ドコモのiPhoneに乗り換えるのと新規契約するのはどっちがお得?

ドコモのiPhoneに乗り換えるのと新規契約するのはどっちがお得?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

キャリアでスマホを購入し、同時に回線契約を結ぶ場合の手段には新規契約・機種変更・MNP(乗り換え)の3パターンがあります。

その中で、現在契約しているキャリアを解約して新たなキャリアに乗り換える場合はMNPを利用することが多いでしょう。

しかし、それとは別に一旦解約して使いたいキャリアで新規契約するという方法もあります。

今回は、ドコモ以外のキャリアやMVNOからドコモの回線を契約してiPhoneを利用する場合、MNP(乗り換え)と新規契約のどちらがお得なのかを紹介します!

MNPと新規契約のそれぞれでどんなメリットとデメリットがあるのか、どうすればお得になるのかをチェックしていきましょう。

ドコモのiPhoneにMNP(乗り換え)する場合

iPhone

画像引用元:iPhone XR – Apple(日本)

最初に、ドコモ以外のキャリアからMNPを利用してドコモのiPhoneを契約する場合についてチェックしていきましょう。

すでにどこかのキャリアやMVNOで回線契約をしている場合、ドコモを利用する際にこのMNPを利用するのが一般的といえるかもしれません。

MNPでドコモに転入するメリット

新規契約ではなくMNPを選択するメリットには次のようなものがあります。

MNPの主なメリット
  • 転出するキャリアで利用していた電話番号を引き継げる
  • MNP限定のキャンペーンが適用される

MNPする場合の大きなメリットは上記の2つなので、しっかり覚えておきましょう。

以下で詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

転出するキャリアで利用していた電話番号を引き継げる

MNP(Mobile Number Portability)とは、契約するキャリアを変えても電話番号が変わらない制度のことです。

したがって、これを利用して他のキャリアからドコモに転入した場合は、転出元のキャリアで利用していた電話番号をそのまま利用できます。

これがMNPの最大のメリットといえるでしょう。

さまざまな場所に電話番号を登録している場合、MNPなら変更する手間はかかりません。

MNP限定のキャンペーンが適用される

ドコモでは、MNP契約者限定のキャンペーンを実施していることがあります。

常時実施しているわけではないため、乗り換えのタイミングによっては行われていないこともありますが、MNP限定のキャンペーンはお得なものが多いので必見です。

各キャリアは契約者獲得に力を入れているため、MNPキャンペーンを手厚くしてお得にしているという背景があります。

そのため、乗り換えする際は適用できるキャンペーンが無いかをしっかりチェックしましょう。

特にポイント還元キャンペーンを実施していることが多いので、公式サイトを漏らさず確認してください。

MNPでドコモに転入するデメリット

MNPと新規契約を比べた場合、MNPを利用するときのデメリットは特にないといえるでしょう。

2019年8月時点で、MNPの方が新規契約よりお得になるか同等程度であることが多く、MNPすると損をするという状況にはなっていません。

そのため、特に問題がなければ新規契約よりMNPで乗り換えるのがオススメです。

MNPする場合の手順

ドコモへMNP

画像引用元:他社からドコモへの携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ

ドコモにMNPする場合の手続き手順は以下の通りです。

今回はお得に契約できるドコモオンラインショップを利用した手続き方法を紹介します。

MNPする場合の手続き方法
  • 転出元のキャリアでMNP予約番号を発行する
  • ドコモオンラインショップでiPhoneを選ぶ
  • MNPで契約手続きをする
  • スマホが届く
  • 開通手続きをする

それぞれの手順について、以下で詳しくみていきましょう。

転出元のキャリアでMNP予約番号を発行する

MNPする場合は「MNP予約番号」が必要です。

これがないとドコモでの転入手続きができないので注意してください。

大手キャリアにおけるMNP予約番号の発行方法は次の通りです。

auの場合

  1. My auにアクセスする
  2. スマートフォン・携帯電話をクリックする
  3. 契約内容/手続きをクリックする
  4. 問い合わせ/手続きをクリックする
  5. MNP予約をクリックして手続きを行う

ソフトバンクの場合

  1. ソフトバンクのWebサイトにアクセスする
  2. モバイルをクリックする
  3. サポートをクリックする
  4. 料金/契約関連をクリックする
  5. 契約内容の確認/変更をクリックする
  6. 解約/休止の手続きをクリックする
  7. MNPで他社へ変更するをクリックする
  8. My Softbankでの手続きをクリックして発行手続きを行う

基本的にMNP予約番号の発行手続きはWebで行えるので、簡単だといえるでしょう。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

