【2020年】ドコモ タブレットおすすめランキング|安くて高性能はこれ!

  • 2020年9月24日
  • by.araki

iPad mini

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、ドコモで販売しているおすすめのタブレットを紹介します。

タブレットはスマホよりサイズが大きいので、動画やゲームを楽しんだり、文章や漫画を読んだりするのにとても向いています。

一方、スペックを始めとするタブレット間の「上下関係」がわかりにくいことが多いので、それらについてもわかりやすく整理してまとめます。

おすすめランキング
  • 1位:dtab d-41A
  • 2位:iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • 3位:iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • 4位:dtab Compact d-02K

トップ画像引用元:dtab d-41Aのディスプレイ/防水・防塵/パフォーマンス/Family利用|AQUOS:シャープ

【2020年】ドコモタブレットおすすめランキング

現在ドコモオンラインショップで購入可能なタブレットのうち、価格も考慮したおすすめランキングは以下となります。

おすすめランキング
  • 1位:dtab d-41A
  • 2位:iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • 3位:iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • 4位:dtab Compact d-02K

なぜこの順位なのかも含めて、ひとつひとつ順番に紹介していきますね。

1位:dtab d-41A

dtab d-41A

画像引用元:dtab d-41Aのディスプレイ/防水・防塵/パフォーマンス/Family利用|AQUOS:シャープ

dtab d-41Aは、2020年8月28日に発売したばかりのAndroidタブレットです。

ディスプレイサイズは10.1インチあります。

dtab d-41A
ディスプレイ約10.1インチ
本体サイズ高さ:約170mm
幅:約246mm
厚さ:約8.2mm
重さ約491g
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー6,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 665
OSAndroid 10
カラーホワイト・ブラック

このタブレットの特徴は、メーカーのSHARPが「お風呂でも楽しめる」と公言するほどの強力な防水性。

処理能力はAnTuTuベンチマークスコアで約17万点と、高スペックではないですが今もWebやSNS閲覧なら特に問題ありません。

そして価格が5万円未満と比較的お手頃なのも魅力です。ドコモからしか買えないタブレットでもあります。

大画面で動画や漫画が見たいだけであれば、これで十分です。しかし、ゲームプレイ時の挙動や、動作のサクサク度には期待しないようにしましょう。

dtab d-41Aに向いている用途
  • Webを閲覧する
  • SNSで使う
  • 動画を視聴する
  • お風呂で使う

2位:iPad Pro 11インチ(第2世代)

iPad Pro(第2世代)

画像引用元: iPad のモデルを識別する – Apple サポート

iPad Pro 11インチ(第2世代)は、2020年3月27日に発売した最新のiPad Proです。

dtab d-41A
ディスプレイ約12.9インチ
本体サイズ高さ:約247.6mm
幅:約178.5mm
厚さ:約5.9mm
重さ約473g
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,000万画素
インカメラ約700万画素
バッテリー7,600mAh
RAM 6GB
ROM128GB
256GB
512GB
1TB
SoC(≒CPU)A12Z Bionic
OSiPadOS 13
カラーシルバー・スペースグレイ

AnTuTuベンチマークスコアが驚異の約75万点と、他の追随を許さない超スーパースペックです。

最新の3Dゲームから動画編集まで何でも最適。別売りのApple Pencil(15,840円)と組み合わせればプロのイラストレーターなどの仕事にも使えます。

ただ、価格が11万円以上と高い。よほどのこだわりがないなら、これをわざわざ買うのはもったいない感じがしてしまいます。

そのため、2位としました。ちなみに防水でもありません。

iPad Pro 11インチ(第2世代)に向いている用途
  • Webを閲覧する
  • SNSで使う
  • 動画を視聴する
  • ゲームで遊ぶ
  • 動画編集をする
  • イラストを描く

3位:iPad Pro 12.9インチ(第4世代)

ドコモのiPadPro12.9インチ(第4世代)

