ドコモの子育てサポート割引を解説|ひとり親世帯なら年間6万円お得に

この記事では、ドコモの子育てサポート割引を解説します。対象者・適用条件、料金プランなど詳しく紹介していきます。子育てサポート割引と併用できる割引・できない割引や、気になるデメリットもいくつかご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 更新日:2023年11月20日
  • 本記事には広告が表示されます
ドコモ

ドコモは、一定の条件を満たすひとり親世帯を対象とした「子育てサポート割引」を実施しています。

適用条件を満たしていれば、スマホの利用料金から毎月1,100円が割引されるので、普通に使うよりお得になるでしょう。

今回は、ドコモの子育てサポート割引について詳しく解説します。

自分が対象になるかどうか知りたい人は、ぜひ一通りチェックしてみてください。

子育てサポート割引をうまく活用すれば、家族でドコモのスマホをお得に利用できるでしょう!

また、これからドコモへ乗り換えを検討している人も、ぜひこの記事を参考にしてください。

ドコモの子育てサポート割引とは
  • 児童扶養手当を受給しているひとり親世帯を対象にした割引
  • 月額料金が毎月1,100円割引される
  • 割引適用対象は契約者1人につき1回線まで
  • 対象の料金プランは5G対応プラン&Xi対応プラン5種類
  • 通話オプション加入時は770円/月が追加で割引される
子育てサポート割引の対象者
  • ひとり親世帯であることまたは母や父に代わって児童を養育していることを証明できる人
  • 子どもの年齢が18歳となって最初に3月31日を迎えるまでの人

割引を受けるためには、「児童扶養手当受給者証」「戸籍謄本」「ひとり親家庭等医療費受給者証」のいずれかの書類が必要となります。

子育てサポート割引のデメリット
  • 手続きに時間がかかる
  • 適用対象は契約者1人につき1回線まで
  • 併用できない割引が多い
  • 電話番号保管サービス申込み・契約者の名義が適用対象外となった場合は自動解約される

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

この記事を書いた人
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

工事不要ですぐに使える!

  • コンセントに挿すだけでWi-Fiに繋がる
  • 5G高速通信対応
  • 最短3日でお届け
  • 他社からの乗り換えで最大22,000ptが貰えるキャンペーン中!

ドコモの子育てサポート割引とは

ドコモ子育てサポート割引

画像引用元:子育てサポート割引 | 料金・割引 | NTTドコモ

子育てサポート割引とは、一定の条件を満たすと毎月の利用料金が割引されるプログラムです。

具体的な割引額は以下のとおりなので、あらかじめチェックしておきましょう。

子育てサポート割引の割引額

条件を満たせば家族全員が最大1,870円/月の割引を受けられるので、普通に利用するよりお得になります。

これから条件や具体的な料金シミュレーションをみていくので、ぜひ参考にしてみてください。

期間限定】今ならdカード GOLDで合計最大11,000ptもらえる!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

子育てサポート割引の対象者・適用条件

ドコモ

画像引用元:5G | 通信・エリア | NTTドコモ

子育てサポート割引の対象者と適用条件をみていきましょう。

自分が対象かどうか気になっている人は、これから紹介する内容をチェックしてみてください。

子育てサポート割引の対象者

下記の両方の条件に該当する人が割引を受けられます。

割引対象者
  • ひとり親世帯であることまたは母や父に代わって児童を養育していることを証明できる人
  • 子どもの年齢が18歳となって最初に3月31日を迎えるまでの人

従来は児童扶養手当を受給している世帯に属する人が条件でしたが、母や父に代わって児童を養育している人でも証明できれば割引を受けられるようになりました。

割引を受けるためには、「児童扶養手当受給者証」「戸籍謄本(ひとり親世帯であることがわかる記載内容であること)」「ひとり親家庭等医療費受給者証」のいずれかの書類が必要となります。

