ドコモ「PREMIUM 4G」受信時最大速度988Mbps!対応エリアと対応機種は?

ドコモ「PREMIUM 4G」受信時最大速度988Mbps!対応エリアと対応機種は?
ChromecasrキャンペーンバナーPC ChromecasrキャンペーンバナーSP

毎日スマホやタブレットを使っていると、もっとさくさくインターネットを楽しみたいな、と思うことはありませんか?

そんな人にチェックしてほしいのがドコモの「PREMIUM 4G」サービスです。

受信時最大988Mbps/送信時最大75Mbps。2019年春にはなんと受信時最大1Gbpsを超えるサービスになるといわれており、注目が集まっています。

モバイル通信速度も、ついもGBの時代へ……。この記事では、現在の対応機種や対応エリアについて紹介します。

1 「PREMIUM 4G」ってどんなサービス?

ドコモの「PREMIUM 4G」とは、 スマホやタブレット用にNTTドコモが提供している超高速データ通信サービスです。

携帯電話の通信規格「LTE」のキャリア・アグリゲーション技術を利用し、受信速度と送信速度を大幅にグレードアップ。2015年3月のサービス開始以来、着々と進化を遂げています。

駅や繁華街、デパートなど、通信が大量に行き来する場所でも快適に使えるため、「そんなに快適になるなら」とほかのキャリアからの乗り換えを検討する人もいるほどです。

1-1 PREMIUM 4Gの進化の過程

PREMIUM 4Gは、年々着実に成長し続けているサービスです。

2015年に、下り最大255Mbpsから始まりましたが、同年9月には当時の国内最速である下り最大262.5Mbpsに達し、11月には最大300Mbpsに対応しました。

翌年2016年には、800MHz帯・1800MHz帯・2GHz帯の3波を取り込み、キャリア・アグリゲーションを確立。

そして2017年には「256QAM」と「4×4MIMO」(後ほど解説します)を導入することで、下り理論値最大682Mbpsを実現しました。

さらに、2018年5月には受信時最大988Mbps/送信時最大75Mbpsを達成!2018年冬には、送信時最大100MB超えサービスを提供予定です。

2 PREMIUM 4Gの速さの仕組み

それでは、PREMIUM 4Gとは具体的にどういった仕組みなのか、どこがどう改善されてスピードアップに繋がったのか、という点について簡単に解説していきます。

これを頭に入れておくと、他社の通信性能と比較しやすくなるのでおすすめですよ。

2-1 キャリア・アグリゲーションで太く、速く


画像引用元:PREMIUM 4G

CMなどで、たびたびキャッチフレーズとして使われる「キャリア・アグリゲーション」という言葉。

キャリア・アグリゲーション(Carrier Aggregation)を直訳すると、「電波(キャリア)を集約する」となります。

つまり、キャリア・アグリゲーションとは、異なる複数の周波数帯のLTE搬送波を同時にキャッチして、1つの通信回線として利用する技術なのです。

2-2 キャリア・アグリゲーションのメリット2つ

キャリア・アグリゲーションのメリットは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、いくつもの搬送波をまとめて使うことで、より早くデータ転送ができるようになり、インターネットなどの高速通信が可能となることです。

検索したページの表示が早くなったり、動画の読み込みが速くなったりすると嬉しいですよね。

もう1つのメリットは、1つの電波の通信状況が悪くなった場合でも、そのほかの電波を利用することで、安定した通信が行える点です。

どんなにスピーディーな通信でも、移動したらすぐに電波が切れるのではストレスが溜まってしまいますが、キャリア・アグリゲーションならそういった心配も少なくなります。

2-3 通信速度強化の秘密

ドコモの発表によると、通信速度強化の秘密は2つあります。

「256QAM」で運ぶ情報量をアップ


画像引用元:PREMIUM 4G

1つ目の秘密は、データの情報量を受け持つQAM(直交位相振幅変調方式)の機能を拡張したことです。

これまでは8×8=64ポイント(64 QAM)の箱であったものが、16×16=256ポイント(256QAM)に容量アップしたため、1回で運べる情報の量が従来の1.33倍に増加しています。

「4×4MIMO」の導入で速度増し


画像引用元:PREMIUM 4G

もう1つは、無線通信において複数のアンテナを使う4×4MIMOの伝送技術を最適化し、データの伝送効率化を図ったことです。

これまで受信時最大294 Mbps×2(3.5GHz帯の2波)だったラインに、受信時最大400 Mbps(1.7GHz帯)をプラス。

その結果、理論値受信時最大988Mbpsを提供できるようになりました。

次のページでは、PREMIUM 4Gの対応エリアと対応機種についてご紹介します。

頭金9,500円は必要!?
オンラインショップなら0

  • 頭金なし
  • 営業トークなし
  • 待ち時間なし
  • 不要オプションなし
ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップおとくケータイ.netケータイ乗り換え.comSMARTPHONE STORE

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【iPhone 8 VS HTC U12+】4インチ台機種と6インチのSIMフリースマホを比較... 2018年夏の注目機種として、HTC U12+がリリースされました!最新CPUと高性能カメラで人気の高いSIMフリーモデルですね。 しかし、国内シェア1位のiPhoneとどちらにするか悩む方も多いようです。 そこで今回はiPho...
【iPhone 8 VS AQUOS R2】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... 各キャリアの2018年夏モデルが出揃いましたね。今までシャープのスマホを利用していた方は、AQUOS R2が有力な選択肢になりますよね。 しかし、国内ではiPhoneのシェアが高いことで、iPhone 8とどちらがいいのか悩む方も多い...
dカードの「iD払い」と「クレジットカード払い」の違いと仕組み... 急速に普及が進む電子マネーですが、ApplePayのサービス開始によってさらにサービスの範囲が広がっており、現代社会ではすでになくてはならないものになってきています。 その電子マネーの中でも注目されているのが、ドコモが提供しているポス...
【Xperia XZ1 compact VS AQUOS R compact】小さいスマホの頂上決戦... スマホを購入する際に「利用しやすいコンパクトなスマホがいい」と考えている人も多いかもしれません。 しかし、2018年時点ではディスプレイサイズが5.5インチ〜6.2インチのものが多く、人によっては使いにくいと感じています。 そこ...