【2020年】ドコモ回線が使える格安SIMおすすめランキング|主要MVNO7社を比較

ドコモ回線の使えるおすすめ格安SIMを紹介します。人気や速度、料金を比較して格安SIMおすすめランキングを作成しました。ドコモ回線が使える格安SIMは多くありますが「どの格安SIMがおすすめ?」と疑問を持つことも。自分に合った格安SIMを選んで、スマホ代を節約しましょう!

  • 2020年4月7日
  • by.a-sato

LINEモバイル

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

格安SIMの中で、ドコモ回線を取り扱っている会社は非常に多くあります。

ドコモのスマホを使っている人はSIMロック解除なしで、そのままスマホを使い続けることができるメリットがあります。

ドコモ回線が使えるおすすめ格安SIM7社を紹介して、実際にどのくらい料金が異なるのか比較していきます。

格安SIMに乗り換える手順や注意点についても触れていくので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ回線が使えるおすすめ格安SIMランキング
  • 1位:LINEモバイル
  • 2位:mineo
  • 3位:OCN モバイル ONE
  • 4位:BIGLOBEモバイル
  • 5位:IIJmio
  • 6位:y.uモバイル
  • 7位:イオンモバイル
※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

ドコモ回線の格安SIMを選ぶべき理由

ドコモ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモ回線の格安SIMにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ランキングの前に、ドコモ回線が使える格安SIMを選ぶべき理由について解説していきます。

ドコモのSIMロックがかかった端末を持っている

基本的にドコモ回線の格安SIMでは、ドコモのスマホをSIMロック解除せずに使うことができます

つまり、ドコモから格安SIMへの乗り換えが簡単なんです。

今使っているスマホを引き続き格安SIMで使いたいドコモユーザーは、ドコモ回線が使える格安SIMの方が契約時の手間や費用が少なくなります。

※SIMロック解除をショップで行う場合、ショップに行くことはもちろん、手数料として3,300円かかります。

iPhoneでのテザリングにしっかり対応している

格安SIMではテザリングが使えないケースが非常に多いです。

しかし、ドコモ回線の格安SIMでは、iPhoneでのテザリングにもしっかりと対応しているところが多いです。

そのため、ルーター代わりに他のデバイスでネット通信を行いたい時にも重宝します。

ドコモ回線を使用している格安SIMが多く、選択肢が多い

格安SIMが普及し始めた頃、3キャリアの中で回線のレンタル費用が1番安いという理由で、ドコモ回線の格安SIMの数が多くなりました。

マルチキャリアの格安SIMが増えている今も、ドコモ回線を扱っている格安SIMは非常に多く、選択肢の幅がかなり広い点がメリットです。

選択肢が多いので、より自分に合ったサービスを取り扱う格安SIMを見つけられるでしょう。

ドコモ回線の格安SIMを選ぶべき理由
  • ドコモのスマホをそのまま使える
  • iPhoneのテザリングもできる
  • ドコモ回線を使用している格安SIMが多く選択の幅が広い

どれくらい安くなる?ドコモと格安SIMの料金を比較!

ドコモショップ丸の内店

画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

次に、ドコモと格安SIMでも人気の高いLINEモバイルの料金を比較していきます。

端末代やキャンペーンは考慮せず、純粋な通信料金を比較しました。

1年間のランニングコストを下記の前提条件にて見積もったので、是非チェックしてください。

比較の前提条件
  • データ通信量は6~7GB
  • 割引・一時的なキャンペーンは適用しない
  • 端末代・その他オプション等の料金は一切発生しない

ドコモを1年間使ったときの料金

ドコモを1年間使った場合の料金を計算してみました。

項目料金
ギガライト(7GB利用時)6,578円
1年間の合計78,936円

ギガライトはドコモの従量制プランであり、最大7GBまで使うことができます。

ドコモ光セット割やみんなドコモ割、オプション料金は一切考えておらず、これで年間78,936円かかります。

ドコモの通信料金
  • 月額:6,578円
  • 年間:78,936円

LINEモバイルを1年間使ったときの料金

ドコモ回線の格安SIMの中でも人気の高いLINEモバイルの料金を計算しました。

項目料金
6GB2,420円
1年間の合計29,040円

LINEモバイルで6GB使う場合は2,420円かかります。

今回は、SNSフリーなどのオプションは含みません。LINEアプリのみ通信量ノーカウントで利用できます。

1年間で計算すると、年間で29,040円かかるということになります。

LINEモバイルの通信料金
  • 月額:2,420円
  • 年間:29,040円

ドコモからLINEモバイルに乗り換えると年間約5万円お得に!

