ドコモのウェルカムスマホ割の全て|適用条件・割引内容・対象機種

  • 2018年12月14日
  • by.chibinon

ウェルカムスマホ割

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年11月1日(木)にドコモがガラケーからスマホに機種変更する方を対象に『ウェルカムスマホ割』」を開始しました。

『ウェルカムスマホ割り』というのは月額料金が割引になるキャンペーンで、適用範囲も広く、対象となる方には非常にお得に機種変更やが可能となります。

それでは詳しく解説していきます。

トップ画像引用元:ウェルカムスマホ割 | キャンペーン | NTTドコモ

1 ドコモのウェルカムスマホ割りとは

『ウェルカムスマホ割り』は、従来のFOMAからXiに契約変更を行うことで適用されるキャンペーンです。主にガラケーからスマホに機種変更すると適用されます。

その対象は、FOMAのらくらくホンやキッズケータイも含んでいて広範囲なことが、「主に」とお伝えした理由のひとつです。

  • FOMAのらくらくホンを使っているが新たにスマホに機種変更したい場合
  • お子様がキッズケータイを卒業してスマホデビューする場合

にも適用される非常にお得なキャンペーンなのです。

1-1 『ウェルカムスマホ割り』はどのくらいお得になのか

月額料金が割引されてお得になると言うことは、名称からも何となくわかりますが、実際にどのくらいお得になるのかが気になるところです。

『ウェルカムスマホ割り』のお得な割引額や割引期間と合わせて適用されるための条件などを詳しく解説します。

割引額と割引期間

  • 月額の割引は1,500円
  • 期間は割引提供月から最大13ヶ月

毎月の通信料金などから割引されますので、月々の支払金額を安く抑えることができ、スマホ料金の高さから乗換えをためらっている方にも受け入れやすい内容です。

最大で1,500円×13ヶ月=19,500円もお得になります。

こちらはスマホ本体の代金の支払いを負担する「月々サポート」とは別で適用されます。

適用開始時期

条件を満たした日から適用となり、月途中適用の場合の割引額は日割り計算となります。

パケットパックの適用で「翌月から適用」を選択するとウェルカムスマホ割も翌月から適用されるので、最大限の割引を受けることができます。

ただし、初月の契約にパケットパックを含まないことになってしまうので、締め日近くの数日に契約した場合を除いて現実的とは言えないかもしれませんので注意が必要です。

割引対象料金

スマホ本体の代金以外の毎月支払うすべての料金が割引の対象になります。

スマホの本体代金は割引の対象とはなりませんが、対象の料金の合計が1,500円よりも少額になることはありませんので損をした気分になることはありません。

  • パケットパック定額料
  • 基本使用料
  • SPモードなどのインターネット接続サービス月額使用料

1-2 『ウェルカムスマホ割り』の適用条件

『ウェルカムスマホ割り』は、FOMAからXiに契約変更する方が対象のキャンペーンです。

FOMAと聞くとガラケーだけのように思いますが、FOMAのらくらくホンとキッズケータイも含みます。

利用期間

直近にドコモで購入した携帯がFOMA対象機種で、かつ18ヶ月以上利用していることが条件となります。

FOMAのガラケーをご利用の方、FOMAのらくらくホンをやキッズケータイをご利用の方のほとんどの方が、もうすでに数年間ご利用でしょうから特に気にすることはありませんね。

割引適用条件

ウェルカムスマホ割りを適用されるためには、指定の料金プランの契約や対象の必須パケットパックなどに加入する必要があります。

しかし、対象のプランやパケットパックが幅広いことに特徴があります。

対象料金プラン

対象となる料金プランは以下となります。

  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone・SIMフリー含む】
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)【iPhone含む】
  • シンプルプラン(スマホ)

2年自動更新の定期契約をすることが必要ですが、ウェルカムスマホ割りを利用しない場合でも、いずれかの契約を結ぶことになりますので同じことですね。

「ハーティー割引」を適用できる方は、定期契約なし(契約期間に縛りのないプラン)を選択することも可能です。

必須パケットパック

スマホを契約するにあたっては、必ず以下の料金プランや必須パケットパックを選択することになるので、気にする条件ではありません。

ベーシックパック
ウルトラデータパック(L/LL)
ベーシックシェアパック
ウルトラシェアパック(30/50/100)
ビジネスシェアパック50~3000
ビジネスベーシックシェアパック
ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

