[2020年最新]スマホを5万円台以下で買うならおすすめはこれ【ドコモ編】

  • 2020年7月19日
  • by.haru.10

ドコモショップ丸の内店

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ミドルスペックで手頃な価格で購入できるスマホが、今人気を集めています。

毎年発売されている最新モデルのスマホは、カメラやCPUなどが強化され性能が大幅に向上していますが、その分スマホ本体の価格も高くなっています。

最新のスマホは高くて気軽に買い替えることができないし、格安のスマホではスペック面で満足できないという人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、スペックを抑えて手頃な価格で購入できるミドルスペックスマホです。

今回は、ドコモで5万円台以下で手頃に購入できるスマホを紹介していきます。

ドコモでスマホを5万円台以下で買うならおすすめは?
  • iPhone SE(第2世代)が圧倒的No.1におすすめ!
  • Androidで選ぶならXperia 10 ll
  • 安さで選ぶならAQUOS sense3
\ 5万円台以下でおすすめはこれ /

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

ドコモで5万円台以下の機種は何がある?

ドコモオンラインショップ

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモでは幅広い価格帯のスマホが販売されており、5万円台以下でも十分なスペックを備えたスマホを選ぶことができます。

また、ドコモでは「スマホおかえしプロブラム」を活用することで、スマホ本体の実質価格を安くすることが可能です。

これは、スマホを36回分割で購入した時に、最大で12回の分割支払い金が免除される購入方法です。

2年ごとにスマホを買い替えるなら、最もお得に購入することができるようになっています。

では、5万円台以下でも購入できるドコモのおすすめスマホと、その金額について見てきましょう。

機種本体価格スマホおかえしプログラム
(24ヶ月以内に利用)
iPhone SE(第2世代)64GB:57,024円
128GB:62,568円
256GB:75,240円
64GB:38,016円
128GB:41,712円
256GB:50,160円
Xperia 587,912円58,608円
Xperia 10 ll41,976円対象外
AQUOS zero282,412円54,941円
AQUOS sense331,680円対象外
Galaxy A4137,224円
arrows Be423,760円
HUAWEI P30 Pro48,312円
LG style341,976円

このように、人気のiPhoneやXperiaなど様々な機種で5万円台以下で購入することができます。

ドコモで5万円台以下のおすすめ機種は?

では、ドコモで5万円台以下で購入できるおすすめスマホと、それぞれの特徴について見ていきましょう。

iPhone、Xperia、AQUOS、Galaxy、arrows、HUAWEI、LGの順に紹介していきます。

iPhone

iPhoneSE

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

iPhoneは日本はもちろん世界で人気のスマホで先端的なスペックを搭載した最新機種の発売は、毎年高い注目を集めています。

毎年iPhoneはスペックが向上するにつれて本体価格も高くなっていました。

しかし、2020年春に手頃な価格で購入できるミドルスペックのiPhone SE(第2世代)が発売されました。

なiPhone SE(第2世代)

今、5万円台以下のスマホに買い替えるならiPhone SE(第2世代)が最もおすすめです。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)は最新モデルのiPhone11シリーズと同じチップセットであるA13 Bionicを搭載しており、高い処理性能を備えています。

デザインは旧機種のiPhone8と同じデザインで、ディスプレイの上下に広めのベゼルがあり、根強い人気のあったホームボタンを搭載しているのが特徴です。

本体容量は64/128/256GBの3種類から選ぶことができ、それぞれで本体価格が異なります。

64GBなら一括購入でも5万円台で購入することができ、スマホおかえしプログラムを24ヶ月目に利用する場合の実質負担金は3万円台となります。

128GBや256GBでも、スマホおかえしプロブラムを使えば5万円台以下で購入することができるので、iPhoneの中では破格の安さと言えるでしょう。

iPhone SE(第2世代)のスペックは、カメラ性能を除けば最新のiPhone11シリーズにも劣らないので、手頃な価格のスマホを探している人には1番おすすめの機種となります。

Xperia

Xperia 5

画像引用元:Xperia 5(エクスペリア ファイブ)| ソニーモバイル公式サイト

XperiaもiPhoneと同様に、これまでは高機能モデルを中心に販売しており手頃な価格のミドルスペックモデルがありませんでした。

しかしながら、最近になってXperiaでもミドルスペックのラインナップが充実してきたので、手頃な価格のスマホを探しているという人にも十分選択肢に入ります。

では、5万円台以下で購入できるXperiaについて見てきましょう。

Xperia 5

Xperia 5はハイエンドモデルのXperia 1を一回り小型にしたスマホとなっています。

Xperia 5
ディスプレイサイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:158 mm
幅:68 mm
厚さ:8.2 mm
重さ164g
アウトカメラトリプルカメラ
超広角:1,220万画素
標準:1,220万画素
望遠:1,220万画素
インカメラ800万画素
バッテリー3,000mAh
RAM6GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
カラーブラック・グレー・ブルー・
レッド
詳細Xperia 5 実機レビュー

