ドコモでデータ使用量を超えたら料金・速度はどうなる?

この記事では、ドコモでデータ使用量を超えたら料金・速度はどうなるのかについて解説します。eximoやirumoなど最新プランを含め、使い方に合わないと通信制限を受けてしまいます。快適にドコモを利用するためのデータチャージの料金や最適なプランもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。
  • 更新日:2023年11月30日
  • 本記事には広告が表示されます
ドコモでデータ使用量を超えたらどうなる

この記事では、ドコモのプランごとのデータ使用量を超えた時の料金・速度を詳しく解説します。

ドコモでは、料金プランに応じて毎月利用できるデータ使用量が決まっています。

データ使用量の上限を超えてしまうと、ネットの通信速度が遅くなって不便になってしまいます。

通信制限で悩んでいるドコモユーザー、そしてこれから機種変更を検討している人は是非参考にしてください。

ドコモでデータ使用量を超えたらどうなる?

ドコモの通信制限まとめ
  • eximo
    無制限で利用可能
    5Gデータプラス30GB超過で1Mbpsに低速化
  • irumo
    契約容量(0.5GB・3GB・6GB・9GB)まで利用可能
    超過すると0.5GBは128kbps、その他容量は300kbpsに低速化
  • ahamo
    契約容量(20GB・100GB)まで利用可能
    超過すると1Mbpsに低速化
  • 5Gギガホ プレミア
    無制限で利用可能
    5Gデータプラス30GB超過で1Mbpsに低速化
  • ギガホ プレミア
    60GBまで利用可能
    超過すると1Mbpsに低速化
  • 5Gギガライト/ギガライト
    7GBまで利用可能
    超過すると128Kbpsに低速化
  • 1GBあたり1,100円で追加チャージ可能
  • ahamoは1GB550円で追加チャージ可能
  • 設定した回数分自動的に速度を戻すスピードモードもある

データ使用料を超過してしまった場合の解除はいつなのかについても確認しておきましょう。

ドコモの通信制限の解除はいつ?

ドコモの通信制限は、毎月1日の午前0時以降に順次解除されます。

しかし、一斉に制限解除されるわけではないため数分〜数時間は低速のままというケースもあります。

翌日までには元のスピードに戻っているはずです。

※本記事の価格は全て総額表示

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。

工事不要ですぐに使える!

  • コンセントに挿すだけでWi-Fiに繋がる
  • 5G高速通信対応
  • 最短3日でお届け
  • 他社からの乗り換えで最大22,000ptが貰えるキャンペーン中!

ドコモで通信制限になる条件

ドコモで通信制限になる条件
まず、ドコモのプランごとに通信制限になる条件についてまとめます。

ドコモのプランで通信制限になる条件

下記にて詳しく見ていきましょう。

eximoの場合

eximoは、ネットをデータ容量無制限で利用できるプランです。

そのため、基本的には通信制限とは無縁のプランだと思っていいでしょう。

※5Gデータプラスの子回線で30GB以上使うと最大1Mbpsに制限されます。

ただし、ネットワーク混雑時や大量通信時に通信制限がかかる可能性があります。

これはドコモ側が判断して行う制限なので、ユーザー側ではいつどのような形で制限がかかるのかわかりません。

1日中YouTubeを視聴する程度では制限になることはないようですが、大きなデータを頻繁にやり取りする使い方は避けた方がいいでしょう。

irumoの場合

irumoでは、0.5GB・3GB・6GB・9GBの容量を選んで契約することになります。

そのため、上記の契約容量を超過すると速度制限がかかります。

ahamoの場合

ahamoでは、20GBまたはahamo大盛りの100GBの2プランが用意されています。

上記の契約容量を超過すると速度制限がかかります。

5Gギガホ プレミアの場合

5Gギガホ プレミアはネットを無制限で使うことができます。

そのため、基本的には通信制限とは無縁のプランだと思っていいでしょう。

※5Gデータプラスの子回線で30GB以上使うと最大1Mbpsに制限されます。

ただし、ネットワーク混雑時や大量通信時に通信制限がかかる可能性があります。

これはドコモ側が判断して行う制限なので、ユーザー側ではいつどのような形で制限がかかるのかわかりません。

5Gギガホ プレミアでありながら通信速度が遅くなった場合は、混雑や使い過ぎを疑ってください。

ギガホ プレミアの場合

4G通信専用のギガホ プレミアでは、毎月60GBまで利用することができます。

そのため、60GBを超えると通信制限がかかります

5Gギガライト/ギガライトの場合

5Gギガライト/ギガライトは、どちらも1GBから7GBまで自分の使ったデータ量に応じて料金が変動します。

最大7GBまで使うことができる従量制プランなので、7GBを超えると通信速度が制限されます。

ドコモでデータ使用量を超えたらどうなる?