結果、ドコモからLINEモバイルに乗り換えることによって年間約5万円安くなります。

項目1年間の合計
ドコモ78,936円
LINEモバイル29,040円
差額49,896円

今回はドコモの料金にドコモ光や家族複数での利用による割引は適用していません。

割引が適用できる場合には差額はもう少し詰まるかもしませんが、それでもかなりの金額差になります。

ドコモとLINEモバイルの料金比較
  • ドコモ:年間78,936円
  • LINEモバイル:年間29,040円
  • 差額:年間49,896円

ドコモ回線が使える格安SIMおすすめランキング

次に、ドコモ回線が使える格安SIMをランキング形式で紹介していきます!

料金プランやサービスの特徴などに触れていくので、是非チェックしてください。

1位:LINEモバイル

LINEモバイル データフリー

画像引用元:データーフリーでデータ通信量を節約|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目料金
500MB1,210円
3GB1,628円
6GB2,420円
12GB3,520円
10分かけ放題+968円
LINEデータフリー+0円ノーカウント対象
LINEアプリ
SNSデータフリー+308円ノーカウント対象
LINEアプリ
Twitter
FaceBook
SNS音楽データフリー+528円ノーカウント対象
LINEアプリ
Twitter
FaceBook
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA

LINEモバイルは数ある格安SIMの中でも非常に人気が高いです。

人気が高い理由は、オプションによって通信量がノーカウントとなる料金プランにあります。

オプションをつけない状態でもLINEアプリの通信量がノーカウントとなるので、通話料の節約のためにLINE通話を利用している人にもおすすめです。

オプションを追加すればSNSアプリや音楽アプリの通信量もノーカウントとなるので、これらのアプリを頻繁に利用する人の通信量の節約にも繋がるでしょう。

また、街のお店でも使えるLINE Payの残高やLINE系アプリの課金サービスにも利用できるLINEポイントの付与キャンペーンも頻繁に開催されています。

お得に格安SIMを契約したい人にぴったりです。

3ヶ月間980円割引キャンペーン中!

2位:mineo

マイネオの顧客満足度

画像引用元:mineoが選ばれる理由|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoも数多くの格安SIMの中で大手と言われる会社であり、CMなどでも知名度が高いです。

料金プランは下記の通りです。

項目Dプラン
(ドコモ)
500MB1,540円
3GB1,760円
6GB2,508円
10GB3,542円
20GB5,148円
30GB7,260円
通話料(mineoでんわ利用時)11円/30秒
10分かけ放題+935円

今回はドコモ回線のDプランのみ記載していますが、au・ソフトバンクの回線も使えるマルチキャリアの格安SIMとして定評があります。

「必要なものを必要なだけ」という目的でサービスが開始されたmineoは、500MBから30GBまで6段階の通信量から選ぶことができます。

そのため、ライトからヘビーユーザーまで幅広いニーズに対応します。

さらに、通信量を家族や友人、同じmineoユーザーと分け合うことができる「パケットギフト」「フリータンク」のサービスも非常に人気が高く、余った通信量を他の人に共有したり、足りない分をもらうことができます。

mineoは豊富なラインナップのスマホを発売していることでも有名で、高機能なスマホ端末にこだわる方にもおすすめです。

3位:OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEのiPhone

画像引用元:iPhone スマホセット一覧 | goo Simseller

OCN モバイル ONEの料金プランは下記の通りです。

音声通話SIM料金
1GB1,298円
3GB1,628円
6GB2,178円
10GB3,168円
20GB4,840円
30GB6,578円
OCNでんわアプリ10円/30秒
10分かけ放題1,020円
トップ3かけ放題
かけ放題ダブル1,430円
詳細OCNモバイルONE公式サイトOCNモバイル

OCN モバイル ONEでは、OCN光とセットで使うと毎月220円の割引が適用されます。

また、10分かけ放題だけでなく、通話を「頻繁にする電話番号上位3つまでが通話料無料」とする、かけ放題オプションなど通話オプションの種類も豊富です。

さらに、全国約87,000ヶ所で使えるWi-Fiスポットも利用できます。

外出先の通信量の節約や、モバイル通信が混雑している時に快適にネットを使いたい時にも重宝できます。

人気スマホ1円セール中!

