ドコモのおすすめスマホ機種ランキング【2021年最新版】

2021年最新のドコモおすすめスマホランキング!ドコモで携帯を購入する際に選ぶべき最新機種や人気スマホを徹底比較します。ドコモのスマホはiPhone/Androidともに価格・スペックが優秀なスマホが目白押しなので、自分に合う端末を見つけていただければ幸いです。
  • 2021年2月21日
  • by.araki

ドコモのスマートフォン

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、2021年最新のドコモのおすすめスマホ機種をランキング形式で紹介します。

評価も2021年の基準に合わせてアップデートしているので、まさにこれからドコモでスマホを購入したいという方は是非とも参考にして頂けたら幸いです。

元々ドコモはキャリアの中でも取り扱い機種が豊富なので、欲しい機種がきっと見つかることでしょう!

\画像を押して詳細をチェック/
順位機種名割引価格特徴
1位iPhone12シリーズ
iphone12
58,608円~最新のiPhoneシリーズ
2位AQUOS sense5G
AQUOS sense5G
39,600円人気シリーズの最新5Gスマホ
3位Xperia 5 II
Xperia 5 II
66,000円Xperiaの最新ハイエンドモデル
4位AQUOS sense4
AQUOS sense4
37,224円コスパ最強の4Gスマホ
5位Xperia 10 ll
Xperia 10 ll
41,976円Xperiaの格安モデル
6位Galaxy Note20 Ultra 5G
Galaxy Note20 Ultra 5G
97,152円Galaxyの最強スペックスマホ
7位Galaxy A21
Galaxy A21
22,000円Galaxyの4G格安モデル
8位Xperia 1 II
Xperia 1 II
78,696円Xperia 5 IIより前に出たハイエンドモデル
9位Galaxy A51 5G
Galaxy A51
46,992円5Gのミドルレンジスマホ
10位arrows Be4
arrows Be
23,760円衝撃に強い頑丈スマホ
\気になるランキングにジャンプ!/

第1位:iPhone12シリーズ

iPhone 12 Pro MAX

画像引用元:iPhone 12 ProまたはiPhone 12 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

第1位はやはりこれを置いて他にないでしょう。

iPhoneの最新作・iPhone 12シリーズです。

全部で4機種ありますが、基本スペックはどれも同じなので、価格と細かなデザイン、そしてカメラ機能がどこまで必要かで選びましょう。

全部A14 Bionic、全部5G対応、全部有機ELディスプレイ、基本デザインも全部同じと、シリーズ内での差がほとんどないのがiPhone 12シリーズの特徴です。

iPhone 11シリーズまでは、例えばiPhone 11だけ液晶ディスプレイでデザインも露骨にベゼルが太いなど、Proの引き立て役に使われている面が否めませんでした。

それを思うと、iPhone 12シリーズは非常に良心的な構成になっています。

もちろん防水・防塵・FeliCa(≒おサイフケータイ)に対応。

ただ、Face IDにしか搭載していないため、マスク着用時にiPhoneのロックを解除する際、少しだけ苦労するかもしれません。

Apple Watchの新機能では、マスク着用時でもロック解除ができるようになるとのことです。今後、iPhoneにも同様の機能が取り入れられるかもしれませんね。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxだけのカメラ機能

iPhone 12/12 miniとiPhone 12 Pro/12 Pro Maxのもっとも大きな違いは、カメラ機能の多さです。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxには広角レンズ・超広角レンズ・望遠レンズと、LiDARが搭載されています。

Apple ProRAWという、自分で細かく画像編集できるファイル形式での撮影も可能です。

LiDARでは距離を正確に測定できます。これによりiPhone 12 Pro/12 Pro Maxでは、ナイトモードでのポートレート撮影が可能になりました。

また、ARアプリにもより高いレベルで対応しています。

iPhone 12シリーズの価格

ドコモでのiPhone 12シリーズの価格は、以下のようになっています。

ドコモのiPhone 12の本体価格

iPhone12機種代金(税込)割引適用後※
64GB101,376円67,584円
128GB109,296円72,864円
256GB123,552円82,368円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る
※スマホおかえしプログラム適用時(24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合)