ドコモでデータ使用量を超えたらどうなる?
次に、前章で紹介したデータ量を超えるとどうなるのかについて解説していきます。

データ量を超えるとどうなる?

下記にて詳しく見ていきましょう。

eximo・5Gギガホ プレミアの場合

eximoと5Gギガホ プレミアは、データ量無制限に使えるプランです。

使い過ぎやネットワーク混雑の場合の速度制限に関しては、ドコモ公式サイトに制限中の速度は明記されていません。

しかし、5Gデータプラスでサブ端末にシェアした場合、30GBを超過すると最大1Mbpsに制限されます。

体感では使い過ぎでの制限も同じくらいの速度です。

男性アイコン
1Mbpsあれば、高画質動画の視聴でなければ大きな問題なく利用できるでしょう。

irumoの場合

irumoでは、0.5GB・3GB・6GB・9GBの契約容量を超過すると速度制限になります。

0.5GBは通常速度が3Mbps、超過すると128kbpsとなり、速度制限中まともに検索もできない遅さです。

その他の容量は速度制限中でも300kbpsあるので、LINEトーク程度ならストレスなく利用できるでしょう。

ただし、ネットワーク混雑時等の速度制限を他プランより先に受けることに注意してください。

男性アイコン
都市部で利用する際はお試し感覚で契約し、頻繁に遅くなるならahamoなど他プランに変更した方がいいでしょう。

ahamoの場合

ahamoでは、20GB・100GBの契約容量を超過すると速度制限になります。

ただ、制限中も1Mbpsあるので、高画質な動画視聴でなければ問題なく利用できます。

1GB 550円でデータ容量の追加もできるので、使い過ぎた時も比較的安心できるプランといえるでしょう。

ギガホ プレミアの場合

ギガホ プレミアの場合は、60GBを超過すると1Mbpsに低速化されます。

1MbpsはYouTubeの低画質動画の視聴ができる程度の速度といわれており、SNSの閲覧や音楽の再生程度であれば支障なく行えるのではないかと思われます。

サブスクリプションなどで映画やドラマを観る場合はかなり厳しいと思いますが、日常生活で必要なツールの大半は快適に使えるのではないでしょうか。

5Gギガライト/ギガライトの場合

5Gギガライト/ギガライトでは、最大値の7GBを超えると128kbpsに低速化します。

128Kbpsはブラウザを開く時ですらタイムアウトしてしまう程の遅さであり、スマホを使う上でかなりストレスになることが予想されます。

翌月1日になれば速度が戻りますが、もし我慢できないようなら1GB 1,100円のデータ容量チャージを検討しましょう。

ドコモの通信制限の解除はいつ?

ドコモの通信制限は、毎月1日 午前0時以降に順次解除されます。

ただし、全員が一斉に制限解除されるわけではないため、数分〜数時間は低速のままというケースもあります。

明け方には通常速度に戻っているはずなので、日付変更直後に遅いままでも安心していいでしょう。

ドコモの通信データチャージ料金

ドコモの通信データチャージ料金

速度制限は翌月1日まで待てば解除されるので、月末が近いならそのまま辛抱するのも1つの手段です。

しかし、追加でデータを購入することで、翌月1日を待たずとも速度を元に戻すことができます。

この章では、ドコモのデータチャージ料金と仕組みについて解説していきます。

1GB1,100円でチャージ可能

ドコモでは、1GBあたり1,100円でデータ容量をチャージできます。

※eximo・5Gギガホ プレミア・5Gギガホは対象外
※ahamoは1GB 550円でチャージできます。

残り200MB程度になると、ドコモから事前にデータ購入することができるという旨の案内メールが届きます。

案内メールのURLから申し込めば、通信制限と同時に1GB追加され、速度が遅くなることなく利用できます。

また、事前の案内メールを無視した場合、速度制限になったタイミングに通知メールが届きます。

通知メールのURLから1GB追加する場合は、申し込み完了から約5分~10分で元の速度に戻ります。

自動的に速度制限を解除できるスピードモードもある

データ量を超過する度にデータ容量を追加購入している方には、「スピードモード」の利用がおすすめです。

スピードモードでは、データ容量を使い切った時に、あらかじめ設定した回数分だけ自動的にデータ容量を追加してくれます。

1〜10GBまで1GB単位で設定可能で、さらに無制限に追加する設定もあります。

毎月チャージしているなら、スピードモードを上手に活用しましょう。

>スピードモードの申し込み・設定はこちら

dポイントをスピードモードに充当できる

また、スピードモードにはdポイントが充当できます。

ドコモを利用していると、いつの間にかdポイントが結構貯まっていますよね。

少しでも安くデータを購入したい人は、是非dポイントを活用しましょう!