ちなみに、児童扶養手当とは、18歳に達する日以降に到来する最初の3月31日までの子どもを養育するひとり親世帯が受けられる福祉制度です。

まだ受給していない人は区役所で受給手続きを行ってください。

子育てサポート割引の適用条件

子育てサポート割引を受けるには、下記の条件を満たしている必要があります。

適用条件
  • 養育している子どもを登録する
  • 指定料金プランに加入する
  • 個人名義で契約する

養育している子どもを登録する必要があるので、上記3種類の書類に加えて子どもの本人確認書類を提示して手続きしてください。

対象になる料金プランと具体的な金額については次で詳しく解説します。

子育てサポート割引の申し込み方法

子育てサポート割引は、ドコモオンライン手続き・ドコモショップ・電話から申込みできます。

ここでは、24時間受け付けているドコモオンライン手続きで申込み書を取り寄せて申込む方法を解説します。

  1. STEP.
    My docomoにアクセスし、「お手続き」メニューから「子育てサポート割引」の「お手続きをする」を選択
    子育てサポート割引手順①
  2. STEP.
    「子育てサポート割引の申込書を送付する」にチェックを付ける
    子育てサポート割引手順②
  3. STEP.
    「受付確認メールの送信先」で送信先を選択し、「次へ進む」を選択
    子育てサポート割引手順③
  4. STEP.
    子育てサポート割引の注意事項を確認し、「子育てサポート割引の注意事項等に同意する」にチェックを付け、「同意して進む」を選択
    子育てサポート割引手順④
  5. STEP.
    交付先の住所を設定し、「次へ」を選択
    子育てサポート割引手順⑤
  6. STEP.
    入力内容を確認し、「この内容で手続きを完了する」を選択
    子育てサポート割引手順⑥
  7. STEP.
    お手続き完了画面が表示されると申込み完了
  8. 終了

申込書が届いたら必要事項を記入します。

「児童扶養手当受給者証」「戸籍謄本」「ひとり親家庭等医療費受給者証」のいずれかの必要書類と子どもの生年月日が記載された本人確認書類を用意し、郵送しましょう。

子育てサポート割引が適用できる料金プラン

ドコモギガプラン

画像引用元:ドコモのギガプラン | 料金・割引 | NTTドコモ

子育てサポート割引の対象として指定されている料金プランは、下記の5つです。

割引対象の料金プラン
  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガライト
  • ケータイプラン(通話オプション分のみ割引)

ただし、ケータイプランに加入する場合は月額料金の割引はなく、通話オプションに加入した場合のみ770円/月の割引が受けられます。

子育てサポート割引でいくらお得になるかシミュレーション

5Gギガホプレミア

画像引用元:ドコモのギガプラン | 料金・割引 | NTTドコモ

次に、実際に子育てサポート割引を適用するといくらで利用できるのかをみていきましょう。

家族全員でいくらになるのかをシミュレーションするので、割引対象になっている人はぜひ確認しておいてください。

子育てサポート割引適用前後の料金を比較

子育てサポート割引を適用する前と適用した後の料金を比較すると、下記のとおりです。

プラン通常料金割引後料金
5Gギガホ プレミア7,315円6,215円
ギガホ プレミア7,205円6,105円
5Gギガライト
3,465円~6,765円2,365円~5,665円
ギガライト

上記の金額は子育てサポート割引以外の割引を適用しない場合の税込価格を示しています。

これから具体的な例を挙げて詳しくシミュレーションするので、この表を参考にしてチェックしてみてください。

保護者1人/子ども1人の2人世帯の場合

ユーザー保護者子ども
加入プラン月額料金7,315円7,315円
通話オプション770円770円
dカードお支払割-187円-187円
子育てサポート割引-1,870円-1,870円
ドコモ青春割
--3,839円
(※3ヶ月間のみ)
割引前の支払総額8,085円8,085円
割引後の支払総額6,028円ドコモ青春割適用3ヶ月間:2,189円
その後:6,028円
年間割引額24,684円36,201円

保護者1人/子ども1人のよくあるひとり親世帯の場合、5Gギガホ プレミア(※毎月3GB以上利用する場合)加入で保護者が年間で24,684円、子どもが36,201円割引されます。

2人合計すると年間で60,885円安くなるので、かなりお得に利用できることが分かるでしょう。

この中にはdカードお支払い割(2人で4,488円)とドコモ青春割(子どものみ11,517円)の割引分も含まれます。

併用できる割引は忘れずに併用し、よりお得に利用しましょう。

なお、5分通話無料オプションは割引によって実質無料で利用できるので、加入してもしなくても支払総額は同じです。

加入するプランを5Gギガライト/ギガライトに変更した場合も見ていきましょう。

ユーザー保護者子ども
加入プラン月額料金3,465円~6,765円3,465円~6,765円
通話オプション770円770円
dカードお支払割-187円-187円
子育てサポート割引-1,870円-1,870円
ドコモ青春割--
割引前の支払総額4,235円~7,535円4,235円~7,535円
割引後の支払総額2,178円~5,478円2,178円~5,478円
年間割引額24,684円24,684円

