ドコモのiPhone XR×学割×デビュー割なら機種代金込みで月額1,480円!

  • 2018年12月1日
  • by.a-sato

iphonexr-19

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモの学割がなんと12月から始まります。これまでの学割は2月にスタートすることが多かったのですが、今年はかなり早いスタートとなりました。

12月から開始されるドコモの学割で注目すべきはiPhone XR。

なんとiPhone XR(64GB)が月額1,480円で使えるようになるんです!

そこで今回は、ドコモの学割でiPhone XR(64GB)が月額1,480円で持てるようになる仕組みについて解説します。

併せて、今回のドコモの学割の概要や適用条件も詳しく紹介していきます。

トップ画像引用元:iPhone XRを購入 – Apple(日本)

ドコモの学割とiPhoneデビュー割でiPhone XRが月額1,480円に!

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

ドコモの学割と先得を利用する上で、特に注目すべきはiPhone XRです。

iPhone XRに端末購入サポートとiPhoneデビュー割が適用されることによって機種代金がかなり安くなります。

その上学割で基本料金もかなり安くなるため、iPhoneで月額1,480円という超格安な料金が実現できます

そんなiPhone XRが月額1,480円になる方法について詳しく解説をしていきます。

iPhone XR(64GB)月額1,480円の正体

先ずは結論からいきます。1,480円の正体は下記表です。

iPhone XR(64GB)機種代金内訳

内訳料金
割引前価格91,200円
端末購入サポート-54,600円
iPhoneデビュー割-7,800円
合計28,880円

iPhone XR(64GB)の月額料金内訳

内訳料金
機種代金1,200円
(24回:28,880円)
シンプルプラン980円
spモード300円
シェアオプション500円
ドコモの学割-1,500円
合計1,480円
購入ドコモ公式ショップ

機種代金が28,880円になり、月額換算すると1,200円になります。

そして通話・データプランの運用費が280円です。これを合わせた額、1,280円 + 280円 = 1,480円←これが正体です。

端末購入サポートとiPhoneデビュー割でiPhone XRの機種代金が28,800円

iPhone XRの64GBモデルの機種代金で計算していきます。

まず、iPhone XRに端末購入サポートとiPhoneデビュー割が適用されます。

54,600円の端末購入サポートと7,800円のiPhoneデビュー割がiPhone XRの機種代金から差し引かれるため、iPhone XRの機種代金は28,880円となります

28,880円が24回の分割になるので、月額1,200円ずつ2年間機種代金を支払っていくことになります。

iPhone XR(64GB)機種代金内訳

内訳料金
割引前価格91,200円
端末購入サポート-54,600円
iPhoneデビュー割-7,800円
合計28,880円

短期契約解除料に気をつけて

iPhone XRが28,880円とかなり魅力的な割引だと思われますが、1つだけ注意しなければいけないことがあります。

それは、54,600円もiPhone XRの機種代金から割引してくれる端末購入サポートのことです。

端末購入サポートは、ただ単に機種代金を割引するためのものではありません。

もちろん、安くしてiPhone XRを購入しやすいようにするという目的はありますが、それ以上に「これだけ安く買ったんだからある程度長く使ってね。」という目的が強いです。