画像引用元:iPad Pro | iPad | NTTドコモ

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)も、2020年3月27日に発売した最新のiPad Proです。

dtab d-41A
ディスプレイ約12.9インチ
本体サイズ高さ:約280.6mm
幅:約214.9mm
厚さ:約5.9mm
重さ約643g
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,000万画素
インカメラ約700万画素
バッテリー9,920mAh
RAM 6GB
ROM128GB
256GB
512GB
1TB
SoC(≒CPU)A12Z Bionic
OSiPadOS 13
カラーシルバー・スペースグレイ

基本的なスペックはiPad Pro 11インチ(第2世代)と同じですが、サイズが大きい分、こちらの価格は更に高くなっています。

そのため3位としました。

ただ、より大画面が欲しいならiPad Pro 12.9インチ(第4世代)のほうがおすすめです。

また、ここまで大きなサイズはタブレット全体で見ても珍しく、オンリーワンな存在でもあります。

大きい画面で動画編集やイラスト作成をしたい方に向いています。

iPad Pro 11インチ(第2世代)に向いている用途
  • Webを閲覧する
  • SNSで使う
  • 動画を視聴する
  • ゲームで遊ぶ
  • 動画編集をする
  • イラストを描く

4位:dtab Compact d-02K

dtab Compact d-02K

画像引用元:dtab Compact d-02K

dtab Compact d-02Kは、2018年8月10日に発売されたAndroidタブレットです。

ディスプレイサイズは8.0インチあります。

dtab d-41A
ディスプレイ約8.0インチ
本体サイズ高さ:約209mm
幅:約120mm
厚さ:約8mm
重さ約491g
アウトカメラ約1,300万画素
約200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,980mAh
RAM3GB
ROM32GB
SoC(≒CPU)Kirin 659
OSAndroid 9
カラーシルバー・ゴールド

価格こそドコモオンラインショップの中では最安値の約4万円ですが、正直今から買うのは全然おすすめできません。

その理由が処理能力の低さです。AnTuTuベンチマークスコアで約9万点というのは、現在基準では低すぎます

iPhoneで例えると、2014年に発売されたiPhone 6以下のスペックです。

これだけで「カクカク、もっさり」なのが容易に想像できるでしょう。

最近はコスパコスパと言いながら、安さにしか注目しない流れもありますが、コスパとは本来パフォーマンスも一緒に考慮されなければいけないもの。

そういう意味ではdtab Compact d-02Kのコスパは非常によろしくありません。

これを買うくらいなら、もう少しお金を出して1位のdtab d-41Aを買ってください

ドコモタブレットのスペックランキング

ここまでで、ドコモオンラインショップで購入できるタブレットが4種類であることがわかりました。

それらをスペックが高い順に並べると以下のようになります。

機種価格ベンチマークスコア
iPad Pro 12.9インチ(第4世代)134,640円~約75万点
iPad Pro 11インチ(第2世代)112,464円~
dtab d-41A49,896円約17万点
dtab Compact d-02K40,392円約9万点

iPad Proが圧倒的です。

ちなみにAnTuTuベンチマークスコアで40万点以上あると、現在の基準で高スペックと言えます。

20万点以下だと低スペックですね。ゲームとか動画編集などで使うには非常に頼りないです。

10万点以下だと、WebやSNSを閲覧するだけでも動作がカクカクしたりもっさりしたりしてきます。

この基準は年々厳しくなっていきます。Webやアプリの情報量がどんどん増加しているため、より高いスペックが常に求められているからです。

iPad Proは価格が高すぎる

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)とiPad Pro 11インチ(第2世代)

画像引用元:iPad Pro – Apple(日本)

ただ、スペックだけで判断してiPad Proが一番おすすめなのかと言うと、それは少し難しいです。

なぜなら、iPad Proは最安でも112,464円と非常に高額だからです。スペックが高い製品はやっぱり高額なんですよね。

ただ、それにしてもタブレットに10万円以上なんて……と思う方のほうがきっと多いことでしょう。

そこで次の章からは、価格とのバランスを考慮したおすすめランキングを紹介します。

どういう用途に耐えうるのかもわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

ドコモで購入できるタブレットの種類

まずは2020年9月時点で購入できるタブレットを見てみましょう。

なお、情報はすべてドコモオンラインショップのものに基づいています。

機種価格発売日
dtab
d-41A
49,896円2020年8月28日
iPad Pro
12.9インチ
(第4世代)
134,640円~2020年3月27日
iPad Pro
11インチ
(第2世代)
112,464円~
dtab
Compact
d-02K
40,392円2018年8月10日

