格安SIMで災害伝言板・災害伝言ダイヤルを使うためには?緊急時の対応方法

格安SIMで災害伝言板・災害伝言ダイヤルを使うためには?緊急時の対応方法

日本は台風や地震・津波と自然災害の被害が多く、携帯電話が普及にするにつれて、いざという時の緊急連絡の手段の役割も担っています。

今や携帯電話を持たない人の方が珍しくなった以上、何かの災害に巻き込まれた時の連絡手段として災害伝言板の設定等を事前に知っておく事は必須です。

それは格安SIM利用者も例外ではありませんが、格安SIM利用者の場合はドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア利用者とは若干手順が違います。

今回は格安SIM利用者の、

  • 緊急伝言板や災害伝言ダイヤルの使い方
  • 緊急電話(110や119)へのかけ方

を紹介します。

格安SIMで災害伝言板や緊急通話をする方法
  • 災害伝言板は『web171』を利用する
  • 災害伝言ダイヤルは『171』に発信する
  • 緊急通話は携帯電話番号を取得するかアプリを利用する

画像引用元:災害用伝言板(web171) | 災害対策 | 企業情報 | NTT東日本

格安SIM利用者は各キャリアの災害伝言板は使用できない

伝言メモ

まず、格安SIM利用者はドコモ、au、ソフトバンクの契約者とは違い、これらのキャリアが設けている災害伝言板を使えません

格安SIMを提供しているMVNO業者はドコモ、au、ソフトバンクの回線と施設を借りているのですが、災害伝言板に関しては利用できません。

では格安SIMを利用している人は「災害伝言板を利用する事は出来ないのか?」と言われるとそうではありません。

格安SIMを利用している人でも使える、災害伝言板が別に用意されています。

格安SIM利用時は『web171』を災害用伝言板に

画像引用元:災害用伝言板(web171)概要とご提供のしくみ

格安SIMを利用している人の為に『web171』という、NTT東日本が提供している、利用料無料の災害伝言板があります。

この『web171』を利用すれば、いざという時に、

  • 伝言を残す
  • 家族や友人が残した伝言を確認

する事が出来ます。

『web171』の特長は他社の災害伝言板と情報を共有しておりますので、例えば友人がドコモ、au、ソフトバンクの災害伝言板を使っていても伝言を確認出来ます。

また、web171はスマホだけでなくパソコンでも使えますので、実際に災害にあった場合に格安SIMの通信が利用出来ない時は自宅に戻って確認する事も出来ます。

格安SIMを利用する人の災害伝言板は『web171』となるという事は覚えておいて下さい。

『web171』を利用するには利用者登録が必要

格安SIMを利用している方がweb171を利用して伝言の登録や確認をするには、まずweb171の利用者登録が必要になります。

  1. 『web171』のTOP画面にアクセス
  2. 『伝言板の登録・更新・削除』のボタンをタップ
  3. 『新規の伝言板の登録』のボタンをタップ
  4. 『電話番号』『メールアドレス』を入力し、半角英数6桁~20桁の更新パスワードを登録
  5. 伝言を見てもらいたい人(家族や友人等)の名前とメールアドレスを登録(最大10件分)
  6. 伝言を音声で通知する相手の名前と電話番号を登録して『次へ』ボタンをタップ
  7. 登録内容を確認し、問題なければ『登録する』をタップして利用者登録完了

以上の手順でweb171の利用者登録が完了しますので、時間に余裕がある時に登録をしておくと良いでしょう。

なお、web171はパソコンでも使えますが、パソコンで利用者登録をする事も出来ますのでスマホの入力でうまくいかない時はパソコンで利用者登録をしても良いでしょう。

格安SIMで『web171』に伝言(テキスト)を残す方法

続いてweb171を使って災害時に伝言を残す方法をご案内します。

  1. 『web171』のTOP画面にアクセス
  2. 伝言を登録したい電話番号を入力して登録
  3. 名前(ひらがな)、安否状況、伝言(最大100文字)を入力して『登録ボタン』をタップして伝言の登録完了

これでweb171に伝言を残す事が出来ましたが、大事なことは相手の人が伝言を確認するには上記で登録した電話番号を知っている必要があります。

携帯電話番号を入れる事が多いかと思いますが、「LINEやSkype等でやり取りをするだけで電話番号を知らない」となると災害伝言板に残されたメッセージが確認できません。

