スマホ決済アプリの欠点|利用すると損する人と対処法

スマホ決済アプリの欠点|利用すると損する人と対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

東京オリンピックを2020年に控え、世界と比較してもキャッシュレス化が遅れていた日本でも徐々にキャッシュレスの動きが増えてきました。

そんな中、スマホで簡単に買い物ができるスマホ決済アプリが普及しつつあり、さまざまな企業からスマホ決済アプリのサービスがスタートしています。

ポイント還元が良いサービスや、提携店舗が多いサービスなど、スマホ決済アプリによって特徴はさまざま

そんなスマホ決済アプリも、便利である一方で欠点もあります。

スマホ決済アプリの欠点とは、
  • 紙のレシートが発行されない
  • サービスによって提携店舗の数がバラバラ
  • 支払い方法がクレジットカードのみの場合もある
  • サービスによってポイント還元率も異なる

スマホ決済アプリは、紙のレシートが発行されないということで、紙媒体や独自に家計を管理している人には少し不便に思える仕様です。

また、サービスによって提携店舗や支払い方法、ポイント還元率などの特典も異なるので、使うサービスによっては不便に感じたり、使いにくいと感じることも多いです。

そこで今回は、スマホ決済アプリの欠点を解説していくと共に、スマホ決済アプリで損する人・得する人の違いなどについても言及していきます。

そろそろキャッシュレスに…と考えている人は是非参考にしてください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

画像引用元:メルカリのスマホ決済「メルペイ」 Androidでもコード決済を開始 – 株式会社メルペイ

スマホ決済アプリとは?

スマホ決済

スマホ決済アプリとは、スマホのFelica(おサイフケータイ・Apple Pay)を利用してICチップで簡単に買い物ができるアプリです。

また、ICチップだけでなく画面に表示されたQRコードやバーコードの読み込みによっても購入することができるため、必ずしもおサイフケータイを搭載したスマホでなければいけないというわけではありません。

ただ、圧倒的にICチップ利用が一般的なスマホ決済アプリが多いので、おサイフケータイを選ぶに超したことはないでしょう。

そんなスマホ決済アプリのサービスの特徴や種類、欠点について解説していきます。

スマホ決済アプリのサービスの特徴

特徴としては、自分の使っているクレジットカードなどをスマホ決済アプリに登録し、アプリを介して自分のクレジットカードで支払うという仕組みがあります。

もちろん、事前にチャージをする先払い式のスマホ決済アプリもありますが、

  • クレジットカード
  • プリペイドカード

などを登録することによって利用します。

店舗で直接クレジットカードを掲示せずに買い物ができるため、クレジットカードを持ち歩く必要もありません

また、あくまでスマホ決済アプリを介して買い物が行われているので、クレジットカードの情報が店舗に伝わることもありません。

そのため、不用意にクレジットカードの情報を店舗に開示する必要なく買い物ができるので、セキュリティ面でも安心だといわれています。

ソフトバンクバナー

スマホ決済アプリの種類

スマホ決済アプリの種類は2種類あります。

  • スマホをピッとかざすだけで決済できるFelica形式
  • QRコードやバーコードをスキャンする形式

Felicaチップ搭載のスマホは前者、そうではないスマホは後者だと思ってください。

あとは、利用するスマホ決済アプリがどちらを推奨しているかにもよります。

より手間ではないのはスマホをかざすだけで決済できるFelica形式の方ですが、QRコードやバーコードでスキャンする形式も、レジで読み込むだけでなのでそこまで時間はかかりません。

お金やカードを出す必要がなく決済できるので、レジの混雑時にも便利なのがスマホ決済アプリなのです。

スマホ決済アプリの欠点

スマホ決済アプリの欠点は下記の通りです。

  • 紙のレシートが発行されない
  • スマホ決済アプリによって提携店舗が少ない
  • 支払いに使えるのがクレジットカードのみなど、対応している支払い方法が少ない