ドコモのiPhone 12 miniの価格

機種名容量機種代金(税込)割引適用後※
iPhone 12 mini64GB87,912円58,608円
128GB95,832円63,888円
256GB110,088円73,392円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る
※スマホおかえしプログラム適用時(24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合)

ドコモのiPhone 12 Proの価格

iPhone12 Pro機種代金(税込)割引適用後※
128GB129,096円86,064円
256GB142,560円95,040円
512GB169,488円112,992円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る
※スマホおかえしプログラム適用時(24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合)

ドコモのiPhone 12 Pro Maxの価格

機種名容量機種代金(税込)割引適用後※
iPhone 12 Pro
Max
128GB142,560円
(3,960円×36回)
95,040円
256GB156,024円
(4,334円×36回)
104,016円
512GB182,952円
(5,082円×36回)
121,968円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る
※スマホおかえしプログラム適用時(24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合)

iPhone 12シリーズのポイント
  • 5G対応
  • 高性能なカメラ機能
  • 防水・防塵
  • FeliCa対応
  • ワイヤレス充電対応
  • AnTuTuベンチマークスコア約60万点

▲一覧に戻る

第2位:AQUOS sense5G SH-53A

AQUOS sense5G

画像引用元:AQUOS 2020 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

Androidスマホで一番おすすめなのは、AQUOS sense5Gです。

AQUOS sense5Gは、iPhone 12シリーズのような高スペック・高価格の機種ではありません。

逆にスペックを抑えることで価格を安くしているエントリーモデルです。

とはいえ、5Gには対応していますし、十分な処理能力も持っています。

普段使っていて、「動作が重たい」「カクつく」と感じる場面はほとんどないでしょう。カメラやゲームに強いこだわりがない方なら支障なく使えます。

これは2020年までのエントリーモデルとの非常に大きな差です。

AnTuTuベンチマークスコアは約25万点。

防水・防塵・おサイフケータイにも対応しています。

3万円台という価格を踏まえたら、本当にケチを付けるポイントがないですね。

元々AQUOS senseシリーズは、数年前から国内のAndroidスマホで一番売れていると報道されていますが、AQUOS sense5Gはまさにエントリーモデルの局地に達したものではないかと思います。

少なくとも2021年の間は、AQUOS sense5Gがエントリーモデルのトップを走り続ける可能性が高いでしょう。

あえて指摘するならワイヤレス充電に対応していないことが残念というくらいです。

もっとも、ワイヤレス充電はエントリーモデルでなくても対応していないものが多いので、本当に些細な点です。

Androidは安いことが大事!

ちなみにAndroidスマホの中でAQUOS sense5Gをトップとした理由は、最低限のスペックを持ちつつ安いからです。

Androidスマホは日本でも世界でも、安いエントリーモデルのほうが高いハイエンドモデルより人気という傾向があります。

そして悲しいことに「iPhoneと同じ価格ならみんなiPhoneを買う」という現実もあります。

筆者はAndroidも常に2機種以上持って使っているくらい好きなので認めたくはないのですが……お金に余裕がないから仕方なくAndroidという方が多いわけです。

そのため安さを優先して、おすすめとしてはAQUOS sense5GをAndroidのトップとしました。

決して「AQUOS sense5GがAndroidで1番良い機種で、他の機種はこれより劣る」というわけではないので、その点に関してはご注意ください。

AQUOS sense5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時購入
ドコモ39,600円なし※ドコモドコモ公式ショップ
au39,890円26,450円au公式ショップ
ソフトバンク43,200円21,600円ソフトバンク公式ショップ
※乗り換え時は17,600円

AQUOS sense5Gのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約25万点
  • 5G対応
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

第3位:Xperia 5 II SO-52A

Xperia 5 II SO-52A

画像引用元:Xperia 5 II SO-52A

Xperia 5 IIはAQUOS zero5Gとは逆で、価格が高い代わりにスペックがすごいAndroidのハイエンドモデルです。

iPhoneがあまり好きではない方や、Androidに強いこだわりを持っている方に人気ですね。

SONY自体が好きだというファンもやはり根強いです。

SoCがSnapdragon 865のため処理能力が高く、カメラ性能もゲーム性能もトップクラスです。

AnTuTuベンチマークスコアは約55万点です。

Xperia 5 ll AnTuTu

iPhone 12シリーズには劣っているものの、その差を体感できるほど敏感な方はほとんどいないでしょう。

またカメラには、SONYの一眼カメラにも使われているカールツァイスレンズが採用されています。

筆者も実際にiPhone 12 Proと比べて撮影したことがありますが、ポートレート(背景ぼかし)撮影ではiPhone 12 Proより明らかに優れていると感じました。

