【2022年】ドコモスマホのカメラ性能ランキング|おすすめ機種を比較

  • 2022年3月5日
  • by.nuko

ドコモスマホのカメラ性能ランキング

ahamo月額2,970円で20GBの格安プラン!さらにMNPならもれなく10,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップがおすすめです!

この記事では、2022年のドコモのカメラ性能が良いおすすめのスマホをランキング形式でご紹介します。

スマホのカメラは、新しい機種が登場する度に性能が高くなっています。

SNSに頻繁に写真をアップする方は、スマホを選ぶときはカメラ性能を重視しているのではないでしょうか?

しかし、機種によってカメラ性能に違いがあるため、どの機種を購入すればよいのか迷ってしまいますよね。

そこで、各スマホのカメラ性能や、チェックしておきたいポイントについても解説しています。

カメラ性能が高いスマホをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2022年ドコモでカメラ性能が高いおすすめスマホ

スマホのカメラ性能のポイント

AQUOS R6 カメラ

まずは、カメラ性能が高いスマホを選ぶときの5つのポイントをご紹介します。

カメラ性能が高いスマホを選ぶポイント
  • 画素数・解像度
  • F値
  • レンズの枚数
  • その他の機能
  • スマホの処理能力

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

画素数・解像度

カメラの画素数・解像度は、数値が高いものほど精細で美しい写真が撮影できます。

画素数とは、画像を構成する画素の数のこと。

1,000万画素や1MPなどで表示されています。

この画素数が大きいほど写真のキメが細かいので、写真を大きく引き伸ばしても画質がキレイなまま印刷が可能です。

近年では、1億画素を超える超高画素のカメラを搭載しているスマホも多数販売されていますよ。

もうひとつ、プリントアウトするなら解像度もチェックしておきましょう。

解像度とは、デジタル化された画像の精度のことです。

デジタル画像は細かい点が集まってひとつの画像を作っています。

つまり、画素をどのくらいの密度で並べているかを表しているのが解像度です。単位はdpiが使われています。

解像度も高いほど精細な表現ができるため、画素数を見るときは解像度もチェックしましょう。

ただし、画素数・解像度が大きいほどデータ量も大きくなるため、データ通信量・メモリ保存量を圧迫してしまう点に注意してください。

F値

F値とは、レンズの絞り具合のことをいいます。

絞りを調節することで、シャッターの速度や背景のボケ具合をコントールできます。

F値が小さいと背景がぼやけてシャッター速度が速くなり、動いている被写体のブレを抑えて撮影が可能。

夜間も明るくキレイな写真が撮影できますよ。

一方で、F値が大きいほど背景がぼやけにくく、シャッター速度も遅くなります。

動いている被写体・夜間の写真撮影が多い方は、F値が小さいカメラを選ぶようにしましょう。

レンズの枚数

最近のスマホは、デュアルカメラやトリプルカメラなど、複数のカメラレンズを搭載しているものが多数登場しています。

カメラの数が増えたことで撮影の幅が広がり、一眼レフのようなボケを表現できるようになりました。

また、コントラストのある色彩で暗い場所でもキレイに撮影できます。

レンズの組み合わせは多種多様です。

主なカメラレンズ
  • 望遠レンズ:ズーム撮影しても画質が落ちない
  • 広角レンズ:広範囲の景色をフレームに収めることができる
  • 超広角レンズ:より広範囲の景色が撮影できる
  • マクロレンズ:接写撮影が可能

その他の機能

スマホカメラには、キレイな写真が簡単に撮影できるようにさまざまな機能が搭載されています。

主なカメラ機能
  • 手ブレ補正:シャッターを押すときの手ブレを防ぐ
  • AIカメラ機能:AIが被写体にあった最適な撮影モードに設定してくれる
  • ハンドシャッター:手のひらを見せたあと数秒後にシャッターを切る
  • スマイルシャッター:笑顔を自動で感知してシャッターを切る
  • ナイトモード:暗い場所で撮影した写真も明るく鮮明に撮影

