ドコモでiPhoneを予約する2つの方法!お得に最短で受け取る手順を解説

ドコモでiPhoneを予約する2つの方法を紹介。新型iPhoneをお得に、そしてできれば発売日当日に受け取るためにはドコモオンラインショップでの予約が必須です。手順や方法をくわしく解説しておりますので、この記事を読んでぜひ参考にしてみてください。

  • 2020年4月16日
  • by 
ドコモでiPhoneを予約する2つの方法!お得に最短で受け取る手順を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ついにiPhone SE(第二世代)が発表されましたが、この記事ではドコモでiPhoneを予約する2つの方法を紹介します。

今回の新しいiPhone SEは比較的リーズナブルな機種となっておりますが、それでも尚お得に購入したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

予約開始は4月20日(月)朝10時からとなっております。

おすすめはドコモオンラインショップでの購入ですが、ドコモでiPhoneを予約する方法は2つあります。

おすすめはドコモオンラインショップで予約
  • 最短で発売日当日
    自宅に届く
  • 24時間予約受付
  • 頭金・事務手数料・送料
    0円


この記事を読めば、お得に最短で発売日当日にiPhone SEを受け取る手順がわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモで予約する2つの方法

トップ画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

ドコモオンラインショップでの予約方法

ドコモオンラインショップのロゴ

画像引用元:ドコモオンラインショップ

まずはドコモオンラインショップでの予約方法を紹介します。

結論としては、ドコモショップで予約するよりも、ドコモオンラインショップで予約するほうがメリットが多いのでおすすめです。

ドコモオンラインショップでiPhoneを予約・購入する場合、契約種別によって用意するものが異なります。

機種変更・契約変更で用意するもの
  • dアカウント
  • クレジットカードor銀行口座の情報

機種変更・契約変更でiPhoneを予約購入する場合は、スマホでdアカウントと電話番号を紐付けておく必要があります。

また、今の支払い方法が請求書払いになっている場合や、iPhoneの機種代金を一括払いにする場合にはクレジットカードや銀行口座の情報が必要です。

なお、機種変更でiPhoneを予約をした場合、契約情報とiPhoneの製造番号が紐づいた状態で入荷します。

そのため、入荷後に他の回線用として購入するという予約の取り方はできません。

必ず機種変更したい回線と紐づいたdアカウントでログインするようにしましょう。

新規・乗り換え(MNP)で用意するもの
  • dアカウント
  • 運転免許証等の本人確認書類
    » 本人確認書類の一覧
  • クレジットカードor銀行口座の情報
  • MNP予約番号(乗り換えの方のみ)

新規契約・乗り換えで、ドコモオンラインショップから購入手続きを行う場合、本人確認書類のアップロードが必要です。

支払い方法は、クレジットカードか、銀行のオンライン手続きでの口座振替の2択となります。

クレジットカードならカード情報を入力するだけですが、口座振替をしたい場合は、利用する銀行でオンライン手続きができる状態にしておきましょう。

ほとんどの銀行は、口座開設しただけではオンライン手続きを利用できません。別途申し込みが必要です。

iPhoneを購入する直前になって慌てないように、新規・乗り換えかつ口座振替で手続きしたい方は、今のうちに準備しておきましょう。

ドコモオンラインショップの予約・購入手順

次に、ドコモオンラインショップでの予約から購入までの流れを見ていきましょう。

全体の流れは次の通りです。

ドコモオンラインショップの予約手順
  1. ドコモオンラインショップから目当てのiPhoneを選択
  2. 商品詳細ページの「予約する」ボタンを押す
  3. dアカウントでログインする
  4. 契約者情報を登録する
  5. 予約申し込み完了メールを受信する
  6. 予約商品入荷のメールを受信する
  7. 入荷メールから購入手続きを行う
  8. 予約内容の確認も入荷メールから行える
  9. 購入完了

