ドコモの機種変更で旧料金プランから新料金プランにすると損する?得する?

  • 2019年8月31日
  • by.nuko

docomo-iphone-e1566645274444

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はドコモの機種変更の時に旧料金プランから新料金プランに変更することで、果たしてお得になるのか損するのかを解説します。

ドコモでは2019年6月から新プラン「ギガホ」「ギガライト」を開始し、それに伴い旧料金プランの新規受付を停止しました。

今ベーシックパックやシェアパックを利用している方は、機種変更時にプラン変更した方がいいのかわかりにくく感じていますよね。

ここでの解説を参考に、ぜひ機種変更時に1番お得に使えるプランを選んでくださいね!

【2020年10月】ドコモ機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

トップ画像引用元:iPhone XS・iPhone XS Max | iPhone | NTTドコモ

ドコモの新料金プランの内容

ギガホ・ギガライト

画像引用元:これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

まずはドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」のプラン内容をチェックしましょう。

ギガホは30GBの固定データ量のプランで、利用したデータ量に関わらず一律料金です。

一方、ギガライトは0〜7GBの段階制定額で、毎月の利用データ量によって月額料金が変動します。

また、どちらのプランも機種購入補助の割引がない「分離プラン」です。

今までの月々サポートや端末購入サポートといった割引がありませんが、その分利用料金は安く抑えられると考えていいでしょう。

新料金プランの内容

プランデータ量割引なしみんなドコモ割(3回線以上)みんなドコモ割+ドコモ光セット割
ギガホ30GB6,980円5,980円4,980円
ギガライト0〜1GB2,980円1,980円1,980円
1〜3GB3,980円2,980円2,480円
3〜5GB4,980円3,980円2,980円
5〜7GB5,980円4,980円3,980円

新料金プランでは、ドコモ光とのセット割引や家族でドコモを利用している人数によって割引があり、最大2,000円の永年割引が受けられます。

新料金プランの割引
  • ドコモ光セット割:最大1,000円割引/回線
  • みんなドコモ割:最大1,000円割引/回線

また、カケホーダイやカケホーダイライトを利用していた方は、別途通話オプションを申し込む必要があります。

通話オプション

オプション月額
かけ放題オプション1,700円
5分通話無料オプション700円

通話オプションに加入しない場合は、従量制で20円/30秒の通話料金がかかるので長電話には注意してください。

新料金プランの旧料金プランの料金比較

続いて新料金プランと旧料金プランの月額料金を比較し、どちらのプランがお得なのか確認します。

結論からお伝えすると、ほとんどのパターンで新料金プランにした方がお得になりますよ!

1人でドコモを利用している場合

一人暮らしの方や他の家族にドコモユーザーがいない方は、データ量に関わらず新料金プランの方がお得になります。

利用者の多い3〜5GBのデータ量を利用する場合を例にすると、新料金プランと旧料金プランは次のようになります。

3〜5GB利用時の新旧料金プラン比較

項目ギガライトベーシックパック
通話料金4,980円980円
spモード300円
データ定額5,000円
合計4,980円6,280円
差額1,300円

同様に同様に他のデータ量の新料金プランと旧料金プランを比較すると次の通りです。

データ量別の新旧料金プラン比較

データ量ギガホ・ギガライトベーシックパック差額
0〜1GB2,980円4,180円1,200円
1〜3GB3,980円5,280円1,300円
3〜5GB4,980円6,280円1,300円
5〜7GB5,980円7,280円1,300円
20GB6,980円7,280円300円
30GB6,980円9,280円2,300円

こうして各データ量のプランを比較すると、利用量に関わらず新料金プランの方が安く使えることがわかります。

ドコモを1人で利用している方は、機種変更の際は新料金プランを選びましょうね!

家族でドコモを利用している場合

家族でドコモを利用している場合、ベーシックパックで個別に利用している方よりシェアパックで共有している方の方が多くなっています。

多くの場合シェアパックでデータ量をまとめてしまった方が、個別に契約するより安いためですね。

今シェアパックを利用していると、新料金プランが1回線毎の契約のため「高くなるのでは?」と感じますが、計算すると新料金プランの方が安く使えることがわかります。

1人5GBほど利用する3人家族を例にすると、新料金プランと旧料金プランの月額料金は次のようになります。

1人5GB 3人家族の新旧プラン比較

項目ギガライトシェアパック
通話料金14,940円
(4,980円×3回線)
2,940円
(980円×3回線)
spモード900円
(300円×3回線)
データ定額13,000円
(代表回線:12,000円、
子回線:500円×3回線)
みんなドコモ割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-
ドコモ光セット割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-1,800円
合計8,940円15,040円
差額6,100円

こうして新旧プランを並べて比較すると、新料金プランの方が明らかに安くなることがわかりますね。

これは、家族のドコモ利用数で安くなる「みんなドコモ割」と、ドコモ光セット割が各回線に適用されるためですね!