カメラ撮影が苦手な人でも簡単に写真が撮影できるため、機能が充実しているものを選ぶのがおすすめです。

スマホの処理能力

カメラの性能だけでなく、スマホ本体に内蔵されているCPUも重要です。

CPUとは、スマホの処理能力を表します。

性能が高いものほど処理能力に優れているため、カメラの画像処理能力も高くなっています。

CPUの性能を判断するときは、「コア」「クロック周波数」をチェックしましょう。

  • コア:コア数が大きいほど処理するときの負担が軽減できる
  • クロック周波数:数値が大きいほど処理速度が速い

コア数は、4コア程度でも問題ありませんが、高性能スマホは8コア(オクタコア)を搭載しているものがほとんどです。

クロック周波数は、CPUが1秒間に命令を何度出せるかを表しています。

数値が大きいほど処理速度が速いです。

【2022年】ドコモスマホのカメラ性能ランキング

Xperia 5 III カメラ

ここからは、2022年ドコモで発売されているカメラ性能が高いおすすめのスマホを、ランキング形式で紹介していきます。

上記で解説した5つのポイントを踏まえて解説していくので、スマホ選びに迷っている方はチェックしてみてくださいね。

2022年ドコモでカメラ性能が高いおすすめスマホ

第1位:Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

Galaxy S21 Ultra 5G

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G|Galaxy公式(日本)

Galaxy S21 Ultra 5Gのカメラ評価
画素数・解像度★★★★★
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4.5/5.0

Galaxy S21 Ultra 5Gは、2021年4月22日発売のGalaxy Sシリーズ最新モデルです。

広角・超広角・望遠×2・レーザーAFセンサーを搭載し、驚きの最大100倍ズームも可能です。

また、広角レンズは1億800万画素、F値も1.8あるので、非常にきめ細やかな美しい写真が撮れます。

何回トリミングしても劣化を感じず、撮影後にPhotoshop等で編集する方にもぴったりです。

どんなシーンでもキレイな写真が撮れるので、カメラ重視でスマホを選ぶならぜひチェックしてください。

Galaxy S21 Ultra 5のカメラ機能
  • スペースズーム:最大100倍のデジタルズーム
  • ナイトモード:暗い場所でも明るく鮮明な写真を撮影
  • 8Kビデオ撮影:スマホ史上最高解像度で動画撮影できる
  • 8Kビデオスナップ:8K動画から写真が切り出せる
  • スーパー手ブレ補正:手ブレを抑えてなめらかな動画を撮影
  • スーパースムーズ60fps動画:暗い場所でもなめらかな動画を撮影

動画も8Kビデオに対応しているので、日常の記録から旅行やイベントの思い出まで超高画質で残せます。

また、Galaxy S21 Ultra 5Gはシリーズ初のSペン対応!

撮った写真や動画をスマホ上で編集する際も、指より細かな編集ができます。

写真撮影だけではなく、動画撮影や編集もするなら、Galaxy S21 Ultra 5Gがぴったりなスマホになるでしょう。

Galaxy S21 Ultra 5Gの特徴
  • 広角・超広角・望遠×2・レーザーAFセンサー搭載
  • 広角レンズは1億800万画素で超高精細
  • F値1.8で明るい写真が撮影できる
  • 本体のスペックも高いので撮影から編集までばっちり
  • 8K動画撮影に対応
  • Sペンを使えば写真や動画の細かな編集も可能

Galaxy S21 Ultra 5Gの価格

Galaxy S21 Ultra機種代金
通常価格151,272円
スマホおかえしプログラム
適用時
100,848円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

第2位:iPhone 13 Pro/13 Pro Max

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★★
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4.5/5.0

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは、2021年最新のiPhoneシリーズ最上位モデルです。