それでは1つ1つの手順について詳しく見ていきます。

説明文中の画像引用元:予約の方法

1ドコモオンラインショップから目当てのiPhoneを選択
ドコモiPhone予約

まずはドコモオンラインショップのiPhoneページにアクセスしましょう。

そして、そのページ上からお目当てのものを選択します。

新型iPhoneは予約受付の開始後には、特に目立つ位置に掲載されています。

2商品詳細ページの「予約する」ボタンを押す

予約受付中のiPhoneであれば、商品詳細ページに「予約する」というボタンが出てきます。

それを押して予約手続きページへ進みましょう。

ドコモiPhone予約画面

3dアカウントでログインする

予約手続きをする際は、「dアカウント」でログインする必要があります。

ドコモユーザーの方は、契約電話番号と紐付いているdアカウントのIDとパスワードでログインしてください。

dアカウントにログイン
4契約者情報を登録する

次に、「お客様情報」として契約者情報を登録します。

ここで登録した名義と電話番号でないと手続きができなくなりますので、間違いのないよう入力してくださいね。

「登録」、「確認」、「完了」の3ステップを画面に従って済ませていきます。

登録画面
登録画面
確認画面
確認画面
完了画面
完了画面
5予約申し込み完了メールを受信する

予約申し込みが完了すると、登録したメールアドレス宛に、ドコモから「予約番号」が記載されたメールが届きます。

予約番号は問い合わせに使うものなので、必ず保存しておきましょう。

6予約商品入荷のメールを受信する

予約したiPhoneが入荷されると、登録したメールアドレスにドコモから入荷連絡のメールが届きます。

この入荷メールもただのお知らせではないので、しっかり確認してください。

7入荷メールから購入手続きを行う

購入手続きは入荷メールから行います。

メールの内容に従って手続きしてください。

入荷メール受信から7日間以内に購入手続きがなかった場合、自動キャンセルになってしまいます。

なお、購入手続きのためにはdアカウントで2段階認証を設定している必要があるので注意しましょう。

2段階認証の設定手順
  1. dアカウントメニューから
    「2段階認証の設定」をクリックする
  2. 2段階認証設定の「設定する」
    をクリックする
  3. 2段階設定の「強弱」を選択する
  4. 2段階認証の確認方法を選択する

8予約内容の確認も入荷メールから行える

予約内容の確認や追加購入オプションの選択も、入荷メールに記載されているURLから行えます。

このように、入荷メールは非常に重要なものなので、絶対に保存しておきましょう。

入荷メール

そこに記載されている「予約番号」も必ず控えておきましょう。

この予約番号はキャンセルや問い合わせに利用します。

ちなみに、2017年のiPhone X予約期間中には、予約者に対し一方的に予約キャンセルのメールが送られたというトラブルがありました。

このようなトラブル対策のためにも、自分が予約したというエビデンスをしっかり残しておくようにしましょう。

9購入完了

購入手続きまで終えたら、手続き完了となります。

必要なことはすべてドコモ側から指示がありますので、ユーザーは画面やメールの内容に従っていれば何も問題ありません。

ドコモオンラインショップのメリット

ドコモオンラインショップ
どうしてドコモオンラインショップでの予約がおすすめなのか。

金銭面でも、時間の面でも、一切の無駄がなくお得だからです!

ドコモオンラインショップでiPhoneを予約するメリット
  • ドコモショップよりも在庫が潤沢
  • 事務手数料が0円
  • 頭金が0円
  • 24時間いつでも予約可能
  • ドコモショップに行く必要がない
  • チャットで相談できる
  • 送料が0円
  • dカード支払いならポイント2倍