そのため、端末購入サポートを適用して機種を購入した場合、短期間で解約をすると高額な契約解除料が発生する恐れがあります。

iPhone XRの場合は、2018年11月30日に購入し、違約金がかかる期間中に解約すると27,300円の解除料金がかかります。

※尚、解除料金は購入した日によるようです。

また、通常の9,500円の契約解除料も発生します。つまり、最低でも12ヶ月は必ず使いましょうということです。

間違っても、安く購入して別の人に売るというような転売行為はしてはいけません。

月額1,480円の詳しい内訳

シェアパック子回線加入で、通話料金が従量制の場合1年間は280円で使うことができます。

そのため、1年間はiPhone XRの分割金1,200円を含めて1年間月額1,480円で利用することができるのです。

1年後には元々の料金に戻るので、2,980円になります。それでも十分安いですよね。

ドコモの学割は月額料金の安さに加えて、最大3,500ポイントも進呈されます。

さらに、先得を適用すれば最大10,000ポイントも進呈されます。

iPhone XRをなるべく安く手に入れたいと考えている人は、今がチャンスと言っても過言ではありません。

iPhone XR(64GB)の月額料金内訳

内訳料金
機種代金1,200円
(24回:28,880円)
シンプルプラン980円
spモード300円
シェアオプション500円
ドコモの学割-1,500円
合計1,480円
購入ドコモ公式ショップ

13ヶ月目に機種変更する前提なら最大40,000円還元も!

また、機種変更応援プログラムプラスを利用すると13ヶ月目に機種変更すれば最大40,000円還元されます。

今まで使っていたiPhone XRを機種変更時に回収される必要はありますが、短いスパンで新しいスマホに安く変えることができるのはとてもお得です。

iPhoneXRレビュー|コスパ最強!?廉価版とは言わせない本当の実力
iPhone XRが月額1,480円のポイント
  • 端末購入サポートとiPhoneデビュー割でiPhone XRの端末料金が28,880円に
  • シェアオプション子回線であれば1年間月額280円で使える
  • 13ヶ月目に機種変更する前提の契約であれば次回の機種変更で最大40,000円還元
  • 先得と学割でポイントも追加でもらえるので、iPhone XRを安く購入したいなら今がチャンス

次の章では、「ドコモの学割」を解説します。

2019年ドコモの学割キャンペーンについて

画像引用元:ドコモの学割│料金・割引│NTTドコモ

2019年のドコモの学割の特徴について詳しく解説をします。ドコモの学割で用意されている特典は2つです。

ドコモの学割2つの特典
  • 1年間1,500円の割引
  • 学割適用対象ユーザーと家族に最大3,500ポイントプレゼント

12月1日から開始されるドコモの割引は、契約するタイミングによっても特典内容が異なります

概要を詳しく解説していくので、是非参考にしてください。

ドコモの学割特典①:1年間1,500円(税別)の割引

まず、ドコモの学割では1年間基本料金から1,500円の割引されるという、かなりお得な割引が適用されます。

通話料従量制のシンプルプランとspモード、シェアオプションという最低料金の組み合わせだと、1,500円の割引が適用されて月額料金がなんと280円になります

2年目からは1,780円に戻りますが、2年間の総額通信料はなんと24,720円。

毎月の料金の安さはもちろんですが、2年間のコストを計算してもかなり安いことがわかります。

ドコモの学割特典①の適用条件について

適用条件は下記の通りです。

ドコモの学割適用条件
  • 新規・MNP・契約変更・プラン変更であること
  • spモード契約
  • 25歳以下であること
  • カケホーダイ・カケホーダイライト・シンプルプランのいずれかに加入
  • ベーシックパック・ウルトラデータL/LL、またはベーシックシェアパック・ウルトラシェアパックのいずれかに加入

また、学割適用する場合、ドコモに利用者登録が必要になります。

利用者登録には、利用者(25歳以下の人)の本人確認書類が必要になります。保険証や免許証、パスポートなどが無難です。

契約と同時に利用者登録をしないと、割引が適用されない恐れがあるので注意してください。

特に、契約者が家族で利用者が25歳以下となると、つい確認書類を忘れてしまう可能性があります。

事前に準備してから契約をするようにしましょう。

ドコモの学割特典②:学割対象ユーザーと家族にdポイントを最大3,500ポイントプレゼント

学割対象ユーザーだけでなく、その家族もお得になるのがdポイントのプレゼントキャンペーンです。

通常は2,500ポイントの進呈となりますが、2月1日までに条件を満たして契約した場合、さらに1,000ポイント増えます。

つまり、最大で1人あたり3,500ポイントがもらえるようになります。

dポイント進呈の条件について

適用条件(本人の場合)