実機レビューの記事も書いているため、良かったらご覧ください。

ただ、21:9という超縦長比率のディスプレイは、SONYやXperiaファンの間でも賛否両論です。

なぜならYouTubeなどの多くの動画コンテンツでは16:9が一般的なため、Xperia 5 IIで見ると左右に大きな余白ができてしまうためです。

だから6.1インチなのに全然「大画面」という感じがしないんですよね。

便宜上「賛否両論」とは言いましたが、ネット上では「変なこだわりはやめて普通の比率のXperiaを作ってくれ!」というファンならではの悲鳴が目立っています。

逆に言えば、それ以外の大きな不満点はあまり聞きません

また21:9に対応したコンテンツが主流になれば、評価が一気に逆転する可能性も秘めています。

Xperia 5 IIの価格

項目本体価格割引適用時※購入
au88,885円53,245円au公式サイトauオンラインショップ

※スマホおかえしプログラム適用時(24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合)

Xperia 5 IIのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア55万点
  • 5G対応
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

第4位:AQUOS sense4 SH-41A

AQUOS-sense4

画像引用元:AQUOS sense4 SH-41A

ここから先は、順位自体はあまり重要ではありません。

ランキングという形式上、「○位」と表記してはいますが、優劣にはこだわらず、好みのスマホを選んで頂ければと思います。

AQUOS sense4は、一言でまとめると「AQUOS sense5Gの5Gに対応していない版」です。

その分、価格が少し安くなっています。

またドコモオンラインショップ限定で、ライトカッパー・ブラック・シルバー・ライトブルーという4色に加え、レッド・イエロー・ブルーの3色も選べます。

5G自体がまだまだ使えるとは言い難い現在の状況を考えると、AQUOS sense5Gではなくsense4でも、実際に困る場面はないでしょう。

「限定カラーが欲しいからsense4!」という選び方も全然ありだと思います。

AQUOS sense5Gが出ていなかったら、Androidスマホとしてはこれをトップで紹介していました。

AnTuTuベンチマークスコアは約25万点です。

AQUOS sense4の価格

販売価格購入
ドコモ通常価格37,224円ドコモドコモオンラインショップを見る
新規20,724円
機種変更26,224円
AQUOS sense4のポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約25万点
  • 5G対応ではない
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

第5位:Xperia 10 ll SO-41A

Xperia 10 II

画像引用元:Xperia 10 II SO-41A

Xperia 10 llは、Xperiaには珍しいエントリーモデルです。

Xperiaは好きだけど高価格のハイエンドモデルには手が出せないという方におすすめです。

ただし、Xperia 10 llはSnapdragon 665なので、スペックは2021年の基準だと低いと言わざるを得ません。

AnTuTuベンチマークスコアは約18万点です。

それでいて価格が4万円以上なので、コストパフォーマンスがいまいち……と言うか悪いです。

しかしスマホ選びというのは、必ずしも価格やスペックだけで判断するものではありませんよね。

デザインやメーカーなど、個人的な好き嫌いも大いに関わってくるのがむしろ当たり前です。

「Xperiaブランド」にお金を払っているのだと思えば、多少高いことはXperiaファンにとっては関係ありません!

細かなことを気にするより、好きなものを買ったほうが気持ち良いです。

またXperia 5 llの特徴である21:9の超縦長ディスプレイは、Xperia 10 llでも体験できます。

Xperia 10 llの価格

容量機種代金割引適用時購入
64GB41,976円-
ドコモドコモ公式ショップ
Xperia 10 llのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約18万点
  • 5G対応ではない
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

第6位:Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A

Galaxy S20 Ultra 5G

画像引用元:Galaxy S20 Ultra 5G(ギャラクシー エストゥエンティ ウルトラ ファイブジー)SCG03 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、ドコモのAndroidスマホの中では最高スペックのスマホです。