>スピードモードへのdポイント充当はこちら

ギガライトで足りない人はahamoがおすすめ

ギガライトで足りない人はahamoがおすすめ
「ギガライトの7GBは毎月使い切ってしまう。」
「eximoはちょっと値段が高い…。」

こうした方は、思い切ってahamoに切り替えるのがおすすめです。

ahamoはドコモの格安通信ブランドであり、格安でありながらドコモとほぼ同じ通信品質で利用することができます。

ahamoの料金プラン
  • 月額料金は2,970円
  • データ量は20GB
  • 国内通話は5分かけ放題

ahamoは月額料金2,970円で20GBが使い放題。

ギガライトは1GB時点で3,465円・7GB到達で6,765円(※割引適用なし)なので、ahamoの方が圧倒的にお得です。

さらに5分の国内通話かけ放題もついているので、ネットも電話もお得に使えます。

ドコモの割引が使えなくなるので注意

ただし、ahamoは「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」など各種割引の対象外です。

今まで適用されていた割引がなくなると、損した気分になってしまいますよね。

とはいえ、元々が安いプランなので、基本的にはahamoに乗り換えた方がお得です。

男性アイコン
ドコモショップでのサポートが不要なら、積極的にahamoを検討しましょう。
圧倒的安さ!20GBで月額2,970円

ドコモの通信制限についてのよくある質問

よくある質問

最後に、ドコモの通信制限に関してよくある質問に回答します。

ドコモのギガ確認の方法

ドコモのギガは、My docomoにログインするだけで簡単に確認できます。

また、スマホにMy docomoアプリをインストールしておけば、毎回ログインしなくてもすぐ確認可能です。

Androidスマホはウィジェットも利用できるので、都度ギガを確認するならアプリを活用しましょう!

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

データ通信量は超えたら料金が発生する?

スピードモードを利用している場合に限り、設定した容量まで自動的に料金が発生します。

スピードモードの申し込み前は、手動でデータ容量を追加するまで料金が発生することはありません。

ドコモのギガ追加は無料?

ドコモの各プランは1GB 1,100円、ahamoは1GB 550円かかります。

dポイントが料金以上貯まっているなら、ポイント充当で実質無料にできるので活用しましょう。

dポイントはデータ量に使用できる?

使用できます。

dポイントを利用したデータ容量を追加は、こちらから申し込む際にdポイントを選択してください。

1日になっても速度制限が解除されないのはなぜ?

ドコモの速度制限解除は、毎月1日になってから順次行われ、全員が同時に解除されるわけではありません。

実体験や口コミでの所感では、数分〜数時間のタイムラグがあります。

朝起きたら解除されているはずなので、夜間に解除されない場合も焦らず様子見してください。

通信制限がかかっても普段使いは大きな問題なし!

ドコモeSIMの再発行はドコモショップでしか手続き不可

画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

今回は、ドコモのプランごとのデータ使用量を超えた時の料金・速度を解説しました。

ドコモの通信制限まとめ
  • eximo
    無制限で利用可能
    5Gデータプラス30GB超過で1Mbpsに低速化
  • irumo
    契約容量(0.5GB・3GB・6GB・9GB)まで利用可能
    超過すると0.5GBは128kbps、その他容量は300kbpsに低速化
  • ahamo
    契約容量(20GB・100GB)まで利用可能
    超過すると1Mbpsに低速化
  • 5Gギガホ プレミア
    無制限で利用可能
    5Gデータプラス30GB超過で1Mbpsに低速化
  • ギガホ プレミア
    60GBまで利用可能
    超過すると1Mbpsに低速化
  • 5Gギガライト/ギガライト
    7GBまで利用可能
    超過すると128Kbpsに低速化
  • 1GBあたり1,100円で追加チャージ可能
  • ahamoは1GB550円で追加チャージ可能
  • 設定した回数分自動的に速度を戻すスピードモードもある

ドコモではプランごとに通信制限がかかる条件が異なりますが、低速化後も一部のプランを除きある程度の速度があります。

そのため、LINEでの連絡やSNSのチェックなど、日常の用途なら「ちょっと遅い」と感じる程度です。

また、低速化で非常に遅くなるプランも、1GB 1,100円でデータ容量の追加やスピードモードでの自動追加があります。

毎月データ容量が足りなくなる方は、今回の解説を参考に、他のプランへの変更やスピードモードの活用をぜひ検討してください。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD 新しい券面
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイントです。
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。