Xperia 1に搭載されている高性能なCPUや、トリプルレンズカメラ、21:9の超縦長ディスプレイという特徴を全て引き継いだ上で、小型化されたことで操作感が向上しています。

あまり大きなスマホだと扱いづらいと感じる人にとっても、ちょうどいいサイズ感になりました。

Xperia 5はスマホおかえしプログラムを24ヶ月目で利用すれば、5万円台で購入することが可能です。

Xperia 10 ll

小型で女性の手でも扱いやすいサイズ感になったXperia 5ですが、さらにスペックを抑えて本体価格も手頃になったのがXperia 10 llです。

Xperia 10 ll
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:157mm
幅:69mm
厚さ:8.2mm
重さ151g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 665
OSAndroid 10
バッテリー3,600mAh
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・ミント・
ブルー(ドコモ限定)
詳細Xperia 10 ll 実機レビュー

Xperia 10 llはハイエンドモデルに近いXperia 5と比べて、CPUやRAM容量が抑えられているので処理性能に関しては少し劣るでしょう。

しかし、Xperiaの特徴であるカメラ性能やディスプレイの綺麗さでは、Xperia 5にも匹敵します。

カメラや動画視聴にスマホを使うことが多いという人なら、間違いなく満足できるスペックになっています。

Xperia 10 llの本体価格は4万円台と非常に低価格なので、最新機種のような有り余る高いスペックは必要ないと感じる人にとっては非常におすすめです。

AQUOS

AQUOS zero2

画像引用元:AQUOS 2019 Winter 最新モデル|スマートフォンAQUOS:シャープ

最近、徐々に国内のスマホシェアを伸ばしているのが、SHARPのAQUOSシリーズです。

AQUOSはハイエンドモデルからエントリーモデルまで、幅広いラインナップを展開していることから、老若男女幅広い層から人気を集めています。

その中でも、5万円台以下の手頃な価格で購入できるAQUOSスマホについて見ていきましょう。

AQUOS zero2

AQUOS zero2はスマホゲームのプレイに最適化されたゲーミングスマホとなっています。

AQUOS zero2
ディスプレイ6.4インチ
本体サイズ高さ:158 mm
幅:74 mm
厚さ:8.8 mm
重さ141g
アウトカメラ広角:1,220万画素
超広角:2,010万画素
インカメラ800万画素
バッテリー3,130mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUQualcomm Snapdragon 855
OSAndroid 9
認識指紋・顔認証
カラーアストロブラック・ミスティホワイト

ハイエンドモデルに位置付けられ、どんなスマホゲームも快適にプレイできる高いスペックを備えたスマホです。

それなのに、スマホおかえしプログラムを使えば5万円台で購入することが可能です。

CPUにはSnapdragon855、RAMは8GBを搭載しているので、他のスマホと比べてもスペックが高く負荷の高い処理もスムーズに行うことができます。

ROMも256GBあるので、ゲームアプリをたくさんインストールしても容量不足で困ることはないでしょう。

スマホゲームをストレスなくプレイできるスマホを、手頃な価格で手に入れたいなら、AQUOS zero2がおすすめです。

AQUOS sense3

AQUOS sense3はAQUOSシリーズのスタンダードモデルとなっており、必要十分な機能だけを搭載することで本体価格を安く抑えています。

AQUOS sense3
ディスプレイ5.5インチ
本体サイズ高さ:約147mm
幅:70mm
厚さ:8.9mm
重さ約167g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 630
OSAndroid 9 Pie
認証指紋認証・顔認証
カラーライトカッパー・ブラック・
シルバーホワイト・ディープピンク
詳細AQUOS sense3 実機レビュー

AQUOS sense3の本体価格は3万円台と、これまで紹介してきたスマホと比較しても非常に安いのが特徴です。

また、防水防塵やおサイフケータイの機能も搭載されているので、海外の格安スマホで機能面に不安があったという人でも安心して使うことができるでしょう。

CPUや内蔵メモリは控え目な内容になっているので、ヘビーにスマホを使い込む人にとっては物足りないかも知れません。

ただ、必要最低限の機能さえ使うことができれば良いという人にとっては、AQUOS sense3は最高にコスパの良い機種と言えるでしょう。

Galaxy

Galaxy A41

画像引用元:Galaxy A41(ギャラクシーA41)- Galaxy公式(日本)

