ドコモは高いは幻想|家族で使えば安いし、端末サポートは1番良心的

  • 2019年3月16日
  • by 
ドコモは高いは幻想|家族で使えば安いし、端末サポートは1番良心的

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

MNPや機種変更を考えている方の中には、ドコモは高いと思っている方がまだ多いようです。

ガラケーの頃やスマホ初期では、確かにドコモが高いこともありました。

しかし、最新のプランや機種代金で比較すると、多くの場合ドコモが1番安くなります。

  • 機種代金が実質価格で安い
  • 家族で使うと利用料金が安い

特に家族利用の場合、他キャリアより大幅に安くなることも。

そこで今回は、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアを比較し、「ドコモは安い」という事を詳しく解説します。

ドコモとau・ソフトバンクを比較

  • ドコモとau・ソフトバンクの機種代金について
  • ドコモとau・ソフトバンクの利用料金について
  • ドコモとau・ソフトバンクの月額料金比較
  • dカード GOLDを合わせればドコモはかなり安くなる

トップ画像引用元:NTTドコモ ホーム

1 ドコモとau・ソフトバンクの機種代金について

ドコモとau・ソフトバンクの機種代金について

まずドコモとau・ソフトバンクの機種代金の違いを見ていきましょう。

3キャリア共通で取り扱いのあるiPhoneを例にすると、ドコモとau・ソフトバンクでは機種代金の扱いが異なることがわかります。

(参考)iPhone XSの機種代金

キャリアドコモau※ソフトバンク※
価格64,800円73,680円68,400円
購入ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップ

※1:アップグレードプログラムEXの月額料金込み、2年目に機種変更する場合
※2:半額サポート for iPhoneを利用して2年目に機種変更する場合

1-1 ドコモの機種代金は「実質価格」

ドコモの機種代金は「実質価格」

画像引用元:月々サポートとは | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの機種代金は、基本的にガラケーの頃から変わらない実質価格です。

機種代金は必ず発生しますが、月々サポートによる利用料金からの24ヶ月間割引で、実質的な機種代金の割引をしてくれます。

iPhone XSの機種代金と月々サポート

項目64GB256GB512GB
機種代金5,157円5,913円6,939円
月々サポート-2,457円-2,457円-2,457円
実質価格2,700円3,456円4,482円

月々サポートの割引金額は購入するモデルにより異なりますが、多くのモデルで約半額くらいになる大きな割引ですね。

一部のモデルは端末購入サポートで激安!

ドコモでは旧モデルを中心とした一部のモデル・契約種別を対象に「端末購入サポート」を適用してくれます。

端末購入サポートでは、12ヶ月間同じモデルを使うことを条件に、機種代金から大幅な値引きが受けられます。

例えばiPhone X 64GBであれば、MNPが端末購入サポートの対象となり、一括払いでもたったの15,552円です。

(参考)iPhone X 64GBの機種代金

契約種別機種代金
MNP648円 × 24回
総額15,552円
新規契約1,890円 × 24回
総額45,360円
機種変更

こうして見ると、端末購入サポートの適用されるMNPだけ極端に安くなっていますね!

1-2 au・ソフトバンクの機種代金は条件付きの安さ

au・ソフトバンクの機種代金は条件付きの安さ

画像引用元:半額サポート | モバイル | ソフトバンク

auとソフトバンクの機種代金は、ドコモの月々サポートのような端末購入補助の割引がありません。

そのため、24回払いで契約するとドコモの約2倍の機種代金がかかることになります。

(例)iPhone XS 64GBの24回払い比較

項目ドコモauソフトバンク
毎月の機種代金2,700円 × 24回5,360円 × 24回5,700円 × 24回
総額64,800円128,640円136,800円

しかし、auとソフトバンクには機種代金を事実上半額にできるオプションがあります。

  • au:アップグレードプログラムEX(月額390円)
  • ソフトバンク:半額サポート(月額無料)

このオプションに加入すると、機種代金は48回払いになり毎月の負担が軽くなります。

(例)au iPhone XS 64GBの機種代金

項目アップグレード
プログラムEX
通常価格
毎月の機種代金2,680円 × 48回5,360円 × 24回

また、2年目以降の機種変更時に、今までのスマホをキャリアに引き渡すことで以降の機種代金が免除されます。

つまり、2年ぴったりに機種変更して旧スマホが不要なら、機種代金が事実上半額になるということですね。

逆に次のような方は、auとソフトバンクの機種代金総額は一切安くなりません。

  • 2年目にMNP・解約したい方
  • 2年以上同じ機種を使い続ける方
  • 機種変更後も旧スマホを持ち続ける方
  • 分割払いにしたくない方

この性質から、auとソフトバンクで機種代金を安くするには、ずっとキャリアに縛られることになります。

一方、ドコモはこうした機種返却がない、純粋な24回払いの機種代金です。
細かな条件を満たさなくても実質価格で安くなっているので、安心して契約できますよね!