広角カメラ・超広角・望遠のトリプルカメラに加えてLiDARスキャナを搭載しています。

画素数は3つのカメラ全て1,200万画素と、あまり高い画素数ではありません。

しかし、普通の写真サイズなら十分な解像度で、A4サイズ程度までならキレイに印刷できます。

また、F値1.5のレンズとLiDARスキャナが搭載されているので、暗い場所でもオートフォーカスが優秀で、明るく鮮明に撮れます。

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxのカメラ機能
  • ナイトモード:広角・超広角・望遠全てのレンズで対応
    (ポートレート撮影でもナイトモード利用可能)
  • ポートレートモード:背景をぼかして被写体をくっきり映せる
  • Deep Fusion:肌や布など細部まで質感を再現
  • スマートHDR4:被写体ごとに輪郭やホワイトバランスなど自動調整
  • マクロ撮影:超広角レンズを利用してマクロ撮影できる
  • センサーシフト光学式手ブレ補正:光学式より精度の高い手ブレ補正
  • シネマティックモード:動画撮影時に自動的に被写体のフォーカス移動・ボケ効果の調整
  • 最大4K・30fpsのProRessビデオ撮影

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは、センサーシフト光学式手ブレ補正に対応しています。

前モデルではiPhone 12 Pro Maxのみ対応していた機能なので、手ブレが気になる方もiPhone 13 Proが選べるようになりました。

また、シネマティックモードやProRess撮影など、動画撮影の新機能も搭載されています。

写真だけでなく動画もたっぷり撮影するなら、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxもぜひ検討しましょう!

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • アウトカメラは全て1,200万画素
  • F値1.5の明るいレンズを搭載
  • 超広角レンズでマクロ撮影に対応
  • Deep Fusionで細かな質感まで表現
  • シネマティックモードやProRessなど動画の新機能を搭載

iPhone 13 Proの価格

iPhone 13 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常142,560円165,528円197,208円226,512円
いつでもカエドキプログラム72,600円85,008円100,848円115,632円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常143,040円156,995円185,015円212,920円
スマホトクするプログラム77,280円84,755円99,935円115,000円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常144,000円157,680円186,480円214,560円
新トクするサポート72,000円78,840円93,240円107,280円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常122,800円134,800円158,800円182,800円
アップグレードプログラム61,392円67,392円79,392円91,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常122,800円134,800円158,800円182,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 13 Pro Maxの価格

iPhone 13 Pro Max128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常165,528円182,160円213,048円243,144円
いつでもカエドキプログラム85,008円92,400円108,768円124,344円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常156,995円170,945円198,965円226,870円
スマホトクするプログラム84,755円92,345円107,525円122,590円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常157,680円172,080円200,160円228,240円
新トクするサポート78,840円86,040円100,080円114,120円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常134,800円146,800円170,800円194,800円
アップグレードプログラム67,392円73,392円85,392円97,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常134,800円146,800円170,800円194,800円
詳細Apple公式サイトを見る

第3位:Xperia 1 III SO-51B

xperia1lll

画像引用元:Xperia 1 III SO-51B | NTTドコモ

Xperia 1 IIIのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★★
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4.5/5.0

Xperia 1 IIIは、2021年7月9日に発売されたXperiaシリーズ最上位モデルです。

カメラは広角・超広角・望遠のトリプルカメラに加え、3D iToFセンサーを搭載しています。

また、望遠カメラには世界初の「可変式望遠レンズ」を搭載し、撮影シーンに合わせて70mm・105mmを切り替えて利用できます。

そのため、実質クアッドカメラと考えてもいいかもしれませんね!