発売日が新しい順に並べています。

AndroidタブレットもiPadもちょうど2種類ずつ購入できる状態です。

なおiPadはすべて「Wi-Fi+Cellularモデル」です。

購入できないタブレット

一応ドコモオンラインショップの一覧には表示されているのに、実際には購入できないタブレットも見てみましょう。

購入できないタブレット

製品名カラー状況
iPad Pro 12.9インチ
(第3世代/1TB)
シルバー在庫なし
スペースグレイ販売終了
iPad Pro 11インチ
(第1世代/256GB)
シルバー販売終了
スペースグレイ在庫なし
iPad Pro 11インチ
(第1世代/512GB)
シルバー在庫なし
スペースグレイ販売終了
iPad Pro 11インチ
(第1世代/1TB)
シルバー販売終了
スペースグレイ在庫なし
iPad Air(64GB)シルバー在庫なし
ゴールド在庫なし
スペースグレイ在庫なし
iPad Air(256GB)シルバー在庫なし
ゴールド販売終了
スペースグレイ在庫なし
iPad mini(第5世代)ゴールド在庫なし
シルバー在庫なし
スペースグレイ在庫なし
筆者が確認した時点では、これらの機種は予約や価格確認すらできませんでした

なお、ドコモオンラインショップでは在庫がなくても購入できるものは「予約可能」と表示されて、手続きできるようになっています。

そのため「在庫なし」で予約できないものは、「販売終了」になるのも時間の問題と思ったほうがいいでしょう。

ドコモのタブレットをお得に購入する方法

スマホがネットで買エル

画像引用元:ドコモオンラインショップ_NTTドコモ

ここからは、ドコモのタブレットをお得に購入する方法を紹介します。

それは、実店舗ではなくドコモオンラインショップで購入することです。

ドコモオンラインショップで購入するだけでお得に

ドコモオンラインショップで購入すると、それだけで金銭的にお得になります。

なぜなら、オンラインショップなら事務手数料・頭金が0円だからです。

一般的な意味とは違う、「頭金」の正体

実店舗では、端末を買うだけでも2,000円~3,000円(税抜)の事務手数料がかかってしまいます。

店舗によっては、さらに独自の頭金を請求してくることも。

この「頭金」というのは非常にややこしくやっかいなもので、世間一般で認知されている頭金とはまったく違う意味の言葉なのです。

普通、頭金といえば、割賦金のうち最初に支払う一部の代金のことを指しますよね。例えば10万円の製品に対して頭金1万円を払ったら、残額は9万になります。

一方、通信業界における「頭金」は、購入店舗への「手数料」や「礼金」にあたるものなのです。そのため、機種代金に上乗せして請求されます。

例えば、10万円の機種の頭金が1万円である場合、10万円+1万円で合計11万円支払うことになるのです。

ちなみに頭金の額は、店舗が自由に決められます。大体5,000円~10,000円であることが多いです。

ドコモオンラインショップで頭金分を節約

何はともあれ、ユーザーからしてみれば、頭金は払いたくないお金ですよね。だからこそ、ドコモオンラインショップがおすすめなのです。

ドコモオンラインショップなら、頭金は絶対に請求されません。つまり、実店舗より1万円以上安く買える可能性すらあるのです。

また送料も、2,750円(税込)以上買い物した場合は全国無料になります。

金銭面以外のメリット
  • 24時間年中無休で購入可能
  • 来店の必要が無い
  • 最短2日で手元に届く
  • 独自キャンペーンがあることも

タブレットも下取りプログラムの対象

下取りプログラム

画像引用元:下取りプログラム

ドコモには下取りプログラムという、使っていた機種を下取りに出すことでdポイントが進呈されるサービスもあります。

タブレットも下取りプログラムの対象なので、買って使わなくなったら下取りに出して機種代金の一部を実質還元してもらいましょう。

2020年9月時点でもっともdポイントがもらえるタブレットはiPad Pro 12.9インチ(第2世代)で、良品なら33,000円分になります。

下取りプログラムの対象になるのは発売からしばらく経ってからなので、発売中のiPad Pro 12.9インチ(第3世代) やiPad Pro 11インチ(第1世代)はまだ対象ではありません。