ドコモショップよりも在庫数が潤沢

ドコモオンラインショップ在庫

ドコモオンラインショップは店舗よりも在庫数が多いといわれています。

店舗のように、ショップの大小に左右されないためです。

ドコモオンラインショップの新型iPhoneの在庫数の方が、ドコモショップよりも多い可能性は非常に高いのです。

事務手数料が0円

事務手数料

画像引用元: ドコモオンラインショップにおける事務手数料変更(無料化)について

ドコモの契約をする際には、事務手数料がかかります。

新規ならば3,000円、その他は2,000円です。

この事務手数料が、ドコモオンラインショップなら全部無料になります。

頭金が0円

ドコモショップなどの店舗には、頭金と呼ばれるものが存在する店舗もあります。

頭金とは、店舗に払う「礼金」です。機種代金やドコモ利用料金とはまったく関係のない請求になります。

その金額は機種や店舗によって異なりますが、ときには10,000円を超える場合も。

最近でも、Galaxy S20を店舗で買ったら15,000円も請求されたなんて話がありました……。。

この頭金もドコモオンラインショップなら無料です。

24時間いつでも予約できる

ドコモオンラインショップは、一部のメンテナンス期間を除けば、24時間いつでも申し込み可能です。

店舗では、早朝や深夜に予約というわけにはいかないですよね。

ドコモショップに行く必要がない

店舗に行く必要がないのもメリットです。

スマホやPCを使えば家から一歩も出ることなく、誰とも会わずに新型iPhoneを入手できます。

特に今年は、新型コロナウイルスの騒動がいつ収まるのか見当も付きません。

これを機にオンラインショップデビューする方は必然的に増えていくのではないでしょうか。

チャットで相談できる

「オンラインショップだと、店員と相談できない」と思っている方も少なくないでしょう。

しかし、ドコモオンラインショップなら、チャット相談という形で専門スタッフとリアルタイムのやり取りができます。

ドコモオンラインショップの画面右下には、「チャットで質問する」ボタンが用意されています。

わからないことは気軽に相談してみましょう。

送料が無料

ドコモオンラインショップでiPhoneを予約すると、自宅などの指定した住所に直接配送してもらえます。

ドコモオンラインショップでの予約購入なら、送料は無料です。

正確には、税込2,750円以上の買い物をした場合に送料無料になるのですが、iPhoneの価格がこの金額を下回ることはないので、無料と考えて問題ありません。

dカード支払いならポイント2倍

ドコモオンラインショップで機種代金をdカードで支払う場合、還元されるdポイントが普段の2倍になります。

具体的には、100円(税込)につき2ポイントが付与されます。

対象カード
  • dカード
  • dカード GOLD
  • DCMX
  • DCMX GOLD

仮にiPhoneが10万円だった場合、2,000円相当のポイント還元です。

このポイントだけでiPhone用のアクセサリーも買えそうですね。

ただし、一括払いである必要があります。

ドコモオンラインショップのデメリット

やはりオンラインショップならではのデメリットもあります。

ドコモオンラインショップでiPhoneを予約するデメリット
  • 実機に触ることができない
  • ショップのスタッフから説明を聞くことができない
  • 初期設定やデータ移行などを自分でやる必要がある

実機に触ることができない

ドコモオンラインショップのデメリットとしてよくあがるのが、実機を触れないという点です。

確かにこれは間違いではありません。

ネット上だけで全手続きが完了するので、実機に触るタイミングがないことは事実です。

しかし、新型iPhoneの予約だけに話を限定すれば、これは実店舗で予約しても同じことではないでしょうか。

なぜなら、発売日前に新作iPhoneが店頭に並ぶことはないからです。

実店舗派もオンラインショップ派も、発売日前に実機に触ることはできません。

どうしても触った上で発売日当日に購入したい場合は、予約ではなく発売日にApple Storeに行って並びましょう。

ショップのスタッフから案内を聞くことができない

これもオンラインショップで指摘される定番のデメリットです。

新型iPhoneをドコモオンラインショップで申し込むには、自分で操作する必要があります。

その点、ドコモショップなら「新型iPhoneを予約したい!」の一言で終わるので助かりますよね。

ただし、その一言を伝えるのに何時間待たされるかは不明です。

本当にわからないことは、ドコモのスマホから151(ドコモ問い合わせ)に電話するか、先ほどのチャットを利用したほうが無駄な時間を省けます。

初期設定やデータ移行などを自分でやる必要がある

ドコモオンラインショップで申し込んだ場合、新型iPhoneは配送で手元に届きます。

届いたiPhoneの初期設定や、データ移行等は自分で行わないといけません。

やることはSIMを差し替えることと、データを移行することの2つです。

データ移行は、iOS12.4以降であれば、「クイックスタート」という機能でiPhone同士を近づけるだけで行なえます。

クイックスタートが使えるのは、2013年に発売されたiPhone 5sからです。

SIMを差し替える作業も、誰でも簡単にできます。

ドコモショップ(店舗)で予約する方法

ドコモショップ丸の内店

ドコモよりご案内:現在、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、Webでのお手続きの積極的なご利用をお願いします。との事です。