Xperia 1 IIIのカメラ機能
  • Photography Pro:プログラムオートなどモードを選択するだけでプロレベルの撮影が可能
  • 瞳AF:被写体の瞳を自動検出してピントを合わせる
  • リアルタイム瞳AF:動く被写体の瞳を検出して追従
  • リアルタイムトラッキング:選んだ被写体にピントを合わせて追従
  • AF/AE追従高速連写:自動的にフォーカスを合わせて毎秒最高20コマの高速連写
  • 低照度撮影:暗い場所でも明るく鮮明に撮影できる
  • カメラキー:サイドボタンを押すだけでシャッターが切れる
  • ハイブリッド手ブレ補正:光学式+電子式の手ブレ補正で暗い場所でも補正可能

Xperia 1 IIIは瞳AFなど、被写体にフォーカスを当てる機能が充実しています。

子供やペットなど、動きの多い被写体を撮ることが多いなら、Xperia 1 IIIのカメラ機能が便利です。

Photography Proでこだわりの1枚を撮りたい方も、毎日の記録にたくさん撮りたい方も、Xperia 1 IIIをぜひ検討してください。

Xperia 1 IIIの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • 広角カメラのF値1.7で明るい写真が撮れる
  • 3D iToFセンサーで動く被写体も正確に追従
  • 望遠カメラは世界初の可変式望遠レンズ搭載
  • 画素数は1,220万画素
  • ZEISSレンズ採用で肌などの質感も再現
  • 被写体にフォーカスする優れた機能を多数搭載

Xperia 1 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ154,440円102,960円ドコモ公式サイト
au178,000円98,440円公式サイト
ソフトバンク188,640円94,320円公式サイト
SIMフリー149,600円-ソニーストア

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポートフル適用の場合

第4位:Xperia 5 III SO-53B

Xperia 5 III

画像引用元:Xperia 5 III SO-53B

Xperia 5 IIIのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★☆
その他の機能★★★★★
スマホの処理能力★★★★☆
総合評価4/5.0

Xperia 5 IIIは、2021年11月12日に発売された最新Xperiaです。

Xperia 1 IIIとほぼ同等のスペックをコンパクトなボディに詰め込んだモデルで、片手で操作したい方に人気です。

カメラ構成は広角・超広角・望遠のトリプルカメラで、ZEISSレンズや可変式望遠レンズを搭載しているところもXperia 1 IIIと同じです。

ただし、3D iToFセンサーは非搭載のため、リアルタイムトラッキング機能はありません。

Xperia 5 IIIのカメラ機能
  • Photography Pro:プログラムオートなどモードを選択するだけでプロレベルの撮影が可能
  • 瞳AF:被写体の瞳を自動検出してピントを合わせる
  • リアルタイム瞳AF:動く被写体の瞳を検出して追従
  • AF/AE追従高速連写:自動的にフォーカスを合わせて毎秒最高20コマの高速連写
  • カメラキー:サイドボタンを押すだけでシャッターが切れる
  • ハイブリッド手ブレ補正:光学式+電子式の手ブレ補正で暗い場所でも補正可能

なお、本体スペックはSnapdragon 888搭載ですが、RAMは8GBとXperia 1 IIIより少なくなっています。

写真や動画の撮影には大きな影響はないでしょうが、スマホで高画質の動画を編集する場合はスペック差に注意した方がいいかもしれません。

Xperia 5 IIIの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • 広角カメラのF値1.7で明るい写真が撮れる
  • 望遠カメラは可変式望遠レンズ搭載
  • 画素数は1,220万画素
  • ZEISSレンズ採用で肌などの質感も再現

Xperia 5 IIIの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ113,256円68,376円ドコモ公式サイト
au121,405円67,045円公式サイト
ソフトバンク137,520円68,760円公式サイト

第5位:Galaxy S21 5G SC-51B

Galaxy S21 5G

画像引用元:Galaxy S21 5G SC-51B

Galaxy S21 5Gのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★☆
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★★☆
総合評価4.0/5.0

Galaxy S21 5Gは、2021年4月22日発売のハイエンドモデルです。

カメラは広角・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載しています。

広角・超広角は1,200万画素ですが、望遠は6,400万画素もあります。

A3以上のサイズで印刷したい写真を撮るときは、「64MP」をタップしてから撮影すればばっちりです。

Galaxy S21 Ultra 5Gと比べてしまうとカメラ性能は控えめですが、普段使いなら十分高性能なカメラを搭載していますよ!