シェアパックの子回線の場合は、親回線が対象のシェアパックを契約している場合は条件を満たすことになります。

指定インターネット接続サービス

spモード
ビジネスmoperaインターネット
moperaUスタンダードプラン

スマホを契約する場合は、ほとんどの場合はspモードの契約をすることになりますので、こちらも大きな問題ではないでしょう。

適用終了条件

割引適用条件である、
対象料金プラン
パケットパック
インターネット接続サービス
を満たさなくなると割引は受けられなくなります。もちろん回線を解約してしまうと適用も終了です。

ウェルカムスマホ割りは13ヶ月間続きますが、ほとんどの方が選択する契約プランでは、2年間の定期契約となっているので、期間中に割引が終了します。

14ヶ月目からは正規の料金の支払いが発生しますので、注意が必要です。

ドコモへ乗り換えがもっとお得に!Galaxy S9/P20 Proの割引額が増額!

次の章では、『docomo with』の併用でさらにお得になることを紹介します。

1-3  他社からの乗換えでのも『ウェルカムスマホ割り』

『ウェルカムスマホ割り』がお得な最大の特徴は、他社からの乗換えでも適用されるという点です。

他社のガラケーを利用している方が、ドコモに乗換えてさらにスマホに変更するなら使わない手はありません。

ショップで手続きする場合は、他社のガラケーの自局番号画面を担当スタッフが目視確認するという、とても簡単な方法で条件をクリアできます。

他の適用条件はドコモ内の機種変更と同じです。継続利用期間の制限はありません。

この機会に、複数の回線がバラバラになっている契約をまとめてしまうことも検討できますね。

2 docomo withとの併用でさらにお得に

画像引用元:docomo with | 料金・割引 | NTTドコモ

さらに、『ウェルカムスマホ割り』がお得になるのが、『docomo with』と併用可能なことです。

『ウェルカムスマホ割り』と『docomo with』の両方の割引を受けることができるので、さらにお得になることには違いありません。

『docomo with』と併用することでお得になる内容はもちろん、その適用条件を詳しく解説します。あわせて注意点も紹介しますので、確認してください。

2-1 『docomo with』は何がお得なのか

対象のスマホに機種変更すると毎月1,500円の割引がずっと続くというのが、『docomo with』の特徴です。

割引やキャンペーンは期間が決められていて、期間が終了すると割引がなくなるというのが一般的ですが、そのスマホを使っている限りずっと割引が続きます

対象のスマホが限られてしまいますが、スマホとしては必要十分な性能のものばかりですので、ライトユーザーやミドルユーザーは問題ありません。

『docomo with』の対象は以下ととなります。

  • iPhone 6s
  • AQUOS sense2 SH-01L
  • Galaxy Feel2 SC-02L
  • arrows Be F-04K
  • LG style L-03K
  • MONO MO-01K
  • AQUOS sense SH-01K
  • らくらくスマートフォン me(F-01L)
  • らくらくスマートフォン me(F-03K)