もしもの時に備えて、

  • web171に伝言を残す事
  • 登録している電話番号を周知する事

この2つを家族や知人に伝えておくのがベターです。

格安SIMで『web171』に残された伝言を確認する方法

今度は逆にweb171に登録された伝言を確認する方法を紹介します。

  1. 『web171』のTOP画面にアクセス
  2. 伝言を確認したい電話番号を入力して『確認』をタップ
  3. 伝言内容が表示される

これで相手が残した伝言を確認する事が出来ます。

さらに必要であれば、伝言に対してこちらから追加の伝言を登録して相手に返信する事も出来ます。

返信した伝言に対して、更に相手が伝言を残すことも考えられますので、自身のメールアドレスを入力して返信時に通知をメールでお知らせする機能設定がオススメです。

各携帯電話事業者が登録している伝言を確認する方法

先ほど紹介した伝言の確認方法は、あくまでもweb171に登録された伝言を確認する方法です。

ただ相手がドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話を使っているなら、そちらのキャリアの災害伝言板を使っている可能性も考えられます。

web171は携帯各社の災害伝言板と情報を共有しているので、以下の手順で確認できます。

  1. 『web171』のTOP画面にアクセス
  2. 確認したい相手の電話番号を入れて『確認』をタップ
  3. 『他社の伝言板に登録された伝言』という画面が出るので『確認する』をタップ
  4. 他社の災害伝言板にアクセスされるので、そこで伝言を確認

以上で携帯各社に登録された災害伝言板の伝言を確認する事ができますが、あくまでも確認できるのは伝言が残されている場合のみです。

伝言がweb171にも携帯各社の災害伝言板のどちらにも残されていない場合は『登録情報はありませんでした』と表示されます。

その場合は伝言が残されていないので、相手からの伝言が登録されるまで待ちましょう。

3キャリアの災害伝言板・災害伝言ダイヤルの使い方と利用料金

次の章では、災害伝言ダイヤル『171』の利用の方法について紹介します。

災害伝言ダイヤル『171』も利用可能

災害伝言ダイヤル『171』

画像引用元:災害用伝言ダイヤル(171)

格安SIMを利用している人がweb171の災害伝言板を利用する他に、災害伝言ダイヤル171に電話をかけて伝言を残す事が可能です。

web171による伝言を残す方法と171の災害伝言ダイヤルを比較すると、以下の違いがあります。

  • 利用登録が不要
  • 使用する回線は被災地外の電話回線
  • 被災地時に被災地外からの伝言録音は一時的に制限される

何より大きいのは事前の利用登録が不要で、電話回線が使える携帯電話さえあれば利用できるというのが大きなメリットです。

被災直後に利用登録をしようにもネット回線がそもそも通じていない事も考えられますし、とにかく急を要する場合にも、伝言を残すまでの時間は短めです。

また被災直後の被災地は安否確認のために電話が混み合う事が多いですが、171に発信した場合は被災地外の伝言センターに接続されるので171はつながりやすくなっています。

反面、171が使える状況にあった場合は被災地外からの安否確認よりも被災地内から外部に伝言を残すことが優先されるので被災地外からの利用は制限されます。

171に電話をかけて伝言を残すのは被災地内から伝言を残すためという事を念頭に入れておきましょう。

格安SIMで『171』に伝言を残す方法

では格安SIMを利用する人が災害伝言ダイヤルに伝言を残す方法を紹介します。

この方法は通常の携帯電話でも一部格安SIMで使われているIP電話でも同じ方法です。

  1. 『171』を入力し発信
  2. 録音するので『1』を入力
  3. 暗証番号無しで登録する場合は再度『1』を入力
  4. 被災地の人の電話番号を入力(固定電話の場合は市外局番から)
  5. プッシュ式の『1』を入力
  6. 「伝言をお預かりします」というガイダンスが流れるので30秒以内に伝言内容を喋る
  7. 伝言内容を喋ったら『9』を入力して録音を終了
  8. 録音した伝言が再生されるので、訂正する場合は『8』完了する場合は『9』を押して完了