Galaxy S21 5Gのカメラ機能
  • スペースズーム:最大30倍のデジタルズーム
  • ナイトモード:暗い場所でも明るく鮮明な写真が撮れる
  • 8Kビデオ撮影:スマホ最高峰の8K画質で動画撮影できる
  • 8Kビデオスナップ:8K映像から写真が切り出せる
  • シングルテイク:1回のシャッターでAIが自動的に複数の写真や動画を撮影
  • スーパー手ブレ補正:手ブレを抑えてなめらかな動画を撮影

最大30倍のデジタルズームやナイトモードなど、キレイな写真を撮るための昨日も豊富に搭載されています。

また、動画は8K対応なので、テレビに映したい動画の撮影にもピッタリです。

Galaxy S21 5Gの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • 望遠レンズが6,400万画素
  • F値1.8の広角カメラで明るい写真が撮れる
  • 8K動画撮影に対応

Galaxy S21 5Gの価格

キャリア本体価格割引適用時※予約・詳細
ドコモ99,792円66,528円ドコモドコモ公式ショップ
au91,085円55,085円au公式サイトauオンラインショップ

第6位:iPhone 13/13 mini

iPhone 13

iPhone 13/13 miniのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★★
レンズの枚数★★★☆☆
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4/5.0

iPhone 13/13 miniは、2021年のiPhoneシリーズのスタンダードモデルです。

CPUはiPhone 13 Pro/13 Pro Maxと同等なので、処理能力は非常に優れています。

カメラは広角・超広角のデュアルカメラを搭載し、どちらのレンズもナイトモードが利用できます。

暗い場所や室内でもキレイな写真が撮影できるので、インドアでの撮影が多くても使いやすいカメラです。

背景をぼかした動画を撮影できるシネマティックモードにも対応しています。

iPhone 13/13 miniのカメラ機能
  • ナイトモード:暗い場所でもキレイに撮れる
  • ポートレート:AI技術で背景をぼかした写真が撮れて調整も可能
  • Deep Fusion:肌や布地などの細かな質感を再現
  • スマートHDR4:被写体ごとに輪郭やホワイトバランスなど自動調整
  • センサーシフト光学式手ブレ補正:光学式より精度の高い手ブレ補正
  • シネマティックモード:動画撮影時に自動的に被写体のフォーカス移動・ボケ効果の調整

また、iPhone 13/13 miniでは、新たにセンサーシフト光学式手ブレ補正に対応しました。

前モデルではiPhone 12 Pro Maxだけの機能だった好評だったので、スタンダードモデルに搭載されたのは嬉しいポイントです。

iPhone 13/13 miniの特徴
  • 広角・超広角のデュアルカメラ
  • 画素数は1,200万画素
  • F値1.6の明るいレンズを搭載
  • Deep Fusionで細かな質感まで表現
  • シネマティクモードなど革新的な新機能搭載

iPhone 13の価格

iPhone 13128GB256GB512GB
ドコモ通常111,672円125,136円164,736円
いつでもカエドキプログラム56,232円63,096円84,216円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常115,020円128,970円156,995円
スマホトクするプログラム62,100円69,690円84,755円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常115,920円129,600円157,680円
新トクするサポート57,960円64,800円78,840円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常96,470円108,180円131,620円
アップグレードプログラム48,216円54,072円65,808円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常98,800円110,800円134,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 13 miniの価格

iPhone 13 mini128GB256GB512GB
ドコモ通常98,208円120,384円151,272円
いつでもカエドキプログラム49,368円60,984円77,352円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常101,070円115,020円143,040円
スマホトクするプログラム54,510円62,100円77,280円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常101,520円115,920円144,000円
トクするサポート+50,760円57,960円72,000円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常78,400円96,400円119,900円
アップグレードプログラム39,192円48,192円59,928円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常86,800円98,800円122,800円
詳細Apple公式サイトを見る

