ドコモのタブレット・iPadが無料で使える?一括0円と実質0円の違い

ドコモのタブレット・iPadが無料で使える?一括0円と実質0円の違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモでは人気のiPadやAndroidタブレットなど、多種多様なタブレット端末を取り扱っています。

さらに、キャンペーンなどで大幅な値引きが行われ、一括0円や実質0円で購入できることさえあります。

場合によっては実質価格がマイナスになっていることもあり、お得にタブレットを購入して利用したい人にとっては見逃せません。

そこで、この記事ではドコモのタブレットの種類と価格について詳しく見ていきます。
2018年12月時点での一括0円 & 実質0円情報も見ていくので必見です!

ドコモでタブレットの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

トップ画像引用元:dtab d-01K | タブレット | 製品 | NTTドコモ

1 ドコモで販売されているタブレットの種類をチェック!

画像引用元:NTTドコモ ホーム

最初に、ドコモで販売されているタブレットを一覧でチェックしていきましょう。
2018年12月20日時点で販売されているタブレットは以下の表の通りです。

機種名容量備考
12.9 iPad Pro64GB/256GB/512GB/1TB第3世代
11 iPad Pro64GB/256GB/512GB/1TB第3世代
12.9 iPad Pro64GB/256GB/512GB第2世代
10.5 iPad Pro64GB/256GB/512GB第2世代
iPad32GB/128GB第6世代
iPad mini 4128GB
dtab Compact32GB + microSD2018年8月発売
dtab32GB + microSD2018年2月発売
arrows Tab32GB + microSD2018年2月発売

iPadシリーズが7種類、Androidシリーズが3種類で、Windowsタブレットは取り扱っていません。

1-1 iPadシリーズ

画像引用元:iPad – Apple(日本)

iPadシリーズは多種多様なものが販売されており、2018年に発売された最新のiPad Pro(第3世代)からコンパクトで人気があるiPad mini 4まで取り揃えています。

しかし、発売から3年が経過したiPad mini 4などは販売終了に向かうことが予想されるため、欲しい人は早めの購入がオススメです。

1-2 Androidシリーズ

画像引用元:Android 9 Pie

ドコモで販売されているAndroidタブレットは3種類で、ファーウェイが製造するdtabシリーズ2機種と富士通が製造するarrows Tabになっています。

いずれもミドルレンジモデルに位置するもので、ハードな利用には向いていません。
しかし、2018年12月時点ですべてのモデルの在庫があるため、購入しやすいでしょう。

なお、iPadもAndroidもCellularモデルであるため、ドコモのSIMを挿して利用できます。

一括0円や実質0円のタブレットを購入する場合、回線契約に条件がついている場合があるので注意してください。

2 一括0円と実質0円の違いと購入時の注意点

最初に一括0円と実質0円の違いをみておきましょう。混乱しやすい部分なので、はっきり理解できていない場合は購入前にチェックしてください。

2-1 一括0円

一括0円とは、「端末の一括購入価格が0円に設定されているもの」のことです。

こちらはキャンペーン時などに設定されるため、狙っている人は頻繁にドコモ公式サイトをチェックする必要があるでしょう。

一括0円キャンペーンが始まると、その時に発売されている古めのタブレットに適用されることが多くなっています。

最近では2017年12月に実施され、当時のdtab(d-01H/2015年発売)が一括0円になりました。現在発売されているdtab(d-01K)とは異なるので注意してください。

なお、一括0円キャンペーンの対象タブレットは、月々サポートなどは適用されないので購入時にはしっかり確認することをオススメします。

キャンペーン開催時はドコモ公式サイトやドコモオンラインショップでアナウンスされるため、日頃から常にみておくようにしましょう。

2-2 実質0円

実質0円は一括0円とは異なり、「一括購入価格 – 月々サポート合計額 = 0」になるもののことです。

こちらは一括0円に比べると設定範囲が広く、常時用意されていることも多いでしょう。

古めのタブレットは実質0円になっている可能性が高いため、お得に購入したい人は忘れずにチェックしてください。

ただし、実質0円にするためにはさまざまな契約条件がついている可能性が高いため、ランニングコストも考えて計算することをオススメします。

2-3 購入時の注意点

一括0円や実質0円で販売されているタブレットは一見するとお得ですが、適用条件が指定されていることが多いためあらかじめしっかり確認してください。

特に注意すべきポイントは次の通りです。

契約条件

一括0円や実質0円で購入するためには、満たすべきさまざまな条件が設定されていることがあります。

特に多い条件は契約プランや契約期間に関するもので、「指定のプランに加入すること」「1年以上指定プランの契約を継続すること」などが設定されています。

当然、月額利用料金などのランニングコストがかかるため、購入前にしっかり計算して本当にお得かを確認しましょう。

スペック

対象になるタブレットは古いものが多く、最新のものと比べるとスペックが劣ります。

Web閲覧やSNS、メールなどがメインの人は問題ありませんが、ゲームをプレイしたい人などはしっかりスペック表をチェックしてから購入しましょう。

一括0円や実質0円の意味と注意事項

  • 一括0円は一括購入価格が0になるもの
  • 実質0円は一括購入価格 – 月々サポートが0になるもの
  • 古いタブレットが多いのでスペックには注意
  • ランニングコストと適用条件のチェックを忘れずに

次のページでは実際に一括0円や実質0円で購入できるドコモのタブレットをみていきましょう。

ドコモ「Go!Go! iPad割」を延長!最大5,184円の料金割引キャンペーン

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