ドコモの端末購入割引が価格から値引きではなくdポイント還元に変更

ドコモの端末購入割引が価格から値引きではなくdポイント還元に変更

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモでは2019年11月1日から「はじめてスマホ購入サポート」がスタートしました。

これにより、端末購入割引にいくつか変更点があります。

いままでの端末購入割引は、機種代金から値引きをする対応でしたが、2019年11月1日からはdポイント還元となりました。

ドコモの端末購入割引が変わる?
  • 2019年11月1日より、これまで端末値引きだったのがdポイント還元になる
  • 同時に初めてスマホを契約する人向けの「はじめてスマホ購入サポート」も開始
  • dポイントの付与数は機種によって11,000~22,000ポイント
  • 有効期限は進呈月の24ヶ月の末日

今回は、ドコモのはじめてスマホ購入サポートと端末購入割引について詳しく解説していきます。

併せて、還元されるdポイントのメリットやデメリットについて紹介するので、是非参考にしてください。

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモで「はじめてスマホ購入サポート」がスタート!

ドコモのはじめてスマホ購入サポート

画像引用元:はじめてスマホ購入サポート | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

はじめてスマホ購入サポートというサポートが、2019年11月より開始されました。

このサポートは、初めてフューチャーフォンからスマホに変える人が対象となっており、機種に応じてdポイントが付与されます。

このサポートが開始したことに伴い、既存の端末購入割引も変更点があります。

初めてスマホを購入する人にdポイントが還元される

フューチャーフォンからスマホに変えるのであれば、FOMAからの契約変更やMNPも対象となります。

ただし、4G回線のフューチャーフォンからの変更は対象外となるので気をつけてください。

フューチャーフォンから対象のスマホへ変更する時に、契約者へ一定のdポイントが付与されます。

付与されるdポイントの数は対象の機種によって異なります。

以前からの「端末購入割引」も端末値引きからdポイント還元へ変更

ドコモには、端末購入割引と呼ばれる端末値引きのサポートがあります。

機種代金から直接一定の金額を値引く内容でしたが、dポイント付与へ変更となります。

つまり、契約時に機種代金から値引きされていた分が、dポイントとして後日付与されるということになります。

「はじめてスマホ購入サポート」と「端末購入割引」のdポイント付与数

はじめてスマホ購入サポートと端末購入割引のdポイント付与数は、対象の機種によって異なります

また、はじめてスマホ購入サポートではiPhone 11を含むほとんどのスマホが対象となりますが、端末購入割引は一部のスマホのみ対象なので注意が必要です。

どちらのサポートでも、現時点では付与されるdポイントは11,000ポイント~22,000ポイントです。

はじめてスマホ購入サポートの場合

はじめてスマホ購入サポートの場合は、22,000ポイントまたは11,000ポイントもらうことができます。

対象機種は、iPhone 11や2019年秋冬モデルのAndroidスマホも含まれています。

22,000ポイントか11,000ポイントの違いは、恐らく機種代金の金額で分けられていると思われます。

高額な機種代金のスマホは22,000ポイント、安い機種代金の場合は11,000ポイントになる可能性が高いです。

端末購入割引の場合

端末購入割引の場合も、22,000ポイントまたは11,000ポイントとなります。

現在、iPhone XS 64GBとXperia XZ2 Premiumのみ22,000ポイント付与されるようになっており、その他の対象機種は11,000ポイントです。

対象機種は最新でiPhone XS 64GBとなっており、iPhone XS以降のスマホは対象ではありません。

付与されるポイントも、はじめてスマホ購入サポートと同じく機種代金によって付与されるポイント数が変わるようです。

dポイントの付与タイミングと有効期限

dポイントの付与タイミングは、原則契約月の翌々月となります。

付与される詳細な日程は明記されていないので、恐らく翌々月中に付与されると思ってください。

ただし、ドコモオンラインショップなど利用開始手続きが別途必要な契約の場合は、利用開始手続きを完了させた月の翌々月となります。

例えば、2019年11月25日に契約し、2019年12月1日に利用開始手続きを完了させた場合は、dポイントの付与は2020年2月ということになります。

また、有効期限も進呈月から24ヶ月目の末日までとなっているので、忘れないようにしましょう。

ドコモの「はじめてスマホ購入サポート」の概要
  • ドコモで初めてフューチャーフォンからスマホに契約変更またはMNPする人向けのサポート
  • dポイントで還元される仕組みであり、機種によって11,000~22,000ポイント付与される
  • はじめてスマホ購入サポートの開始により、これまであった端末購入割引もdポイント還元になる
  • dポイントの付与は契約月の翌々月で、有効期限は進呈月から24ヶ月目の末日
dポイントの使い方と貯め方|何と交換するのが一番おすすめ?