2 ドコモとau・ソフトバンクの利用料金について

続いて、ドコモとau・ソフトバンクの利用料金を比較しましょう。

2-1 ドコモの料金プラン

ドコモの料金プラン

ドコモの利用料金は、「通話プラン+ネット接続料+データ定額」の合計で決まります。

通話プランは国内通話定額のカケホーダイ、5分定額のカケホーダイライト、従量制のシンプルプランの3種類です。

ドコモの通話プラン

プラン月額無料通話
カケホーダイ2,700円国内通話24時間無料
カケホーダイライト1,700円国内通話5分以内無料
シンプル980円なし

ここにネット接続機能の「spモード(月額300円)」を加え、さらに必要なデータ定額を組み合わせます。

データ定額は1人用のベーシックパックと家族用のベーシックシェアパックがあるので、家族構成に合わせて選ぶことになりますね。

どの程度のデータ量を利用するかによりますが、一般的な1人3GB程度なら全キャリア中最安値で使えます。

ベーシックパック・ウルトラデータパックの料金

データ量料金
〜1GB2,900円
1〜3GB4,000円
3〜5GB5,000円
5〜20GB7,000円
20GB固定6,000円
30GB固定8,000円

ベーシックシェアパックの料金

データ量料金
〜5GB6,500円
5〜10GB9,000円
10〜15GB12,000円
15〜30GB15,000円
30GB13,500円
50GB16,000円
100GB25,000円

なお、家族でベーシックシェアパックを利用する場合、子回線はシェアオプション(月額500円)が必要です。

ドコモの「ベーシックパック」は何が違う?従来プランと徹底比較

2-2 auの料金プラン

auピタットプラン

画像引用元:auピタットプラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auの料金プランは、段階制定額のauピタットプランと定額制のauフラットプランがあります。

どちらのプランも通話プランやネット接続料込みの金額となり、1人用料金プランだけで見ればかなり安めの価格設定ですね。

auピタットプランの料金

項目シンプルスーパーカケホ※カケホ※
無料通話なし1回5分以内24時間無料
〜1GB2,980円3,480円4,480円
1〜2GB3,980円4,480円5,480円
2〜3GB4,980円5,480円6,480円
3〜5GB5,980円6,480円7,480円
5GB〜20GB6,980円7,480円8,480円

auフラットプランの料金

項目シンプル※スーパーカケホ※カケホ※
無料通話なし1回5分以内24時間無料
20GB6,000円6,500円7,500円
30GB8,000円8,500円9,500円

※スマホ応援割で1年間1,000円割引

auピタットプランは利用するデータ量に応じて月額料金が変動するので、上手にWi-Fiを活用してデータ量を節約する方がお得ですね。

また、確実に毎月20GB以上必要な方はauフラットプランを選ぶ方が少し安く利用できます。

auの料金プランを診断・変更!利用料金を最安にする方法とタイミング

2-3 ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクの利用料金はドコモと同様「通話プラン+ネット接続料+データ定額」の合計で決まります。

通話プランの区分けもドコモと同じですが、従量制の通話基本プランはドコモより若干高くなっています。

ソフトバンクの通話プラン

プラン月額無料通話
通話基本プラン
+定額オプション
2,700円国内通話24時間無料
通話基本プラン
+準定額オプション
1,700円国内通話5分以内無料
通話基本プラン1,200円なし

ここにウェブ使用料(月額300円)が加算され、さらに必要なデータ定額を組み合わせます。

ソフトバンクのデータ定額料金※

データ量ミニモンスターウルトラギガ
モンスター+
〜1GB2,480円5,980円
1〜2GB4,480円
2〜5GB5,980円
5〜50GB6,980円

※1年おトク割で1年間1,000円割引

ミニモンスターは段階制定額なので、少ないデータ量なら安く使えますね。
ただ、2GBを越えるとウルトラギガモンスター+と同じ月額料金になってしまいます。

確実に毎月2GB以下で使える方以外は、ウルトラギガモンスター+を契約する方がお得になりますね。

また、ウルトラギガモンスター+は家族2人以上が利用すると「みんな家族割+」が適用されます。

みんな家族割+の割引額

  • 2人:-500円/月
  • 3人:-1,500円/月
  • 4人:-2,000円/月

この割引はウルトラギガモンスター+を契約している全回線に適用されるので、家族4人全員がたっぷりデータ量を使うならかなりお得ですね!

ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

次のページでは、ここまでの料金プランを元に各キャリアの月額料金を比較します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

iPhone 7とAQUOS sense2を徹底比較!docomo withスマホ対決を制すのは!?... 今回はiPhone 7とAQUOS sense2を徹底比較し、どちらを選ぶべきかを解説します。 iPhone 7もAQUOS sense2も、docomo with対象モデルです。そのためプラン構成によっては格安SIM並みに安くするこ...
携帯料金の平均っていくら?スマホとガラケーで月額は結構違う【2019】... スマホなどのモバイル機器を利用している限り毎月のように支払っている携帯料金。 「思ったより安い」と感じる人もいれば、「なんか高いような気がする」と感じている人もいるかもしれません。 また、「携帯料金の平均ってどれくらいなんだろう」と...
携帯キャリア「分離プラン」は何がどう変わるの?今までとの違いは何?... 皆さんは「分離プラン」というものをご存知でしょうか? 分離プランとは、早ければ2019年夏に各大手キャリアに対して義務付けられる料金プランのことであり、月額料金を毎月払う我々の生活にも大きな影響を与えます。 特に、機種代金に与え...
ドコモのiPhone XS/iPhone 8/iPadの割引が端末購入サポート化でよりお得に!... ドコモのiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone 8/iPad(第六世代)/Galaxy S9 SC-02Kがよりお求めやすくなりました。 月々サポートから端末購入サポートへの変更により、端末代金が一括でダイレクト...