2-2 『docomo with』の併用で3,000円割引

『ウェルカムスマホ割り』と『docomo with』を併用して割引を受けると、

項目金額
ウェルカムスマホ割り1,500円
docomo with1,500円
合計3,000円

月額3,000円の割引を13ヶ月間受けることができます。

13ヶ月が経過したら、『docomo with』の1,500円のみの割引となりますが、併用期間中はかなりお得です。

2-3 家族で使うとさらにお得に

シェアパック子回線で適用した場合は、余った割引をシェアパック親回線で享受できるということになりお得感満載です。

ご家族内で『ウェルカムスマホ割り』を適用できる台数が2台以上の場合はさらにお得になります。

『docomo with』であれば、家族全員が1,500円づつ割引を受けられることになります。

シェアパックの親回線で割引額が余ってしまった場合、シェアパック子回線の割引に充当したり次月に繰り越したりはできませんので注意が必要です。

docomo with(ドコモウィズ)の全て|対象機種の料金から見える真実

3 『ウェルカムスマホ割り』を活用して最も安くスマホユーザーに

今までガラケーを使用していた方にとっては、インターネットを利用する際の通信費用の高さがネックとなるかもしれません。

お子様のスマホデビューをお考えの方にとっても家族内の通信費用はできることなら抑えたいものですよね。

その月額の利用料金が『ウェルカムスマホ割り』でどのくらいになるのかを試算しました。

3-1 『ウェルカムスマホ割り』と『docomo with』の併用の試算

今回は、

  • 『ウェルカムスマホ割り』のみ
  • 『docomo with』を併用
  • 家族でシェアパックも利用

する場合の月額の利用料金を調べてみました。

『ウェルカムスマホ割り』のみの場合

月額の利用料金を計算すると、下記の表となります。

Xperia XZ1 Compact SO-02K など5機種月額
シンプルプラン(スマホ)
(2年間の定期契約あり)
980円
ベーシックパック(~1GB)2,700円
spモード(インターネット接続)利用料300円
ウェルカムスマホ割
(13ヶ月で終了)
-1,500円
月額合計2,980円

13ヶ月経過すると1,500円の割引が終了するのでそれ以降は5,460円となります。

『docomo with』との併用の場合

『docomo with』を併用すると下記の表となります。

項目月額
シンプルプラン(スマホ)
(2年間の定期契約あり)
980円
ベーシックパック(~1GB)2,700円
spモード(インターネット接続)利用料300円
ウェルカムスマホ割
(13ヶ月で終了)
-1,500円
docomo with-1,500円
月額合計980円

『ウェルカムスマホ割り』が終わっても、『docomo with』は継続なので14ヶ月以降は2,700円となります。

2つの試算を比べると、『ウェルカムスマホ割り』は『docomo with』と併用がお得になります。

それほどハイスペックな最新スマホを求めない場合は、docomo with対象のスマホを選んで『ウェルカムスマホ割り』と『docomo with』両方の割引を受けるのが得策です。

家族で利用した場合

それでは、『ウェルカムスマホ割り』と『docomo with』を家族3人で利用した場合を試算してみます。

データ通信量は家族3人で分けることも考えて5GBを前提とします。

項目親回線子回線1子回線2
シンプルプラン(スマホ)
(2年間の定期契約あり)
980円980円980円
ベーシックパック(~5GB)5,600円500円
(シェアオプション)
500円
(シェアオプション)
spモード(インターネット接続)利用料300円300円300円
ウェルカムスマホ割
(13ヶ月で終了)
-1,220円
(子回線のあまり分)
--280円
docomo with-1,500円-1,500円-1,500円
月額合計4,160円280円0円

この場合、docomo withの対象モデルを所有して月々の利用料金を合わせると、4,160円+280円+0円で4,440円で1人あたり1,480円となります。

スマホの機種代金は別ですが、これだけ安くできるのは大きなメリットです。

4 ドコモの学割の受付も始まっています

2018年12月1日(土)にドコモの学割が受付開始になりました。内容は、『ウェルカムスマホ割り』と同じく1,500円/月を13ヶ月間割引、dポイントのプレゼントの2本立てです。

ただし、『docomo with』『ウェルカムスマホ割』とは重畳契約できません。

両方の契約条件を満たした場合は、「docomo with」「ウェルカムスマホ割」が優先的に契約となります。

ドコモの学割をiPhoneに適用した時の月額料金をシミュレーション

5 お得にスマホデビューできる『ウェルカムスマホ割り』は今がチャンス

『ウェルカムスマホ割り』に似たキャンペーンは過去にもありましたが、一定の期間で終わってしまいました。今回もいつ終わってしまうかもわかりません

さらに前回のFOMAからXiに契約変更を促すキャンペーンよりもウェルカムスマホ割りの内容は寂しくなっています。

次にあったとしてもキャンペーン内容がさらに寂しくなるということも考えられるので、いまがチャンスでしょう。

『ウェルカムスマホ割り』のここがお得
  • 『docomo with』が併用できる
  • 13ヶ月も1,500円の割引が受けられる
  • FOMAからXiに契約変更すると自動適用される
  • 余った割引額はシェアパック親回線に充当してくれる
  • 他社からの乗換えにも適用される

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