加入するプランが変わるとドコモ青春割の対象外となるため割引額が変わります。

合計で49,368円安くなります。

利用するデータ通信量が1GB未満なら2人合計して4,356円と大幅に安くなるのが特徴です。

保護者1人/子ども2人の3人世帯の場合

子どもが2人いる場合もシミュレーションしてみましょう。

ユーザー保護者子ども1子ども2
加入プラン月額料金7,315円7,315円7,315円
通話オプション770円770円770円
dカードお支払割-187円-187円-187円
子育てサポート割引-1,870円-1,870円-
ドコモ青春割--3,839円
(※3ヶ月間のみ)
-3,839円
(※3ヶ月間のみ)
割引前の支払総額8,085円8,085円8,085円
割引後の支払総額6,028円ドコモ青春割適用3ヶ月間:2,189円
その後:6,028円
6,028円
年間割引額24,684円36,201円24,684円

家族全員で5Gギガホ プレミアに加入した場合は上記のとおりです。

子育てサポート割引は契約者1人につき1回線までの制限こそありますが、年間85,569円お得に利用できます。

一方、家族全員で5Gギガライト/ギガライトに加入した場合の料金は次の通りです。

ユーザー保護者子ども1子ども2
加入プラン月額料金3,465円~6,765円3,465円~6,765円3,465円~6,765円
通話オプション770円770円770円
dカードお支払割-187円-187円-187円
子育てサポート割引-1,870円-1,870円-
ドコモ青春割---
割引前の支払総額4,235円~7,535円4,235円~7,535円4,235円~7,535円
割引後の支払総額2,178円~5,478円2,178円~5,478円4,048円~7,348円
年間割引額24,684円24,684円2,244円

通信料金を節約するなら、家族全員で5Gギガライト/ギガライトに加入するのがおすすめです。

ドコモ青春割の適用対象外にはなってしまいますが、元々の料金が安い分リーズナブルな価格で利用できます。

全員のデータ通信量が1GB未満に収まれば、毎月合計が8,404円で利用可能です。

3回線で9,000円未満になる可能性があることを考えると、併用できる割引は積極的に活用するといいでしょう。

子育てサポート割引と併用できる割引・できない割引

子育てサポート割引には、併用できる割引とできない割引があるので注意が必要です。

よりお得に利用したい人は、どの割引を併用できるのかしっかりチェックしておきましょう!

併用できる割引

子育てサポート割引と併用できる主な割引は下記のとおりです。

併用できる割引の主な例
  • dカードお支払割
  • ドコモ青春割(※5Gギガライト/ギガライト除く)
  • ドコモ光セット割

それぞれの割引について簡単にみていきましょう。

dカードお支払割

dカードお支払割

画像引用元:dカードお支払割 | 料金・割引 | NTTドコモ

dカードお支払割とは、5Gギガホ プレミア/5Gギガライト/ギガホ プレミア/ギガライトに加入しているユーザーがdカード/dカード GOLDで両料金を支払うと適用される割引です。

割引額は187円/月なので、年間で2,244円お得になります。

ドコモ青春割

ドコモ青春割

画像引用元:ドコモ青春割

ドコモ青春割は22歳以下のユーザーが受けられる割引で、3ヶ月間最大で3,839円/月割引されます。

ただし、適用されるのは5Gギガホ プレミアとギガホ プレミアの2プランのみ。

5Gギガライトとギガライトは適用対象外となるので注意しましょう。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割

画像引用元:ドコモ光セット割 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホユーザーがドコモ光を契約すると受けられます。

割引額は加入プランによって異なり、最大で1,100円/月です。

ギガライト/5Gギガライトを契約していて使用量が1GB未満なら割引なし、1GB~3GBなら550円/月割引になるので注意してください。

家族みんなでドコモのスマホを利用するなら、固定回線もドコモ光にするのがおすすめです。

併用できない割引

子育てサポート割引を適用する場合、下記の4つの割引プログラムは併用できません。

併用できない割引一覧
  • ハーティ割引
  • みんなドコモ割
  • はじめてスマホ割

それぞれの割引について簡単にチェックするので、お得になるほうを選択して適用しましょう。

ハーティ割引

ハーティ割引は身体障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳/特定医療費受給者証などの交付を受けている人が適用できる割引です。