伝言を残す方法は以上となりますが、4桁の暗証番号を設定して特定の人間のみ確認できるよう設定も可能です。

しかし、伝言を知らせたい人に事前に暗証番号4桁を知らせておく必要があり、相手の方がいざというときにパニックで忘れてしまう可能性も充分あります。

プライバシー等に問題ない内容を伝言に残す場合は、暗証番号無しで登録しておいてもよいでしょう。

格安SIMで『171』に残された伝言を確認する方法

続いて171に登録された伝言を、今度は確認する方法を紹介します。

ただ、登録時と手順はあまり差はありません。

  1. 『171』を入力し発信
  2. 再生なので『2』を入力
  3. 被災地の人の電話番号を入力(固定電話の場合は市外局番から)
  4. 『1』を入力
  5. 伝言が再生されるので再度確認したい場合は『8』次の伝言を確認する場合は『9』を入力
  6. 伝言を追加して録音する場合は『3』を押すが、不要なら電話を切って終話

これで登録された伝言を確認する事ができます。

格安SIMで緊急電話(110や119)に電話をかける方法

警察車両

災害伝言板や災害伝言ダイヤルの事を紹介しましたが、併せて格安SIMで緊急通話(110や119)に電話をかける方法です。

IP電話やSNSでは緊急電話が使えない

「携帯電話が使えるなら、110番も119番も普通に使えるのでは?」と、思うかもしれませんが実は格安SIMでは緊急通話が出来ないものもあります。

それは格安SIMの通話がネット回線を使うIP電話の場合で、電話番号で言うと『050』から始まる携帯電話番号だと緊急通話(110や119)が使えません。

逆に言うと格安SIMを使っていても『090』『080』『070』の電話番号を使っているなら、問題なく緊急通話(110や119)に発信する事は出来ます。

また、LINEの無料電話やSkypeを利用した電話からも110番も119番に電話をする事は出来ません。

  • 『050』から始まるIP電話の電話番号しかもっていない
  • LINE等のSNSアプリの通話しか使えない

以上のような場合では、緊急通報(110や119)にかけられませんので、かけられるように対策が必要です。

犯罪や急病に遭遇してしまう可能性はゼロではありませんので、事前対策はしっかりしておきましょう。

携帯電話番号を取得する

IP電話の番号しか持っていない、もしくは通話が出来るSIMカードが挿入されていない状態なら緊急電話が出来ませんが、手っ取り早い対処方法は2つあります。

  • 携帯電話番号取得のオプションに加入する
  • 携帯電話番号付きの音声通話SIMの契約をする

要は携帯電話番号をオプションや追加のSIM契約で取得するという対処法ですが、基本的に追加料金が発生します。

利用料金の目安としてはオプション追加の数百円から新規SIM契約の数千円までと幅がありますので、契約しているMVNO業者に確認しましょう。

『緊急通報ナビ』アプリを利用する

IP電話やデータSIMしか契約していない人でも警察に電話できる『緊急通報ナビ』アプリをインストールする方法もあります。

このアプリを使えば最寄りの警察署の住所と電話番号が分かるので、そこにかけなおす事で110番の代用にする訳です。

『緊急通報ナビ』アプリは警察のみ対応

『緊急通報ナビ』の弱点として、このアプリは警察のみ対応、消防と救急が非対応なので火事や急病には対応できません。

IP電話で病院や消防に通話する場合は、Google等で『地域名 消防』『周辺 病院』等で検索してかける事になります。

1分1秒を争う事態に緊急通話が出来ず時間と手間が僅かでもかかるのはどうしても厳しいと言わざるをえません。

格安SIM利用時には災害対策はしっかり行う

スマホを見て悩む男性

格安SIMで災害伝言板と災害伝言ダイヤルの登録と確認方法、緊急通話(110や19)にかける方法を紹介しました。

格安SIMで災害伝言板や緊急通話をする方法
  • 災害伝言板は『web171』を利用する
  • 災害伝言ダイヤルは『171』に発信する
  • 緊急通話は携帯電話番号を取得するかアプリを利用する

値段の安さに釣られて格安SIMを契約したが、緊急事態に緊急通話や災害伝言板が使えない…という事は人によっては十分ありえます。

万が一の時の為に、事前対策は忘れないようにしておきましょう。

iPhoneの緊急SOSとは|災害時にも役立つ機能・誤作動した時の対処法
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