Galaxyシリーズもハイエンドモデルの印象の方が強いという人が多いかも知れません。

しかし、最近ではGalaxyも日本向けにロー〜ミドルスペックの機種を販売しており、選択肢はかなり広くなりました。

ここでは、新しく発売された手頃な価格で購入できるGalaxyを紹介します。

Galaxy A41

2020年夏モデルとして発売されたGalaxy A41は3万円台で購入することのできる、ミドルスペックモデルのスマホとなっています。

★ここに【Galaxy A41】の表を入れる

しかしながら、最新機種にも採用されている有機ELディスプレイ内蔵の指紋認証センサーを搭載したり、高画素のトリプルレンズカメラを搭載しているなど性能の高さが魅力です。

特にカメラの画素数は約4,800万画素と高い数値になっているので、写真をよく撮るという人にもおすすめです。

海外メーカーの低価格スマホの場合は、防水防塵やおサイフケータイが非対応の機種も多いですが、Galaxy A41ではそれらの機能に対応しているのもおすすめのポイントです。

機種の性能に妥協はしたくないけれども、とにかく安い機種が欲しいという人におすすめの1台です。

arrows

arrows Be4

画像引用元:arrows Be4 F-41A

FUJITSUのarrowsシリーズ最新モデルとなるarrows Be4は、初めてスマホを持つ人に最適なモデルとなっています。

arrows Be4
ディスプレイ約5.6インチ
本体サイズ高さ:147mm
幅:70mm
厚さ:8.9mm
重さ約144g
アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ約810万画素
バッテリー2,780mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSnapdragon 450
OSAndroid 10
認証指紋
カラーGold/White/Black/Purple
価格23,760円

開発から製造まで全ての工程を日本国内で行った純日本製のスマホは、高い耐衝撃性能を備えており、落下時の画面割れにも強くなっています。

スマホの操作に慣れていない人に向けたシンプルモードでは、メニューアイコンや文字を大きく表示することができるので、初めてのスマホでも安心して使うことができます。

本体価格は2万円台と格安なので、試しにスマホを使ってみたいという人にもおすすめの機種です。

HUAWEI

ファーウェイピーサーティプロ

HUAWEIスマホは高性能かつ低価格と、非常にコスパの優れたスマホとして、世界的にユーザーの多いメーカーとなっています。

ロー〜ハイスペックモデルまで幅広いラインナップがHUAWEIスマホの特徴で、様々なニーズに合わせたスマホが発売されています。

その中でも、ハイエンドモデルとなるHUAWEI P30 Proは高性能なCPUやカメラを搭載しており最高レベルのスペックとなっています。

HUAWEI P30 Pro
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:約73mm
厚さ:約8.6mm
重さ192g
アウトカメラ広角:約4,000万画素
超広角:約2,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約3200万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUKirin 980 オクタコア
OSAndroid 9
解像度2,340 x 1,080
バッテリー4,100mAh
認識指紋・顔
カラーブリージングクリスタル・
ブラック

HUAWEI P30 Proは発売当初は9万円台となっていましたが、現在ドコモでは大幅に値下げされており4万円台で購入が可能です。

発売から1年も経っておらず、今でも申し分ないスペックの高さなので、当時は高価で手が出し難かったという人は、この機会に買い替えてみてはいかがでしょうか?

LG

ドコモのLG style3(L-41A)

画像引用元:LG style3 L-41A

スペックに妥協はしたくないけれども安い機種がいい、そんな人におすすめしたいもう1台のスマホがLG style3です。

LG style3は、CPUに従来のハイエンドモデルに搭載されてきたSnapdragon845を搭載することで、本体の価格を抑えつつ処理性能の高いスマホとなっているのが特徴です。

★ここに【LG style3】の表を入れる

Snapdragon845は2年程前に発売されたスマホの多くに搭載されていたチップセットで、最新のもの比べると見劣りはしますが、十分快適に操作ができる性能の高さを備えています。

また、約4,820万画素の高画質カメラは、AIカメラ機能を搭載しておりシーンに応じた最適な撮影モードで撮影することが可能になっています。

現在発売されているハイエンドモデルのスマホと比較しても、遜色ないレベルで高スペックなLG style3は4万円台で購入可能です。

コスパを追求したい人におすすめの1台となっています。

ドコモで5万円台以下のスマホを更にお得に購入する方法

ドコモオンラインショップ

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ここまでドコモで5万円台以下で購入できるおすすめのスマホについて紹介をしてきました。