同様に1人あたりのデータ量別にプランを比較すると次のようになります。

データ量別 3人家族の新旧プラン比較

1人あたりの
データ量
ギガホ・ギガライトシェアパック差額
0〜1GB5,940円10,540円4,600円
1〜3GB7,440円12,640円5,200円
3〜5GB8,940円15,040円6,100円
5〜7GB11,940円15,840円3,900円
20GB14,940円17,940円3,000円
30GB14,940円26,340円11,400円

どのデータ量を見ても、新プランの方が安く使えますね!

特に5GB以下や1人30GB必要になる方は大きな料金差になるので、機種変更の際は必ず新料金プランに変更しましょう!

シェア子回線の料金は上がる?

シェアパックは代表回線が契約したデータ量を家族で分け合う使い方となるため、子回線の料金が安いのが特徴でした。

シェア子回線の料金

項目料金
通話プラン980円
spモード300円
シェアオプション500円
合計1,780円

しかし、新料金プランになると家族とデータ量を共有するプランはなく、1回線ごとに独立した料金プランとなっています。

そのため、回線毎に支払いをしている場合、新料金プランにすると子回線だった方の料金が上がるデメリットがあるので注意しましょう。

機種変更で新料金プランにして損する?得する?

ドコモを利用している方なら、1人でも家族でも新料金プランにすることでお得になることがわかりました。

続いて、機種変更と同時に新料金プランにする時にお得なパターンと、逆に損をしてしまうパターンを見ていきましょう。

今の機種が2年以上経っているなら新料金プランで得をする!

今利用しているスマホが購入から2年以上経過していれば、機種変更+新料金プランへの変更でお得になります!

新料金プラン開始前に購入したスマホは、分割払いも月々サポートも24回までのため、2年経過した時点で毎月の支払いは利用料金のみです。

そのため、機種変更時に一緒に新料金プランに変更した方が、前のページで解説したように利用料金が大幅に安くなります。

ドコモの機種代金を見ると、機種によっては新料金プランへのプラン変更で安くなる金額より安いモデルもあります。

ドコモの機種代金(一部抜粋)

モデル一括払い分割払い
月額
スマホ
おかえし
プログラム
総額
iPhone XS Max 256GB161,352円4,482円107,568円
iPhone XS Max 64GB141,912円3,942円94,608円
iPhone XS 256GB147,744円4,104円98,496円
iPhone XS 64GB128,304円3,564円85,536円
iPhone XR 128GB104,976円2,916円69,984円
iPhone XR 64GB99,144円2,754円66,096円
iPhone 8 64GB79,704円2,214円53,136円
iPhone 7 32GB42,768円1,188円-
Xperia 1 SO-03L103,032円2,862円68,688円
Xperia Ace SO-02L48,600円1,350円-
Galaxy S10 SC-03L89,424円2,484円59,616円
Galaxy S10+ SC-04L101,088円2,808円67,392円
arrows Be3 F-02L33,048円918円-
AQUOS R3 SH-04L89,424円2,484円59,616円
AQUOS sense2 SH-01L31,104円864円-
LG Style2 L-01L38,880円1,080円-

また、旧料金プランのまま機種変更しても月々サポート自体が終了しているため、旧料金プランのままにするメリットがほぼ無い状態ですね。

新旧プラン+機種代金の比較

項目機種変更後機種変更前
通話料金4,980円980円
spモード300円
データ定額5,000円
機種代金※2,754円2,754円
みんなドコモ割-1,000円0円
ドコモ光セット割-1,000円-800円
合計5,734円8,234円
※:iPhone XS 64GBの場合

加えて、2年以上経過している方が低価格モデルを選べば、機種代金を加味しても機種変更後の月額料金の方が安くなるということも。

機種変更後の方が安くなる例

項目機種変更後機種変更前
通話料金4,980円980円
spモード300円
データ定額5,000円
機種代金864円※0円
みんなドコモ割-1,000円0円
ドコモ光セット割-1,000円-800円
合計3,844円5,480円
※:AQUOS sense2 SH-01Lの場合

利用中の機種が2年以上経っている方は、ぜひ一緒に新料金プランへ変更し、お得に新しいスマホを手に入れてください!