ただし価格がiPhone 12 Proすら優に超えてしまうため、実際に買うとなると結構な覚悟が必要になってくるでしょう。

その代わり、買えばスペックで後悔することはないと思います。

SoCにはSnapdragon 865すら上回る、Snapdragon 865 Plusを搭載。

AnTuTuベンチマークスコアは約60万点です。これはiPhone 12シリーズとも同等の数字になります。

また付属のSペンの性能も高く、Apple Pencilに対応していないiPhoneとの差別化にもなっています。

Gallery Note20 Ultra 5Gこそが「Androidの王」的な存在だと言っても差し支えないでしょう。

カメラ性能に関してはiPhone 12シリーズ以上という声も多いです。

特にガジェットYouTuberのような、iPhoneもAndroidも何機種も買っているディープな存在ほど、Galaxy Note20 Ultra 5Gを絶賛する傾向にあります。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ145,728円97,152円ドコモ公式ショップ
au159,830円94,070円au公式ショップ
※かえトクプログラム・スマホおかえしプログラム適用時

Galaxy Note20 Ultra 5Gのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約60万点
  • 5G対応
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電対応

▲一覧に戻る

第7位:Galaxy A21 SC-42A

Galaxy A21

画像引用元:Galaxy A21 SC-42A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

Galaxy A21は、Galaxyのエントリーモデルです。

ドコモで発売している中ではもっとも安いスマホでもあります。

AnTuTuベンチマークスコアは約12万点です。

2021年となった今ではあまりに低すぎますが、その分とにかく安いので、とことん出費を抑えたい場合におすすめです!

防水・防塵・おサイフケータイといった基本的な便利機能は備えています。

余談ですが、世界ではGalaxyと言えば、Galaxy A21のようなエントリーモデルのほうが人気のようです。

Galaxy A21 SC-42Aの価格

項目機種代金購入
ドコモ22,000円ドコモドコモ公式ショップを見る
Galaxy A21 SC-42Aのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約12万点
  • 5G対応ではない
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

第8位:Xperia 1 II SO-51A

エクスペリアワン

画像引用元:Xperia 1 SO-03L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Xperia 1 IIは、一言でまとめるとXperia 5 IIのサイズアップ版です。

Xperia 5 IIが6.1インチなのに対して、Xperia 1 IIは6.5インチとなっています。

しかし、細かく見ると違いはサイズだけではありません。

Xperia 1 IIの特徴
  • 3D iToFセンサー
  • ワイヤレス充電
Xperia 5 IIの特徴
  • リフレッシュレート240Hz
  • 4K HDR 10bit 120fpsのスローモーション撮影
  • いたわり充電

どちらも一長一短になっていて、正直ややこしいですね。

ただ価格がXperia 1 IIのほうが高いので、トータルのコストパフォーマンスはXperia 5 IIのほうが優れているという見方が多いです。

AnTuTuベンチマークスコアは約55万点です。

Xperia 1 IIの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
docomo118,052円78,696円ドコモ公式ショップ
au133,600円79,120円au公式ショップ
※ドコモはスマホおかえしプログラム適用時、auはかえトクプログラム適用時の場合

Xperia 1 IIのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約55万点
  • 5G対応
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電対応

▲一覧に戻る

第9位:Galaxy A51 5G SC-54A

Galaxy A51 5G

画像引用元:Galaxy A51 5G SC-54A

Galaxy A51 5Gは、「そこそこ高スペック」と「高すぎない価格」を両立したミドルレンジモデルです。

Snapdragon 765Gを搭載しているため、一部の重たいゲームなどを除けば、ほとんどの場面で快適に動作します。

AnTuTuベンチマークスコアは約32万点です。

またデザインがGalaxyのハイエンドモデルと比べてもほとんど遜色ありません。洗練されていて格好いいです。

「格安スマホではなく、せっかくだからもう少し良いものを」という方にうってつけですね。

ゲームにそこまでこだわらないのであれば、スペック面で不満を感じる場面は特にないことでしょう。

そしてこれより上のスペックを求めると、Androidスマホなら10万円は覚悟しなくてはいけなくなります。

Galaxy A51 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ70,488円46,992円ドコモオンラインショップドコモ公式ショップを見る
au75,435円45,195円au公式ショップを見る
※かえトクプログラム・スマホおかえしプログラム適用時

Galaxy A51 5Gのポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約32万点
  • 5G対応
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

