ドコモ「ベーシックシェアパック」変更後の料金シミュレーション

ドコモ「ベーシックシェアパック」変更後の料金シミュレーション

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモのスマホ向け料金プランの1つに、「ベーシックシェアパック」というものがあります。

これは、従量制の料金プランの一種で、家族で利用したデータ通信量を合算して金額が決まる仕組みです。

家族で合算する分、1回線で利用するプランであるベーシックパックより単価は高いものの、うまく使えばお得に使える料金プランになっています。

家族みんなでドコモを使っている人なら一度は検討したことがあるかもしれません。
そこで、この記事ではベーシックシェアパックを利用した場合の料金をシミュレーションしていきます。

これから契約することを検討している人は、ぜひ参考にしてください!

この記事のポイント

  • ベーシックシェアパックの特徴をチェック
  • 実際に利用した場合の料金シミュレーション
  • 他の料金プランとの比較

トップ画像引用元:ベーシックパック・ベーシックシェアパック | 料金・割引 | NTTドコモ

1 検討中の人必見!ベーシックシェアパック利用時の料金シミュレーション

money-2724241_1920

それでは、早速ベーシックシェアパックを利用した場合の料金をシミュレーションしてみていきます。

データ通信量に応じて利用料金が変動する従量制料金プランであるため、契約前にしっかり試算するのが大切です。

今回はいくつかのパターンで料金シミュレーションを行います。
ぜひチェックしていってください!

1-1 2回線利用でデータ通信量の合計が5GB以下の場合

iphone

利用料金(税込)代表回線子回線1
基本プラン1,058円1,058円
インターネット使用料324円324円
パケットパック7,020円-
シェアオプション利用料-540円
合計8,402円1,922円
総計10,324円

まずは代表回線1回線、子回線1回線の合計2回線で利用した場合の料金シミュレーションです。

なお、基本プランは通話料従量制の「シンプルプラン」で契約した場合を想定しています。

2回線の合計データ通信量が5GB以下の場合、合計の支払金額は10,324円となり、1回線あたり5,162円です。

なお、両回線のデータ通信量がそれぞれ1GB未満の場合は、それぞれベーシックパックを契約した方が安くなるので注意してください。

1GBを超える場合はベーシックシェアパックの方がお得です。

また、2回線ともdocomo withの適用を受けている場合は合計で3,240円が差し引かれ、7,084円で利用できます。(1回線あたり3,542円)

よりお得に利用した場合はdocomo withの適用も検討してください。
ただし、指定機種の購入が必要になるので注意しましょう。

1-2 4回線利用でデータ通信量の合計が10GB以下の場合

iphone-393080_1920

利用料金(税込)代表回線子回線1子回線2子回線3
基本プラン1,058円1,058円1,058円1,058円
インターネット使用料324円324円324円324円
パケットパック9,720円---
シェアオプション利用料-540円540円540円
合計11,102円1,922円1,922円1,922円
総計16,868円

この場合、4回線合計の料金は16,868円となり、1回線当たりにすると3,373円です。

1回線あたりのデータ通信量は先程のシミュレーションと同様で2.5GBなので、回線数が増えるほどお得に使えることがわかるでしょう。

なお、今回の場合で全回線にdocomo withが適用されている場合は合計で6,480円が差し引かれるため、支払い金額は10,388円となります。

1回線あたりの料金をチェックすると2,597円となるため、やはりお得です。

MVNOより少し高いくらいの金額でキャリア回線を利用できるので、家族全員でドコモを契約することを考えている人は必見です!

1-3 6回線利用でデータ通信量が30GB以下の場合

smartphone-2568602_640

利用料金(税込)代表回線子回線1子回線2子回線3子回線4子回線5
基本プラン1,058円1,058円1,058円1,058円1,058円1,058円
インターネット使用料324円324円324円324円324円324円
パケットパック16,200円-----
シェアオプション利用料-540円540円540円540円540円
合計11,102円1,922円1,922円1,922円1,922円1,922円
総計20,712円

次にみていくのは、大家族を想定した6回線利用です。利用する通信量はベーシックシェアパックの上限である30GBを想定しています。

この場合、6回線の合計料金は20,712円1回線あたりにすると3,452円です。

1回線あたり5GB利用することを考えると、先程紹介した4回線利用の場合よりお得だと感じるでしょう。

docomo withが全回線に適用されている場合は9,720円が差し引かれて10,992円となります。
1回線あたり1,832円なのでMVNO並みといえるでしょう!

落とし穴に注意

ただし、シェアグループ内の合計通信量が30GB程度となる場合、今回紹介しているベーシックシェアパックより「ウルトラシェアパック30」の方が安価になるので注意してください。

ベーシックシェアパックで30GB利用した場合のデータ通信料金は16,200円ですが、ウルトラシェアパックで30GBを利用すると14,580円となります。

この場合、合計通信料金は1,620円安くなって19,092円です。

そのため、一時的に15~30GBの通信量が必要な場合はベーシックシェアパックで問題ありませんが、コンスタントに15~30GBの通信量を必要とする場合はウルトラシェアパック30を契約するのがオススメです。

なお、シェアグループ内の合計通信量が15GB以下の場合はベーシックシェアパックの方が安価なので、家族全員でどの程度の通信量が必要かを考慮した上で契約してください。

次のページではベーシックシェアパックの詳細な料金と他の料金プランとの比較をみていきます。

ドコモの料金プランを見直し・変更!利用料金を今より安くする方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ドコモAQUOSケータイ SH-02Lレビュー|折りたたみ携帯だけどLINEは?... 2019年2月8日に、ドコモからAQUOSケータイ(SH-02L)が発売されました。 スマホの機能とフューチャーフォンが組み合わさったような4G対応ケータイではなく、どちらかと言うと従来のフューチャーフォンに近いスペックであることが特...
ドコモの「ベーシックパック」は何が違う?従来プランと徹底比較... スマホは、毎月のデータ使用量によって月額使用料が変動します。 多く利用すれば、高額な月額使用料となってしまい、月々の負担が大きくなってしまうのが現状です。 そこで、毎月の負担を賢く軽減させることができる、ドコモの新しいパケットパ...
ドコモ口座の使い道とは|入金・出金・送金と支払いでの使い方... 皆さんは、携帯キャリアのドコモが提供している「ドコモ口座」をご存知でしょうか? 「ドコモ口座」とは、電子マネーの一種で、ドコモを利用している方であれば「無料」で使うことができる便利なものです。 電子マネーの一種といっても、楽天が...
ドコモiPhone 7(32GB)がdocomo with対象端末に追加!2/19から予約開始!... ドコモからの朗報です!月額料金からずっと1,500円割引されるサービスdocomo withにiPhone 7(32GB)が追加されました! これまでdocomo with対応のiPhoneはiPhone 6sのみでしたが、この度iP...