  • 新規・MNP・契約変更・プラン変更であること
  • カケホーダイ・カケホーダイライト・シンプルプランのいずれかに加入
  • ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパックのいずれかに加入
  • spモード契約

適用条件(家族の場合)

  • dポイントクラブ会員であること
  • 契約者本人と同一シェアグループに加入していること

dポイントプレゼントの場合はシェアパックに入っていることが必須となります。

上記の条件を満たした状態で、2月1日までに契約すると3,500ポイントもらえるようになります。

既にドコモを使っている家族がいてシェアパックに加入している場合や、家族で同時にドコモを契約しようと考えている人にも非常にお得な特典です。

ドコモお学割の定義について

ドコモの学割の定義はとてもシンプルです。

  • 25歳以下であること

これだけです。25歳以下であれば学生であってもなくても学割を適用することができます

筆者も以前社会人でありながら学割をドコモで受けていたことがありました。

格安SIMでは18歳以下と年齢が下げられていることも多いですが、大手キャリアの場合は25歳以下が学割対象であるケースが多いです。

25歳以上の人が学割を適用できる裏技?

あまり大きな声で言えませんが、実は25歳以上の人が学割を適用できる可能性もあります。

学割適用する人が、10代などまだ自分で携帯電話を契約するべきではないと考えられる年齢の場合もあると思います。

その場合は、契約者が家族になり、利用者登録でその学割を適用する人の本人確認書類を読み込みます。

これで学割を適用させることができるので、必ずしも学割を適用させる本人が契約者になる必要はありません。

ただし、チェックでNGな場合もあるのをご了承くださいませ。

ドコモの先得キャンペーンについて

画像引用元:ドコモの先得│キャンペーン・特典│NTTドコモ

次に、ドコモの先得について解説をします。

ドコモの先得は、簡単に言うと「早く契約した方が得だよ!」ということです。

これは、ドコモが見込みのお客さんや検討中の人を逃がしたくないという目的からですが、本当にかなりお得なキャンペーンとなっているので是非チェックしてください。

契約が早ければ早いほどお得!

ドコモの先得は、契約したタイミングによってdポイントがプレゼントされるというものです。

これは、契約した人ではなく、契約した人を紹介したエントリー者がもらうことができます。紹介する人は家族限定です。

また、エントリー者はdポイントクラブ会員であることが必須です。

エントリーした人のシェアグループの中で新規契約があった場合に、エントリーした人にdポイントがプレゼントされます。

もらえるdポイントは、契約するタイミングによって異なり下記のようになります。

  • 12月から1月に契約をすれば10,000ポイントプレゼント
  • 2月から5月に契約すれば5,000ポイントプレゼント

2月から5月に契約した場合でも、12月から1月の間にエントリーしていないと対象になりません。早めにエントリーだけでもすることをおすすめします。

キャリアは見込みユーザーや検討中のユーザーを逃したくない

先得もですが、学割のdポイントプレゼントも契約するタイミングによってもらえるポイントが異なります。

このようなキャンペーンが増えてきた理由としては、ドコモが家族での巻き取りを促進したい・検討中や見込みのお客さんを逃したくないという背景があると思われます。

もっと言うと、この先、国の指示で、

  • 機種代金と基本料金が完全に別扱い
  • 基本料も4割程度今よりも安く

するよういわれ、実施しなければいけないと考えているからかもしれません。

iPhoneのような高額で人気のある機種は、基本料金と合算で分割契約ができる今の料金形態だからこそ多くの人が購入しているという場合がほとんどです。

基本料金と機種代金が別扱いになるということは、機種代金を一括で支払うことが一般的になる可能性も考えられます。

その場合、10万を超えるような高額なスマホを購入する人や2年間のスパンで機種変更や乗り換えをするようなユーザーは減るのではないかと予想されます。

基本料金自体が安くなることを考えると、ドコモ全体の利益自体も下がる可能性がありますよね。

だからこそ、そこまで国から規制されていない今、ある程度のユーザーを集めておきたいという目的があるのかもしれません。

ドコモの学割 2020年|条件・対象者・内容から月額シミュレーション
ドコモの学割と先得について
  • 学割は25歳以下のユーザー対象
  • 1年間1,500円の割引が適用される
  • 契約するタイミングによって学割適用ユーザーと家族に最大3,500ポイント進呈
  • 12月から1月の間に契約をすれば10,000ポイントももらえる