ドコモタブレットに対する割引キャンペーンはやっていない

dtab d-41Aの特徴

画像引用元:dtab d-41A docomoの特長|AQUOS:シャープ

2020年9月時点で、タブレットに対する割引キャンペーンは残念ながらやっていません。

またタブレットは「スマホおかえしプログラム」の対象でもありません。

これからどうなるかはわかりませんが、基本的にタブレットは割引の対象にならないことが一般的です。

そのため、割引されるまで待機するのはおすすめできません。

必要ならすぐに購入してたっぷり使いましょう。

タブレットに限らず、デジタル機器は「時間を買う」ことにも繋がりますから、欲しい時に即入手するのがベストと言われることが多いです。

必要なのに買わずに待機なんてしていたら、その分の時間を無駄に過ごしてしまうことになりますからね。

オンラインショップ以外で購入する場合

ドコモショップ丸の内店

画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

ドコモオンラインショップでは事務手数料・頭金が0円なので、できる限り実店舗ではなくオンラインショップで購入するほうがおすすめです。

ただ、場合によっては実店舗のほうがお得になることも、ないわけではありません。

それは、その店舗が独自のキャンペーンを展開している場合です。

例えば「一括0円」とか「キャッシュバック」のようなキャンペーンは現在規制されていますが、一部店舗では今もこっそりやっているという情報がちらほらあります。

運良くそういう店舗が近くにあった場合は、オンラインショップにこだわらない買い物もありかもしれません。

独自キャンペーンは足で探すしかない

ただし、そういった店舗独自のキャンペーンは、ドコモの公式サイトなどを見ても情報がありません

ではどうやって探すのかと言うと、実際にお店を見て回って探すのです。

本当に偶然見つけたらラッキーくらいの意識でいましょう。

タブレット向けのドコモ料金プラン

ドコモ ギガホ

画像引用元:シンプル2択な料金プラン。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

ここからは、ドコモのタブレット向けの料金プランを紹介します。

タブレット向けドコモ料金プラン
  • ギガホ
  • ギガライト
  • データプラス

ギガホ・ギガライトの2つを見て、違和感を持った方も多いかもしれません。

実は、タブレット向けプランはスマホ向けプランとまったく同じなのです。

ドコモユーザーであるなら基本的にはデータプラスを使うことがおすすめです。

ドコモ以外の携帯電話を使っている方でも、タブレットだけドコモと契約することもできます。

ちなみに「5Gギガホ」と「5Gギガライト」を省いているのは、タブレットで5G対応のものが現在存在しないためです。

また、タブレットでは音声通話はできません。

データプラスの料金

データプラス

画像引用元:データプラス | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモですでにギガプラン(ギガホやギガライトの総称)を契約しているユーザーなら、「データプラス」というオプションを利用することもできます。

オプション料は月額1,000円(税抜)。

これは、ギガプランのデータ容量を、他のドコモ端末にもシェアできるというもの。

例えばスマホをギガホで契約している場合、60GBをタブレットにも分けることが可能となります。

ドコモでタブレットを購入する方は、ドコモユーザーが大半のはず。データプラスを利用するのがもっともおすすめですよ。

ただし、使えるデータ総量が増えるわけではない点には注意してください。

ギガホの料金

ギガホ
月額料金6,980円2年定期契約 or
dカードお支払割
適用時
7,150円上記非適用時
利用可能
データ量
30GB通常時
60GBギガホ2増量
キャンペーン中
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS送信料(国内)1回あたり3円~
(受信 無料)
国際SMS1回あたり50円~
(受信 無料)