続いて、ドコモショップで予約する方法を紹介します。

ドコモショップでiPhoneを予約・購入する場合も、契約種別によって用意するものが異なります。

機種変更・契約変更で用意するもの
クレジットカードor銀行口座の情報
新規・乗り換え(MNP)で用意するもの
  • 運転免許証等の本人確認書類
    » 本人確認書類の一覧
  • クレジットカードor銀行口座の情報
  • MNP予約番号(乗り換えの方のみ)

ドコモショップでの予約・購入手順

ドコモショップでのiPhoneの予約から受け取りまでの流れは次の通りです。

ドコモショップでの予約手順
  1. 予約手続きをするドコモショップの来店予約を取る
  2. ドコモショップに行く
  3. 窓口に通されたらiPhoneの予約手続き開始
  4. iPhoneの容量やカラーを指定する
  5. 予約の控えをもらって手続き完了
  6. 発売日以降の都合のいい日に来店予約しておく
  7. 入荷連絡をもらったらドコモショップへ再来店
  8. 本契約完了後にiPhoneを受け取る

ドコモショップにiPhoneが入荷されてからの取り置き期間は、1週間が基本です。

入荷後は電話で入荷連絡がもらえますが、誤った連絡先が登録されていると、連絡を受けることができないので注意しましょう。

また、ドコモショップからの電話はフリーダイヤルでかかってきます。

「何かの営業電話かと思ってスルーした」なんてケースもよく見られるので、「そろそろ連絡が来るかも」という時期になったら、電話に出るようにしてください。

通常、他に購入者がいなければ、1週間以上待ってくれることもあります。

しかし、iPhoneの発売直後はきっかり1週間で予約キャンセルになってしまうので、注意が必要です。

  • 連絡先の間違いはないか
  • 入荷連絡をくれるドコモショップの電話番号

この2点は忘れずにチェックしておきましょう。

入荷連絡を確実に受けられるようにしてくださいね!

ドコモショップのメリット

ドコモショップでiPhoneを予約する場合、予約内容の入力はドコモショップスタッフが行います。

細々とした入力を自分でやる必要がないのは楽ですね。

ただ、新規契約・MNPの方の個人情報や、予約するiPhoneのカラー・容量は手作業での入力となります。

手続きを完了させる前に、入力内容に間違いがないかしっかり確認しましょう。

ドコモショップのデメリット

ドコモショップの最大のデメリットは、オンラインショップと比べて余計な費用がかかることです。

ドコモショップでかかる費用
  • 頭金:10,000円以上することも
  • 新規・MNPの事務手数料:3,000円
  • 機種変更の事務手数料:2,000円

