ドコモ「スマホおかえしプログラム」なら携帯返却で最大12回分の支払いが不要に

ドコモ「スマホおかえしプログラム」なら携帯返却で最大12回分の支払いが不要に

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年6月1日に開始された、ドコモの新料金プランのご紹介です。

通信料金はこれまでよりも安くなるものの、前日の5月31日には、docomo withなどの機種代金に対する割引サービスの新規受付が終了してしまいます。

しかし5月16日、これらのサービスに代わる新しい機種代金割引サービス、「おかえしプログラム」が発表されました。

今回はこの「おかえしプログラム」の内容と利用条件、開催時期などを詳しく解説していきます。

トップ画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

1 ドコモの新サービス「おかえしプログラム」とは

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

おかえしプログラムは、購入した端末を任意の時期にドコモへ返却するだけで、翌々月請求分以降の支払いが免除されるサービスです。

ただし、以下の2つの条件があります。

  • 端末を36回払いで購入すること
  • スマホをドコモに返却すること

また、免除できる支払い回数は最大12回分までで、端末購入時におかえしプログラムに加入しておかなければいけません。

実際の流れを図で追ってみましょう。

108,000円の端末を購入した場合

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

おかえしプログラムに加入=必ず36回払い → 毎月の支払い額は3,000円(108,000円 ÷ 36ヶ月)

24ヶ月目の支払いを終えた時点で、端末をドコモに返却したとしましょう。

この場合、残りの12ヶ月分の残債である36,000円の支払いは免除されます。

最もお得になる返却時期は?

本プログラムでは、最大12回分までの支払いを免除することが可能です。

よって、上の例のように、24ヶ月目の支払いを終えた時点で返却するのが最もお得と言えます。

つまり、スマホをいくらで買えるのか?

「12ヶ月分の支払いを免除」と言われても、いまいちピンとこない方が多いと思います。

「結局、トータルでいくら払うことになるの?逆に分かりにくい」というのが本音ではないでしょうか。

割合で言えば、本プログラムを適用することで、スマホの機種代金が最大で約33%値引きされます。

つまり、108,000円のスマホを実質75,600円で購入できるということです。

1-1 おかえしプログラムの開始時期

おかえしプログラムは既に始まっています。

おかえしプログラムの開始日
  • 2019年6月1日

この日はドコモの新料金プランが始まった日でもあります。

1-2 おかえしプログラムの利用条件

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

本プログラムで最も注目したいのが利用条件です。

おかえしプログラムの利用条件は、以下2つのみとなります。

おかえしプログラムの利用条件
  • 対象機種を36回の分割払いで購入すること
  • 端末を返却すること

どちらも簡単な条件です。

分割払いの回数こそ36回と多めですが、実際は24回で済みますし、「端末返却後もドコモの回線を使い続けること」というルールもありません。

つまり、これまで機種代金への割引サービスには付き物だった、いわゆる「○○縛り」という条件がこのプログラムにはないのです。

これは、利用者としては嬉しいところですよね。

しかし「それなら24回分の支払いが済んだ後にMNP転出しちゃおう」という人もきっと出てくることでしょう。

ドコモとしては、それで良いのでしょうか、答えは「Yes」です。

これまでの常識を覆す割引サービス

おかえしプログラムのように、機種代金を大幅値引きする割引サービスは他の大手キャリアにもあります。

  • au:アップグレードプログラムEX
  • ソフトバンク:半額サポート

どちらも機種代金が最大で半額になる非常にお得な割引サービスです。

しかし、利用条件に「機種変更」が入っているため、キャリアを変えることができないという欠点があります。

大幅に値引きされる割引サービスには、大抵このような「○○縛り」があるものです。

そして、それが携帯電話界の常識となっていました。

しかし、今回のドコモのおかえしプログラムの利用条件は2つのみで、これまでのようなキャリア縛りがありません。

キャリア変更や使用年数などの縛りがなく、機種代金が約33%も割引されるのですから、これまでの常識を覆す割引サービスであると言えるでしょう。

返却の条件

端末の返却時には、以下の条件を満たしている必要があります。

端末返却のための条件
  • 対象機種がドコモの指定する正規店で購入されたものであり、ご購入時における不備・不正がないこと
  • 返却時に、対象機種分割支払金と対象機種の回線契約にかかる料金の未払いがないこと
  • 対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること(データは購入者自身の責任で消去する)
  • 対象機種を改造していないこと
  • 加入者が対象機種の所有権を有していること
  • 以下の査定条件を満たし、査定が完了すること

これらは条件というよりも、「購入や端末に対する不正がないか確かめる」という意味合いが強いです。

ただ、一点注意したいのは、中古で購入した端末は返却することができないという点でしょう。

それ以外は、普通にスマホを使用していれば、問題なくクリアできるものばかりです。

また、返却する前の端末査定に関しても、以下のような条件があります。

端末査定のための条件
  • 対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと
  • その他のドコモの指定の査定基準を満たしていること

これらの条件も端末の破損や改造などがないか調べるものであり、普通にスマホを使用していれば自動的にクリアできます。

ドコモの新料金プランの実力は?あえて格安SIMと勝負!

次のページでは、おかえしプログラムの対象機種について説明していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