ギガホ2増量キャンペーンの終了日が未定のため、現在は6,980円で60GB使えるプランとして認知されています。

これに新たに申し込んだ場合は、最大6ヶ月間1,000円割引される「ギガホ割」が適用されます。

ギガライトの料金

ギガライト
条件2年定期契約 and
dカードお支払割
適用なし
2年定期契約 or
dカードお支払割
適用時
~7GB6,150円5,980円
~5GB5,150円4,980円
~3GB4,150円3,980円
~1GB3,150円2,980円
国内通話量家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS送料(国内)1回あたり3円~
(受信 無料)
国際SMS1回あたり50円~
(受信 無料)

ギガライトは、毎月使ったデータ量に応じて請求される従量課金制のプランです。

タブレットの実際の用途

dtab d-41Aの特徴

画像引用元:dtab d-41A docomoの特長|AQUOS:シャープ

最後に、タブレットは実際どういった用途で使われるものなのかを紹介します。

よくタブレットは「パソコン代わり」とか「パソコンとスマホの中間」などと表現されていますがが、これは少し違います。

タブレットはどちらかと言うと「画面の大きなスマホ」です。

もし現在、「パソコン代わりにタブレットを買おう」と考えている場合は、素直にパソコンを買ったほうがいいと思います。

主なタブレットの使われ方
  • スマホ向けゲームで遊ぶ
  • 動画を視聴する
  • 漫画を読む
  • iPadの場合はイラスト作成も

スマホ向けゲームで遊ぶ

タブレットではスマホ向けアプリがダウンロードできます。

そのため、タブレットをスマホ向けゲームで遊ぶ用に購入する方はとても多いです。

やはり大画面で遊べるというのが大きいですし、ゲームによってはスマホより明らかに有利なこともあります。

例えば、「荒野行動」や「フォートナイト」のようなバトルロイヤルでは、相手プレイヤーを見逃さない索敵能力が不可欠です。

これは、画面が大きいほど遠くの敵がよく見えるので有利になります。

スマホとタブレットでは、画面の見やすさが明らかに違うため、プロゲーマーやYouTuberの間では、今やiPad Proを使うのが常識になっているほど。

タブレットの大画面に慣れてしまうと、もうスマホには戻れません。

動画を視聴する

やはり動画視聴も、大画面であるに越したことはありません。

何となくですが、大画面で見るほうが視力も落ちにくいのではないでしょうか。

漫画を読む

漫画も大画面で読んだほうが楽しめます。

スマホのサイズだとセリフが読みにくいことが多いですし、絵も迫力不足になってしまうのが惜しいです。

と、こんな感じで、やっぱりタブレットは娯楽目的で買われることが多いです。

iPadの場合はイラストも

Apple Pencil

画像引用元:Apple Pencil – Apple(日本)

iPadの場合は、娯楽目的に加えて、別売りのApple Pencilも買うことでイラスト作成用にもなります。

その性能は非常に高いため、プロが仕事用に使っていることも珍しくありません。

最近だとノート代わりに使っている方も多いようです。

安いタブレットなら「dtab d-41A」が最高

dtab d-41Aの特徴

画像引用元:dtab d-41A docomoの特長|AQUOS:シャープ

以上、ドコモで販売しているおすすめのタブレットについてでした。

おすすめランキング
  • 1位:dtab d-41A
  • 2位:iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • 3位:iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • 4位:dtab Compact d-02K

安さでタブレットを選ぶなら、2020年8月28日に発売された「dtab d-41A」がおすすめです。

ゲームや動画編集と行った重たい動作には向いていませんが、動画視聴や漫画くらいなら十分に使えます。

それより安い「dtab Compact d-02K」もありますが、こちらは今となっては処理能力があまりに低いため、おすすめはできません。

iPad Proは非常に高額なものの、やはりスペックは最強です。コスパという意味ではiPad Proのコスパは高いと思います。

タブレットは基本的に「画面の大きなスマホ」です。この画面の大きさが娯楽を中心にたくさんのプラスを生み出してくれます。

まだタブレットの購入を迷っている方には、購入を強くおすすめしたいです。

【2020年10月】ドコモキャンペーン情報|機種変更・乗り換えで今使えるもの

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