どれもコスパに優れたスマホばかりで、スマホをお得に利用したいという人にはぴったりです。

ここからは、そんなドコモのスマホをさらにお得に購入する方法について紹介いたします。

ドコモオンラインショップで購入

ドコモでスマホを購入するなら、同じ機種を購入でもドコモオンラインショップが1番お得になります。

理由は、ドコモオンラインショップなら、機種代金の頭金と契約事務手数料が無料になるからです。

ドコモショップや家電量販店で購入する場合、分割購入の場合でも頭金として店頭支払いが必要になるケースがありますし、契約事務手数料がかかってしまいます。

これらの費用が無料になるドコモオンラインショップでの購入がおすすめです。

また、購入代金が2,750円以上になれば送料は無料です。

スマホを購入する場合は、ほぼ確実に2,750円を超えるので送料もかかりません。

キャンペーンを活用

また、ドコモオンラインショップでは定期的にキャンペーンが実施されています。

オンラインショップ限定の端末購入割引などスマホをさらにお得に購入できるチャンスとなるので、キャンペーンが実施されている時は積極的に活用したいところです。

機種限定でdポイントの還元キャンペーンを行なっていることもあるので、スマホを買い替える前には一度キャンペーン情報を確認してみるようにしましょう。

【2020年11月】ドコモキャンペーン情報|機種変更・乗り換えで今使えるもの

月々のスマホ料金をなるべく安くしたいなら

dcard-gold

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

せっかくスマホ本体をお得に購入するなら、月々の料金も安く抑えたいところです。

ドコモのスマホ料金は2つの方法で劇的に安くすることが可能となっています。

そこで、ここからはドコモの月々の料金を安くする方法について見ていきましょう。

支払いにはdカード GOLD

ドコモのスマホの月々の料金を最も簡単に安くできる方法は、毎月の支払いをdカード GOLDにすることです。

dカード GOLDなら、毎月のドコモの利用料金1,000円(税抜)ごとに100ポイントが還元されます。

毎月の料金から10%がdポイントで還元されることになるので、非常にお得です。

家族のスマホ料金をまとめてdカード GOLDで支払った場合は、合計金額1,000円(税抜)ごとに100ポイント還元となるので、より多くのポイントが貯められます。

例えば、家族3人でスマホ3台とドコモ光を契約していて、毎月30,000円(税抜)の料金がかかっている場合、dカード GOLDで支払えば毎月3,000ポイント還元されることになります。

また、ポイント還元だけでなくスマホが故障した場合や紛失・盗難にあった場合に、最大10万円まで補償も受けられます。

dカード GOLDはドコモのスマホをお得に、そして安心して利用したいという人には、非常におすすめです。

ただし、dカード GOLD年会費として11,000円かかるので、利用状況次第ではあまりメリットのない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

dカード GOLDは還元率がスゴイ!フル活用で年間8万円以上もお得に

対象ならドコモ光セット割も

さらに、自宅の光回線にドコモ光を利用していて、スマホの対象プランに加入している場合には、ドコモ光セット割が適用されます。

ドコモ光セット割の割引金額は、スマホのプランによって異なります。

スマホのプランプランの例割引額
カケホーダイ&パケあえるベーシックパック
ベーシックシェアパックなど
最大3,850円割引
ギガプランギガホ・ギガライトなど最大1,100円割引

現在は新規受付が終了している「カケホーダイ&パケあえる」を利用している場合は、代表回線1回線のみの割引となります。

それに対して、現行のプランとなる「ギガプラン」の場合は、家族のドコモ回線1台あたり最大1,100円の割引が適用されます。

ドコモ光セット割は非常に大きな割引になっているので、ドコモのスマホを使っているなら是非とも光回線もドコモ光に揃えておきたいところです。

ドコモの5万円台以下のスマホはおすすめ

ドコモショップ

ドコモでは豊富なラインナップのスマホから選ぶことができ、5万円台以下の手頃な価格のスマホも数多く揃えられています。

新たなドコモの購入方式である、スマホおかえしプログラムを使うことでさらにお得に買い替えることが可能にもなっています。

ドコモでスマホを5万円台以下で買うならおすすめは?
  • iPhone SE(第2世代)が圧倒的No.1におすすめ!
  • Androidで選ぶならXperia 10 ll
  • 安さで選ぶならAQUOS sense3
\ 5万円台以下でおすすめはこれ /

最近のスマホは安くても1世代前のハイエンドモデルに匹敵するレベルのスペックの機種が多く、安くてもスペックが高いスマホがいいというコスパ重視の人にも非常におすすめです。

これまでハイエンドモデルのスマホを使ってきたという人でも、満足に使えるレベルのスマホもあるので、これからドコモで買い替えを検討している人は是非参考にしてみてください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