ドコモ/au/ソフトバンクのWiFiを比較したらおすすめ無制限ポケットWiFiを見つけた話

  • 2019年8月17日
  • by 
ドコモ/au/ソフトバンクのWiFiを比較したらおすすめ無制限ポケットWiFiを見つけた話

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

ポケットWiFiが欲しい!でも種類が多くてどれにしたらいいのか分からない!

ポケットWiFiを検討している方に多い悩みです。

やはり検討するときにまず上がるのが大手キャリアのポケットWiFi

大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクのどのポケットWiFiにするか…。

それらを比較検討していたときに見つけたのが3キャリア回線対応の「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiはなんと通信無制限!

ん?無制限??

不意に見つけたどんなときもWiFiと3キャリアのポケットWiFiの比較、そんなお話です。

無制限のポケットWiFiなんてあるの?

この話をはじめるまえに、無制限のポケットWiFiが存在するのか。

そんな疑問にぶつかりました。

項目月間利用料金制限がかかる
データ容量
1日10日月間
どんなときも
WiFi
3,480円制限
なし
制限
なし
制限
なし
UQ WiMAX3,880円制限
なし
10GB制限
なし
Y!mobile4,380円制限
なし
10GB制限
なし
STAR WiFi4,480円制限
なし
制限
なし
制限
なし
NOZOIM WiFi4,480円10GB制限
なし
制限
なし

上記はポケットWiFiの有名どころを比較した表です。

この表から見えてくるものがありませんか?

WiMAXやワイモバイルは基本的には無制限ですが、3日で10GB使うと翌日の決められた時間に制限がかかります。

これが当然だと思っていたのですが、なんと表にある「どんなときもWiFi」と「STAR WiFi」はその制限がないようです。

そしてどんなときもWiFiは料金も安い!

なので今回はどんなときもWiFiと他を比較してみることにします。

まずはポケットWiFiを選ぶ5つのポイントをチェック!

ポケットWiFiを契約するときに、気をつけなければならないポイントがいくつか存在します。

どれも同じでしょ? は間違いで、同じキャリアの回線を利用してもプロバイダによって料金や契約内容は様々。

まずは以下の5つのポイントをチェックして総合的にどこのポケットWiFiを利用すべきか検討する必要があります。

ポケットWiFiを選ぶ5つのポイント
  • ポイント1:月額料金は安いか?
  • ポイント2:通信キャリアはどこか
  • ポイント3:通信制限は?
  • ポイント4:ルーターの性能は?速度は?
  • ポイント5:つながる範囲はどうか?

ポイント1:月額料金は安いか?

ポケットWiFi選びでもっとも気になるのが月額料金ではないでしょうか?

近年のポケットWiFiは月額4,000円前後に設定されています。

この4,000円を高いとみるか安いとみるかですが、スマホを全てポケットWiFiの通信に任せてしまえばトータルでの月額料金は安くなるでしょう。

以下は一般的なポケットWiFiの月額料金です。

提供キャリアWi-Fiルーターの
データ制限
月額料金
どんなときも
Wi-Fi
制限なし3,480円
ドコモ月に
2GB~30GBまで
約6,400円
(5GBまでの場合)
au月に7GBまで約5,000円
ソフトバンク月に7GBまで約4,500円
WiMAX3日間で
10GBまで
約3,500円
ワイモバイル3日間で
10GBまで
約4,000円

ポケットWiFiは当然、月額料金が発生します。

データ制限の部分は今は無視しましょう。

単純にドコモ・au・ソフトバンク・WiMAX・どんなときもWiFi・ワイモバイルなどの料金を比較した場合、3,480円のどんなときもWiFiがもっとも安いです。

ただし、WiMAXの中にもプロバイダが多く存在し、キャッシュバックや独自の割引システムがあるため一概にこの金額だけでは計り知れません。

ややこしくなるので、ひとまず基本的な料金の目安として参考にしてください。

とにかく安い月額料金を選ぶ!