次の章では、dポイント還元になるメリットとデメリットを解説します。

dポイント還元になるメリット

dポイント

画像引用元:dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ

今後、購入端末割引は機種代金の値引きではなく、dポイントが付与されるようになります。

dポイントを意識的に貯めている人もいれば、ドコモを使っていたらいつの間にか貯まっていたという人もいるでしょう。

では、dポイントにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

2019年11月12日追記
「還元されたdポイントは毎月の支払いにあてられる」との記載をしていましたが、正しくは「期間限定ポイントのため毎月の支払いにはあてられない」です。
訂正し、お詫び申し上げます。

街のお店の購入価格から還元できる

ローソンなどの街のお店でも、dポイントを貯めたり使うことが可能です。

会計時にdポイントを使うと言えば、dポイントで差し引いた金額分を支払うことになります。

差し引く金額は自分で指定することができるので、必要に応じて使うと良いでしょう。

ドコモのアクセサリーなどの購入にも使える

ドコモショップで販売されているケースやフィルム、充電器などの購入時にもdポイントは利用可能です。

購入する時にdポイントを使う旨をスタッフに伝えるようにしてください。

11,000~22,000ポイントあれば、ケースやフィルムはもちろん、充電器やモバイルバッテリー、SDカードなどの購入も可能です。

修理代金にも充当できる

使っているスマホが故障した場合、修理に出すと一旦修理代金の見積もりが出ます。

修理代金がかかる修理の場合、修理代金にdポイントを充てて現金の支払いを安くすることが可能です。

保証オプションを適用している場合も、全損や水濡れの修理では修理代金が発生する可能性が高いです。

思ったより修理代金が高いと思った時には、是非利用しましょう。

端末値引きよりも用途が幅広くなる

これまでの端末購入割引では、ただ単純に機種代金から一定額を割引するだけでした。

端末値引きだけだったものがdポイントによる還元となったので、ドコモ利用料金や街のお店、修理代金など用途が一気に広がったのは確かです。

ドコモのクレジットカード 「dカード」「dカード GOLD」の魅力を徹底解説

dポイント還元になるデメリット

悩む女性

dポイントは機種代金から直接値引きされるよりも、用途の幅が広がるという点が大きなメリットです。

しかし、一方で契約時にすぐ還元されることもなく機種代金も値引きされないので、逆に「dポイントの使い道がわからない」と悩む人もいるかもしれません。

では、dポイントのデメリットはどのようなものなのでしょうか。

機種代金に直接還元はできない

利用料金に還元することはできますが、スマホの機種代金に直接還元することは不可能です。

そのため、これまでのように値引きされた機種代金による分割契約ができなくなります。

分割契約は10万円を超えると審査が厳しくなります。

つまり、端末値引きを適用し、分割にする機種代金を10万円以下にして、審査に通りやすくするということができなくなりました。

契約時に即時還元にならない

端末値引きであれば契約時に頭金として金額を入力し、即時還元することが可能でした。

しかし、dポイント還元となると付与されるまでに時間がかかります。

購入月(利用開始手続き完了月)の翌々月に付与となるので、最低でも3ヶ月程度かかるということになります。

dポイントが付与されることを忘れてしまう可能性もあるでしょう。

有効期限があるので使い忘れてしまうリスクもある

上記のように、dポイントが付与されたことを忘れたままスマホを使い、気付いたら有効期限が過ぎてしまっていたという可能性もあります。

有効期限は進呈月から24ヶ月目の末日ですが、2年あるからといって放置して忘れてしまう恐れもあります。

なるべく早めにdポイントを使うようにしましょう。

dポイントは幅広く使える!有効期限があるので使い忘れないよう!

買い物をする男性

最後に、dポイント還元になるメリットについてまとめます。

dポイント還元になるメリット
  • 毎月の利用料金に充てることができる
  • 街のお店での購入価格に還元できる
  • ドコモのアクセサリーや修理代金にも使える
  • 端末値引きよりも圧倒的に用途が幅広い

はじめてスマホ購入サポートが2019年11月1日から始まり、これまで機種代金から値引きできていた端末購入割引もdポイント還元へ変更になりました。

dポイント還元へ変更になったことで、利用料金に還元できたり、街のお店でも利用できるようになりました。

即時還元ができなくなったというデメリットはありますが、用途は一気に広がったと思われます。

有効期限も、進呈月から24ヶ月目の末日と決められているので、必ず有効期限以内に使い切ってしまうようにしましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