5万円以下のドコモのスマホ・携帯おすすめランキング【2019年11月】

  • 2019年11月20日
  • by 
5万円以下のドコモのスマホ・携帯おすすめランキング【2019年11月】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は5万円以下で買えるドコモのスマホをおすすめ順にランキング形式で紹介します。

ドコモは2019年6月から新プランを開始し、月々サポートや端末購入サポートがなくなりました。

今まで安いスマホを狙って機種変更していた方は、少し立ち回りが難しくなったと感じますよね。

しかし、ドコモは廉価モデルも多数取り扱い、使い方に合わせたスマホが見つけやすいキャリアと言えるでしょう。

ここで紹介するスマホを参考に、ぜひ安くて使いやすい1台を見つけてくださいね!

トップ画像引用元:Xperia Ace SO-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

【2019年版】ドコモの5万円以下のスマホおすすめランキング

【2019年版】ドコモの5万円以下のスマホおすすめランキング

画像引用元:2019-20 docomo collection スマホ・ケータイの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ

それではさっそく5万円以下のドコモのおすすめモデルをチェックしましょう。

発売から時間がたったモデルから最新モデルまでありますが、安さ重視で探すならここで紹介したモデルを見れば間違いありませんよ!

1位 iPhone 7

ドコモアイフォンセブン

画像引用元:iPhone 7 32GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

iPhone 7は、2016年9月発売のiPhoneです。

発売から少し時間が経っていますが、安定した性能で今でも利用している方が多いiPhoneですね。

iPhone 7のスペックと特徴

項目スペック
本体サイズ高さ:138.3 mm
幅:67.1 mm
厚さ:7.1 mm
重さ138g
SoCA10 Fusion
OSiOS12
メモリ2GB(実測値)
ストレージ32GB
画面サイズ4.8インチ
1,334×750
Retina HD
メインカメラ12MP
サブカメラ7MP

iPhone 7のスペックは、最新モデルと比較してしまうと見劣りしてしまいますね。

しかし、Web検索から動画視聴やゲームまで、大抵のことは余裕でこなしてくれます。

また、iPhone 7はシリーズ初の防水・防塵機能とApple Pay対応。

Androidを利用していた方も乗り換えるようになり、今でもiPhone 7という方が結構います。

3年以上経っているモデルですが、価格重視でiPhoneを選ぶならiPhone 7はまだまだ現役ですね!

iPhone 7の価格

項目価格
一括払い43,560円
月額1,210円×36回
購入購入はこちら

2位 Google Pixel 3a

グーグルピクセルスリーエー

画像引用元:Google Pixel 3a | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Google Pixel 3aは、2019年6月7日に発売されたGoogle謹製のミドルレンジモデルです。

Google Pixel 3よりスペックを抑えていて、購入しやすい価格帯になっています。

Google Pixel 3aのスペックと特徴

項目スペック
本体サイズ高さ:151.3 mm
幅:70.1 mm
厚さ:8.2 mm
重さ147g
SoCSnapdragon 670
2.0GHz+1.7GHz
オクタコア
OSAndroid 9
メモリ4GB
ストレージ64GB
画面サイズ5.6インチ OLED
2,220×1,080 FHD+
メインカメラ12.2MP
サブカメラ8MP

Google Pixel 3aはSnapdragon 670とRAM4GBで、どんな使い方をしても不満を感じることない水準のスペックを有しています。

また、余計なカスタマイズが施されていない純粋なAndroidを搭載しているので、他メーカーで同等スペックのモデルより少し快適です。

安くて長く使えるAndroidが欲しい方は、Google Pixel 3aがバランスの良い1台になりますよ!

ただ、Google Pixel 3aは防水・防塵機能が無いことに注意が必要ですね。

Google Pixel 3aの価格

項目価格
一括払い46,728円
月額1,298円×36回
購入購入はこちら
Pixel 3a/3a XLレビュー|夜景モードなら暗い場所でも色鮮やかに撮影可能

3位 Xperia Ace

エクスペリアエース

画像引用元:Xperia Ace SO-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia Aceは、2019年6月1日に発売された小型ミドルレンジモデルです。

大きなスマホが苦手な方、片手で操作したい方にピッタリな1台ですね!

Xperia Aceのスペックと特徴

項目スペック
本体サイズ高さ:140 mm
幅:67 mm
厚さ:9.3 mm
重さ154g
SoCSnapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
OSAndroid 9
メモリ4GB
ストレージ64GB
画面サイズ5インチ TFT
2,160×1,080
FHD+
メインカメラ12MP
サブカメラ8MP

Xperia Aceのスペックは、Snapdragon 630とRAM4GBで、ミドルレンジモデルの中でも真ん中くらいの性能ですね。

とはいえ、体感では全体的にサクサク動くので、普通に使っていて困ることはまず無いでしょう。

また、Xperiaシリーズなので防水・防塵にもバッチリ対応!