これは鉄則です。

ポイント2:通信キャリアはどこか

NTTドコモ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ポケットWiFiの電波はドコモはドコモの回線を、ソフトバンクはソフトバンクの回線を、auはauの回線を利用していることは言うまでもありません。

ですから、自分がどこのキャリアの電波を利用したいかもポケットWiFiを選ぶポイントになります。

じゃあワイモバイルはどこの回線を利用してるの?となる方が当然います。

ワイモバイルはソフトバンク、WiMAXはau、そしてどんなときもWiFiは3キャリアの電波を利用しています。

3キャリアの電波を利用しているどんなときもWiFiは特殊ですが、これ結構すごいです。

こちらについては後述するとして、どこのキャリアの電波を利用しているかは契約前にチェックしておくポイントです。

ポイント3:通信制限の有無は必ずチェックしよう!

冒頭のはなしに戻ります。

ポケットWiFiを選ぶポイントで重要なのは通信制限の有無

通信制限とは月に〇〇GB以上使用したら低速になるアレです。

ライトに使っていても一般的である月5GBはあっという間に制限がきます。

ましてや家にWiFiを引かずにポケットWiFiに全てを任せるならば、通信制限は無制限である必要があります。

各社の制限はどうなっているのかチェックしてみましょう。

ドコモの通信制限は?
  • 月に2GB~30GBまで
auの通信制限は?
  • 有り (7GB)
ソフトバンクの通信制限は?
  • 有り (7GB)
WiMAXの通信制限は?
  • 3日10GBの通信制限
ワイモバイルの通信制限は?
  • 3日10GBの通信制限
どんなときもWiFiの通信制限は?
  • 無制限

基本的に3大キャリアには通信制限があります。

ドコモはスマホと同様に自分が使う容量によって料金が変わります。

ですから30GB使いたい!となればそれだけ料金が跳ね上がります。

au・ソフトバンクは月7GBまでとなり、超えると通信制限があります。

WiMAXとヤフーモバイルは通信制限はありませんが、小刻みな通信制限があります。

「3日10GBの通信制限」と呼ばれるもので、直近3日間の通信の合計が10GB以上の場合に翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃から翌日2時頃)の通信速度が、概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下になることがあります。

WiMAXでは上記のように通信制限を説明しています。

3日で10GBは十分な容量ですが、動画を休日に見まくりたい!という場合はこの制限に引っかかる可能性大です。(実際に引っかかった経験あり)

どんなときもWiFiはなんと無制限です。

いくら使っても低速になることはありません。(ただし違法な使い方は別)

こうしてみると制限の分野ではどんなときもWiFiが頭ひとつ抜けているようです。

ポイント4:ルーターの性能は?速度はどうか?

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用していることはわかりました。

ポケットWiFiは小さなモバイルWiFiルーターを使用して様々な機器をネットへ接続します。

ですから、レンタルなりしてこのWiFiルーターを手に入れなければいけません。

基本的に端末は契約時に手に入りますが、端末によって速度に違いが出てきます。

このモバイルWiFiルーターは契約する会社によって選べる端末が決まっています。

ドコモのモバイルWiFiルーター
  • Wi-Fi STATION SH-05L(2019年秋発売、受信時最大988 Mbps)
  • Wi-Fi STATION HW-01L(国内最速1288Mbps)
auのモバイルWiFiルーター
  • Speed Wi-Fi NEXT W06(USB接続なら受信最大1.2Gbps)
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(下り最大758Mbps)
ソフトバンクのモバイルWiFiルーター
  • Pocket WiFi 601HW(最大612Mbps)
  • Pocket WiFi 802ZT(下り最大988Mbps)
WiMAXのモバイルWiFiルーター
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(下り最大758Mbps)
  • Speed Wi-Fi NEXT W06(USB接続なら受信最大1.2Gbps)
ワイモバイルのWiFiルーター
  • ワイモバイルのモバイルWiFiルーター
  • Pocket WiFi 801HW(下り最大972Mbps)
  • Pocket WiFi 603HW(下り最大612Mbps)
どんなときもWiFiのモバイルルーター
  • D1(下り最大150.0Mbps)

上記はその通信業者で使えるモバイルWiFiルーターの一例です。

ポケットWiFiの選ぶポイントとしてスピードは大切な部分。

最大の速度が出るのはドコモのWi-Fi STATION HW-01L(国内最速1288Mbps)であることがわかります。

ただし、この速度は理論値で常にこの速度が出るというわけではありません。

実際にD1(下り最大150.0Mbps)でも20Mbpsは常に出るため、ネットが遅い!ということはありません。

端末の性能に比例して料金プランが高くなる傾向もあります。

ポイント5:つながる範囲はどうか?

