ドコモオンラインショップで機種変更する6つのメリットとデメリット

ドコモオンラインショップで機種変更する6つのメリットとデメリット

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年夏モデルが発表されました。このタイミングでスマホの機種変更を検討する方は多いかと思います。

多くの方が街中にあるドコモショップで機種変更の手続きをしていますが、最近ではドコモオンラインショップで機種変更をする人が増えています

なぜ、今ドコモオンラインショップで機種変更をする人が増えてきているのか、疑問に思わドコモオンラインショップのデメリットれている方もいらっしゃるかもしれませんので、ここでは、ドコモオンラインショップ で機種変更をするメリット6つとデメリットを紹介していきます。

お得な機種変更の方法をお探しの方や、夏モデル発表後に機種変更をしたいとお考えの方は、ぜひここで紹介している内容を参考にしてみてください。

ドコモで最新機種や最新iPhoneの購入を考えているならドコモオンラインショップがオススメ!

トップ画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | NTTドコモ

ドコモオンラインショップのメリット

【メリット1】ドコモオンラインショップなら機種変更時の事務手数料に違いがある

機種変更手続きをした経験のある方はお分かりかと思いますが、機種変更をする際には事務手数料が発生します。

実はドコモオンラインショップとドコモショップではこの機種変更時の事務手数料に違いがあるということをご存知でしょうか。

以下はドコモオンラインショップ とドコモショップの事務手数料の金額を比較したものになります。

契約状況ドコモショップ ドコモオンラインショップ
FOMA→FOMA2,000円無料
Xi→Xi2,000円無料
FOMA→Xi3,000円無料
2018年9月1日より

契約内容より異なりますが、XiからXiなど契約形態に変更がない場合の機種変更の場合、ドコモショップで2,000円の事務手数料が発生するところがドコモオンラインショップなら手数料が無料になります。

FOMAからXiなど契約形態が変更になる場合では、ドコモショップで3,000円の事務手数料が発生するところがドコモオンラインショップなら2,000円と事務手数料が1,000円お得になります2018年9月1日より全てのオーダーの事務手数料が無料になっています。

これまでは、必須となっていた事務手数料がドコモオンラインショップの場合では、無料または減額になるというメリットがあります。

【メリット2】ドコモオンラインショップなら頭金が発生しない

多くのドコモショップでは、機種変更や新規契約など機種の購入を伴う契約を行う際に「頭金」と呼ばれる費用を求められる場合があります。

この頭金ですが、名称的に機種代金の一部を前払いするかの印象を与えるものですが、実は機種代金の一部を支払っている訳ではありません

ドコモショップはドコモの携帯などの端末を販売するための契約を結んでおり、売り上げに応じてインセンティブを受け取っています。

ドコモはこのインセンティブをショップの運営費として使いますが、収入源はインセンティブの他に先ほどの項目で取り上げた事務手数料などの各種手数料、そして頭金なども含まれます。

頭金はショップ独自に設定することが可能で、5,000円から10,000円が相場になっています。

ドコモショップで機種変更をする場合には、少なくとも5,000円程度の頭金を支払う必要があるのに対して、ドコモオンラインショップ では頭金が無料となります。

これで少なくとも事務手数料と頭金分ドコモオンラインショップがお得ということがご理解いただけたと思います。

【メリット3】ドコモオンラインショップならオプションへの勧誘がない

先ほどの項目でドコモショップはドコモからのインセンティブや各種手数料により運用されているということをお伝えしましたが、インセンティブはスマホの売り上げだけではなく、各種オプションに対しても設定されています。

そのためショップによっては無料期間だけでも加入するよう勧められる場合もあります。無料期間を忘れていつの間にかオプション料金を支払っているというケースは少なくありません。

ドコモオンラインショップの場合には、オプションへの加入についても全て自分自身で決定することができますので、不要なオプションへ加入を必要はありません

オプション加入を勧誘されることに対する精神的なプレッシャーオプション解約忘れによる費用負担というリスクがないこともドコモオンラインショップのメリットになります。

ドコモで機種変更・新規契約・MNP(他社から乗り換え)するなら断然ドコモオンラインショップがお得!

【メリット4】ドコモオンラインショップなら待ち時間が発生しない

ドコモショップでの機種変更に限らずですが、何かの手続きをするために足を運んだことのある方はお分かりかもしれませんが、週末や祝日などのドコモショップはとても混み合っており、簡単な手続きでも30分から1時間以上も待たされることは珍しくはありません

契約変更やプランの確認などであっても、他のお客さんが多いと待ち時間だけでも1時間以上かかる場合があり、機種変更など手続き自体に時間を要するものだとトータルで2時間以上必要な場合もあります。

その点、ドコモオンラインショップ はオンライン上で全ての手続きが完了するため、待ち時間が発生することはなく24時間どのタイミングでも手続きを開始することが可能です。