頭金は店舗によっても異なりますが、本来払う必要のないものという点は揺るぎません。

待ち時間も長い

ドコモショップでiPhoneを予約する場合、来店予約が無いと長時間待つ可能性があります。

予約が遅くなるほどiPhoneの入手も遅くなるので、予約段階でも来店予約をしておいた方がいいでしょう。

また、iPhone発売後は大混雑の可能性大です。

普段から混雑しやすい立地のお店では、来店予約や朝一に順番待ちの券を受け取らないと当日手続きできないこともあります。

そのため、iPhoneの予約が完了したら、念のため発売日後にドコモショップに行ける日程の来店予約はしておいた方がいいでしょう。

店頭予約では発売日に間に合わない可能性あり

先にお伝えした通り、ドコモショップは混雑する可能性があり、iPhone予約開始ピッタリに手続きできる可能性は低いと言えます。

例年通りの感覚では、予約開始から30分〜1時間経過してからの予約は、初期ロット分には間に合いません。

つまり、ドコモショップでのiPhone予約では、発売日に手に入る可能性はそこまで高くないということです。

ドコモでiPhoneを予約する際の注意点

ドコモiPhone予約

ここまで紹介してきたように、ドコモでiPhoneを予約するなら、やはりドコモオンラインショップがおすすめです。

料金面はもちろんですが、予約開始と同時に申し込むことで、発売日当日にゲットできる可能性がぐっと上がります。

この章では、ドコモオンラインショップで新型iPhoneを発売日当日に購入するコツと、注意点について詳しく解説していきます。

品薄解消!?以前と比べて発売日当日購入しやすくなった

ここ数年は格安Androidスマホの浸透もあり、以前ほど「大人気」という感じではなくなってきたiPhoneですが、日本でのメーカー別のシェア率では現在も1位です。

今年も、ストレージ容量の大きなモデルだと、発売日に購入するのは難しくなるかもしれません。

また、5G通信の普及具合によっては、特需もあり得ます。

本体のカラーによっても人気が分かれることもあり、確実に発売日当日に入手したい方は、あえて不人気そうなカラーを選ぶのも定番の手段となっています。

iPhone 11 Proの予約開始日は2019年9月13日の21時からだった

去年のiPhone 11 Proの予約は、2019年9月13日(金)の21時からでした。

平日の21時というのは、かなり遅い時間ですよね。

例年キャリアの予約開始は16時01分からだったのですが、去年はスケジュールが違ったので注意が必要です。

ドコモオンラインショップでの予約が確実だった

ドコモが去年発表した予約開始日時は以下のとおりでした。

ドコモのiPhone 11 Proの予約開始日時
  • ドコモオンラインショップ:
    9月13日(金)21時
  • ドコモ取扱店:9月13日(金)21時。営業時間外の店舗は9月14日(土)開店時から予約を受付

注意点は、13日の21時が営業時間外の店舗では、9月14日(土)開店時から予約を受け付けるということです。

これだと、平日の21時までにまとまった時間を作れない方は、ものすごく不利ですよね。

近所のドコモショップが営業時間外だった場合、どうしても出遅れる羽目になってしまいます。

しかしインターネットなら隙間時間で手続き可能です。

とにかく発売日に新型iPhoneを手に入れたい場合は ドコモオンラインショップの出番です。

iPhoneの予約状況を確認する方法

ドコモオンラインショップでのiPhoneの予約状況は、購入カートからは確認できません。

購入カート内に商品が表示されていないと、不安になってしまいますよね。

ドコモオンラインショップでの予約状況の確認方法を押えておきましょう。

ドコモオンラインショップでの予約状況確認手順
  1. ドコモオンラインショップ
    アクセス
  2. 「こんにちはゲストさん」の右側にあるログインボタンをタップ
  3. dアカウントでログイン
  4. 「お申し込み履歴」をタップ
  5. 「予約中」「購入する」の表示
    を確認