5Gギガホ プレミア/5Gギガライト/ギガホ プレミア/ギガライトを契約した場合の割引額は1,507円/月なので、ハーティ割引のほうがお得になるでしょう。

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、ファミリー割引グループ内で一定の条件を満たす回線が複数あると受けられます。

割引額は2回線目が550円/月、3回線目以降が1,100円/月なので、一律1,100円/月の割引が受けられる子育てサポート割引のほうがお得です。

はじめてスマホ割

はじめてスマホ割は、3Gフィーチャーフォンから4G/5Gスマホに乗り換える人が利用できるプランです。

最大12ヶ月間550円/月が割引され、13ヶ月目以降は1,628円/月の月額料金が適用されます。

子育てサポート割引で5Gギガライト/ギガライトに加入するよりも、かなりお得な価格設定となっています。

ただし、フィーチャーフォンからスマホに乗り換え、同時にスマホを購入することと加入条件が厳しいです。

ほかのプランに変更すると二度と加入できなくなるため、慎重に判断しましょう。

子育てサポート割引のデメリット

デメリット

子育てサポート割引はドコモの割引の中でも値引率が大きい割引ですが、以下のようなデメリットもあります。

子育てサポート割引のデメリット
  • 手続きに時間がかかる
  • 適用対象は契約者1人につき1回線まで
  • 併用できない割引が多い
  • 電話番号保管サービス申込み・契約者の名義が適用対象外となった場合は自動解約される

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

手続きに時間がかかる

子育てサポート割引は値引率が大きい分さまざまな確認を要するため、申込から割引適用までに時間がかかります。

特に、必要書類の種類によっては手元に届くまで1ヶ月程度かかることも。

取り寄せの必要がある場合は、早めに手続きをしておくことをおすすめします。

適用対象は契約者1人につき1回線まで

子育てサポート割は、契約者1人につき1回線までの制限があります。

つまり、子どもが2人以上いても割引が適用されるのは1人だけということになります。

そのため、より長く割引が適用される年齢が下の子どもを登録する方がよいでしょう。

併用できない割引が多い

子育てサポート割は、併用できない割引が多いです。

そのほとんどが、子育てサポート割と値引率が同じ、または大きいものになります。

どの割引が合っているかはご家庭によっても異なるため、必ずしも子育てサポート割がお得でない場合もあります。

電話番号保管サービス申込み・契約者の名義が適用対象外となった場合は自動解約される

子どもが留学などで長期間スマホを利用しないときなど、電話番号を解約せずに保管する「電話番号保管サービス」に申込むと、自動的に子育てサポート割の適用外となってしまいます。

また、契約者の名義が変わっても適用対象外となってしまいます。

いずれかの可能性がある場合は、一度ドコモショップなどに相談してみるとよいでしょう。

子育てサポート割引を利用して年間60,000円以上お得に使おう!

ドコモ

画像引用元:5G | 通信・エリア | NTTドコモ

今回はひとり親世帯または母や父に代わって養育している人が使える割引として、「子育てサポート割引」についてみていきました。

今回チェックした重要なポイントをまとめると以下のとおりです。

割引対象者と適用条件
  • ひとり親世帯であることまたは母や父に代わって児童を養育していることを証明できる人
  • 5Gギガホ プレミア/5Gギガライト/ギガホ プレミア/ギガライトに加入する
  • 養育している子どもを登録する
  • 個人名義で契約する

上記の条件を満たせば割引を適用でき、手続きも簡単なので積極的に利用しましょう。

具体的な割引額やルールは以下のとおりです。

割引額とルール
  • 割引適用対象は契約者1人につき1回線まで
  • 割引額は1,100円/月(通話定額オプション加入で合計1,870円/月)
  • 通話オプションを契約するなら追加で770円/月を割引
  • ハーティ割引/みんなドコモ割/はじめてスマホ割との併用は不可

割引のルールをしっかり把握し、お得にドコモを利用しましょう。

2人世帯の場合で年間60,000円以上お得になる割引なので、条件を満たしているなら忘れずに適用することが大切です!

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD 新しい券面
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイントです。
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。