第10位:arrows Be4 F-41A

arrows Be4

画像引用元:arrows Be4 F-41A

arrows Be4は、全スマホの中でも非常に頑丈なのが特徴です。

他のスマホのように、ただ防水・防塵というだけではありません。

米国国防総省調達基準であるMIL規格の23項目に準拠しており、落下や耐衝撃、熱衝撃、低温保管などにも対応しています。

その代わりスペックは極めて低いという欠点があります。

AnTuTuベンチマークスコアは約9万点です。

こんなに低いと、普通に使っているだけでも動作に重たさやカクつきを感じてしまうことでしょう。

その分価格は安いため、例えば工事現場での連絡用として従業員に配るといった使い方に向いていると思います!

arrows Be4の価格

キャリア機種代金購入
ドコモ23,760円ドコモ公式ショップ
arrows Be4のポイント
  • AnTuTuベンチマークスコア約9万点
  • 5G対応ではない
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電には非対応

▲一覧に戻る

「安さ」で選ぶドコモのおすすめスマホランキング

AQUOSsense5G-CPU

画像引用元:AQUOS 2020 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

安さで選んだドコモのおすすめのスマホランキングは以下のとおりです。

「安さ」で選ぶドコモのおすすめスマホランキング
  • 第1位:AQUOS sense5G SH-53A
    5Gにも対応した「必要十分なスマホ」の決定版
  • 第2位:Galaxy A21 SC-42A
    本体価格2万円台で必要な機能が揃うほか、イヤホンジャックや大容量バッテリーを搭載した初心者におすすめのスマホ
  • 第3位:iPhone SE(第2世代)
    ホームボタンが復活。A13 Bionicチップ搭載でスペックも向上したコスパ抜群なiPhone

3万円台の必要十分な優秀スマホ

1位のAQUOS sense5Gは、5Gにも対応したエントリーモデルの決定版とも言えるスマホです。

2020年まではエントリーモデルと言うと、「安かろう悪かろう」の面も正直ありました。

しかしAQUOS zero5GはSnapdragon 690を搭載したことで、日常的には動作に関する不満もほとんど解消されています。

3万円台という価格も考えたら、今これ以上要求するのは野暮な気さえしてしまいます。

むしろ来年以降のAQUOS senseシリーズがこれ以上どう進化するのか、予想が付かなくて楽しみなくらいです。

3機種の価格を比較

機種本体価格
AQUOS sense5G39,600円
Galaxy A2122,000円
iPhone SE(第2世代)57,024円

Galaxy A21の2万円台は魅力的ではあるものの、性能とのバランスを考えると、やはりAQUOS sense5Gが強いですね。

「安さ」重視ならGalaxy A21、「コスパ」重視ならAQUOS sense5Gです。

▲一覧に戻る

「高齢者」向けドコモのおすすめスマホランキング

らくらくスマートフォン F-42A

画像引用元:らくらくスマートフォン F-42A

続いて、高齢者の方におすすめのドコモスマホランキングです。

「高齢者」向けドコモのおすすめスマホランキング
  • 第1位:らくらくスマートフォン F-42A
    らくらくホンセンターにいつでもわからないことを質問できるほか、画面も非常に見やすいスマホ
  • 第2位:らくらくスマートフォン me F-01L
    ハンドソープで洗える防水性のほか、わかりやすい「かんたん操作ガイド」や見やすい文字など操作性も抜群