第7位:AQUOS R6 SH-51B

AQUOS R6

画像引用元:AQUOS R6|AQUOS:シャープ

AQUOS R6のカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★☆☆☆
その他の機能★★★☆☆
スマホの処理能力★★★★★
総合評価3.5/5.0

AQUOS R6は、2021年6月25日発売のAQUOS Rシリーズ最新モデルです。

カメラは最近の流行であるトリプルカメラではなく、ライカと協業で開発した超大型1インチセンサーカメラを1機のみ搭載しています。

センサー面積がAQUOS R5Gと比べて約5倍になり、より多くの光を集められることで高精細な写真を撮影できます。

AQUOS R6のカメラ機能
  • 超解像ズーム:AIの演算処理でズームした画像も高精細になる
  • レーザーAF:暗い場所でも正確にオートフォーカスできる
  • AIオート:カメラを向けるだけで自動的にシーン設定してくれる
  • AIライブシャッター:動画を撮りながら自動的にベストショットを切り出し
  • 動画アップコンバート:4K動画を8Kに、4K未満の動画は倍の解像度で再生できる
  • マニュアル写真モード:好みの設定に調整して撮影できる
  • 背景ぼかし:ポートレートでぼかし具合を10段階調整できる

AQUOSシリーズお馴染みの機能もしっかり搭載しているので、なんとなく撮影するだけでもキレイな写真が撮れます。

しかし、マニュアル写真モードで細かな設定もできます。

写真にこだわりたい人も、ぜひAQUOS R6を検討してください!

AQUOS R6の特徴
  • ライカ監修の1インチセンサーカメラ搭載
  • 画素数は2,020万画素
  • F値1.9で比較的明るめ
  • AQUOSシリーズお馴染みの撮影機能は一通り搭載

AQUOS R6の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ115,632円77,088円ドコモ公式ショップ
ソフトバンク133,920円66,960円ソフトバンク公式ショップ

※ドコモはスマホおかえしプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート適用時の場合

第8位:Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy a52

画像引用元:Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy A52 5Gのカメラ評価
画素数・解像度★★★★★
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★☆☆
スマホの処理能力★★★☆☆
総合評価3.5/5.0

Galaxy A52 5Gは、2021年6月3日発売のミドルレンジモデルです。

基本スペックはGalaxy Sシリーズより抑えめですが、カメラは広角・超広角・マクロ・深度測位のクアッドカメラを搭載。

望遠カメラの代わりにマクロカメラを搭載しているので、小物や植物の接写など、近距離撮影が多い方に特におすすめの1台です。

Galaxy A52 5Gのカメラ機能
  • マクロカメラ:被写体と数センチしか離れていない接写もキレイ
  • 光学手ブレ補正:暗い場所でも手ブレを抑えて安定した撮影ができる
  • 深度測位カメラ:被写界深度を調整して1タップでポートレートが撮れる
  • スーパー手ブレ補正:手ブレを抑えてなめらかな動画を撮影

インカメラも3,200万画素あり、自撮りも高画質な写真が撮影できます。

マクロカメラを搭載した代わりに望遠カメラがありませんが、カメラ性能はSシリーズにも負けない優秀なものになっています。

価格を抑えて良いカメラを搭載したスマホが欲しいなら、Galaxy A52 5Gが有力な候補になるでしょう。

Galaxy A52 5Gの特徴
  • 広角・超広角・マクロ・深度測位のクアッドカメラ
  • 広角カメラの画素数6,400万画素
  • インカメラの画素数3,200万画素
  • F値1.8の明るいレンズを搭載
  • マクロカメラで接写もOK

Galaxy A52 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ59,400円39,600円ドコモ公式ショップ

