ドコモオンラインショップで機種変更時に旧スマホを下取りしてもらう方法

ドコモオンラインショップで機種変更時に旧スマホを下取りしてもらう方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

スマホを乗り換え契約したり、機種変更する時に今まで使っていたスマホを下取りする人は多いです。

下取りすることでポイントや月額の割引として下取り価格が還元されるので、今後新しいスマホを使っていく上でお得になります。

店頭で下取りをする場合はそのまま申し込むことができますが、ドコモオンラインショップで下取りをする場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

今回は、ドコモオンラインショップで機種変更時に下取りをする方法について解説します。

ドコモオンラインショップでスマホを下取りする方法
  • ドコモオンラインショップでは郵送対応となる
  • 申し込み後に送付キットが送られてくるので、スマホを梱包して申込書を記入の上発送
  • ドコモにスマホが到着後、検品されて問題なければそのままdポイント付与
  • スマホの状態によっては下取り条件を満たさない場合があるので注意

ドコモオンラインショップでは基本的にネット上で申し込んで、郵送にて対応されます。

手順を詳しく説明するので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモオンラインショップで機種変更時に下取りをする方法

まず、ドコモオンラインショップで機種変更時に下取りをする方法について解説します。

ドコモオンラインショップでの下取りの手順は下記の通りとなります。

  1. 申し込みをする
  2. 送付キットを受け取る
  3. 下取りするスマホのデータをバックアップ→初期化
  4. ポイント交換申込書の内容を確認し、同意の上記入
  5. 発送
  6. 到着後検品が行われる
  7. 受付完了

上記のように、郵送での受付となります。

ドコモオンラインショップで申し込み後、店頭で申し込もうと思ってもできないので注意してください。

受付が完了し、下取り価格がdポイントとして還元されるまで長くて2週間程度かかると思ってください。

ドコモオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

ドコモオンラインショップの場合は店頭ではなく郵送受付

ドコモオンラインショップの場合は店頭ではなく郵送での受付となります。

ドコモオンラインショップで機種変更した時に同時に申し込む必要があるので、忘れないようにしましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更後、店頭に行って下取りだけ申し込むということはできません。

そのため、下取りをする予定であるのなら、機種変更の手続きをドコモオンラインショップで行っている時に同時に申し込むことが必須となります。

ドコモキャンペーンバナー

送付キットを受け取るまでに1週間程度かかる

ドコモオンラインショップで申し込みをした後、1週間後程度で自宅宛に送付キットが送られてきます。

送付キットの中には、スマホを収納するエアクッションや発送用の箱、そして下取りをするための申込書が同封されています。

送付キットは、下取りの申し込みをした時点で自動的に送られるので、こちらで箱や梱包材を用意する必要はありません。

下取りするスマホのデータをバックアップし初期化する

スマホを下取りに出す前に下準備をする必要があります。

下取りするスマホのデータを、まずはバックアップしてください。

機種変更後の新しいスマホにデータを移行しておくと良いでしょう。

また機種変更したスマホが届いていないのなら、スマホを到着するまで待つのも良いです。

早く下取りを済ませたい場合は、SDカードやパソコンなどを利用しましょう。

そして、バックアップが終わったところでスマホのデータを初期化します。

初期化の方法は、AndroidスマホもiPhoneも設定画面から初期化(リセットという表記の場合も)することができます。

初期化しないと、スマホのデータがいつどこで漏れるかわかりません。

必ず初期化するようにしましょう。

ポイント交換申込書の内容を確認後同意して記入

送付キットの中には、下取りの申込書が同封されています。

「ポイント交換申込書」と記載されている書類の内容を確認してください。

内容を確認後、同意したのであればそのまま必要事項を記入します。

申込書の内容に不備があると、下取りできずに返送されてしまうので、漏れや誤りがないかどうかしっかりと発送前に確認しましょう。

エアクッションにスマホを入れて発送

スマホを操作する男性

スマホの初期化が終わり申込書の記入が終わった後、エアクッションの中にスマホを入れます。

そして、そのまま指定の住所にスマホを発送してください。

送付キットの中には伝票(着払い)があります。伝票に自分の住所を記入して箱に貼り付け、そのまま送ってください。

ドコモに到着後検品が行われる

ドコモにスマホが到着した後、検品が行われます。

検品までどの程度時間がかかるかわかりませんが、スマホの状態によっては長くなる可能性もあります。

送付キットが送られてくるまで1週間程度かかるので、申し込みから検品終了まで長くて2週間程度かかると思ってください。

不備がなければ検品終了翌日に一括でdポイントが付与される

申込書の内容にも不備がなく、スマホの状態も問題がなければ、そのまま検品は終了となります。

検品終了翌日に一括でdポイントが付与されるので、dポイントクラブのマイページで自分のdポイントを確認しましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更時に下取りする方法
  • 申し込み後1週間程度で送付キットが送られる
  • データのバックアップと初期化を済ませたスマホを梱包
  • ポイント交換申込書を確認の上記入し発送する
  • 検品後、問題がなければ検品終了翌日にdポイント付与