お風呂や水回りで利用したい方でも安心ですよ!

Xperia Aceの価格

項目価格
一括払い49,896円
月額1,386円×36回
購入購入はこちら
Xperia Aceレビュー|約5インチの小さいスマホは希少!最強の小型モデル

4位 AQUOS sense3

アクオスセンススリー

画像引用元:AQUOS sense3 SH-02M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

AQUOS sense3は、2019年11月1日に発売された最新モデルです。

AQUOS senseシリーズはローエンドモデルを展開してきましたが、AQUOS sense3は性能を上げて登場!

「国産モデルで安いスマホがいい」という方にぴったりの1台になるでしょう。

AQUOS sense3のスペックと特徴

項目スペック
本体サイズ高さ:147 mm
幅:70 mm
厚さ:8.9 mm
重さ167g
SoCSnapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
OSAndroid 9
メモリ4GB
ストレージ64GB
画面サイズ5.5インチ IGZO
2,160×1,080
FHD+
メインカメラ12MP
サブカメラ8MP

AQUOS sense3のスペックを見ると、Xperia Aceと同じSnapdragon 630とRAM4GBです。

今までSnapdragon 450等のローエンドモデル向けのSoCだったので、大きく性能が向上したと言えるでしょう。

WebやSNSはもちろん、ゲームでも重くないタイトルならサクサク快適に遊べます。

また、電池持ちも非常に長く、HD動画なら連続20時間再生できるほどです。

ライトユーザーなら毎日充電する必要もなく、自然とバッテリー劣化が抑えられて長持ちします。

安いモデルを長く利用したい方は、AQUOS sense3がピッタリかもしれませんね!

AQUOS sense3の価格

項目価格
一括払い31,680円
月額880円×36回
購入ドコモ公式ショップ
AQUOS sense3の発売日・価格・スペックは!?sense2との違いは何?

5位 Galaxy A20

ギャラクシーエーニジュウ

画像引用元:Galaxy A20 SC-02M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy A20は、2019年11月1日に発売された最新モデルです。

人気のGalaxyシリーズのローエンドモデルで、とにかく安いスマホを探している方向けですね。

Galaxy A20のスペックと特徴

項目スペック
本体サイズ高さ:150 mm
幅:71 mm
厚さ:8.1 mm
重さ151g
SoCExynos 7884B
1.6GHz+1.3GHz
オクタコア
OSAndroid 9
メモリ3GB
ストレージ32GB
画面サイズ5.8インチ
1,560×720
メインカメラ8MP
サブカメラ5MP

Galaxy A20は、Exynos 7884BとRAM3GBを搭載。

よくあるSnapdragonシリーズではないので比較しにくいのですが、AQUOS sense3やXperia Aceより1段階落ちるスペックです。

そのため、最新ゲームや3Dゲームなど、処理能力を要求しているタイトルは少しキツいかもしれません。

スマホでゲームをプレイすることはなく、Webや電話・写真などを中心に利用する方に向けた1台と考えていいでしょう。

Galaxy A20の価格

項目価格
一括払い21,384円
月額594円×36回
購入購入はこちら
ドコモでGalaxy A20に機種変更|お得に購入する完全ガイド

6位 arrows Be3

アローズビースリー

画像引用元:arrows Be3 F-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

arrows Be3は、2019年6月7日に発売されたローエンドモデルです。

スペックは決して高くありませんが、頑丈な作りや文字の読みやすさなど、安心して利用できる機能に注力した1台です。

arrows Be3のスペックと特徴

項目スペック
本体サイズ高さ:147 mm
幅:70 mm
厚さ:8.9 mm
重さ145g
SoCSnapdragon 450
1.8GHz オクタコア
OSAndroid 9
メモリ3GB
ストレージ32GB
画面サイズ5.6インチ 有機EL
2,220×1,080
FHD+
メインカメラ12.2MP
サブカメラ8.1MP

arrows Be3はSnapdragon 450とRAM3GBと、スペックはかなり抑えた構成になっていますね。

スマホゲームをプレイしたい方には物足りないスペックになっていますね。

その反面、この価格帯では珍しい有機ELディスプレイを搭載しています。

独自の拡大表示機能もあり、WebやSNSでのテキストの読みやすさにこだわていますね。

さらに、落としてもそうそう壊れない堅牢性もあり、1台を長く利用できる工夫がされています。

スペックは高くありませんが、ライトユーザーで1台を長く利用するという方にぴったりでしょう。

arrows Be3の価格

項目価格
一括払い34,056円
月額946円×36回
購入購入はこちら
arrows Be3のスペックと価格は!?前機種からの進化点と違いは何?

次のページでは、5万円を少し超えますが、最新iPhoneを安く利用できるポイントを解説します。

「安くても今からiPhone 7はちょっと…」と思う方はチェックしてくださいね!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • 還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