ドコモオンラインショップで購入したいiPhoneを選択する

iPhone XS Max

画像引用元:iPhone XS Max 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

MNP予約番号の準備が終わったら、ドコモオンラインショップにアクセスして購入したいiPhoneを選択しましょう。

選択する際は、機種名と容量を間違えないように注意してください。

MNPを選択して契約手続きをする

iPhone XS Max ドコモオンラインショップ

画像引用元:iPhone XS Max 512GB

購入したいiPhoneを選択したら、手続き方法で「のりかえ(MNP)」を選択して契約手続きを行いましょう。

手続きする際にMNP予約番号と利用中の携帯電話番号を入力しなければならないため、間違えずに入力しましょう。

画面に表示される指示にしたがって手続きを進めたら、契約手続きは完了です。

スマホが配送されてくるのを待つ

手続きが終わるとドコモ側で加入審査が行われ、契約の承認が下りればスマホが配送されてきます。

スマホを受け取ったら次に進みましょう。

開通手続きを行う

Smartphone

最後に開通手続きを行います。

開通手続きは、iPhoneにSIMを挿入した後にドコモオンラインショップのサイトにアクセスし、申し込み履歴から手続きページにアクセスして行ってください。

開通手続きが完了すれば回線が切り替わるので、ドコモ回線を利用できます。

これでMNP手続きは完了です。

MNPの注意事項

MNPする際は以下の注意事項を覚えておいてください。

MNP予約番号には有効期限がある

MNP予約番号には15日という有効期限が設定されています。

有効期限内に開通手続きまで完了させる必要があるので、発行後は速やかに契約手続きを済ませるようにしましょう。

後回しにしているとすぐに有効期限切れになり、再度発行しなければならなくなるので注意が必要です。

電話番号以外のデータは引き継げない

MNPは電話番号のみを転入先の会社に引き継ぐものであるため、それ以外のものは引き継げません。

スマホに保管されているデータや受信したメールなどを引き継ぎたい場合は、個別にバックアップを取って移行させてください。

ちょっと豆知識:ドコモユーザーは必須レベル!?「dカード GOLD」

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているゴールドカード「dカード GOLD」をご存知ですか?

「dカード GOLD」は、ドコモの利用金額の10%がポイント還元される、お得なカードなのです。月に8,000円の携帯料金なら800円のポイントが戻ってきます。年間ではなんと9,600ポイントにもなります。

他にも、ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。

年会費は1万円(税抜)なので、一見高く感じますが、携帯料金の10%が還元される上に、ローソンでは最大5%お得、マクドナルドでは最大2%お得になります。また、他の特約店でもご利用額に応じて1%以上の特約店ポイントがたまります。

年に1万円なら十分過ぎるほど回収できる凄いカードです。是非とも1枚もっておきたいですよね。

▽dカード GOLD入会特典はこちら

dカード GOLDを最大限利用したら年間5万円以上もお得になる話

次の章ではドコモのiPhoneを新規契約する場合についてみていきます。

ドコモのiPhoneを新規契約する場合

iphone xs

画像引用元:iPhone XS 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ここからはドコモのiPhoneを新規契約する場合のメリット・デメリット及び契約方法などをチェックしていきます。