次の章では、スマホを下取りに出す時の注意点を解説します。

スマホを下取りに出す時の注意点

この注意点については、ドコモオンラインショップ・店頭での申し込み共通でいえる内容です。

下取りの時に1番気をつけなければいけないことは、スマホの状態です。

スマホの状態によっては下取り価格が下がったり、下取りができなくなる場合もあるので気をつけてください。

また、今後第三者に売却される恐れがあるので、データの消去は自己責任でしっかりと行っておきましょう。

購入履歴のあるドコモのスマホでないといけない

機種変更による下取りの場合は、購入履歴のあるドコモのスマホでなければいけません

また、購入履歴があり、下取り対象スマホと呼ばれているスマホでないと下取りできないので注意してください。

つまり、スマホが家族からもらったり、中古で買ったような、自分がドコモで購入したという履歴のないスマホであれば対象外となります。

そして、現段階で下取り対象となっているスマホに含まれていないものも、下取り対象外となります。

1度の申し込みで受付できるのは1台のみ

ガラケーとスマホ

下取りは、1度の申し込みで受付できるのは1台のみです。

1度の申し込みで複数のスマホの下取りはできないので注意してください。

画面割れなどスマホの状態によっては下取りができない・下取り価格が安くなる場合も

下取り価格はドコモの公式サイトに掲載されています。

現時点で1番高額なのはiPhone Xの最大55,000円です。

ただし、画面割れの場合は15,000円程度になってしまいます。

機能不良品の場合は9,000円程度にしかならないですし、スマホの状態がさらに酷いと下取りができない可能性もあります。

自分のスマホの状態をチェックし、もし他の買取業者の方がお得になるようであれば下取りすることはおすすめしません。

なるべくお得にスマホを下取りまたは買取できるようにするためにも、買取業者やネットオークションなど、さまざまな場所でスマホの相場をチェックするべきでしょう。

データの初期化は全て自己責任

スマホを下取りに出す前にデータの初期化を行う必要があります。

原則としてデータの初期化をしなければいけませんが、面倒だと思う人もいるでしょう。

正直、データの初期化をしなくても下取りに出すことは可能です。

しかし、データの初期化をしなかった場合、下取りをする上でトラブル(データの漏洩や悪用など)が発生した際には全て自己責任になってしまいます。

「絶対にドコモ側が情報を漏洩させた!」と文句を言っても、「初期化していなかったあなたの責任です」となってしまうのです。

余計なトラブルを発生させないためにも、データの初期化はしっかりと行いましょう。

下取りしたスマホはドコモ側でデータリセット後再利用または第三者へ売却される

下取りしたスマホがどこに行くのか気になる人も多いと思います。

下取りしたスマホは、ドコモ側でもデータリセットが行われます。

ユーザー側も初期化をしますが、ドコモ側でもデータリセットが実施されます。

そして、データリセット後、スマホの状態に合わせて再利用または第三者への売却へ利用されます。

第三者に自分の使っていたスマホが渡るということを考えると、いくらドコモ側でもデータリセットがされるとはいえ、初期化していないと気持ち悪いですよね。

だからこそ、しっかりと自分でデータを初期化しておいた方が安心です。

郵送の場合に不備・下取り条件を満たさなかった場合は返送

ドコモオンラインショップでの下取りでは、郵送での受付が必須となります。

その時に万が一不備があったり、下取りができないという結果になった場合は、下取りする予定だったスマホがユーザー宛に返送される流れとなります。

返送された場合は必ず受け取るようにしましょう。

何故なら、3ヶ月以内に受け取らないとドコモ側で処分されてしまうからです。

下取りができず返送されたスマホ=他で買取ができないスマホというわけではありません。

ドコモで下取りができなかったとしても、ジャンク品を専門としている買取業者であれば、ある程度の金額で買い取ってくれるかもしれません。

ネットオークションで出品すれば、スマホの部品を求めている人にもしかしたら売れるかもしれません。

このように、下取りができなくてもまだまだ使い道はあります。

処分されるのはもったいないので、必ず返送されたスマホを受け取るようにしましょう。

下取りする時の注意点
  • 購入履歴のあるドコモのスマホであることが条件
  • 1度の申し込みにつき1台のみ
  • スマホの状態によっては下取り価格が下がる、下取りができないことも
  • データの初期化は自己責任
  • 下取りしたスマホは再利用・第三者への売却に利用される
  • 郵送の場合に不備があったり下取り条件を満たさなかった場合は返送対応