今の機種の月々サポートが残っていると損をする

2019年5月31日以前に機種変更を行い、今も分割払いと月々サポートが続いている方は、機種変更および新プランへの変更を行うと損をする可能性があります。

理由は単純に、機種変更をすると月々サポートが終了してしまいうからですね。

月々サポートの終了条件
  • 機種変更
  • 対象外プランへのプラン変更

新料金プランは月々サポートの対象外プランなので、利用料金が安くなるからと新料金プランへ変更するのも危険ということですね。

例えば、iPhone XS 64GBの機種代金と月々サポートは次の通りです。

iPhone XS 64GBの以前の機種代金

項目iPhone XS 64GB
機種代金5,157円× 24回

総額123,768円
月々サポート-2,457円× 24回
総額-58,968円
実質価格2,700円× 24回
総額64,800円

こうして見ると、iPhone XS購入から2年目までに機種変更または新料金プランに変更すると、機種代金5,157円を丸ごと支払うことになり、月々サポートの2,457円分を損してしまいます。

新料金プランへ変更して、この2,457円以上安くできる場合は問題ありませんが、最近機種変更したばかりなら機種変更もプラン変更も控えた方がいいでしょう。

家族の中に30GB以上必要な人がいる場合は注意!

ここまで見てきた通り、ドコモの新料金プランにプラン変更すると、利用料金が安くなります。

しかし、家族の中に30GB以上利用する方がいると、新料金プランに変更しない方がいい場合もあります。

ドコモの新料金プランはギガホの30GBが最大となり、それ以上のデータ量を利用する場合は1GB追加オプションでデータ量を追加することになります。

1GB追加オプション:1,000円/1GB

仮に1人が40GB利用するなら、1GB追加オプションの料金だけで10,000円になってしまいますね。

ドコモショップで受付けていると、長距離トラックドライバーの方や家族から離れて1人暮らしを始めた学生さんが大量のデータ量を利用するケースがありました。

  • 家族全員で30GB以上のシェアパックを利用していた
  • ほとんどを特定の人がデータ消費している

家族の中にこうした方がいるなら、機種変更の時に新料金プランへ変更するだけではなく、データ消費の多い方にWiMAXを持たせる等の対策を取りましょう。

シェアパックと新料金プラン+WiMAX比較

項目ギガライト
+ WiMAX
シェアパック
通話料金8,940円
(2,980円×3回線)
2,940円
(980円×3回線)
spモード900円
(300円×3回線)
データ定額17,000円
(代表回線:16,000円、
子回線:500円×3回線)
みんなドコモ割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-
ドコモ光セット割0円-2,900円
WiMAX
(GMOとくとくBB)
3,609円-
合計9,549円17,940円

ちょっと豆知識:ドコモユーザーは必須レベル!?「dカード GOLD」

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているゴールドカード「dカード GOLD」をご存知ですか?

「dカード GOLD」は、ドコモの利用金額の税抜1,000円につき10%がポイント還元される、お得なカードなのです。月に8,000円の携帯料金なら800円のポイントが戻ってきます。年間ではなんと9,600ポイントにもなります。

他にも、ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。

年会費は1万円(税抜)なので、一見高く感じますが、携帯料金の10%が還元される上に、特約店ならご利用額に応じて1%以上の特約店ポイントがたまります。マクドナルドやメルカリ、マツモトキヨシなどの人気ショップ・サービスもお得に!

年に1万円なら十分過ぎるほど回収できる凄いカードです。是非とも1枚もっておきたいですよね。

▽dカード GOLD入会特典はこちら

dカード GOLDを最大限利用したら年間5万円以上もお得になる話

新料金プランは損かお得かまとめ

今回はドコモの機種変更の時に、旧料金プランから新料金プランへ変更すると損なのか得なのかについて解説しました。

新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」は、従来のパケットパックと比較して全体的に安く使えることがわかりましたね!

新旧料金比較まとめ
  • 1人で利用する場合は新料金プランが安い
  • 家族まとめてドコモだと、みんなドコモ割でさらにお得

ただ、新料金プランは分離プランとなり、端末購入補助の割引はなく、プラン変更だけでも月々サポートは無くなります。

そのため、前回の機種変更から2年以上経っていればお得・2年以内なら損をすると言えますね。

さらに新料金プランは30GBまでなので、今までシェアパックで30GB以上利用していた方は WiMAXなどの代替策が必要になります。

今回の解説を参考に、これから機種変更する方はお得なタイミングで新料金プランに変更してくださいね!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