4位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

画像引用元:BIGLOBEモバイル 選ばれてNo.1|格安SIM_スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目
(音声通話SIM)
料金
3GB1,760円
6GB2,365円
12GB3,740円
20GB5,720円
30GB8,195円
通話料
※アプリ利用時
9円/30秒
10分かけ放題(通話パック90)+913円
3分かけ放題(通話パック60)+660円

料金プランや通話オプションは他の格安SIMのサービスと大差ありませんが、BIGLOBEモバイルの大きな魅力はエンタメフリーオプションです。

エンタメフリーオプションは月額料金がかかるものの、Apple MusicやYouTubeなどのメジャーな動画視聴・音楽アプリの通信量をノーカウントにすることができます。

動画や音楽で通信量をたくさん使ってしまい、毎月の料金が嵩んでいる人にとって非常にお得なサービスです。

5位:IIJmio

IIJmio音声通話つきSIM みおふぉん

画像引用元:音声通話機能付きSIM みおふぉん|格安SIM/格安スマホのIIJmio

IIJmioの料金プランは下記の通りです。

音声通話SIMデータ通信量料金
ミニマムスタートプラン3GB1,760円
ライトスタートプラン6GB2,442円
ファミリーシェアプラン12GB3,586円
みおふぉんダイヤル11円/30秒
3分かけ放題
(家族なら10分)
660円
10分かけ放題
(家族なら30分)
913円

IIJmioは格安SIMの中でも老舗であり、通信品質や各種サービスの質が安定していることから非常に信頼性の高い格安SIMです。

家族で使うとよりお得になるファミリーシェアプランの取り扱いがある点が大きな特徴です。

格安SIMを家族みんなで使おうと考えている人は、IIJmioがおすすめです。

また、eSIMの取り扱いがある数少ない格安SIMの一つであることも人気の理由となっています。

6位:y.uモバイル

y.u mobile

画像引用元:y.u mobile | お得なキャンペーン実施中

y.uモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目プラン名通信量料金
音声通話SIMシングルプラン3GB1,859円
シェアプラン20GB6,589円
ギガのストック上限100GBまで
データチャージ330円/GB
y.uでんわベーシック11円/30秒
10分かけ放題935円
無制限かけ放題2,970円

y.uモバイルは、まだサービスが始まって間もない新しい格安SIMです。

小容量プランと20GBまで使える大容量プランの2種類のみなので、非常にシンプルな料金プランが魅力です。

さらに、当月余った通信量を無期限で最大100GBまでストックできるので、余った通信量を無駄にすることなく利用することができます。

追加のデータチャージ料金も1GB330円と他社と比較しても(他社は1GB1,100円程度)非常にリーズナブルな点も魅力的です。

さらに、無料でつくスマホの修理費用保険や大容量プランならU-NEXTの月額プランも課金なしで利用できるなど、他にも便利でお得なサービスがたくさんあります。

y.uモバイルの評判が良い10つの理由|速度・料金を実際に使ってレビュー

7位:イオンモバイル

イオンモバイル

画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルの料金プランは下記の通りです。

音声SIMのデータ通信量月額料金
500MB1,243円
1GB1,408円
2GB1,518円
4GB1,738円
6GB2,178円
8GB2,948円
12GB3,608円
20GB5,148円
30GB6,688円
40GB8,778円
50GB11,880円
イオンでんわ11円/30秒
イオンでんわ10分かけ放題935円

イオンモバイルは、イオングループが取り扱っている格安SIMです。

全国のイオン200店舗以上で端末の購入や契約を行うことができ、格安SIMの中でも実店舗数が多い格安SIMとして定評があります。

料金プランは11種類から選ぶことができ、より自分に適したデータ通信量のプランで利用することができます。

通話も10分かけ放題の通話オプションがあるので、頻繁に通話を利用するのもぴったりです。

イオンモバイルへの乗り換え方法もシンプルで、格安SIM初心者の方にもおすすめですよ。

ドコモ回線が使える格安SIMおすすめランキング
  • 1位:LINEモバイル
    オプションによって特定のアプリの通信量がノーカウント
  • 2位:mineo
    パケットギフトやフリータンクで通信量を無駄なく使える
  • 3位:OCN モバイル ONE
    全国約87,000ヶ所のWi-Fiスポットが利用できる
  • 4位:BIGLOBEモバイル
    オプション加入で動画視聴・音楽アプリの通信量がノーカウント
  • 5位:IIJmio
    家族で使うとお得なファミリーシェアプランの取り扱いもある
  • 6位:y.uモバイル
    余った通信量は100GBまでストック可・1GB330円で追加チャージできる
  • 7位:イオンモバイル
    全国のイオン200店舗以上で端末購入と契約ができる