※スマホおかえしプログラム適用時の場合

第9位:arrows NX9 F-52A

arrows NX9 F-52A

画像引用元:arrows NX9 F-52A

arrows NX9 F-52Aの評価
画素数・解像度★★★☆☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★☆
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★★☆
総合評価3.5/5.0

arrows NX9 F-52Aは、2020年12月18日に発売されました。

カメラは、超広角・広角・深度測位のトリプルカメラを搭載。風景から人物までさまざまな写真を思いのままに撮影できますよ。

インカメラも1,630万画素と高画質なので、セルフィー写真をよく撮る人にもおすすめです。

カメラの主な機能は以下の通りです。

arrows NX9 F-52Aのカメラ機能
  • Adobe Photoshop Expressモード:シャッターを押すだけで撮影と編集を同時に行える
  • AIオートショット:AIが被写体の表情を分析しておすすめショットを自動で保存
  • ワイプ合成:アウトカメラの動画にインカメラの動画を合成できる

arrows NX9 F-52Aのカメラは、Adobe Photoshop Expressモードを搭載しています。

シャッターを押すだけで編集も自動で行ってくれるので、一瞬で美しい写真に仕上げられます。

驚いた表情や笑顔をAIが分析して自動で保存し、一瞬の表情も見逃しません。

動画撮影中はインカメラの動画をワイプで合成できるため、撮影者の表情も思い出に残せるのは嬉しい機能ですよね。

子どもの動画を撮影するときなどに役立ちます。

arrows NX9 F-52Aの特徴
  • 超広角・広角・深度測位のトリプルカメラ
  • Adobe Photoshop Expressモード搭載
  • AIシャッターで被写体の表情を自動で分析してくれる

arrows NX9の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ76,032円33,824円ドコモオンラインショップドコモ公式ショップを見る
※オンラインショップ限定 機種購入割引・スマホおかえしプログラム適用時

第10位:AQUOS sense6 SH-54B

AQUOS sense6 ドコモ限定カラー

画像引用元:AQUOS sense6 SH-54B

AQUOS sense6のカメラ評価
画素数・解像度★★★★★
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★☆
その他の機能★★★☆☆
スマホの処理能力★★★☆☆
総合評価3.5/5.0

AQUOS sense6は、2021年11月4日に発売された人気ミドルレンジスマホです。

カメラは標準・広角・望遠のトリプルカメラを搭載しています。

標準カメラが4,800万画素と高画質なので、A4以上の印刷でも荒くなりません。

AQUOS sense6のカメラ機能
  • AIオート:カメラを向けるだけで自動的にシーン設定してくれる
  • AIライブシャッター:動画を撮りながら自動的にベストショットを切り出し
  • AIライブストーリーPro:動画を撮影するとAIがプロ並みのショートムービーを作成
  • 背景ぼかし:ポートレートでぼかし具合を10段階調整できる

AQUOSシリーズお馴染みのAI機能も一通り搭載し、写真撮影だけでなく動画も簡単に撮れます。

高コスパで人気のAQUOS sense6ですが、カメラ目当てに購入するのもありですね!

AQUOS sense6の特徴
  • 標準・広角・望遠のトリプルレンズ搭載
  • 標準カメラは4,800万画素と高画質
  • F値1.8の明るいレンズ搭載
  • AI機能でキレイな写真が簡単に撮れる

AQUOS sense6の価格

項目負担額
一括払い57,024円
いつでもカエドキプログラム39,864円
詳細ドコモ公式ショップを見る

▲ランキング一覧に戻る

スマホの注目カメラ機能

Galaxy-S20+5Gカメラ2

解説してきたように、それぞれのスマホには、メーカー独自の機能がたくさん搭載されていました。

最後に、今回紹介したスマホのカメラ機能の中でぜひ注目していただきたい機能をご紹介します。

注目のカメラ機能
  • iPhone 13シリーズのシネマティックモード
  • iPhone 13シリーズのフォトグラフスタイル
  • Galaxy S21/S21 Ultra 5Gのディレクターズビュー
  • Xperia 1 IIIのリアルタイムトラッキング