お申し込み履歴画面に予約したiPhoneが表示されていれば、無事予約できています。

なお、発売日の朝10時以降に入荷完了した状態になっていると、予約中ではなく「購入する」ボタンが表示されます。

そのまま購入手続きに進みましょう。

iPhoneの利用開始手続きの方法

UIMカードの入れ替え

ドコモオンラインショップで予約・購入して機種変更する場合、商品到着後に利用開始手続きが必要となります。

届いたiPhoneにUIMカードが同梱されていたか否かで手続き方法が変わるので気を付けましょう。

UIMカードが同梱されていた場合

  1. 同梱のUIMカードをiPhoneに挿入する
  2. 出荷日から20日以内に開通の手続きをする

開通の手続きは、ウェブサイトか電話か選べます。

ウェブサイトで開通の手続きをする手順

1ドコモオンラインショップのサイドメニューにある「お申し込み履歴」をクリック

申し込み履歴をクリック

2ログインまたは「受付番号」、「連絡祭電話番号」、「暗証番号」を入力

必要事項入力

3「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック

開通手続き

4「開通前のご確認事項」「受付確認メールの送信先」を確認

開通前の確認事項

5内容を確認し、「ご注文を確定する」をクリック

注文を確定

以上で開通手続き完了です。

電話で開通の手続きをする手順

届いたiPhoneから「1580」にかけることで手続きできます。

通話料無料で、受付時間は24時間です。

開通の際はネットワーク暗証番号が必要になります。

1580にかけたら、あとは音声ガイダンスに従ってください。

電話手続き全体の流れ
  1. 購入した機種の電源を入れる
  2. 購入した機種から開通専用の電話番号「1580」へ電話する
  3. 音声ガイダンスに従い、ネットワーク暗証番号(数字4桁)を入力し、最後に「#」を押す
  4. 「開通いたします」というガイダンスが流れるので、続行する場合は「1」を、中止する場合は「9」を押し、最後に「#」を押す
  5. 「ただいま開通処理を行っています。ドコモUIMカードを開通いたしました。ご利用ありがとうございました」というガイダンスが流れ、手続き完了
  6. 開通手続きが完了したら、必ず携帯電話機の電源を切り、再度電源を入れる

UIMカードが同梱されていない場合

現在使っているスマホからUIMカードを抜き出して、届いたiPhoneに挿入します。

これだけで終了です。

iPhone SE(第2世代)の紹介

iPhoneSE

画像引用元:iPhone SE – 仕様 – Apple(日本)

ついについに発表されたiPhone SEの後継機ですが、待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

噂になっていた2020年4月中の発表が現実のものとなりました。

デザインはiPhone8をベースにしており、ホームボタンも復活しております。

ドコモのiPhone SE値段予想

参考までに、Apple Storeでは価格が49,280円(税込)からとなっておりますので、ドコモでもそれに近い価格になるのではないかと思います。

実際、税込5万円程度になるという予想が1番多いですね。

近年、「iPhoneは高い」とよく批評されていますが、HUAWEIやOPPOなど、低価格・高コスパが当たり前の中国での売上を意識したものになりそうです。

iPhone SEのスペック

今回発表されたiPhone SEは、革新的なものではないと予想されていましたが、実際のところはどうなのか、以下にまとめました。

iPhone SE(第2世代)
画面サイズ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ148g
アウトカメラ1,200万画素
インカメラ700万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionic
認証Touch ID (指紋認証)
防水IP67等級
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)

つまり一言でまとめると、iPhone 8の型でチップだけ最新にしたという感じでしょうか。

これはiPhone 5sの型に当時最新のチップを搭載したiPhone SEと同じ流れです。

チップを最新にすると処理能力が上がるので、あらゆる動作がより滑らかで快適になります。

現在iPhone 6やiPhone 7など古いiPhoneを使っていて、「いい加減動作が重たい……でも最新iPhoneは高い……」という方の機種変更候補となりそうです。

ドコモでiPhoneを予約してお得に最短で受け取る方法まとめ

ドコモ

画像引用元: NTTドコモ

以上、ドコモでiPhoneを予約する2つの方法についてでした。

おすすめはドコモオンラインショップで予約
  • 最短で発売日当日
    自宅に届く
  • 24時間予約受付
  • 頭金・事務手数料・送料
    0円

ドコモショップでも予約はできますが、おすすめなのはドコモオンラインショップです。

昨今の新型コロナウイルスの影響もありますが、なんと言っても金銭面でお得ですし、頭金・事務手数料0円で送料もかかりません。

そして自宅からいつでも申し込めるなど、無駄な待ち時間等も省けます。

ドコモオンラインショップの利用方法は、すべてドコモの案内に従うだけなので、初めての方でも難しいことはないでしょう。

よくデメリットとして取り上げられる点も、実は大した問題ではありません。

いざとなったらチャットでリアルタイム相談もできますし、使いやすいですよ!

ぜひオンラインショップを活用して新しいiPhone SEをゲットしてくださいね!

ドコモでiPhone SE(第2世代)を安くお得に購入する方法を徹底解説