大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順3ステップ

ドコモショップ

この章では、大手キャリアから格安SIMに乗り換える時の手順について解説していきます。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順
  1. 転出元のキャリアで予約番号を発行する
  2. 格安SIMで申し込みする
  3. SIMカードを入れ替えて初期設定を行う

それでは詳しく手順をみていきましょう。

手順1:転出元でMNP予約番号を取得する

まず、現在使っているキャリアでMNP予約番号の発行をする必要があります。

MNPを発行する
  • ドコモショップ
  • My docomo
  • コールセンター

予約番号の発行方法は、ドコモショップ・My docomo・コールセンターの3種類あります。

ショップや電話回線が混雑することが多いことを考えると、ネットでできるMy docomoを利用するのが1番おすすめです。

手順2:格安SIMに申し込む

次に、格安SIMの申し込みを行います。

基本的に格安SIMはオンライン申し込みとなりますが、イオンモバイルのように実店舗で契約することができる格安SIMもあります。

最短当日に契約完了しますが、審査状況によっては数日かかる場合もあります。

手順3:SIMカードを入れ替えて初期設定をする

契約完了後、SIMカードが自宅宛に発送されます。

大体2日~3日あたりで届くと思いますが、届いたら今使っているスマホのSIMカードを入れ替えましょう。

SIMカードを入れ替える時は必ずスマホの電源を切ってください。

SIMカードを入れたらスマホの電源を入れて初期設定を行います。

発信テストやAPN設定などやることはたくさんありますが、同封されているマニュアルに従って操作すれば問題なく設定できるでしょう。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える注意点

iPhoneSIM入れ替え

画像引用元:APN設定方法(iPhone・iPad)|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

大手キャリアから格安SIMに乗り換える時、どのような点に注意するべきなのでしょうか。

SIMロックがかかっている場合は注意

ドコモのスマホであれば、ドコモ回線の格安SIMを使う時にSIMロック解除なしで使えると前述しました。

しかし、ドコモのスマホであったとしても必ず事前に動作確認が必要です。

SIMロックがかかっている状態で利用できるのであれば問題ありませんが、SIMロック解除が必要である場合は必ずSIMロックの解除をしてください。

キャリアメールが使えなくなる

格安SIMとなると、これまで使っていたキャリアメール(@docomo.ne.jpなど)が使えなくなります。

基本的にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使うことになるでしょう。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える注意点
  • SIMロックがかかっている場合は注意
  • キャリアメールが使えなくなる

ドコモ回線の格安SIMの中から自分に合ったサービスを選ぼう!

LINEモバイル

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

最後に、ドコモ回線が使えるおすすめ格安SIMについてまとめます。

ドコモ回線が使えるおすすめ格安SIM
  • LINEモバイル
    オプションによって特定のアプリの通信量がノーカウント
  • mineo
    パケットギフトやフリータンクで余った通信量を有効活用できる
  • OCN モバイル ONE
    全国約87,000ヶ所でWi-Fiスポットが使える
  • BIGLOBEモバイル
    エンタメフリーオプションで動画・音楽アプリの通信量がノーカウント
  • IIJmio
    家族で使えるファミリーシェアプランが人気
  • y.uモバイル
    100GBまでストック可・1GBの追加チャージは330円
  • イオンモバイル
    全国200店舗以上のイオンで契約・スマホの購入ができる

ドコモ回線が使える格安SIMは非常に会社数が多く、どの会社を選べば良いのか迷う人も多いでしょう。

特定のアプリの通信量が無料になる・使い余った通信量を無駄なく運用できる・家族向けプランが使えるなど、格安SIMによってさまざまなサービスを利用することができます。

是非自分のニーズに合った格安SIMで、これまでよりもリーズナブルな料金でお得にスマホを使っていきましょう!

【2020年11月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