MNPとの違いも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

新規契約でドコモのiPhoneを購入するメリット

最初にドコモで新規契約するメリットについてみていきましょう。

主なメリットは次の通りです。

移転元の回線契約を必要としない

MNPは転出元のキャリアで利用していた電話番号を引き継ぐものであるため、移転元の回線契約が存在している必要があります。

したがって、今ある回線はそのままで新たにドコモ回線を増やしたい場合には利用できません。

新規契約であれば特に制限はないので、このような場合に対応可能です。

電話番号を変更できる

新規契約は新たに回線契約を結ぶものであるため、電話番号も新たなものが発番されます。

そのため、現在のキャリアの契約を解約してドコモと新規契約すれば電話番号を変更できるでしょう。

「この機会に電話番号を変更したい」と考えている人にはオススメなので、ぜひ検討してみてください。

新規契約でドコモのiPhoneを購入するデメリット

新規契約には以下のようなデメリットが存在しています。

こちらもしっかりチェックしておきましょう。

MNP限定のキャンペーンを利用できない

ドコモでお得なキャンペーンが実施されている場合でも、それがMNP限定のキャンペーンであれば新規契約では利用できません。

キャンペーンを利用して契約しようと考えている場合、利用したいキャンペーンが新規契約に適用されるのかどうかをあらかじめ確認してください。

また、適用される場合でもMNPに比べて還元されるポイントなどが低くなっていることもあります。

元のキャリアを解約する場合は解約手続きを別途行わなくてはならない

MNPの場合、回線切替手続きを行うと同時に元のキャリアの回線は解約となります。

しかし、新規契約して元のキャリアを解約する場合は自動解約にはならないため、別途解約手続きを行わなくてはなりません。

MNPに比べて手間がかかるので、解約を忘れないようにしてください。

ドコモで新規契約する際の手順

ドコモで新規契約する場合の手続き方法は以下の通りです。

特に複雑な手順はないものの、迷わないように一通りチェックしておくことをオススメします。

こちらもドコモオンラインショプでの手続方法をみていきましょう。

手続き方法を一覧でまとめると次の通りです。

新規契約の手続き方法
  • ドコモオンラインショップでiPhoneを選ぶ
  • 新規契約で手続きする
  • スマホが届く
  • 開通手続きをする

ドコモオンラインショップで購入したいiPhoneを選択する

iPhone XS - Apple(日本)

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

まずはドコモオンラインショップにアクセスし、購入したいiPhoneを選択しましょう。

購入したいiPhoneを選択したら、次の手順に進んでください。

手続き方法で「新規契約」を選択して購入手続きをする

iPhone XS Max - ドコモオンラインショップ

画像引用元:iPhone XS Max 512GB

購入したいiPhoneのページから購入手続きを行えます。

その際に、「手続き方法」を選択するところで「新規契約」を選ぶのを忘れないようにしてください。

その後は画面の指示に従って契約手続きを進めてください。

新規契約の場合は、MNPより手続きが簡単(予約番号の入力などが必要ないため)なので、特に迷うことはないでしょう。

iPhoneが配送されてくるのを待つ

ドコモ

無事に手続きが完了したら、MNPの場合と同様にドコモ側で加入審査が行われます。

ここで契約OKが出たらiPhoneが発送されるでしょう。

発送されたiPhoneを無事に受け取ったら次に進みます。

開通手続きを行う

iPhone

配送されてきたiPhoneにはSIMが同梱されているので、SIMを挿入してください。

その後開通手続きを行います。

開通手続きが完了したら利用開始なので、ドコモで快適なiPhoneライフを楽しみましょう!

新規契約時の注意事項

ドコモ回線を新規契約する場合は、以下のポイントに注意してください。

保有回線の上限を超えないかをチェックしよう

ドコモ回線を複数保有している場合、新規契約によって保有回線数の上限を超えないかどうかを確認しておいてください。

なお、2019年8月時点で1人が保有できる回線数は5回線までになっています。

次の章ではMNPと新規契約のどちらがお得かをみていきます。

ドコモで新規契約するメリット|機種変更・乗り換えとの違いを解説

ドコモでiPhoneを購入する場合はMNPと新規契約のどちらがお得?

最後にドコモでiPhoneを購入する場合、MNPと新規契約のどちらを選ぶのがお得かというポイントについてみていきましょう。

お得度はそこまで変わらない

2019年8月時点では、金銭的なお得度という面で考えた場合はどちらを選んでもほとんど変わりません。

ドコモオンラインショップではMNP限定のキャンペーンというのは行われておらず、新規契約でも適用されるキャンペーンがメインです。

そのため、どちらの契約方法を選んでも金銭的なお得さは変わりません。

電話番号を変更したいかどうかで選ぼう

ここまででみてきた通り、MNPと新規契約の最大の違いは「電話番号が変更されるかどうか」です。

したがって、今使っている電話番号をどうしたいかによって契約形態を選びましょう。

選び方をまとめると次のとおりです。

契約形態と電話番号の関係
  • 電話番号を変更したくないならMNP(のりかえ)
  • 電話番号を変更したいなら新規契約

ドコモのiPhoneをお得に契約する方法まとめ

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

今回はドコモのiPhoneを購入する場合、MNP(乗り換え)と新規契約のどちらがお得かについてみていきました。

今回チェックしたポイントを簡単に振り返ると以下の通りです。

ドコモでiPhoneを契約する際のチェックポイントまとめ
  • MNPと新規契約の金銭的なお得度はほとんど変わらない(2019年9月現在)
  • 電話番号を引き継ぎたいならMNPを選ぼう
  • 電話番号を変えたい場合は新規契約を選ぼう
  • 純粋に回線契約を増やしたい場合は新規契約のみ可能

これからドコモのiPhoneを契約しようと思っている人は、上記のポイントを考えた上でMNPと新規契約のどちらを選ぶかを判断してください。

auのiPhoneに乗り換えるのと新規契約するのはどっちがお得?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