エリア

速度よりも重要なのはつながる範囲でしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクともにつながりやすい場所に得意不得意が存在します。

下記のリンクではエリアをチェックすることができます。

キャリアの範囲をチェック!

ドコモのサービスエリア

auのサービスエリア

ソフトバンクのサービスエリア

ワイモバイルのサービスエリア

WiMAXのサービスエリア

ちなみにどんなときもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクのエリアでもっとも最適なものを選んで接続します。

どんなときもWiFiは3キャリアの回線対応
  • ドコモ・au・ソフトバンクのエリアでもっとも最適なものを選んで接続

繋がる範囲はあくまで目安! 3キャリアつながる方が当然安心

上記のリンクをみると私が住んでいる場所はどのキャリアでも確実につながる範囲です。

ところが建物の構造上によって、ドコモ・auの電波が入りにくいです。

逆にソフトバンクがつながりやすいという現状があります。

奥まった都内カフェなどではWiMAXが入らなかった経験も。

どのキャリアも得意不得意はあるので、ここのキャリアが必ずどこでもつながる! とは言えないのが現状です。

そういった意味でも3キャリアにつながるどんなときもWiFiはとても優れていると言えるでしょう。

どんなときもWiFiとは?3キャリアの回線を月額3,480円で使い放題

ドコモ/au/ソフトバンクのWiFiと、どんなときもWiFi比較を少しまとめてみよう!

ここで一度、ドコモ、au、ソフトバンクとWiMAX、ヤフーモバイル、どんなときもWiFiの比較をまとめてみましょう。

料金面はどんなときもWiFiかWiMAXがお得!?

どんなときもワイファイ

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

料金に関してはやはりどんなときもWiFiとWiMAXがお得だといえるでしょう。

以下はどんなときもWiFiとWiMAXの料金を比較した一例です。

利用期間どんなときも
WiFi
WiMAX
(GMO
とくとくBB)
〜3ヶ月目3,480円3,609円
4ヶ月目〜24ヶ月目4,263円
25ヶ月目以降3,980円
36ヶ月目まで総額131,280円151,506円

WiMAXは最安と評判のGMOとくとくBBを選択しました。

どんなときもWiFiと比べて36ヶ月目まで総額では20,000円ほどの差が出ています。

やはり安さで選んだ場合はどんなときもWiFiは間違いなく安いといえるでしょう。

通信制限が全くないのはどんなときもWiFiだけ!

クラウドSIMとは

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

3大キャリアは通信制限が存在します。

WiMAXとヤフーモバイルは無制限ですが、厳密には3日で10GBという制限が存在します。

ところがどんなときもWiFiは全く通信制限がありません。

どれだけ使っても問題なしのどんなときもWiFiが最強と言えますね。

ルーターはW06(au・WiMAX)、Wi-Fi STATION HW-01L(ドコモ)が最速!

画像引用元:Speed Wi-Fi NEXT W06│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

項目D1
どんなときも
Wi-Fi
W06
WiMAX
801HW
ワイモバイル
下り最大
通信速度
150Mbps1.2Gbps972Mbps

ルーターの速度面ではW06(au・WiMAX)、Wi-Fi STATION HW-01L(ドコモ)が1Gbpsを超えており最速になります。

ルーターは常に進化しており、下りの速度は日々上昇しています。

その分、月額料金が上がる等のデメリットがありますが高速化は嬉しいところ。

とにかく早いものがいい!という方は上記の最新機種を利用することで幸せになれます。

どんなときもWiFiのD1はスペック上では少し物足りない印象です。

どんなときもWiFiの端末「D1」レビュー|通信速度とスペックを徹底解説

つながりやすいのはやはりトリプルキャリア対応のどんなときもWiFi!

モバイルWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

速度が出てもつながらないポケットWiFiは置物同然です。

ドコモ、au、ソフトバンクともにかなりつながりやすい状況になってきましたが、まだまだどこでもつながるわけではありません。

それぞれのキャリアの苦手な場所が存在するからです。

その点、どんなときもWiFiならばトリプルキャリアに対応しているため通信場所によって最適なキャリアの電波を掴んでくれます。

これは大きなアドバンテージです。

次の章ではどんなときもWiFiが優れている4つのポイントを詳しくみていきましょう。

どんなときもWiFiが優れている4つのポイント

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

速度はドコモやau、ソフトバンクにルーター面で負けているどんなときもWiFiですが、広範囲でつながりやすく通信無制限、月額料金の安さで人気を集めています。

ここからはどんなときもWiFiの優れているポイントを4つのセクションでみていきます。

どんなときもWiFiが優れている4つのポイント
  • ポイント1:月額料金が安くてシンプル
  • ポイント2:3キャリア回線で繋がりやすい
  • ポイント3:海外でも設定なしで使える
  • ポイント4:速度制限なし!

ポイント1:月額料金が安くてシンプル

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

どんなときもWiFiの料金体系はとてもわかりやすいのが特長です。

これ、とっても重要です。

先ほどの比較でどんなときもWiFiの月額料金が安いことは理解できたでしょう。

さらにどんなときもWiFiは料金プランがとてもシンプルなんです。

まずは以下の表で基本情報をチェックしましょう。

どんなときもWiFiの基本情報
事務手数料3,000円
月額利用料3,480円
端末代金無料(※レンタル)
通信容量無制限
契約期間2年間(自動更新)
契約違約金・0~12ヶ月/19,000円
・13~24ヶ月/14,000円
・26ヶ月以降/9,500円
・更新月/0円
支払い方法クレジットカード/口座振替
/請求書払い
通信速度(下り)最大150.0Mbps
通信速度(上り)最大50.0Mbps
連続通信時間約12時間
同時接続最大5台
申込先どんなときもWiFi公式サイト

※全て税抜価格

どんなときもWiFiの月額料金はクレジット払いで3,480円

どんなときもWiFiはプランが1つしかありません。

ただし支払い方法によって月額料金が変化します。

プラン名支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
データ放題プラン
クレジットカード払い3,480円3,980円
口座振替
払い
3,980円4,410円

データ放題プランしか存在せず、クレジット払いだと3,480円、口座振替だと3,980円です。

契約期間は2年でそれ以降は料金が上がる仕組みです。

簡単にいうと、クレジットで支払って2年で契約を解除すると月額の通信料金は3,480円になります。

気に入れば再度契約することも可能です。

どんなときもWiFiの縛りは2年

どんなときもWiFiは2年以内に解約すると違約金がかかります。

契約期間解約金
0〜12ヶ月目19,000円
13〜24ヶ月目14,000円
25ヶ月目(更新月)無料
26ヶ月目以降9,500円

上記のように違約金をかけずに解約するには25ヶ月目に解約するのがベストです。

先ほども解説しましたが、3年目から料金が上がるところも注意です。

どんなときもWiFiでその他かかるもの

どんなときもWiFiでは通信料の他に以下の料金がかかります。

  • 端末レンタル:無料
  • 事務手数料:初回のみ3,000円

端末はレンタルですから返却する必要があります。

また事務手数料は初回のみ3,000円かかります。

ポイント2:3キャリア回線でつながりやすい

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

先ほどから何度も解説していますが、どんなときもWiFiは3キャリアの回線を利用することができます。

通常はドコモのWiFiならばドコモ、WiMAXならau、ワイモバイルならソフトバンクとそれぞれ使用回線が違います。

ところがどんなときもWiFiはドコモ、au、ソフトバンク全ての回線を利用することができるのです。

つながりにくいエリアあった場合に自動で最適な回線に接続するためつながりやすくなります。

3キャリアの回線が使えることはメリットしかありません。

具体的には建物などの奥まった場所ではソフトバンクが、山などではドコモが活躍しそうですね。(個人的な印象)