iPhone 13シリーズのシネマティックモード

シネマティックモード

画像引用元:Apple公式サイト

シネマティックモードは、iPhone 13シリーズから搭載された「動画版のポートレート」のような機能です。

映像内の被写体に自動的にフォーカスし、さらにフレームに入ってきた被写体や人が振り向いた時など、フォーカスを当てるべきタイミングで自動的に切り替えてくれます。

後から編集で背景のぼけ具合やフォーカスする被写体も変更できて、簡単に映画みたいな動画が撮影できます。

正直なところ、シネマティックモードは文章で説明されても、使ってみないと何が良いのかわからない機能です。

しかし、「なんかプロっぽい動画が撮れた!」と、動画撮影が楽しくなる機能です。

iPhone 13シリーズを購入したら、ぜひシネマティックモードを試してみてくださいね!

iPhone 13シリーズのフォトグラフスタイル

フォトグラフスタイルの使用画面

iPhone 13シリーズから、新たに「フォトグラフスタイル」が搭載され、撮影前に写真の鮮やかさやコントラストが調整できます。

プリセットは「標準」「リッチなコントラスト」「鮮やか」「暖かい」「冷たい」の5つで、各プリセットを選んだ後に「トーン」「暖かみ」を調整して好きなテイストの写真が撮れます。

1度フォトグラフスタイルを設定しておけば、常に同じテイストの写真が取れます。

特にいつもiPhoneで撮った写真をSNSにアップしている方は、ぜひフォトグラフスタイルも試してみてください!

Galaxy S21/S21 Ultra 5Gのディレクターズビュー

ディレクターズビュー

画像引用元:ディレクターズビュー(デュアル録画)で撮影する | Samsung JP

Galaxy S21とGalaxy S21 Ultra 5Gに搭載されている「ディレクターズビュー」では、動画撮影時に複数のレンズで同時撮影ができます。

例えば動画配信で広角カメラとインカメラで同時に録画したり、撮影中にサムネイルをチェックして1番いい映像になるレンズに切り替えたりと、動画撮影の幅がぐっと広がる機能です。

実はGalaxy S20シリーズから搭載されている機能ですが、撮影中のレンズ切り替えはGalaaxy S21シリーズからの対応です。

Xperia 1 IIIのリアルタイムトラッキング

Xperia 1 IIIのリアルタイムトラッキング

画像引用元:Xperia 1 III | カメラ | Xperia公式サイト

Xperia 1 IIIに搭載の「リアルタイムトラッキング」では、撮りたい被写体をタップするだけで自動追尾してフォーカスを合わせ続けてくれます。

これにより、運動中の人や駆け寄ってくるペットなど、撮りたい対象が激しく動いていてもキレイな写真が撮れます。

また、リアルタイム瞳AFも同時に使えるので、子供と出かけた時に歩きながら撮影するというシーンでもばっちりフォーカスしてくれます。

「せっかく写真を撮ったのにブレブレ…」ということがほぼなくなるので、子供やペットの写真が多い方はぜひXperia 1 IIIを試してください!

期間限定】今ならdカード GOLDで合計最大22,000ptもらえる!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

ドコモで自分にぴったりなカメラ性能のスマホを見つけよう!

iPhone12 Pro ポートレートモードで撮影

今回は、2022年ドコモのカメラ性能がよいスマホをランキング形式でご紹介してきました。

どのスマホもカメラ画素数が高く、複数のカメラレンズが搭載されています。

さらに、さまざまな機能が搭載されているため、難しい操作をしなくても美しい写真が撮影できるものばかりです。

今回紹介したカメラ性能のポイントを参考に、自分にぴったりなスマホを見つけてみてくださいね。

カメラ性能が高いスマホを選ぶポイント
  • 画素数・解像度
  • F値
  • レンズの枚数
  • その他の機能
  • スマホの処理能力
【2022年5月】ドコモのおすすめスマホ機種ランキング!売れ筋をチェック

ahamo月額2,970円で20GBの格安プラン!さらにMNPならもれなく10,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップがおすすめです!

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイントです。
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!