使いやすさが大きく進化したらくらくスマートフォン F-42A

シニア向けのスマホには様々なマニュアルが同梱されてきますが、それでも操作に困ることは多いものです。

しかし、本機なら「らくらくホンセンター」機能で、専門のアドバイザーに直接電話して質問することができます。

もちろんこの機能は無料で利用できるため、スマホ初心者には非常に嬉しい機能ですね。

また、防水性も抜群。ハンドソープやアルコールタイプのウェットティッシュも利用でき、いつでも清潔な状態を保てます。

少しアプリに慣れてくれば、「健康管理アプリ」などで日々の運動を管理することも可能です。シニアの方には非常におすすめのスマホですよ。

▲一覧に戻る

「カメラ」で選ぶドコモのおすすめスマホランキング

iPhone 12 Pro Max 実機レビュー66

次は、カメラ機能で選ぶおすすめのスマホランキングです。

「カメラ」で選ぶドコモのおすすめスマホランキング
  • 第1位:iPhone 12 Pro Max
    3つのカメラにLiDARスキャナを搭載し、中~上級者向けのカメラ機能を多数搭載した、カメラ機能に特化した最新iPhone
  • 第2位:Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
    最高峰の基本性能に加え、独自機能のSペンがさらに使いやすく進化したGalaxy Noteシリーズ最新機種
  • 第3位:Xperia 5 II SO-52A
    映像・音楽・バッテリーが大幅進化したほか、持ちやすいスリムボディや優れたカメラ性能も魅力的な機種

ランクイン機種のカメラ性能を比較

機種カメラ性能
iPhone 12 Pro Maxメイン:トリプルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
LiDARセンサー
サブ:約1,200万画素
Galaxy Note20
Ultra 5G
メイン:トリプルカメラ
標準:約1億800万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約1,200万画素
サブ:約1,000万画素
Xperia 5 Ⅱメイン:トリプルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
サブ:約800万画素

物凄い勢いで進化してきたスマホのカメラは、性能だけでは比較が難しい時代に突入しています。

まずカメラの性能は、画素数だけでは判断できません

例えばiPhoneは、2015年に発売されたiPhone 6sからずっと1,200万画素です。

SoCの処理能力である程度の性能を予測することは可能ですが、細かな部分はやはり実際に撮影してみないことにはわかりません。

また、できあがった写真の色合いなど、好みの問題もあります。

今回ランクインしたスマホのカメラ機能はどれも優秀です。もし今、どれを購入すべきか迷っている場合は、そのほかの機能も加味して選ぶと良いでしょう。

スマホを含むデジタルカメラは、画像処理を施してきれいな写真に仕上げてくれます。

ですから、基本的には「処理能力が高い=カメラ性能が高い」と考えて差支えありません。

▲一覧に戻る

ドコモの「iPhone」人気ランキング

iPhone 12 Pro Max 実機レビュー11

次は、大人気機種「iPhone」の人気ランキングです。

ドコモの「iPhone」人気ランキング
  • 第1位:iPhone 12 Pro
    3つのカメラにLiDARスキャナを搭載し、中~上級者向けのカメラ機能を多数搭載した、カメラ機能に特化した最新iPhone
  • 第2位:iPhone 12 mini
    iPhone初の5G対応機種。有機ELディスプレイを搭載しているため鮮明な映像を楽しめるほか、コスパも優秀
  • 第3位:iPhone SE(第2世代)
    ホームボタンが復活し、A13 Bionicチップ搭載でスペックも向上したコスパ抜群なiPhone

話題性の高いカメラ性能

カメラランキングでもトップだったiPhone 12 Proシリーズが、iPhone人気ランキングでもトップとなりました。

iPhone 12 ProとiPhone 12の違いの大半はカメラ機能にあります。しかし、その差はかなり大きいです。

iPhone 12はiPhone 11から順当に進化しましたが、そこまで衝撃を受けるような変化は見られませんでした。

なお2021年2月現在、iPhone 12 Proはどのカラーも大人気で、発送まで約1ヶ月以上待つ必要があります。

一方、iPhone 12は人気カラーに限り、約半月待ちです。その他のカラーであれば在庫があります。

iPhone 12 Proの人気ぶりが窺えますね。

価格と発売日を比較

機種本体価格発売日
iPhone 12 Pro(128GB)129,096円2020年10月23日
iPhone 12 mini(64GB)87,912円2020年11月13日
iPhone SE(第2世代・64GB)57,024円2020年5月11日

iPhone 12 Proの価格は、さすが上位機種といったところです。

しかし、スマホおかえしプログラムを利用して25回目の支払いをする前に返却すれば、8万円台で2年間使うことができます!

機種変更のサイクルが速い方は積極的に利用してみましょう。

▲一覧に戻る

ドコモの「Xperia(SONY)」人気ランキング

Xperia5lI-colorvariation

画像引用元:Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)| デザイン| Xperia(エクスペリア)公式サイト

続いて、Androidスマホのなかでも人気が高い「Xperia」シリーズの人気ランキングです。

ドコモの「Xperia(SONY)」人気ランキング
  • 第1位:Xperia 5 II SO-52A
    映像・音楽・バッテリーが大幅進化したほか、持ちやすいスリムボディや優れたカメラ性能も魅力的な機種
  • 第2位:Xperia 1 II SO-51A
    3つのカメラとカールツァイスレンズ採用の5G対応スマホ。6.5インチ有機ELディスプレイ搭載機種
  • 第3位:Xperia 10 II SO-41A
    大画面・高音質でありながら5万円以下で購入できる高コスパなXperiaスマホ

ゲームプレイ性能が進化したXperia 5 II

カメラ性能が優秀なことで知られるXperiaシリーズですが、Xperia 5 IIで大きな進化を果たしたのはディスプレイ・スピーカー・バッテリーです。

Xperia 5 IIの120Hzのリフレッシュレートを持つディスプレイは、非常に滑らかな動きを表現できるため、動画やゲームプレイをより美しく描写できます。

スピーカーは本体上下に2つのステレオスピーカーを装備しているほか、3.5mmのイヤホンジャックも搭載。

バッテリーは4,500mAhと大容量であることに加え、充電中にスマホを操作しても発熱を抑える機能が搭載されています。

この3つが最も生きるのがゲームプレイであり、大きな没入感でゲームを楽しむことができるでしょう。

カメラ性能もXperia 1 IIをしっかり受け継いだほか、4K120fpsのHDRスローモーションにも対応しています。

価格と発売日を比較

機種本体価格発売日
Xperia 5 Ⅱ99,000円2020年11月12日
Xperia 1 Ⅱ118,052円2020年6月18日
Xperia 10 Ⅱ41,976円2020年6月25日

Xperia 5 IIはドコモでは10万円を切ります。10万円を超えるか超えないかは、負担感が大分違ってきますよね。

Xperia 1 IIと比べるとやはり安く、5Gやゲームプレイを楽しみたい方にはおすすめできる機種です。

また、Xperia 1 II・Xperia 10 IIも、発売から数ヶ月が経つ2021年2月現在でも大きな人気を獲得していますよ。

▲一覧に戻る

ドコモの「AQUOS」人気ランキング

AQUOS sense5G

画像引用元:AQUOS:シャープ

続いて、こちらも人気シリーズの「AQUOS」人気ランキングです。

ドコモの「AQUOS」人気ランキング
  • 第1位:AQUOS sense5G SH-53A
    5Gにも対応した「必要十分なスマホ」の決定版
  • 第2位:AQUOS sense4 SH-41A
    5Gには対応していないものの価格がよりお手頃
  • 第3位:AQUOS R5G SH-51A
    5G対応で10億色のPro IGZOディスプレイ搭載のハイスペック機種

5G対応のエントリーモデルAQUOS sense5G

ドコモのAQUOS人気ランキングは、エントリーモデルの決定版とも言えるAQUOS sense5Gがトップとなりました。

2020年のAQUOS sense3までのコンセプトはそのままに、足りなかった処理能力を大幅強化したことでカメラなどが順当に進化。

大容量バッテリーもしっかりと継承し、それでいて本体価格はしっかり抑えて3万円台です。

コロナ禍の今では顔認証に大きな不満が集まっていますが、AQUOS sense5Gはしっかり指紋認証も搭載しています。

2021年の「必要十分」なスマホのお手本とも言える機種です。

ハイエンドモデルのAQUOS R5Gもある!

AQUOSはエントリーモデルのsenseシリーズが圧倒的に人気なのですが、ハイエンドモデルのAQUOS R5Gという機種もあります。

SoCにはSnapdragon 865を搭載。今回のランキングに登場したXperia 5 llやXperia 1 llと同格です。

SHARPが好きで、なおかつカメラ性能やゲーム性能にもこだわりたい方には、このAQUOS R5Gもおすすめです。

ちなみに日本では、最初に登場した5G対応スマホのひとつとしても知られています。

価格と発売日を比較

機種本体価格発売日
AQUOS sense5G39,600円2021年2月5日
AQUOS sense437,224円2020年11月6日
AQUOS R5G111,672円2020年3月25日

AQUOS R5Gが高いのは、ハイエンドモデルなので仕方がありません。

単純にスペックで比べると、AQUOS R5Gが断トツで優れています。

ドコモの5Gスマホおすすめ人気ランキング

iPhone12のグリーン

画像引用元:Apple公式サイト

次は、ドコモの5Gスマホの人気ランキングです。

ドコモの5Gスマホおすすめ人気ランキング
  • 第1位:iPhone 12 Pro
    3つのカメラにLiDARスキャナを搭載し、中~上級者向けのカメラ機能を多数搭載した、カメラ機能に特化した最新iPhone
  • 第2位:Xperia 5 II SO-52A
    映像・音楽・バッテリーが大幅進化したほか、持ちやすいスリムボディや優れたカメラ性能も魅力的な機種
  • 第3位:Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
    最高峰の基本性能に加え、独自機能のSペンがさらに使いやすく進化したGalaxy Noteシリーズ最新機種

iPhoneで5Gを体験したいならiPhone 12 Pro!

iPhone初の5G対応ということで話題を呼んだiPhone 12シリーズ。iPhone 12 Proはシリーズのなかでは上位機種となります。

これまでドコモの5GスマホはXperia 1 IIに人気が集中していましたが、iPhone 12シリーズが発売してからは、やはりiPhone 12シリーズがほぼ独占状態です。

特にiPhone 12 Proは2ヶ月以上の待ち状態が続いていたこともあるほど。

なお、iPhone 12シリーズが対応している5Gは「Sub6」のみです。「ミリ波」には対応していません。

「Sub6」と「ミリ波」
  • Sub6:3.6GHz~6GHz未満の帯域を利用
  • ミリ波:28GHz~300GHzの帯域を利用

2つの違いは周波数です。周波数は高ければ高いほど、より大量のデータをより高速に通信させることができます。

つまり、ミリ波の方がより速いということです。

ただ現状は、そもそも5G自体が日本ではまだほとんど使えない状況ですし、5G通信ができるドコモショップでさえ、ミリ波対応店舗は限られています。

iPhone 12シリーズの売上の中心は著名なアナリストですらメインの「iPhone 12」と予測していましたが、蓋を開けてみればiPhone 12 Proが売れに売れています。

価格はたしかに高いですが、他にはないカメラ性能を持つiPhone 12 Proをぜひ試してみてください。

5G人気機種の価格を比較

機種価格
iPhone 12 Pro(128GB)129,096円
Xperia 5 Ⅱ99,000円
Galaxy Note20
Ultra 5G
145,728円

さすがに5G対応機種はどれも高いですね。

しかしどの機種もスマホおかえしプログラムで25回目の支払いをする前に返却すれば、3分の2の価格で2年間使うことができます。

2年サイクルでどんどん機種変更していきたい方は、スマホおかえしプログラムを積極的に活用しましょう!

▲一覧に戻る

ドコモのおすすめ3G/4G対応携帯(ガラケー)

ドコモ F-03L

画像引用元:arrows ケータイ F-03L

ドコモでは現在、4種類の「ケータイ」を販売しています。

機種名発売日価格
arrowsケータイ
F-03L
2019年7月19日31,680円
AQUOS ケータイ
SH-03L
2019年7月5日30,096円
AQUOS ケータイ
SH-02L
2019年2月8日31,680円
カードケータイ
KY-01L
2018年11月22日31,680円

どれでも良いと思いますが、強いて言うならより新しい「arrowsケータイ F-03L」がおすすめです。

「AQUOS ケータイ SH-03L」にはカメラ機能がないので注意。

▲一覧に戻る

2021年は5G対応なのがむしろ当たり前!

以上、2021年最新のドコモのおすすめスマホ機種ランキングでした。

ドコモの2021年最新おすすめスマホ機種ランキングまとめ

ドコモではiPhoneだけでなく、XperiaシリーズやAQUOSシリーズなど、Androidの人気シリーズも充実しています。

そのためドコモなら、欲しい機種の取り扱いがなくて困るということはほぼないでしょう。

現在、のりかえ(MNP)なら、機種代金が最大22,000円割引される「端末購入割引」「5G WELCOME割」キャンペーンも実施中です。

別記事ではオンラインショップを利用したドコモでiPhone 12シリーズを予約・購入する方法・流れも解説していますので、よかったら併せてチェックしてください!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • ahamo利用料金の税込100円につき10%還元
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB、2021年9月~)
年会費
11,000円
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。