にしておくことが重要です。

近年ではエモテットやラズベリーロビンなどのマルウェア感染被害が増加しているのもあり、フォレンジック調査の需要も増加しています。

情報漏洩・ダークウェブ調査

サイバー攻撃や人為的な持ち出しトラブルが発生し、情報漏洩が発覚した場合に、ダークウェブ上で漏洩した情報のやり取りの有無を調査するのがダークウェブ調査です。

ダークウェブとは通常の手段ではアクセスができないウェブサイト群であり、マーケットでは違法なコンテンツのやり取りなどが行われています。

一般の検索エンジンには表示されず、ダークウェブ上の特定の情報を調査・解析するのは高度な技術が必要になるため、フォレンジック業者に相談しましょう。

ハッキング・不正アクセス調査

アクセス権限のないサーバーやシステムに対して不正にハッキング・アクセスが行われていないかを調査することができます。

ハッキングや不正アクセスが発生していると、マルウェアの感染やシステム障害、遠隔操作などの被害につながる危険性があります。

ハッキングや不正アクセスをそのままの状態にしておくと、未然に防げたはずの被害が拡大してしまう可能性が高いため、異変を感じた際には早急に調査することが重要です。

サイバー攻撃調査(標的型攻撃)

サイバー攻撃調査では、サイバー攻撃(標的型攻撃)の有無や被害状況を調査することができます。

サイバー攻撃を受けた場合には、被害がマルウェア感染や情報漏洩に拡大していく可能性が高いです。

標的型攻撃メール(スパムメール)を開いた、怪しい添付ファイルをダウンロードしたなどの心当たりがある場合には被害が拡大する前に調査を行いましょう。

社内の不正調査

社内で発生した不正や不祥事が発覚した際には、その証拠を明確にするためにフォレンジック調査を行うことが多いです。

社内不正には以下のような項目があります。

主に調査する社内不正
  • 横領・着服
  • 文書改ざん調査
  • 情報持ち出し・転職退職者調査
  • 労務訴訟・労働争議

横領・着服調査

横領・着服の調査では、パソコンやスマホの情報から横領・着服の有無を調査することができます。

横領着服は業務上横領罪に当たりますが、警察が対応するためにも損害賠償を請求するための民事訴訟でも「証拠」が明確でなければ証明することができません。

証拠を完全に消されてしまっては証明することができなくなってしまうため、早急に事実を明らかにすることが重要です。

文書改ざん調査

文書改ざん調査では、対象者が使用していたパソコンやスマホなどのデジタル機器から文書の改ざんの有無を調査することができます。

証拠保全が不十分な場合には文書改ざんしていた事実を証明できないため、フォレンジック調査でより正確に証拠を作成しておく必要があります。

情報持ち出し・転職退職者調査

情報持ち出し調査では、対象者のパソコンやスマホから電子メールやクラウドストレージへのアップロード、USBメモリでの情報持ち出しの有無を調査します。

情報持ち出しは転職先での活用やダークウェブ上での売買など、様々な目的で行われるため、疑わしい場合には被害が拡大する前に証拠をつかんでおくことが大切です。

労務訴訟・労働争議調査

労務訴訟・労働争議調査では、残業代の不当請求や職務怠慢、各種ハラスメントなど、社内での労務関連の調査を行うことができます。

社内で利用しているパソコンやスマホなどの利用状況や電子メール・チャット上でのやり取りを調査し、勤務状況の実態を調査することが可能です。

デジタル遺産調査・パスワード解析

デジタル遺産調査では、デジタル機器にパスワードなどのセキュリティをかけたまま管理者本人が亡くなってしまった場合に、機器のセキュリティや内部の情報について調査を行います。

デジタルデータが確認できなければ、遺産の相続手続きや債務整理などに支障が生じる場合があり、トラブルに発展してしまう可能性があります。

近年はデジタル機器が急速に普及している関係でデジタル遺品の調査やパスワード解析の需要も増え始めています。

浮気・不貞行為調査

浮気・不貞行為調査では、パソコンやスマホのデータから、離婚調停や慰謝料請求の為に必要となる事実や証拠を調査できます。

浮気や不貞行為などの場合にはデータが消されたり機器が壊されたりしているケースもありますが、復元して調査を行うことも可能な場合があります。

浮気・不倫の証拠は8割以上がスマホに残っているといわれているため、離婚調停や慰謝料請求を行う上では確実な証拠を調査解析できる可能性が高いです。

無実証明調査

無実証明調査では、デジタル機器に内蔵されているデータからアリバイとなる痕跡の有無を調査することができます。

フォレンジック調査で機器を解析することでアリバイが証明できれば、冤罪を証明するための証拠として十分活用が可能です。

おすすめフォレンジック業者

フォレンジック調査を依頼する上で、編集者がおすすめするフォレンジック業者はデジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

DDFbitWave

デジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、国内売上NO.1のデータの復旧業者が提供しているフォレンジックサービスです。

マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題など、幅広く調査をおこなっているため、フォレンジックサービスを行っている業者の中でもおすすめできる業者です。

調査専門のエンジニアとは別に、相談窓口としてフォレンジック調査専門アドバイザーが在籍しているため、初めて調査を依頼する方でも安心して相談することができます。

また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、実績面においても信頼ができる業者であるといえます。

さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

デジタルデータフォレンジックのおすすめポイント
  • 累計相談件数14,233件
  • 365日営業・24時間電話対応可能
  • 国内最大規模の最新設備
  • Pマーク、ISO27001のセキュリティ体制
  • 相談・見積無料
項目デジタルデータフォレンジック(DDF)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
費用初期診断・見積り無料 まずはご相談ください
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、
USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスマルウェア・ランサムウェア感染調査、
サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、
社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、
パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、
データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、
など
特徴
✓累計相談件数14,233件
✓法人限定の駆け付け対応サービスあり
✓11年連続国内売上No.1のデータ復元サービスの技術力を活用
✓ISO認証、プライバシーマーク取得
✓警視庁からの捜査協力依頼実績多数
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

フォレンジック調査の流れ

フォレンジック調査の流れは、証拠保全、分析・解析、報告の3つですが、調査を行うためにはフォレンジックの技術にて状況の特定を行うため、大きく以下の4つの工程に分けられます。

フォレンジック調査の4つの工程
  • 特定
  • 証拠保全
  • 分析・解析
  • 報告

特定

調査を始める前の事前準備として、対象となるデータやトラブルの状況を整理把握します。

その上で調査すべき機器を特定し、調査期間などの条件の提示を行った後にフォレンジック調査が開始します。

証拠保全

証拠保全は対象のデータを調査中に、データの改ざん・編集が行われていないことを証明するために行います。

専用機器で調査対象の機器を複製する保全作業を実施し、ハッシュ値やデジタル署名などを照らし合わせることでデータの改ざんが行われていないことを証明することができます。

複製は証拠保全だけでなく、調査中に対象機器が故障して調査ができなくなってしまうリスクを回避するためにも行われています。

分析・解析

ヒアリングした状況から対象機器を分析・解析を行い、機器に何が起きているのかを調査します。

フォレンジック調査の調査項目は主に以下の項目です。

ォレンジック調査の調査項目
  • サーバーログ
  • パケット(ネットワーク上に流れるデータ)
  • ドキュメントファイルの作成・保存履歴
  • 電子メールの送受信履歴
  • webサイトの閲覧履歴
  • 不明なアプリケーションのインストール・実行履歴

これらの項目を調査した後の分析作業では、トラブルの原因経路や、詳細日時、実際に及ぼした影響などについて調査していきます。

報告

取り出したデータの解析結果を報告書としてレポートにまとめ、対象の企業に提出します。

作成された報告書は法務執行機関などで扱われる公的な調査資料としても利用することができます。

フォレンジック調査の費用相場や期間

フォレンジック調査にかかる費用は調査内容や調査規模、調査期間などによって変化するため、依頼する前に一度フォレンジック業者に見積もりを取るのが一般的です。

相場は機器1台につき数十万~数百万程度かかるのが一般的で、フォレンジック業者やトラブルによっても変化するため、まずは状況を相談し、見積もりを出してもらうことが大切です。

詳しい状況がわからなくても、フォレンジック業者でヒアリングを行い状況整理を行い、アドバイスや調査の説明などを受けられるので、異常を感じた際は一度相談してみることをおすすめします。

フォレンジック調査を自力で行うリスク

前提として、フォレンジック調査を行うときに必要になる知識は以下の3つが挙げられます。

フォレンジック調査で必要な知識
  • コンピュータやネットワークの知識
  • 法的手続きにおける知識
  • セキュリティにおける知識

各知識がとても専門的であるため、個人でフォレンジック調査を行うのはとても難易度が高いです。

その上個人での作業では無自覚にデータを改ざんすることや、不審なファイルデータを削除すること、データのログを上書きしてしまうなどの可能性が高いため、正確な調査結果を出すことが難しいです。

よって個人でフォレンジック調査を行えたとしても、公的機関に提出が可能な報告書として扱えない場合が多いので、法的な措置を行う場合の調査であればフォレンジック業者に依頼するようにしましょう。

フォレンジック業者は実績を重視して選びましょう

今回はフォレンジック調査の詳細や業者が実際に取り扱っている事例、サービスの流れなどを解説してきました。

IT化が進みサイバー攻撃やマルウェア感染が身近な近年フォレンジックを活用した対策を行うことが必要不可欠です。

デジタル機器やネットワーク上でトラブルが発生した際にはフォレンジック業者に相談して状況を分析し、より早くトラブルが解明できるようにしましょう。

フォレンジック業者を選ぶときのポイント
  • 技術力が高くスピード調査が可能
  • 調査実績が多い
  • セキュリティ対策がしっかりしている
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。