お仕事の関係などで夕方に手続きをすることが困難な方や、休日を機種変更などの手続きで潰したくないという方にとって、ドコモオンラインショップ は時間を有効に活用できるというメリットがあります。

【メリット5】ドコモオンラインショップなら自宅以外でも受け取りが可能

通常、オンラインショッピングでは商品の配送先は指定した自宅の住所となりますが、ドコモオンラインショップの場合には購入したスマホの受取を以下の場所から選ぶことができます。

  • 自宅
  • コンビニ
  • 指定したドコモショップ

自宅受け取りの場合、お仕事などの都合で帰りが遅くなってしまうと配送業者の配達時間外になってしまい、翌日または次の休日まで受け取れないということもあります。

しかし、コンビニ受け取りを指定することにより、24時間いつでも都合の良い時に受け取りすることが可能になります。

コンビニ受け取りに指定できるコンビニは「ファミリーマート・ローソン・ミニストップ」のいずれかになります。

2018年8月22日にコンビニ受取が廃止されました。

また、指定したドコモショップを指定することもできるため、初期設定などが不安という方の場合には自宅の最寄りのドコモショップや帰宅時などに立ち寄りやすいドコモショップを指定することもできます。

生活スタイルなどに合わせて「自宅・コンビニ・ドコモショップ」のいずれかの受け取り方法が選択できることがドコモオンラインショップのメリットの1つになります。

【メリット6】ドコモオンラインショップでもdポイントが使える

画像引用元:dポイントご利用ガイド|d POINT CLUB

dポイントはdポイントカードを持っていると、ドコモの利用料金だけではなくローソンなどの加盟店での利用金額に応じてdポイントを獲得することができます。

貯まったdポイントはお買い物のほか、ドコモの通信料金の支払いや機種変更時の機種代金の一部として支払いをすることもできます

ドコモオンラインショップで機種変更手続きをする場合、スマホの本体の購入だけではなく、スマートフォン用のケースや液晶保護フィルムなどのアクセサリの購入をすることもできます。

スマホなどを新たに購入する際、液晶画面保護フィルムやケースなどがあったほうが破損などのリスクを軽減することができるため、スマホと一緒に注文しておけば安心感も高まります。

ドコモオンラインショップでは、貯めてきたdポイントをスマートフォンなどの機種代金の一部として支払うことができるばかりではなく、アクセサリの購入もできるというメリットがあります。

ドコモユーザーやドコモへ乗り換えを考えているならdカード GOLDがおすすめです。

ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍になります。

また、ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。

2018年11月1日から、bitWaveの専用申込ページからdカード GOLDの新規入会(新規カード発行)していただいた方に、3,000円分のギフトコードをプレゼント!
▽詳しくはこちら▽
【bitWave限定】ドコモ dカード GOLD新規申込で3,000円ギフトカードプレゼントキャンペーン始動

▽dカード GOLD入会特典はこちら

ドコモオンラインショップのデメリット

【デメリット1】店員さんにプラン相談ができない

機種変更をする場合、同時にプランを見直した方がお得になる場合もあります。

ドコモショップであれば店員さんが、状況を確認したうえで適切なプランを選択してくれたり、こちらから相談することでその場で解決したりすることが可能です。

しかし、ドコモオンラインショップの場合には、すべて自分で考えて決定しなければなりません。

そのため、申込の途中でプランの選択肢でどれを選んだら良いか迷ってしまったり、意味がよくわからなかったりしても自分自身で解決するしかないというのが、ドコモオンラインショップ で機種変更をする際のデメリットになります。

相談ができないデメリットを解消するためには

このデメリットを解消するためには、事前にスマホの選択だけではなくドコモの料金プランの特徴や料金についてドコモの公式ページなどで調査をしておき適切なプランを決めておく必要があります。

もし不明な点がある場合でも、ドコモではチャットやメールでのお問い合わせも受け付けているため、これらサービスも合わせて利用することでデメリットを解消することができます。

これはドコモオンラインショップでの機種変更時のみにいえることではありませんが、ドコモの料金プランの詳細や料金の仕組みを理解しておくことで、お得に利用することができます。

【デメリット2】実機を触ることができない

ドコモオンラインショップはオンラインショップとなるため、一般的なオンラインショップと同様に、商品の情報を得るための手段はスペックや概要を記載してあるテキストや写真が頼りになってきます。

サイズや重さ、各種機能の有無や特徴などは紹介文を読むことである程度確認できるものの、実機を手にした時の質感や操作感などは想像をすることしかできません

写真でもデザインは確認できますが、実際に手にして近くで見ると印象が異なるということもよくありますが、これは形状だけではなく材質の持っている質感なども価値を判断する大きな材料になっていることが理由となっています。

また、使いやすさについては必ずしもスペックに比例しない場合があります。

これは同じAndroidであってもメーカー独自のカスタマイズが加えられている場合や、微妙なサイズの違いが使い勝手に影響を与える場合があることが理由となっているため、実際に手にして見ないとわからないということになってしまいます。