それぞれの欠点について詳しく解説していくので、是非チェックしてください。

紙のレシートが出ない

多くのスマホ決済アプリは、利用時に紙のレシートが出ません。

利用履歴はアプリで確認することが可能なので問題はありませんが、レシートで家計管理をしている人には不便です。

レシートを貼りつけて家計管理をしている人にとっては不便ですが、スマホ決済アプリの中には家計簿アプリと連動しているものもあり、使った金額をアプリに反映してくれるなどの機能があったりします。

そのため、この機会を利用して家計簿アプリを使ってみるのも良いかもしれません。

家計簿アプリおすすめ7選|機能をタイプ別に分けて比較【2019年】

スマホ決済アプリによっては提携店舗数が少ない

スマホ決済アプリによって、提携している店舗数などに差があります。

むしろ、スマホ決済アプリの選ぶ時に提携している店舗数は重視すべきという声もあります。

それだけスマホ決済アプリによって使える店舗の数や種類が異なります。

そのため、選ぶスマホ決済アプリによっては自分が普段利用しているスーパーやコンビニ、商業施設などに対応していない可能性もあります。

自分が普段利用している店舗で使いたいのなら、その店舗で対応しているスマホ決済アプリを探すしかありません。

支払いに使えるのがクレジットカードだけなど、対応している支払い方法が少ない

最近ではクレジットカードだけでなく、プリペイドカードや各種電子マネー、チャージ形式の先払いなど支払い方法も増えてきました。

しかし、依然としてクレジットカードのみ対応のスマホ決済アプリも多いです。

そのため、クレジットカードを持っていない人は必然的にスマホ決済アプリが使えない可能性があるということになります。

または、支払い方法の種類が豊富なスマホ決済アプリを選ぶしかありません。

スマホ決済アプリのセキュリティは安心?

次に、スマホ決済アプリのセキュリティが安心かどうかについて解説します。

スマホ決済アプリは、店舗にクレジットカード情報を伝える必要なく買い物ができるサービスなので、余計に自分のクレジットカード情報を拡散させる必要はありません。

しかし、一方でスマホで決済をする・スマホにクレジットカードなどの情報を登録するということでセキュリティが不安だという声もあります。

そこで、スマホ決済アプリのセキュリティは安全なのかどうかについて調べてみました。

日本で今まであまり普及されなかった理由

まず、日本で今まであまり普及されなかった理由は下記の通りです。

  • 比較的治安が良く、偽札などのリスクが少ない
  • 現金主義の人が多い国民性

日本では偽札などの犯罪が世界に比べて少なく、比較的治安が良いとされています。

さらに、クレジットカードもあまり使わない現金主義の人が多い傾向にある国民性からか、キャッシュレス自体そこまで普及される必要性もありませんでした。

しかし、東京オリンピックが開催されることによって、世界中の人たちが日本に集結することを考え、キャッシュレス化が進むようになったのです。

QRコードやバーコードのセキュリティは?

QRコードやバーコードは基本的に暗号化されています。

また、決済時に使用するコードは一時的に使えるもので、時間が経過すれば使えなくなります。

つまり、万が一コードが流出したとしても、悪用することもできませんし、情報を抜き取ろうにも暗号化されているので見ることができません。

おサイフケータイ・Apple Payのセキュリティは?

Felicaが搭載されているおサイフケータイやApple Payに関しても、ICチップを読み込んだ時の情報はすべて暗号化されています。

そのため、誰も見ることができませんし、情報が漏れることもありません。

カードの利用履歴などの情報も一切保存することはないので、おサイフケータイやApple Payそのものから情報が流出するリスクも少ないでしょう。

スマホ決済アプリの概要と欠点

  • スマホで簡単に会計ができるサービス
  • スマホのFelicaや画面に表示されるバーコード・QRコードで決済を行う
  • 決済の行程で全て暗号化されるためセキュリティは安全
  • 紙のレシートが発行されない
  • 支払い方法がクレジットカードのみなど融通が利かないサービスが多い

次のページでは、スマホ決済アプリを利用して損する人と得する人の特徴を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー