ドコモスマホおすすめ人気ランキング

【2024年4月】ドコモスマホおすすめ人気ランキング|最新機種17機種を比較

  • 更新日:2024年4月1日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年4月1日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、ドコモスマホ(アンドロイド・iPhone)おすすめ人気機種を価格や目的別に分けて紹介します。

評価も2024年の基準に合わせてアップデートしているので、ドコモへ機種変更またはスマホの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドコモはキャリアの中でも取り扱い機種が豊富なので、欲しい機種をきっと見つけられます!

【2024年最新】価格別でおすすめアンドロイドをチェック
  • 5万円未満のスマホ
  • 5万円〜10万円未満のスマホ
  • 10万円以上のスマホ
目次

ドコモならdカード GOLDがおトク!

  • dカード GOLD 新規ご入会&ご利用で最大5,000ポイントもらえる!
  • 39歳以下なら合計最大11,000ポイントもらえる!
  • キャンペーンは5月12日まで!

今月のおすすめスマホ:iPhone 15(128GB)

今月のおすすめスマホ
今月のおすすめとして、2023年9月22日発売の新型iPhoneシリーズより「iPhone 15(128GB)」をご紹介します。

iPhone 15は通常モデルのiPhoneで、iPhone14 Pro並みの高い性能と4,800万画素のカメラ、USB Type-C搭載で注目されている1台です。

ドコモなら、いつでもカエドキプログラムの利用で実質7万円台〜、乗り換えなら実質3万円台〜と購入しやすいのも大きな魅力となっています。

iPhone 15の価格

iPhone 15のドコモ価格は、以下の通りです。

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円76,630円96,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

ドコモは2年返却の「いつでもカエドキプログラム」に加え、1年返却に対応した「いつでもカエドキプログラム+」を開始しました。

2年返却なら実質75,570円から、1年返却なら実質62,975円からとかなり安くiPhone15を購入できます。

さらに、他社から乗り換えなら5G WELCOME割で、2年返却の実質3万円台と非常に購入しやすくなっています。

1〜2年スパンで新しいiPhoneが欲しくなるなら、ドコモの購入プログラムを上手に活用しましょう!

iPhone 15のスペック

iPhone 15のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15の評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

iPhone 15は、iPhone14から大きな進化を遂げています。

iPhone 14からの進化ポイント
  • iPhone 14 Proと同等のA16 Bionic搭載
  • 4,800万画素のメインカメラ搭載
  • クアッドピクセル技術で光学ズーム2倍
  • 充電端子がUSB Type-Cに変更

最新のA17 Proチップではありませんが、iPhone14 Proと同じチップを搭載したことで、ゲームや4K動画の編集までサクサクです。

また、メインカメラが4,800万画素に大幅強化されたことで、望遠レンズ不要ならProモデルを選ばなくても良くなりました。

Lightning端子からUSB Type-Cへの変更も、待ち望んでいた人の多いのではないでしょうか。

吹き出しアイコン

これからiPhoneを買うなら最新のiPhone15がイチオシです!

iPhone 15のポイント
  • 高性能なA16 Bionicチップ搭載
  • 淡いパステルカラーがかわいい
  • 4,800万画素・光学2倍ズーム対応のカメラに進化
  • USB Type-C搭載で充電やアクセサリ環境が大幅改善
\気になる項目にジャンプ!/

▲一覧に戻る

ドコモのスマホを選ぶポイントは?

ドコモのスマホを選ぶポイント
まずは、ドコモのスマホを選ぶ際に押さえたいポイントをみていきましょう。

機種代金・割引後の価格

ドコモのスマホを選ぶ際は、一括払い時の通常価格と1年目・2年目に端末返却する際の実質価格の両方をチェックしておきましょう。

機種購入から23ヶ月目に端末を返却するなら、お得な実質価格をチェックしておけば問題ありません。

しかし、実質価格が約半額より安くなっている機種は、端末返却で免除される24回目の支払額を通常より高額にすることで、1〜23回目の支払いを安くしています。

つまり、端末返却しないで使い続けると、3年目以降の月額料金が高くなってしまうということです。

特に今の時期は、新モデルの登場で実質価格が大幅に安くなっている機種が増えました。

  • 確実に12ヶ月 or 23ヶ月で返却できるなら実質価格のみチェック
  • 12ヶ月 or 23ヶ月以上使う可能性があるなら24回目以降の価格もチェック
吹き出しアイコン

2年後に「高くなった…。」と困らないように、買った機種を利用したい期間に合わせて機種代金を確認してください。

スマホのスペック・機能

今回のランキングでは価格帯別や条件別におすすめ機種を紹介していますが、価格だけでなくご自身に必要なスペック・機能が備わっているか必ず確認しましょう。

例えば、iPhoneは軒並み高スペックですが、iPhone 15シリーズは指紋認証がありません。

Face IDがマスクOKになって使い勝手が改善しましたが、iPhone SE(第3世代)のTouch IDの方が使いやすく感じる場合もあるでしょう。

また、価格重視で5万円以下のAndroidスマホを選ぶと、ゲームなどの重いアプリではカクつく可能性があります。

価格ばかりに注目してスペック・機能が不足したスマホを選ぶと、結局早めに買い替えることになり総コストは高くなってしまいます。

吹き出しアイコン

価格重視で機種選びをしても、スペック不足・機能不足では購入後に使いにくく感じてしまうかもしれません。

機種代金の安さも大切ですが、ご自身の使い方に合っているのか必ずチェックしてから購入してください。

キャンペーン・割引

ドコモのスマホを選ぶ際は、キャンペーン・割引の適用もしっかり確認しましょう。

本記事でもおすすめ機種の後にキャンペーンを紹介していますが、ドコモは機種代金の割引キャンペーンを常に開催しています。

上手にキャンペーン・割引を利用すれば、最大44,000円の大幅割引でお得に新しいスマホがゲットできます。

特に2023年に新機種が発表・発売されたシリーズでは、1型落ちモデルが超高コスパになっているものもあり、値下げ狙いなら要注目です。

吹き出しアイコン

iPhone15 Pro 128GB/256GBが33,000円割引など、オンラインショップ限定の割引がお買い得です。

【4月最新】ドコモの週間スマホ売れ筋ランキング

ドコモのスマホ売れ筋ランキング

ドコモオンラインショップでは、週ごとに売れ筋ランキングを公表しています。

ここでは週ごとのランキングを一覧でご紹介します!

月間ランキングはこちらから!

【2024年3月18日~3月24日】ドコモ週間売れ筋ランキング

順位機種詳細
1位iPhone 14 128GB詳細を見る
2位iPhone 15 128GB詳細を見る
3位AQUOS sense8 SH-54D詳細を見る
4位home 5G HR02詳細を見る
5位Google Pixel 7a詳細を見る
6位iPhone 15 256GB詳細を見る
7位Galaxy A54 5G SC-53D詳細を見る
8位iPhone 15 Pro 256GB詳細を見る
9位Xperia 10 V SO-52D詳細を見る
10位iPhone 15 Pro 128GB詳細を見る

売れ筋ランキング第1位・第2位はキャンペーン割引で激安な実質価格になるiPhone 14とiPhone 15です。

4月は新生活で乗り換える人が増えるので、特に子供用でiPhoneが欲しい人に注目されています。

5G WELCOME割でiPhone 15が44,000円割引されるので、今後はiPhone 15が1位になりそうです。

また、ランキングにはiPhoneが多数入っていますが、AndroidではAQUOS sense8やGoogle Pixel 7aなど高コスパなモデルが人気です。

人気機種はいつでもカエドキプログラムでお得に購入できるので、安さ重視でもランキング入りした人気機種を選んでいいでしょう。

\気になる項目にジャンプ!/

【~5万円】ドコモAndroidスマホおすすめランキング

5万円 ドコモAndroidスマホおすすめランキング

ドコモでは、5万円以下の廉価なスマホも数多く発売されています。

2024年4月現在のおすすめ機種は次の3モデルです。

5万円未満のおすすめスマホランキング

1位:Google Pixel 7a

Google Pixel 7a

画像引用元:Google Pixel 7a

Google Pixel 7aは、2023年5月1日に発売された廉価版Pixelです。

Google Pixel 7aのスペック
画面サイズ約6.1インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
OLED 429ppi
最大90 Hz対応
本体サイズ高さ:152.0mm
幅:72.9mm
厚さ:9.0mm
重さ193.5g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約1,300万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー4,385mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋
防水・防塵IP67
カラーSea
Snow
Charcoal
Coral
Google Pixel 7aの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

価格が安いモデルですが、上位モデルと同じGoogle Tensor G2を搭載。

普段使いからゲームまで、大抵のアプリは快適に動きます。

安くバランスのいいスマホが欲しい人に選ばれ、週間ランキングでも4位の人気です。

通常価格は5万円を超えますが、実質価格が2万円台と激安なので1位としました。

Google Pixel 7aの価格

購入場所価格割引適用時※詳細
Googleストア54,800円-公式サイトを見る
ドコモ63,217円7,733円公式サイトを見る
au47,500円47円公式サイトを見る
ソフトバンク55,440円24円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)利用時

ドコモのGoogle Pixel 7aは、いつでもカエドキプログラム利用で実質22,033円、乗り換えなら実質7,733円と非常に低価格です。

一括払いの通常価格は63,217円と5万円を超えますが、2年返却OKならコスパ最強の1台といっていいでしょう。

Google Pixel 7aのポイント
  • Google Tensor G2搭載のミドルレンジモデル
  • 普段使いには十分過ぎる性能
  • カメラ性能は普通にキレイ
  • 2年返却OKなら実質7,733円〜と高コスパ

2位:AQUOS wish3

AQUOS wish3 SH-53D

画像引用元:AQUOS wish3 SH-53D

AQUOS wish3は、2023年8月30日に発売された最新エントリーモデルです。

AQUOS wish3
サイズ147 mn ×71 mm ×8.9 mm
ディスプレイ約5.7インチ
重さ161g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー容量3,730mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン
AQUOS wish3の評価
総合評価A
カメラ性能2.5
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5

SoCがSnapdragon 695 5GからMediaTek Dimensity 700に変更されましたが、基本的な性能はAQUOS wish2とほぼ同じです。

重い処理は苦手なのは変わりませんが、日常の連絡やSNS利用には全く問題ない性能といえるでしょう。

また、カメラ性能も抑えめで、シンプルに連絡用端末として使いたい方に向けた1台となっています。

AQUOS wish3の価格

項目価格割引適用時※詳細
SHARP公式34,980円-
公式サイトを見る
ドコモ37,863円28,095円公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700円9,700円公式サイトを見る
ワイモバイル21,984円7,920円公式サイトを見る
mineo32,472円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(スタンダード)、楽天モバイルは初プラン契約のポイント還元適用、ワイモバイルは乗り換えでシンプル 2M/L契約

ドコモのAQUOS wish3は、いつでもカエドキプログラム利用で実質28,095円と非常に低価格です。

一括払いの通常価格も37,863円と安いので、必要最低限のスペックでOKなコスパ重視の方は、ぜひAQUOS wish3をチェックしてください。

AQUOS wish3のポイント
  • MediaTek Dimensity 700搭載のエントリーモデル
  • 普段使いには十分な性能
  • カメラ性能にはあまり期待できない
  • 実質28,095円 or 一括37,863円の高コスパモデル
AQUOS
AQUOS wish3

3位:arrows We

arrows We

画像引用元:arrows We F-51B

arrows Weは、2021年12月発売のエントリーモデルです。

arrows Weのスペック
チップSnapdragon 480
5G対応
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ高さ:147mm
幅:71mm
厚さ:9.4mm
重さ172g
アウトカメラ広角:1,310万画素
マクロ:190万画素
インカメラ500万画素
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量4,000mAh
生体認証指紋
防水IPX8
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーターコイズ・ブラック・ホワイト
詳細arrows We レビュー
arrows Weの評価
総合評価B
カメラ性能2.5
処理性能2.5
画面性能3.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス3.0

発売から約2年経過し、かつスペックは必要最低限のためゲームアプリの利用には全く向きません。

ハイエンドモデルからの買い替えだと、ホーム画面操作すら遅く感じてしまうでしょう。

その反面、らくらくスマートフォンと同じメーカーということもあり、シンプルモードにすれば初スマホでも使いやすい機種となっています。

高い耐久性能も相まって、長く使える機種を安く手に入れたい方におすすめの廉価モデルです。

arrows Weの価格

arrows We一括割引適用時※購入
ドコモ22,000円-公式サイトを見る
au22,001円16,547円公式サイトを見る
ソフトバンク25,920円22,008円公式サイトを見る
※auはスマホトクするプログラム適用、ソフトバンクは新トクするサポート適用

arrows Weは通常価格が22,000円と、数あるドコモのスマホの中でもかなり安い機種です。

2年返却もなく安く初スマホが欲しいなら、arrows Weがぴったりな1台となるでしょう。

arrows Weのポイント
  • Snapdragon 480搭載
  • 必要最低限の性能
  • 丸洗いOK・高耐久で長持ちする
  • 22,000円のお手頃価格
  • シンプルモード搭載で初スマホでも安心

【5万~10万円】ドコモAndroidスマホおすすめランキング

5万~10万円 ドコモAndroidスマホおすすめランキング

5万円〜10万円の機種は、価格と性能のバランスの良さから多くの方に選ばれています。

現在、ドコモの5万円〜10万円のアンドロイドスマホのおすすめは次の4機種です。

5万円〜10万円のおすすめスマホランキング

1位:Google Pixel 8

Google Pixel 8

画像引用元:Google Pixel 8

Google Pixel 8は、2023年10月12日発売の最新Google Pixelです。

Google Pixel 8のスペック
ディスプレイ6.2インチ
本体サイズ高さ:150.5 mm
幅:70.8 mm
厚さ:8.9 mm
重さ187 g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー4,575 mAh(標準)
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 13
認証指紋
カラーHazel
Obsidian
Rose
Google Pixel 8の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

最新の「Google Tensor G3」を搭載し、Google Pixel 7より約25%パフォーマンスが上がっています。

また、編集マジックなどAIでの画像編集が大幅に強化されています。

OSアップデートやセキュリティ更新が最長7年もあるので、1台のスマホを長く使い続けたい方にぴったりです。

Google Pixel 8の価格

Google Pixel 8の価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:112,900円
256GB:122,900円
-公式サイトを見る
ドコモ128GB:119,900円128GB:25,828円公式サイトを見る
au128GB:93,600円
256GB:127,900円※2
128GB:47円
256GB:35,500円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:111,600円
256GB:126,000円
128GB:24円
256GB:27,000円
公式サイトを見る
※1 ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却、auは乗り換えでスマホトクするプログラムで25ヶ月目に返却、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)で25ヶ月目返却の場合
※2 オンラインショップ限定

Google Pixel 8は、円安の影響もあり通常価格が前モデルより約3万円高くなってしまいました。

その反面、いつでもカエドキプログラムを利用するなら実質25,828円〜と、かなりお得に使える高コスパモデルとなります。

Google Pixel 8を購入する際は、2年後の返却を積極的に検討してください。

2位:AQUOS sense8

AQUOS sense8

画像引用元:AQUOS sense8 SH-54D

AQUOS sense8は、2023年11月9日発売の高コスパシリーズの最新モデルです。

AQUOS sense8のスペック
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:153 mm
幅:71 mm
厚さ:8.4 mm
重さ159g
アウトカメラ標準:5,030万画素
広角:800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー5,000 mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 6 Gen 1
OSAndroid 13
認証指紋
カラーペールグリーン
ライトカッパー
コバルトブラック
AQUOS sense8の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5

ミドルレンジモデルは長らくSnapdragon 695 5Gを採用していましたが、AQUOS sense8にはSnapdragon 6 Gen 1が搭載されました。

CPU性能は約40%アップ・GPU性能は約35%アップと、普段使いなら十分すぎる高性能モデルと考えていいでしょう。

また、AQUOS sense8ではカメラに光学式手ブレ補正が搭載され、アップデート保証も手厚くなりました。

AQUOS sense8の価格

AQUOS sense8の価格割引適用時※詳細
ドコモ62,150円41,030円公式サイトを見る
au59,800円17,100円公式サイトを見る
楽天モバイル63,800円51,800円公式サイトを見る
UQモバイル59,800円37,800円公式サイトを見る
J:COMモバイル58,080円-mineo公式サイトを見る
シャープ56,980円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム、楽天モバイルは初めて申し込み&乗り換え、UQモバイルはコミコミプラン/トクトクプランに増量オプションII付きで加入

AQUOS sense8は、通常価格では62,150円ですが、いつでもカエドキプログラム利用で41,030円まで安くなります。

コスパ重視もスペックも両方求めるなら、AQUOS sense8を選べば間違いないでしょう。

AQUOS sense8のポイント
  • Snapdragon 6 Gen 1搭載
  • ミドルレンジの中でも優秀なスペック
  • 大型センサーカメラ搭載
  • 光学式手ブレ補正搭載でよりキレイに撮れる
  • 最大5年のアップデート保証

3位:Xperia 10 V

Xperia 10 V SO-52D

画像引用元:Xperia 10 V SO-52D

Xperia 10 Vは、2023年7月6日発売のミドルレンジモデルです。

Xperia 10 Vのスペック
SoCSnapdragon® 695
5G Mobile Platform
OSAndroid 13
5G対応
内蔵RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
155x68x8.3(mm)/
159g
メインカメラ構成800万画素(超広角)
4,800万画素(広角)
800万画素(望遠)
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
生体認証指紋
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・ホワイト・ラベンダー・セージグリーン(ドコモオンラインショップ限定)
詳細-
Xperia 10 Vの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0

性能は最新ハイエンドモデルには劣るものの、普段使いには問題ありません。

また、5,000mAhのバッテリーを搭載したモデルとしては世界最軽量モデルとなっています。

カメラも広角4,800万画素とセンサーサイズ1/2.0インチに大型化され暗所の撮影に強くなりました。

軽くて電池持ちのいいスマホが欲しい方は、Xperia 10 Vを選びましょう。

Xperia 10 Vの価格

Xperia 10 Vの価格は、以下の通りです。

項目価格割引適用時詳細
ドコモ79,860円37,532円公式サイトを見る
au69,550円17,790円公式サイトを見る
ソフトバンク31,824円-公式サイトを見る
楽天モバイル59,290円32,360円公式サイトを見る
UQモバイル69,550円47,550円公式サイトを見る
mineo64,680円-mineo公式サイトを見る
IIJmio49,800円39,800円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルは申し込みポイント還元時、UQモバイル・IIJmioは他社から乗り換え・指定プラン加入時、mineoは乗り換え一括時

Xperia 10 Vは通常79,860円ですが、いつでもカエドキプログラムの適用で37,532円で購入できます。

通常価格でも10万円を切るので、長く使うなら一括払いも視野に入るでしょう。

Xperia 10 Vのポイント
  • Snapdragon 695 5G搭載
  • 約159gと超軽量
  • メイン4,800万画素で夜間もキレイ
  • 5,000mAhの大容量バッテリーでトップクラスの電池持ち
  • 防水・防塵にも対応
  • 値引きでミドルレンジモデルの中でも激安

4位:Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5G

画像引用元:Galaxy A54 5G(ギャラクシーA54 5G) | Samsung Japan 公式

Galaxy A54 5Gは2023年5月25日に発売したGalaxyのアンドロイドスマホです。

シンプルかつスタイリッシュなデザインが特徴です。

Galaxy A54 5G
画面サイズ約6.4インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:約77mm
厚さ:約8.2mm
重さ約201g
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:1,200万画素
マクロ:500万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUExynos 1380
認証指紋・顔
防水IP68
カラーオーサムバイオレット
オーサムホワイト
オーサムグラファイト
Galaxy A54 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.5
処理性能3.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
Galaxy A54 5Gのカメラ
  • 広角:約5,000万画素
  • 超広角:約1,200万画素
  • マクロ:約500万画素

手ブレ補正にも対応しており、さっと構えるだけで綺麗な写真を撮ることができます。

さらにバッテリーは5,000mAhと大容量のため、長時間の使用も安心です。

Galaxy A54 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ49,830円31,350円公式サイトを見る
※ いつでもカエドキプログラム利用時

Galaxy A54 5Gは、割引を適用することで31,350円で購入できます。

さらに乗り換えなら9,350円と実質価格が激安になります。

Galaxy A54 5Gのポイント
  • 普段使いにぴったりなミドルレンジモデル
  • 120Hzの高駆動ディスプレイ搭載で操作もなめらか
  • カメラ性能バッチリ
  • 5,000mAhの大容量バッテリーで安心
Galaxy
Galaxy A54 5G

【10万円以上】ドコモAndroidスマホおすすめランキング

10万円以上 ドコモAndroidスマホおすすめランキング

10万円以上のアンドロイドスマホは性能が高いことはもちろん、特徴的な機能や最新技術が搭載される傾向があります。

現在、ドコモの10万円以上のアンドロイドスマホは次の4機種がおすすめです。

10万円以上のおすすめスマホランキング

1位:Galaxy S23

Galaxy S23 SC-51D

画像引用元:Galaxy S23 SC-51D

Galaxy S23は、2023年4月20日発売のハイエンドモデルです。

Galaxy S23
SoCSnapdragon 8 Gen 2
5G対応
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146mm
幅:71mm
厚さ:7.6mm
重さ168g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
メモリ8GB
ストレージ256GB
バッテリー容量3,900mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラークリーム
ファントムブラック
ラベンダー
Galaxy S23の評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0

上位のGalaxy S23 Ultraと同じSnapdragon 8 Gen 2を搭載し、ゲームもサクサク快適です。

最新チップ搭載かつ冷却システムが大型化され、発熱で遅くなることもそうそうありません。

また、カメラ構成は前モデルと同様ですが、光学式手ぶれ補正やナイトグラフィーが強化され、よりキレイに撮影できるようになりました。

最近のハイエンドモデルは大型モデルばかりですが、Galaxy S23は6.1インチと片手で使いたい人も安心のサイズ感なのもポイントです。

Galaxy S23の価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ136,620円62,260円公式サイトを見る
au販売終了公式サイトを見る
楽天モバイル147,700円135,700円公式サイトを見る
※ ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム適用、楽天モバイルは乗り換えでプラン申し込み特典のポイント還元の場合
Galaxy S23のポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載で最高峰の処理能力
  • 光学式手ぶれ補正強化
  • ナイトグラフィー強化
  • 6.1インチで片手で使いやすい
Galaxy
Galaxy S23

2位:Xperia 1 V

Xperia 1 V SO-51D

画像引用元:Xperia 1 V SO-51D

Xperia 1 Vは、2023年6月16日発売の最新ハイエンドモデルです。

Xperia 1 V
サイズ約71×165×8.3mm
ディスプレイ約6.5インチ
重さ約187g
カラーブラック、プラチナシルバー
メインカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約4,800万画素
望遠:約1,200万画素
サブカメラ約1,200万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
バッテリー容量5,000mAh
OSAndroid 13
SoCSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
生体認証指紋認証
Xperia 1 Vの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.5

最新のSnapdragon 8 Gen 2とRAM12GBを搭載し、2023年モデルとして最高峰の処理能力があります。

電力効率も40%向上し、Xperia 1 IVで一部の方が気にしていた発熱問題も気にせず使えるでしょう。

カメラ性能では、メインカメラが4,800万画素になり、さらにイメージセンサーも約1.7倍に大型化しました。

従来の「瞳AF」などの各種トラッキング機能ももちろん継承しているので、単純にカメラが大幅強化された1台と考えていいでしょう。

高スペックを活かして写真・動画・ゲームをたっぷり楽しみたい方は、Xperia 1 Vをぜひ手に取ってください。

Xperia 1 Vの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ218,680円138,160円公式サイトを見る
au210,240円111,400円公式サイトを見る
ソフトバンク175,680円55,800円公式サイトを見る
ソニーストア179,300円135,300円公式サイトを見る

ドコモはいつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは新トクするサポート(バリュー)利用時、ソニーストアは2年返却利用時

Xperia 1 Vは最高峰性能の1台で、通常価格が約22万円と高額です。

購入時はいつでもカエドキプログラムを活用し、実質138,160円での利用を検討してください。

Xperia 1 Vのポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載で最高峰の処理能力
  • 前モデルより約25%の性能向上
  • メインカメラが4,800万画素に強化
  • イメージセンサーも約1.7倍に大型化
  • 使い勝手だけでなく画質も大幅向上
Xperia
Xperia 1 V

3位:Galaxy S23 Ultra

Galaxy S23 Ultra 512GB

画像引用元:Galaxy S23 Ultra 512GB SC-52D

Galaxy S23 Ultraは、2023年4月20日に発売されたGalaxy最高峰モデルです。

Galaxy S23 Ultra
SoCSnapdragon 8 Gen 2
5G対応
画面サイズ6.8インチ
本体サイズ高さ:163mm
幅:78mm
厚さ:8.9mm
重さ234g
アウトカメラ広角:2億画素
超広角:1,200万画素
望遠(10倍光学):1,000万画素
望遠(3倍光学):1,000万画素
インカメラ1,200万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
512GB
1TB
バッテリー容量5,000mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーグリーン・クリーム・ファントムブラック
Galaxy S23 Ultraの評価
総合評価S
カメラ性能5.0
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.5

2023年最高峰の処理能力と、強力なカメラ機能に便利なSペンと、高性能かつ多機能な1台です。

特にカメラが特徴的で、メインカメラは2億画素とスマホカメラの中でも随一です。

さらに光学式手ブレ補正やナイトグラフィーが強化され、より簡単にキレイな写真が撮れます。

また、Sペンで手書きメモからお絵描き、パワポのスライド操作もOK!

スマホとしてでなく、小さなタブレットのように使える利便性もGalaxy S23 Ultraの魅力です。

Galaxy S23 Ultraの価格

項目容量価格割引適用時※1詳細
ドコモ256GB197,670円114,510円公式サイトを見る
512GB※2236,500円141,460円公式サイトを見る
au全容量販売終了公式サイトを見る
サムスン1TB253,440円-公式サイトを見る

※1:ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム適用時
※2:オンラインショップ限定販売

Galaxy S23 Ultraは、通常価格が20万円弱〜と高額です。

購入時にはいつでもカエドキプログラムの利用を積極的に検討していいでしょう。

Galaxy S23 Ultraのポイント
  • 2023年最新チップ「Snapdragon 8 Gen 2」をいち早く搭載
  • Sペン対応&本体収納可能
  • メインカメラが2億画素
  • 夜間・暗所に強いナイトグラフィーカメラ性能向上
  • シングルテイクなど便利なカメラ機能多数
  • 滑らかなリフレッシュレート120Hzディスプレイ
Galaxy
Galaxy S23 Ultra
公式サイトで端末を購入する

4位:Xperia 5 V

Xperia 5 V

画像引用元:Xperia 5 V SO-53D

Xperia 5 Vは、2023年10月13日に発売されたハイエンドモデルです。

Xperia 5 V
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.6mm
重さ182g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵IP68
カラープラチナシルバー
ブラック
ブルー
Xperia 5 Vの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0

コンパクトな6.1インチにSnapdragon 8 Gen 2を搭載し、ゲームも動画編集もサクサク快適です。

カメラは、広角・超広角のデュアルカメラで、前モデルにあった望遠レンズが廃止されています。

しかし、4,800万画素の広角カメラはXperia 1 Vと同じセンサー搭載で、望遠が不要ならカメラ性能アップと捉えていいでしょう。

Xperia 5 Vの価格

項目価格割引適用時※詳細
ソニーストア139,700円105,700円公式サイトを見る
ドコモ151,690円97,570円公式サイトを見る
au143,000円60,800円公式サイトを見る
楽天モバイル152,400円140,400円公式サイトを見る
※いつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルは乗り換えのポイント還元時、ソニーストアは2年後に返却する場合

通常価格は151,690円と高額ですが、いつでもカエドキプログラムの利用で97,570円まで安くなります。

Xperia 5 Vを購入する際は、積極的にプログラム利用を検討してください。

Xperia 5 Vのポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載
  • 広角・超広角のデュアルカメラに変更
  • 広角カメラが4,800万画素に強化
  • イメージセンサーも約1.7倍に大型化
  • 片手で使いやすいコンパクトサイズ

5位:AQUOS R8 pro

AQUOS R8 pro SH-51D

画像引用元:AQUOS R8 pro SH-51D

AQUOS R8 proは、2023年7月20日に発売されたAQUOSシリーズのハイエンドモデルです。

AQUOS R8 pro
サイズ約77×161×9.3(mm)
ディスプレイ約6.6インチ
Pro IGZO OLED
重さ約203g
アウトカメラ約4,720万画素
インカメラ約1,260万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
バッテリー容量5,000mAh
OSAndroid 13
SoCSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーブラック
AQUOS R8 proの評価
総合評価S
カメラ性能5.0
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.0

スペックは2023年最高峰のSnapdragon 8 Gen 2とRAM12GBを搭載しています。

ただし、AQUOSは実働時のクロック数を落としているのか、最新Galaxyなどフル回転できる機種と比べるとベンチマーク測定値は低めです。

AnTuTuベンチマーク総合スコア比較
  • Xperia 1 V:約135万点
  • Galaxy S23 Ultra:約150万点
  • AQUOS R8 pro:約130万点

一方で、カメラ性能はライカ監修の大型イメージセンサーやズミクロンレンズ搭載しています。

AQUOSシリーズお馴染みの優秀な画像処理エンジンやAIも相まって、なんとなく撮影しても高クオリティの写真が簡単に撮れます。

特に写真付きの方なら、夜間や光源が弱い屋内撮影の際に、他機種よりも満足のいく写真がサクッと撮れるでしょう。

また、SNS映えする色使いではなく、目で見た風景を忠実に再現する傾向が強いカメラです。

尖った性能のハイエンドカメラ付きスマホが欲しい方は、AQUOS R8 proをぜひ試してみてください。

AQUOS R8 proの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ209,000円124,520円公式サイトを見る
ソフトバンク174,960円54,000円公式サイトを見る
SIMフリー192,940円-公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(バリュー)適用の場合

AQUOS R8 proは一括払いが209,000円と高額ですが、割引プログラムの利用で124,520円まで安くなります。

最新のカメラ重視スマホが欲しい人は、ぜひAQUOS R8 proを検討してください。

AQUOS R8のポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2とRAM12GB搭載
  • ベンチマークスコアは同性能モデルの中では低め
  • ライカ監修の大型センサーカメラが優秀
  • AIに任せてキレイな写真が簡単に撮れる
  • SNS映えより忠実な色合いの写真
AQUOS
AQUOS R8 pro
公式サイトで端末を購入する

【iPhone】ドコモのおすすめスマホランキング

iPhone ドコモのおすすめスマホランキング

ドコモのiPhoneを選ぶ際は、次の5機種がおすすめです。

1位:iPhone 15 Pro

iPhone 15 Pro

画像引用元:Apple(日本)

iPhone 15 Proは、2023年9月22日発売の最新iPhoneの上位モデルです。

iPhone 15 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.6mm
幅:70.6mm
厚さ:8.25mm
重さ187 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
iPhone 15 Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0

最新のA17 Proを搭載し、処理能力に加えてグラフィック性能も向上しています。

新たにチタン素材を採用したことで、従来モデルより軽量化しているのも嬉しいポイントです。

また、USB Type-Cを搭載し、転送速度は最大10Gb/sと高速です。

iPhoneで写真・動画を撮ってパソコンで編集する使い方なら、これまで以上に快適に使えるでしょう。

iPhone 15 Proの価格

iPhone 15 Proの価格128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常192,060円218,790円255,090円291,830円
いつでもカエドキプログラム97,020円110,550円128,370円146,630円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常185,860円211,930円248,560円285,420円
スマホトクするプログラム(※1)77,705円90,930円109,560円128,420円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常185,760円211,680円248,400円285,120円
新トクするサポート(※2)74,136円87,216円108,696円128,376円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常179,800円205,800円240,900円276,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
77,900円90,900円108,450円126,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常159,800円174,800円204,800円234,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000ポイント還元を利用した実質

iPhone 15 Proは、いつでもカエドキプログラムを利用することで、実質97,020円から購入できます。

いつでもカエドキプログラム+で1年返却すれば、実質77,022円からとさらにお得です。

さらに、オンラインおトク割で22,000円〜33,000円割引もありいつも以上にお得に購入できます。

とはいえ一括払いは高いので、ドコモから購入する際は、1年後 or 2年後の端末返却&機種変更を積極的に利用した方がいいでしょう。

iPhone 15 Proのポイント
  • A17 Pro搭載の最高峰モデル
  • 現行モデルの中でも処理能力が高い
  • チタニウム素材採用で187gに軽量化
  • USB Type-C(転送最大10Gb/s)に対応

2位:iPhone 15 Pro Max

iPhone 15 Pro

画像引用元:iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

iPhone 15 Pro Maxは、2022年9月22日に発売される最新iPhone最上位モデルです。

iPhone 15 Pro Maxのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:159.9mm
幅:76.7mm
厚さ:8.25mm
重さ221 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(5倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
iPhone 15 Pro Maxの評価
総合評価S
カメラ性能5.0
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能5.0
コストパフォーマンス3.5

基本的な性能はiPhone 15 Proと同じで、より大画面かつ大容量バッテリーを搭載しています。

そのため、ゲームや動画視聴など、画面が大きい方が快適な使い方が中心の方におすすめの最新iPhoneとなっています。

加えて、iPhone15 Pro Maxは望遠レンズがiPhone15 Proより強化され、光学5倍ズームが搭載されています。

望遠で写真や動画を撮ることが多いなら、iPhone15 Pro Maxを選びましょう。

iPhoen 15 Pro Maxの価格

iPhone 15 Pro Maxの価格256GB512GB1TB
ドコモ通常236,940円273,680円305,910円
いつでもカエドキプログラム119,460円137,720円154,110円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常230,360円267,100円303,850円
スマホトクするプログラム(※1)100,360円119,105円137,850円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常229,680円266,400円293,040円
新トクするサポート(※2)98,856円118,416円133,056円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常224,800円260,800円288,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
100,400円118,400円132,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常189,800円219,800円249,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone 15 Pro Maxは、iPhoneの中でも特に高額なモデルです。

購入の際はいつでもカエドキプログラムでの2年返却やいつでもカエドキプログラム+の1年返却を積極的に検討してください。

iPhone 15 Pro Maxのポイント
  • 最新iPhoneの最上位モデル
  • 基本スペックはiPhone 15 Proと同じ
  • 6.7インチの大型ディスプレイ搭載
  • ゲームや動画視聴にピッタリ
  • 望遠レンズが光学5倍ズームに対応

3位:iPhone 15

iPhone 15

画像引用元:Apple(日本)

iPhone 15は、2023年9月22日発売の最新iPhoneです。

iPhone 15のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15の評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

搭載チップはiPhone 14 Proと同じA16 Bionicのため、最新A17 Pro搭載のiPhone 15 Proより処理能力は劣ります。

しかし、カメラが4,800万画素に大幅強化され、ノッチがDynamic Islandに変更されています。

「望遠レンズのないiPhone14 Pro」と考えると、コスパのいい優秀なiPhoneといえます。

iPhone 15の価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円76,630円96,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

ドコモのiPhone 15は、いつでもカエドキプログラム利用で75,570円から購入できます。

1年返却のいつでもカエドキプログラム+の利用で、さらに安い62,975円になります。

加えて、128GBは他社から乗り換えで44,000円割引が適用され、2年返却でも実質3万円台に。

購入方法の幅が広がったので、使い方にあわせて選びましょう。

iPhone 15のポイント
  • iPhone 14 Proと同等性能
  • メインカメラが4,800万画素に大幅強化
  • Dynamic Island搭載
  • USB Type-C搭載
  • 乗り換えで128GBが実質3万円台〜

4位:iPhone SE(第3世代)

iPhone SE (第3世代)

画像引用元:iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)は、2022年3月発売の廉価版iPhoneです。

シリーズ通してコスパが非常に高いため、価格重視でiPhoneが欲しい方から絶大な人気を誇ります。

iPhone SE3(第3世代)
ディスプレイ4.7インチ
液晶ディスプレイ
解像度1,334 x 750
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ144g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリー非公表
RAM4GB(非公表)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA15 Bionicチップ
認証指紋認証
カラーミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ネットワーク5G対応
充電18W急速充電対応
詳細iPhone SE(第3世代)実機レビュー
iPhone SE(第3世代)の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス5.0

iPhone 13と同じA15 Bionicを搭載しているため、価格の割に処理能力はピカイチです。

現在、重いゲームとして知られる「原神」も全く問題なくプレイできます。

ただ、iPhone 8を踏襲したデザインのため、ディスプレイが4.7インチと小さく、シングルカメラというデメリットがあります。

ホームボタンがありTouch IDが使えるメリットはありますが、最近のスマホのサイズ・カメラ性能に慣れている方は注意してください。

この2点が気にならないなら、iPhone SE(第3世代)はコスパ最強iPhoneといっていいでしょう。

iPhone SE(第3世代)の価格

iPhone SE3(第3世代)64GB128GB256GB
ドコモ端末価格73,370円在庫なし在庫なし
いつでもカエドキプログラム22,154円
詳細ドコモ公式サイトを見る
au端末価格70,935円82,190円103,415円
スマホトクするプログラム47円~4,600円~33,775円~
詳細au公式サイトを見る
ソフトバンク端末価格73,440円81,360円99,360円
新トクするサポート22,008円26,784円52,560円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル端末価格63,900円70,900円85,900円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
ワイモバイル端末価格73,440円81,360円99,360円
オンラインストア割引59,040円66,960円84,960円
詳細ワイモバイル公式サイトを見る
UQモバイル端末価格70,935円82,190円103,415円
オンラインショップおトク割48,935円~60,190円~81,415円~
詳細UQモバイル公式サイトを見る
Apple端末価格62,800円69,800円84,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone SE(第3世代)は、購入プログラム利用で2万円台から購入できます。

安くiPhoneが手に入るので、子ども用のスマホに1番選ばれているiPhoneです。

iPhone SE(第3世代)のポイント
  • iPhone 13と同等性能で処理能力バッチリ
  • 実質2万円台から購入できる高コスパモデル
  • 画面が4.7インチと小さい
  • 写真にこだわる方には向かない
  • 子ども用のiPhoneにおすすめ

5位:iPhone 15 Plus

iPhone 15 Plus

画像引用元:Apple(日本)

iPhone 15 Plusは、2023年9月22日に発売されたスタンダードモデルの大型版です。

iPhone 15 Plusのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.9mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80mm
重さ201 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15 Plusの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0

搭載チップはiPhone 15と同じくA16 Bionicで、Proモデルと比べると処理能力は劣ります。

しかし、ゲームも動画もサクサク動くので、大画面でコンテンツを楽しみたい方に最適です。

なお、Proモデルとは異なりカメラ性能はiPhone 15と変わりありません。

大画面iPhoneを少しでも安く手に入れるなら、iPhone 15 Plusを選びましょう。

iPhone 15 Plusの価格

iPhone 15 Plusの価格128GB256GB512GB
ドコモ通常168,740円190,080円230,890円
いつでもカエドキプログラム85,580円96,360円116,050円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常163,490円184,850円 225,360円
スマホトクするプログラム(※1)74,790円85,830円106,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常163,440円184,320円224,640円
新トクするサポート(※2) 89,040円99,360円120,840円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常146,800円167,800円204,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
73,392円83,880円102,384円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常139,800円154,800円184,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

ドコモのiPhone 15 Plusは、いつでもカエドキプログラム利用で85,580円から購入できます。

また、機種変更ならオンラインおトク割で22,000円割引の63,580円になります。

購入方法の幅が広がったので、使い方にあわせて選びましょう。

iPhone 15 Plusのポイント
  • iPhone 14 Proと同等の処理性能
  • 6.7インチの大型ディスプレイ
  • メインカメラが4,800万画素に大幅強化
  • Dynamic Island搭載
  • USB Type-C搭載

【条件別】ドコモのおすすめスマホ

条件別ドコモのおすすめスマホ
ここからは、条件別にドコモのおすすめスマホを紹介します。

使い方や環境に合わせて、ぜひおすすめスマホから購入する機種を選んでみてください!

評判の良い機種

Google Pixel 7a Coral

画像引用元:Google Pixel 7a

ドコモで評判のいい機種が欲しい方は、ドコモの売れ筋ランキング上位にランクインしている機種を狙いましょう。

売れ筋上位はiPhoneシリーズが独占していますが、Androidスマホの中ではGoogle Pixel 7aが再び注目されておりおすすめです。

Google Pixel 7aのスペック
画面サイズ約6.1インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
OLED 429ppi
最大90 Hz対応
本体サイズ高さ:152.0mm
幅:72.9mm
厚さ:9.0mm
重さ193.5g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約1,300万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー4,385mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋
防水・防塵IP67
カラーSea
Snow
Charcoal
Coral
Google Pixel 7aの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

Google Pixel 7aは、Google Pixel 7/7 Proと同じチップを搭載し、処理能力も上位モデルと体感差を感じにくい優秀な1台です。

それでいて実質7,733円からと高コスパなのが大人気の秘訣でしょう。

カメラも高い画素数かつセンサーサイズも大きく、大抵のシーンでキレイな写真・動画が撮れます。

上位モデルと細かく比較すると見劣りする部分はありますが、並べて比較しなければ全く気になりません。

評判のいい快適なスマホを安くゲットするなら、Google Pixel 7aが最良の1台となるはずです。

Google Pixel 7aの価格

購入場所価格割引適用時※詳細
Googleストア54,800円-公式サイトを見る
ドコモ63,217円7,733円公式サイトを見る
au47,500円47円公式サイトを見る
ソフトバンク55,440円24円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)利用時

Google Pixel 7aは、通常価格が75,350円ですが、いつでもカエドキプログラム利用で乗り換えが7,733円になります。

最強コスパで使いたいなら、差し当たり2年で返却&機種変更前提で購入しましょう。

Pixel
Google Pixel 7a

評判の悪い機種

Xperia 1 IV

画像引用元:Xperia 1 IV SO-51C

ドコモのスマホの中には、一部評判が芳しくない機種もあります。

型落ちのXperia 1 IVが、スペック重視のヘビーユーザーからの評判が少し悪い印象です。

Xperia 1 IV
サイズ約71×165×8.2mm
ディスプレイ約6.5インチ
重さ約187g
カラーブラック
メインカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
サブカメラ約1,220万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
バッテリー容量5,000mAh
充電時間約120分
OSAndroid 12
CPUSnapdragon 8 Gen 1 Mobile Platform
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
生体認証指紋認証
詳細Xperia 1 IV の評価レビュー
Xperia 1 IVの評価
総合評価A
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.0
Xperia 1 IVの悪評
  • 発熱しすぎて重くなる
  • ゲームしていたら時々落ちる・カクカクする
  • カメラの画素数が1,200万画素で、センサーの性能を活かしきれていない

ネット上には上記のような悪評も見かけます。

発熱やゲームで落ちる要因は、Snapdragon 8 Gen 1の発する熱を処理しきれていないためでしょう。

しかし、ソフトウェア・アップデートである程度改善し、長時間のゲームなど負荷の高い使い方でなければかなり快適な1台であることにかわりありません。

オンライン限定で乗り換え・機種変更に10,000pt還元もあり、発熱する使い方がなければXperia 1 IVは今狙い目ではあります。

Xperia 1 IVの価格

項目価格割引適用時※詳細
ソニーストア108,900円87,900円公式サイトを見る
ドコモ159,500円64,900円公式サイトを見る

※ ソニーストアは2年返却時、ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム適用時

1型前でもハイエンドスマホをお得にゲットしたいなら、Xperia 1 IVを検討するといいでしょう。

SONY
Xperia 1 IV

子供におすすめのドコモスマホ

AQUOS wish3 SH-53D

画像引用元:AQUOS wish3 SH-53D

子供にスマホを購入する際は、低価格かつそこそこスペックのあるAndroidスマホが人気です。

現在のラインナップでは、特にAQUOS wish3がおすすめです。

AQUOS wish3
サイズ147 mn ×71 mm ×8.9 mm
ディスプレイ約5.7インチ
重さ161g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー容量3,730mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン
AQUOS wish3の評価
総合評価A
カメラ性能2.5
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5

AQUOS wish3は、Snapdragon 695 5GからMediaTek Dimensity 700に変更されましたが、前モデルと同様に安い割に安定した性能があります。

子供が多少ゲームを遊ぶ程度なら、スペックに困ることはないでしょう。

また、耐久力も高く、うっかり落としてしまっても画面や筐体割れのリスクは低めです。

Androidスマホは各種フィルタリングサービスの設定も比較的簡単なので、買った直後の設定に悩む可能性が低いのも密かなポイントとなっています。

小学生以下の子供にスマホを購入するなら、ぜひAQUOS wish3を検討してください。

AQUOS wish3の価格

項目価格割引適用時※詳細
SHARP公式34,980円-
公式サイトを見る
ドコモ37,863円28,095円公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700円9,700円公式サイトを見る
ワイモバイル21,984円7,920円公式サイトを見る
mineo32,472円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(スタンダード)、楽天モバイルは初プラン契約のポイント還元適用、ワイモバイルは乗り換えでシンプル 2M/L契約

AQUOS wish3は、通常価格で37,863円とかなり高コスパな1台です。

いつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却すれば、実質28,095円とさらに安くなります。

万が一、うっかり落として故障してしまっても大きなダメージにならない点も、子供に持たせるのにぴったりではないでしょうか。

AQUOS
AQUOS wish3

ドコモの安いおすすめスマホ

Google Pixel 7a

画像引用元:Google Pixel 7a

ドコモのスマホは、実質1万円台から2万円台の安いスマホも数多く販売されています。

子供向けにおすすめしたAQUOS wish3もかなり安いスマホですが、高コスパで人気のGoogle Pixel 7aも実質2万円台でコスパ良好なのでおすすめです。

Google Pixel 7aのスペック
画面サイズ約6.1インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
OLED 429ppi
最大90 Hz対応
本体サイズ高さ:152.0mm
幅:72.9mm
厚さ:9.0mm
重さ193.5g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約1,300万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー4,385mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋
防水・防塵IP67
カラーSea
Snow
Charcoal
Coral
Google Pixel 7aの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

2023年10月に最新モデルが登場しましたが、廉価版Google Pixelとしては最新モデルです。

Google Tensor G2搭載で処理能力も割と高く、普段使いで困ることはまずないでしょう。

安さ重視でドコモのスマホを選ぶなら、ぜひGoogle Pixel 7aを選んでください。

Google Pixel 7aの価格

購入場所価格割引適用時※詳細
Googleストア54,800円-公式サイトを見る
ドコモ63,217円7,733円公式サイトを見る
au47,500円47円公式サイトを見る
ソフトバンク55,440円24円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)利用時

Google Pixel 7aは、通常価格は6万円台とそこまで安くはありません。

しかし、いつでもカエドキプログラムを利用すれば実質22,033円、乗り換えなら実質7,733円と、スペックの割にかなりお得な価格になっています。

Pixel
Google Pixel 7a

中学生におすすめのドコモスマホ

Google Pixel 7a Coral

画像引用元:Google Pixel 7a

中学生は、スマホ持ち込み禁止の学校が多く、主に自宅・塾での利用が中心になるようです。

しかし、ある程度スペック重視でスマホを欲しがる子供が多いので、中学生の子供用としては価格とスペックのバランスが取れたスマホが人気です。

iPhoneにこだわるならiPhone SE(第3世代)が高コスパでおすすめですが、AndroidもOKならGoogle Pixel 7aがコスパ最強と考えていいでしょう。

Google Pixel 7aのスペック
画面サイズ約6.1インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
OLED 429ppi
最大90 Hz対応
本体サイズ高さ:152.0mm
幅:72.9mm
厚さ:9.0mm
重さ193.5g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約1,300万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー4,385mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋
防水・防塵IP67
カラーSea
Snow
Charcoal
Coral
Google Pixel 7aの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

Google Pixel 7aは、Google Pixel 7/7 Proと同じチップを搭載し、処理能力も上位モデルとほぼ同じです。

カメラも高性能なので、LINEや各種SNSに画像を投稿する場合でもまず困りません。

Androidスマホなので、フィルタリングサービスの設定も比較的簡単です。

全体的な評判もかなり高い人気モデルなので、iPhoneにこだわらない中学生の子供なら最適な1台といえます。

Google Pixel 7aの価格

購入場所価格割引適用時※詳細
Googleストア54,800円-公式サイトを見る
ドコモ63,217円7,733円公式サイトを見る
au47,500円47円公式サイトを見る
ソフトバンク55,440円24円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)利用時

Google Pixel 7aは、通常価格が63,217円ですが、いつでもカエドキプログラム利用で22,033円になります。

高コスパで使うなら、差し当たり2年後の機種変更を視野に入れて持たせるといいでしょう。

Pixel
Google Pixel 7a

高校生におすすめのドコモスマホ

iPhone 15

画像引用元:Apple(日本)

高校生は中学生とは異なり、学校へスマホ持ち込むケースが大半です。

SNSの利用や隙間時間のゲームなど使い方も多岐にわたり、ショップで受け付けているとハイエンドモデルを買い与えるケースが多いように見受けられます。

また、周囲に合わせてiPhoneを選ぶケースが多いので、最新のiPhone 15 128GBが高校生に最適な1台と考えて良さそうです。

iPhone 15のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15の評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

iPhone 15は通常モデルとProモデルがありますが、高校生用としては通常モデルで十分な性能です。

最新チップではなく1型前のA16 Bionic搭載ですが、重いゲームで遊ぶ際もサクサク快適です。

また、カメラ性能も4,800万画素にあがり、写真・動画の撮影もバッチリです。

iPhone 15の価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円76,630円96,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone 15は通常価格が15万円弱ですが、いつでもカエドキプログラム利用で75,570円から購入できます。

さらに他社から乗り換えで44,000円割引もあるため、実質31,570円と激安です。

また、高校生は毎日学校に持ち込むはずなので、機種代金に加えてsmartあんしん補償の月額825円もかかるとみておきましょう。

ドコモの最悪機種は?

arrows N F-51C(ドコモ)

画像引用元:arrows N F-51C | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

現在、ドコモの販売するスマホの中で最悪機種と言えるのは「arrows N」と考えられます。

arrows N
画面サイズ6.24インチ
本体サイズ高さ:155mm
幅:72mm
厚さ:8.6mm
重さ約171g
アウトカメラ広角:5,030万画素
超広角:810万画素
インカメラ1,240万画素
バッテリー4,600mAh
CPUSnapdragon 695 5G
RAM8GB
ROM128GB
認証指紋・顔
防水IPX5/8
5G対応〇(Sub6波のみ)
カラーフォグホワイト
フォレストブラック
ブラッシュネイビー(オンラインショップ限定)
詳細arrows N 評価レビュー
arrows Nの評価
カメラ性能[3点]
処理性能[3点]
画面性能[3点]
バッテリー性能[3.5点]
付加機能[3.5点]
総合評価3.2点

スペックや機能は一般的なミドルレンジスマホで、日本メーカー好きな方には注目されている1台です。

しかし、メーカーの「FCNT」が経営破綻し、10月からはレノボが事業を引き継ぎました。

国産にアドバンテージを感じている人にとって、中国企業が製造からサポートまで行うのはデメリットとなるでしょう。

arrows Nの価格

キャリア価格割引適用時※詳細
ドコモ88,000円52,888円公式サイトを見る
※ いつでもカエドキプログラム適用の場合

arrows Nは通常価格もいつでもカエドキプログラムの実質価格も割引されました。

2年返却でも使い続ける場合でも、一般的なミドルレンジスマホの価格帯で購入できます。

arrows
arrows N
公式サイトで端末を購入する

ドコモのおすすめ新機種

Galaxy S23

画像引用元:Galaxy S23 SC-51D | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

ドコモで2024年現在おすすめ最新機種は、Galaxy S23です。

Galaxy S23
SoCSnapdragon 8 Gen 2
5G対応
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146mm
幅:71mm
厚さ:7.6mm
重さ168g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
メモリ8GB
ストレージ256GB
バッテリー容量3,900mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラークリーム
ファントムブラック
ラベンダー
Galaxy S23の評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0

Galaxy S23には、最新の「Snapdragon 8 Gen 2」が搭載されています。

処理能力が最強の頭脳と電力効率アップで、長時間ゲームしても熱くなりにくくなっています。

また、カメラも手ブレ補正や夜間撮影が強化され、単純に前モデルより使い勝手が大幅アップ!

片手でも使えて取り回しが良く、価格も実質価格が約7万円台と手が出しやすいハイエンドスマホです。

Galaxy S23の価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ136,620円62,260円公式サイトを見る
au販売終了公式サイトを見る
楽天モバイル147,700円135,700円公式サイトを見る
※ ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム適用、楽天モバイルは乗り換えでプラン申し込み特典のポイント還元の場合

通常価格は13万円台と高額ですが、いつでもカエドキプログラムの利用で62,260円まで安くなります。

最高峰スペックのスマホをお得に使うなら、ぜひGalaxy S23をゲットしてください。

吹き出しアイコン

ただし、例年通りなら4月中にGalaxy S24が登場するはずです。今すぐ買い替えが必要な人以外はもう少し待った方がいいでしょう。

Galaxy
Galaxy S23

ドコモのスマホを機種変更で安く購入する方法

ドコモのスマホを機種変更で安く購入する方法
ここからは、ドコモのスマホを機種変更でも安く買うためのキャンペーン・割引をみていきましょう。

いつでもカエドキプログラム

いつでもカエドキプログラム

画像引用元:いつでもカエドキプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

いつでもカエドキプログラムは、対象のスマホを24回払いで購入し、23ヶ月目までにスマホをドコモに返却することで24回目の支払いが免除されます。

下の図は、105,500円のスマホをいつでもカエドキプログラムで購入した場合の支払いイメージです。

いつでもカエドキプログラム

画像引用元:NTTドコモ

本プログラムでは、24回目の支払い額が本体価格の約半額に設定されます。

上の図でも、24回目の支払い額として48,000円が設定されていますね。

23回目の支払い終了後にスマホをドコモへ返却することで、24回目の48,000円の支払いが免除されます。

つまり、105,500円のスマホが48,000円値引きされることになるため、実質支払い額が約半額の57,500円で済むということです。

本プログラムの条件

いつでもカエドキプログラムの条件
  • 対象のスマホを24回払いで購入すること
  • ドコモにスマホを返却すること

どちらも非常に簡単な条件ですね。これこそが、本プログラムの最大のメリットともいえるでしょう。

これら2つの条件は、本プログラムを普通に使っていれば自動的に満たせるものです。実質条件なしといっても過言ではありません。

割引額も後述するスマホおかえしプログラムより高いため、非常にお得な割引といえるでしょう。

いつでもカエドキプログラム+

いつでもカエドキプログラム+

画像引用元:いつでもカエドキプログラム+ | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

いつでもカエドキプログラム+は、対象のスマホを24回払いで購入&Smartあんしん補償に加入することで、12ヶ月目でもお得に端末返却できる購入プログラムです。

いつでもカエドキプログラムと同様の24回払いで機種を購入し、12ヶ月目に端末返却することで13回目〜24回目の支払いが免除されます。

機種に応じた「プログラム早期利用料」が必要になりますが、1年ごとに新しいiPhoneが欲しい方にぴったりなサービスといえるでしょう。

いつでもカエドキプログラムとの比較例
  • 総額211,000円の機種の場合
  • いつでもカエドキプログラム:99,300円免除で実質111,700円
    (23ヶ月目に端末返却した場合)
  • いつでもカエドキプログラム+:138,900円免除で実質72,100円
    (12ヶ月目に端末返却した場合)

本プログラムの条件

いつでもカエドキプログラム+の条件
  • 対象のスマホを24回払いで購入すること
  • smartあんしん補償に加入していること
  • 上記2つを満たせば自動適用
  • ドコモにスマホを返却すること
  • 22ヶ月未満の返却時はプログラム早期利用料を支払うこと
  • 対象スマホ
    iPhone15シリーズ
    Google Pixel 8 Pro
    AQUOS sense8 SH-54D
    Xperia 5 V SO-53D
    Galaxy Z Flip5 SC-54D

条件は簡単ですが、smartあんしん補償への加入が必要です。

また、23ヶ月目の端末返却ならプログラム早期利用料は不要で、従来のいつでもカエドキプログラムと同じ実質価格となります。

1年後に端末返却したくなる可能性があるなら、忘れずにsmartあんしん補償にも加入しておきましょう。

オンラインおトク割

オンラインおトク割

画像引用元:オンラインおトク割

本キャンペーンでは、ドコモオンラインショップで対象モデルを購入することで、最大33,000円割引されます。

キャンペーン概要
  • 期間
    2023年12月27日〜終了未定
  • 対象手続き
    全ての契約種別

オンラインおトク割の対象端末は3月29日に対象機種が追加され、iPhone 15 ProやGalaxy S23など人気機種が割引されます。

今後も随時対象機種が追加されると考えられるので、ドコモで機種購入する前に忘れずにチェックしましょう。

対象モデルの割引額

機種名乗り換え機種変更
iPhone 15 Pro(128GB/256GB)33,000円割引22,000円割引
iPhone 15 Plus(128GB/256GB)-
AQUOS R8 SH-52D22,000円割引
Xperia 10 V SO-52D-16,500円割引
Xperia 10 V
Fun Edition SO-52D
-
Galaxy S23 SC-51D11,000円割引11,000円割引
Google Pixel 7a-4,400円割引
詳細ドコモドコモ公式ショップを見る

乗り換えより機種変更の方が対象機種が多くなっていますが、割引額は乗り換えの方がお得です。

ドコモに乗り換え・機種変更する際は、オンラインおトク割対象機種をぜひ検討してください。

オンライン限定 機種購入割引

オンライン限定 機種購入割引

画像引用元:オンライン限定 機種購入割引

本キャンペーンでは、ドコモオンラインショップで対象スマホを購入する際に最大33,000円割引 or 30,000ポイント還元が受けられます。

※2024年4月1日現在は、対象機種がなくなり追加待ちの状態です。

キャンペーン概要
  • 期間
    2023年12月27日〜終了未定
  • 対象手続き
    全ての契約種別

オンライン限定 機種購入割引は、契約種別によって以下のように対象機種・割引額が異なります。

乗り換えの対象機種と割引額

対象機種割引額
対象機種なし-

新規契約の対象機種と割引額

対象機種割引額
対象機種なし-

機種変更の対象機種と割引額

対象機種割引額
対象機種なし-

対象機種が追加されず、オンラインおトク割に統合される可能性もあります。

しかし、公式のアナウンスはないため、ドコモでスマホを買う前に対象機種が追加されていないかチェックしましょう。

下取りプログラム

ドコモ下取りプログラム

画像引用元:キャンペーン・特典 一覧

下取りプログラム」では、ドコモで端末を購入する際に手持ちのiPhoneやAndroidを下取りに出すことによって、最大99,000円還元されます。

適用条件は下記の2つです。

下取りプログラム適用条件
  • 携帯電話機などの購入時に、iPhoneやAndroidを下取りに出す
  • dポイントクラブまたはドコモビジネスプレミアクラブに加入している

下取りプログラムはドコモの販売したスマホのみならず、他社iPhoneやアンドロイドスマホも乗り換え・新規契約時に下取りしてくれます。

ただし、下取りには審査があり、端末の状態によっては最大割引が受けられない可能性があることに注意しましょう。

中でも画面割れや動作不良品は大きく価値が下がってしまうため、下取りを出す前に端末の状態を確認しておく必要があります。

また、利用中の機種が「スマホおかえしプログラム」など、端末返却が条件の割引が使える場合、下取りよりお得になるケースもあります。

該当するスマホの場合は、下取りと返却時の総コストを比較して、お得になる方を選びましょう。

2024年4月は割引狙いできる機種が多い!

ドコモの2023-2024新機種

画像引用元:docomo collection 2023-2024

今回は、ドコモのスマホおすすめ人気ランキングと、条件別のおすすめスマホを紹介しました。

ドコモでは、最新のiPhone15シリーズだけでなく、Galaxyシリーズ・Xperiaシリーズなど、人気スマホを多数ラインナップしています。

幅広い機種が揃っているので、ドコモなら欲しい機種の取り扱いがなくて困るということはほぼないでしょう。

ドコモで新しい機種の購入を考えている方は、ぜひ今回のおすすめ機種を参考に選んでください!

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。