ドコモオンラインショップでお得に下取りする方法

次に、ドコモオンラインショップでお得に下取りする方法について解説します。

ドコモオンラインショップとはありますが、これは店頭での下取りにもいえる内容となります。

1番高く下取りをしてもらうためにも、普段からスマホの使い方には気をつけなければいけません。

また、場合によっては下取りではなく、他の買取業者の方が相場が高くなる可能性があります。

下取りだけ見るのではなく、同じように他の買取業者の相場もチェックし、どこが1番お得なのか見極めることをおすすめします。

なるべく綺麗にスマホを使い続ける

スマホゲームで楽しむ2人

なるべく綺麗にスマホを使い続けることをおすすめします。

前述の通り、スマホが綺麗な状態であれば50,000円台で下取りできるiPhone Xも、画面割れや機能不良品となっては一気に下取り価格が下がってしまいます。

今後、機種変更する時に下取りすることを考えたら、綺麗に使うに越したことはありません。

画面保護フィルムやケースなど、スマホを保護するアクセサリーを利用し、なるべく傷がついたり画面が割れないように心掛けましょう。

画面割れだと下取り価格が一気に下がるのであまり得をしない

画面割れの場合15,000円程度の下取り価格になってしまうiPhone X。

綺麗な状態と比べると一気に下取り価格が下がってしまうので、正直そのまま下取りすることはおすすめしません

下取りする前に、既に画面割れや機能不良品であることがわかっているのなら、下取りをする価値はそこまでないと思われます。

そこで、他の業者やサービスを調べてみて、他のサービスの買取価格の相場がどのくらいなのかチェックすることをおすすめします。

画面割れや破損しているスマホはジャンク品買取業者を利用するのも◎

前述したように、画面割れや機能不良品の場合は、他のサービスの買取価格の方が高い可能性があります。

特に、ジャンク品(故障品)を専門としている買取業者は、キャリアの下取り価格よりも高額で買取ってくれるケースが多いです。

買取なので現金でもらえますし、dポイントよりも自由度が高いのも魅力的です。

買取業者によっても相場はさまざまなので、複数の業者の買取価格をチェックすると良いでしょう。

店舗がある業者は、直接店舗に行って見積もりを出してもらうのもおすすめです。

また、ネットオークションで自分のスマホと同じ機種・同じ状態のものがどのくらいで取引されているのかチェックするのもおすすめです。

ネットオークションの場合、スマホの部品を求めている人もいるので、場合によっては買取業者よりも価格が高くなるかもしれません。

画面割れiPhoneをキャリア下取りと買取ショップどちらがお得か比較

ドコモの下取りと買取業者の相場を比べるのがおすすめ

画面割れもなく機能不良もないスマホでも、一旦ドコモの下取りと買取業者やネットオークションの相場を見比べて、どのサービスが1番お得になるのか比較することをおすすめします。

ちなみに、筆者は乗り換えの度に今まで使っていたスマホをネットオークションに出品しています。

何故なら、ネットオークションが1番高く取引されていたからです。

2019年3月に乗り換えした時に出品したiPhone 8 64GBも、画面割れがある中30,000円程度で取引できました。

このように、ドコモの下取りよりも高く買い取ってもらえるケースが多いので、是非下取り以外のサービスもチェックすることをおすすめします。

ドコモオンラインショップなら郵送で下取りできる!下取りしてお得に機種変更

最後に、ドコモオンラインショップでお得に下取りする方法についてまとめます。

ドコモオンラインショップでお得に下取りする方法
  • なるべく綺麗にスマホを使い続ける
  • 画面割れだと下取り価格が一気に下がる
  • 画面割れや破損しているスマホはジャンク品買取業者を利用するのが良い
  • ドコモの下取りと買取業者の相場を比べてどちらにするか決めるのが◎

ドコモオンラインショップで下取りをする場合は、必ず郵送での受付となります。

店頭での申し込みは、店頭で契約した場合のみなので気をつけてください。

郵送での下取りは、こちらから下取りするスマホを梱包し、申込書に記入をしなければいけません。

万が一申込書の記入漏れなど不備があった場合は、返送されたスマホを3ヶ月以内に受け取らなければドコモ側で破棄されてしまうので注意してください。

ドコモの下取りは、スマホの下取り価格に応じてdポイントによって還元されます。

毎月の料金の支払いに充てたり、新しいスマホの機種代金に充てるなど、用途はさまざまです。

iPhone Xであれば最大50,000円台で下取りすることが可能ですが、スマホの状態によっては下取り価格が下がる場合もあります。

他の買取業者の相場を確認して、どこが1番お得なのか見極めると良いでしょう。

新型iPhoneが出たら旧モデルの下取り価格はどうなる、Apple Storeでも下取りあるって知ってた?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