ポイント3:海外でも設定なしで使える

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

海外旅行が好きな人にもどんなときもWiFiは向いています。

海外旅行ではスマホやタブレットが大活躍します。

海外では日本よりも公共の無線WiFiが多く存在しますが、セキュリティなど不安要素はまだまだあります。

ですから海外に行くときはポケットWiFiををレンタルするのが一般的です。

通常の海外旅行でWiFiルーターをレンタルする手順

  1. 海外用のポケットWiFiを探す
  2. ポケットWiFiをネットで申し込み
  3. ポケットWiFiを空港で受け取る
  4. ポケットWiFiを空港で返却

慣れた人なら手間を感じないかもしれませんが、数年に1度の海外旅行ではこの作業がとっても面倒です。

旅行前の時間のないときに空港で受け取るのも不安ですし、返却は場所がわからずウロウロしたことも。

この面倒な申し込み等が不要なのがどんなときもWiFiのメリットです。

なんの設定もせずにそのまま持っていくだけ!

気にするべき点は利用料金だけです。

どんなときもWiFiの海外利用はいくらくらい?

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

どんなときもWiFiの海外利用料金は以下です。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米
  • 1日1,280円
中東・南米・アフリカ
  • 1日1,880円

場所によってことなりますが、ハワイやグアムなどの場合は1日利用で1,280円です。

電源をオフにしている場合は料金は発生しません。

ただしこちらには通信制限があります。

1日1GBのデータ量超過後は384Kbpsの速度に落ちるので注意!

どんなときもWiFiを持ってグアムに3日間旅行した場合
  • 1,280円×3日間=3,840円

グアムに旅行した場合に深夜到着した場合はその日はホテルのWiFiを利用し、朝から利用することでさらに料金を抑えることも可能です。

返却などの面倒を考えれば良心的な価格設定といえますね。

ポイント4:速度制限なし!

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

最後に重要なポイントを解説します。

どんなときもWiFiの凄さは速度制限が一切ないことです。

3大キャリアは従量制、WiMAXやワイモバイルは3日10GB制限が存在します。

どんなときもWiFiはそういった制限は全くなし!

使いたいだけ使えます。

この無制限によって動画も見放題ですし、パソコンで重いデータを扱うのにも向いています。

クラウドwifiという新技術

どんなときもWiFiがなぜ無制限なのか?

それには「クラウドwifi」という次世代通信サービスを採用しているからです。

複数のSIMカードを割り当てることで、データ容量にとらわれることなくインターネットを利用できます。

なんだか難しそうですが、他のユーザーの利用量に影響されて制限されることがないとのこと。

誰かが使いすぎてる!みたいなことに影響を受けないようですね。

ヘビーユーザーは1日データを3GB以上使う!?

WiMAXやワイモバイルは3日で10GBを超えると制限がかかります。

そんなに使うの?という疑問は以下を確認すれば一目瞭然です。

どんなときもWiFi YouTube

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

  • YouTube 高画質(720p)で動画を1時間半:1.5GB
  • Hulu 1時間:1GB

はい、これだけで2.5GBも使ってしまいます。

連続シリーズ物は見始めると止まらないもの。

3GBはあっという間に使ってしまいます。

動画以外ももちろん利用するので3日間10GBは物足りないです。

実際に以前利用していたポケットWiFiでは制限に頻繁に引っかかっていました。

無制限は正義です!

何も気にせずにインターネットを楽しめるどんなときもWiFiは優れているといえますね。

ドコモ/au/ソフトバンクのWiFiを比較したらおすすめ無制限ポケットWiFiを見つけた話のまとめ

ポケットWiFiどれにしようか、どこが最も使いやすいかと比較しているときに見つけたどんなときもWiFi。

調べたところまだサービス開始から間もないようです。

実際に私も利用してみましたが、速度はそこそこでました。

そしてつながる範囲はかなり広いですね。

都内で行動範囲でつながらなかった場所はありませんでした。

また無制限は他の業者にはない最大のメリットですね。

イメージキャラクターには有名な俳優(佐藤二朗さんと今田美桜さん)が起用されているので安心度も抜群!

ポケットWiFiを探している方の選択肢として、どんなときもWiFiはおすすめです。

どんなときもWiFiのメリット
  • 料金が安い!プランがシンプル!
  • 通信制限がない!
  • 海外でもそのまま使える
  • 3キャリア回線でつながる範囲が広い!

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