実機を触ることができないデメリットを解消するためには

このデメリットを解消するためには、実機を触れるショップに足を運ぶことで解消できます。

では、どこに行けばよいかということになりますが、もちろんドコモショップで確認することもできますし、大型家電ショップの携帯電話コーナーでも確認することができます。

スマホなどの端末は、一度買ったら2年は使い続ける方が多いため、スペックなどだけでは計ることのできない質感や使い勝手の面をよく確かめておくと良いでしょう。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットのまとめ

ここまで、ドコモオンラインショップで機種変更をする場合のメリット6つとデメリット2つをを紹介してきました。以下主な要点についてまとめます。

ドコモオンラインショップのメリット

  • 事務手数料や頭金などの費用が減額もしくは無料
  • 待ち時間がない

ドコモオンラインショップのデメリット

  • 全て自分で決めなければならない
  • 実機に触ることができない

デメリットはある程度の努力で解消することができます。ドコモオンラインショップを利用する方が圧倒的にメリットがあるので、次の機種変更の際にはドコモオンラインショップで手続きしてみてはいかがでしょうか。

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップ10周年特典

この度ドコモオンラインショップが10周年をむかえました。10年前といえば2008年。私はまだ大学生で店舗で携帯を変えていました。

その頃と比べればかなりオンラインショップで購入する方が増えてきました。かくいう私もiPhone XSをオンラインショップで購入しました。

さて、そんな便利なドコモオンラインショップですが10周年をむかえました!それに伴い対象機種の購入で5,184円割引の特典をプレゼントしています。

同時期のキャンペーンとして学割と併用可能ですので併せてご利用ください。

ドコモオンラインショップ10周年特典の対象機種

2018年冬春モデルAndroid、2018年新型iPhoneなど最新スマホも対象となっています。

主な対象機種

  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • Xperia XZ3
  • Galaxy Note9
  • HUAWEI P20 Pro

詳しくはこちら

ドコモオンラインショップ10周年特典の概要

対象機種の購入で5,184円割引

ドコモオンラインショップ10周年特典の期間

2018年12月1日(土曜)~2019年1月31日(木曜)

ドコモオンラインショップ10周年特典の適用条件

下記3つを全て満たす方

1ドコモオンラインショップにて対象機種を購入された方
2指定「基本プラン」に申込んだ方、すでに申込んでいる方
3指定「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービ」に申込んだ方、すでに申込んでいる方

指定「基本プラン」

  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • シンプルプラン(スマホ)
  • データプラン(スマホ/タブ)

指定「パケットパック/シェアオプション」

  • ベーシックパック
  • ウルトラデータLパック
  • ウルトラデータLLパック
  • ケータイパック
  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラシェアパック30~100
  • シェアオプション(2台目プラス含む)

終了しているプランですが以下のプランに加入している方も対象となります。

  • データLパック(大容量)
  • シェアパック20(大容量)
  • シェアパック30(大容量)
  • らくらくパック
  • データSパック(小容量)
  • データMパック(標準)
  • シェアパック5(小容量)
  • シェアパック10(小容量)
  • シェアパック15(標準)

特に難しい条件はないのでほとんどの方が対象になると思います。今がチャンスです!

あらゆる割引キャンペーンを駆使してドコモオンラインショップでお得に最新機種を購入してください!

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【AQUOS R2 compact VS Xperia XZ2 Compact】徹底比較|5インチ台... 今回はAQUOS R2 compactとXperia XZ2 Compactをスペックや利用シーン別に徹底的に比較し、どちらがおすすめなのかを解説します。 ここ数年、6インチ以上の大型スマホが主流になり、小型モデルはどんどん少なくなっ...
【HUAWEI Mate 20 Pro VS HUAWEI P20 Pro】徹底比較|どっちが買いか... 今回は人気のAndroidスマホHUAWEI Mate 20 ProとHUAWEI P20 Proを徹底的に比較し、どちらのモデルが買いなのかを解説します。 HUAWEIのスマホは低価格の格安モデルが人気ですが、キャリアからは高性能モ...
【Google Pixel 3 VS AQUOS R2 compact】徹底比較|5インチ台スマホ対... 今回は2019年冬春モデルの中から、小型モデルGoogle Pixel 3とAQUOS R2 compactを徹底的に比較します。 最近は画面サイズの大きなスマホが主流です。 ただ、片手サイズで手軽に扱えるモデルが好きな方には選...
機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法... 今回はスマホの機種変更時に必要なデータ移行・引き継ぎ方法を解説します。 スマホでは電話帳や写真などのデータ以外にも、アプリの引き継ぎもありますよね。 アプリ毎に引き継ぎ方法も異なり、1つ1つ確認するとかなり時間が必要です。 そ...