次の章では、「学割適用の契約で1番お得なタイミングはいつなのか」を解説します。

学割適用の契約で1番お得なタイミング

次に「学割適用の契約で1番お得なタイミングはいつなのか」を詳しく解説します。

契約することで、

  • 月額料金を安くしたい
  • ポイントを多くもらいたい
  • キャッシュバックが目当て

なのかによって契約すべきタイミングは異なってきます。

しかし、今の携帯業界はシステムが大きく変わっている最中なので、これまでの傾向が参考にならない可能性もあります。

あくまで「こういうこともあるよ」という感じで見てみてください。

dポイント狙いなら12月から1月が1番お得

「先得」や「学割」のポイントプレゼントを狙うのであれば、12月から1月の2ヶ月間に契約するのが1番得です。

12月から1月の間に契約して、全ての条件を満たしている場合は最大で13,500ポイントをもらうことができます。

期間限定ポイントなので、利用期限が通常のポイントよりも短く使える範囲が狭い傾向にありますが、ローソンでの買い物などにも活用できます

どちらにしても13,500円分得をすることには変わらないので、ポイントを1番に考慮したいという人はなるべく早く契約するのが吉でしょう。

ショップ独自のキャンペーンを狙うなら3月あたりが良い

ドコモで開催しているキャンペーンとは別に、ショップ独自のキャンペーンを開催することもあります。

キャッシュバックや機種代金の値引きがこれに該当します。

このようなキャンペーンが特に多く開催されるのは、商戦期と呼ばれる3月です。

ちょうど学割の時期と被っているので、ショップ独自のキャンペーンを狙いたいのであれば3月がおすすめです。

また、学割最終の追い込みである5月のGWも、大きなキャンペーンを行う可能性があります。

規制が予測できないので「先得」優先の方が無難かも

ショップ独自のキャンペーンとして前述で紹介しましたが、正直本当に今年のキャンペーンは予想できません。

国の規制や指導により、思ったようにキャンペーンを開催できない場合も考えられます。

せっかく待ったのに大したキャンペーンがなかった、という可能性も考えられるので、先得を優先して早めに契約した方が無難かもしれません。

もう確実に契約することを決めているという人は、先得に間に合うように契約することをおすすめします。

ドコモの学割と先得でiPhone XRをお得に手に入れよう!

最後に、ドコモの学割を適用して1番お得なタイミングはどこかについてまとめます。

ドコモの学割を適用して契約すべきタイミング
  • dポイント目的であれば12月から1月に契約すべき
  • ショップ独自のキャンペーンなどを期待したいなら3月の商戦期が狙い目
  • 学割最終期間のGWにも大きなキャンペーンがあるかもしれない
  • どんな規制が入るか予想できないので、先得を優先して契約した方が無難かもしれない

国からの規制や行政指導も激しくなっており、毎年携帯業界の動向が予測できないというのが現状です。

そのため、現状ドコモから掲示されているキャンペーンを最大限駆使することが1番お得になる方法かもしれません。

先得は12月から1月にかけての契約で10,000ポイントもらえるので、

  • 家族揃ってでドコモにしようと考えている
  • 子どもの分のスマホの契約を考えている

場合は早めに契約することをおすすめします。

このキャンペーンを活用してクリスマスプレゼントをiPhone XRにするのも良いかもしれませんね。

ドコモの先得の全て|対象者・適用条件・ポイントはいつもらえるか

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