docomo with(ドコモウィズ)の全て|対象機種の料金から見える真実

docomo with(ドコモウィズ)の全て|対象機種の料金から見える真実

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモでスマホを購入する場合、docomo with対象機種を購入することで機種代金が安くなり、毎月一定の割引も受けられるためとてもお得です。

docomo withの対象機種は定期的に入れ替えが行われるため、今どのような機種を選択することができるのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ドコモでスマホを購入する場合、docomo with対象機種とそれ以外の機種で機種代金にどのような違いがあるのかなども気になるところですよね。

そのため、docomo with対象機種を評判などを通して紹介しつつ、機種代金がいくらなのかをお伝えします。

そしてdocomo withはdocomo with以外の機種と比較してどのようなメリットやデメリットがあるのかの比較もしていきます。

ドコモでお得にスマホを購入する方法をお探しの方や、お得に乗り換える方法をお探しの方は是非参考にしてください。

トップ画像引用元:料金・割引|docomo with|ドコモ公式サイト

ドコモで機種変更するならドコモに特化したdカード GOLDの利用も検討することをオススメします!
年会費に1万円かかりますが、ドコモのケータイ利用料金の10%がポイントとして付与されるのと、ローソンやマツキヨ、マクドナルドと特約店が多くポイントが貯めやすいのが最大のメリットです。

また、ドコモオンラインショップで端末購入をdカードで決済した場合ポイント2倍、ケータイ補償が最大10万円とドコモユーザーならメリットが豊富にあります。

ぜひ利用するべきカードです。

1 docomo with対象機種


まずはdocomo with対象機種がどのようなものなのかを確認してみましょう。

docomo with対象機種1【iPhone 6s】


画像引用元:製品|iPhone 6s|ドコモ公式サイト

iPhone 6s項目
メーカーApple
発売日2015年9月25日
サイズ高さ 138.3mm × 幅 67.1mm × 厚さ 7.1mm
重さ143g
OSiOS11
CPU64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
組み込み型M9モーションコプロセッサ
メモリ非公開
ストレージ32GB
ディスプレイIPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーン
メインカメラ12MP
サブカメラ5MP

iPhoneシリーズとしては最新モデルの3世代ほど前のモデルになりますが、人気のiPhoneがお得に購入できるということで注目を集めています。

A9チップを搭載しており、処理能力の面では現在のミドルレンジクラスのスマホと同等であることから通常使いには十分な能力です。

最新のiPhoneはイヤホンジャックが廃止されていることで、不便さを感じているかたもいらっしゃるかもしれませんが、iPhone 6sはイヤホンジャックが搭載されています。

従来の3.5mmの有線タイプのイヤホンを使い続けたいという方にとってもメリットがある一台になります。

docomo with対象機種2【arrows Be F-04K】


画像引用元:製品|arrows Be F-04K|ドコモ公式サイト

arrows Be F-04K項目
メーカー富士通
発売日2018年5月25日
サイズ高さ 144mm × 幅 72mm × 厚さ 8.3mm
重さ146g
OSAndroid 8.1
CPUSDM450
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ約 5.0インチ HD(720×1280)
メインカメラ裏面照射積層型CMOS/約 1220万画素
サブカメラ裏面照射型CMOS/約 500万画素

見た目はいたってシンプルでスタイリッシュなarrows Be F-04Kですが、耐衝撃性能の高いタフネススマホに位置付けられるスマホです。

衝撃に強いGorilla® Glass 5の採用や、フレーム各所に施された強化構造により1.5mの高さからコンクリートに落下させても割れにくい独自基準をクリアしています。

また、高い防水・防塵性能を施されていることから、アウトドアでの利用頻度の高い方であっても安心して使うことができるスマホです。

アウトドアで利用する用途がなかったとしても、スマホは壊れやすいから落下などによる破損が心配という方にも最適なスマホになります。

docomo with対象機種3【LG style L-03K】


画像引用元:製品|LG style L-03K|ドコモ公式サイト

LG style L-03K項目
メーカーLG
発売日2018年6月22日
サイズ高さ 144mm × 幅 69mm × 厚さ 8.7mm
重さ146g
OSAndroid 8.1
CPUSDM450
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ約 5.5インチ FHD+FullVision Display(1080×2160)
メインカメラ裏面照射型CMOS/約 1620万画素
サブカメラ裏面照射型CMOS/約 800万画素

CPUはSDM450であるため、ミドルレンジスマホ並みの処理能力ですが、メモリは4GBと容量が多いためスマホ自体の安定感は高く、長期間使用する場合でも安心感が高まります。

液晶画面サイズは5.5インチとサイズは大きいですが、狭額縁を採用しているため一般的な5インチスマホ並みの本体サイズを実現しています。

そのディスプレイはLG独自のFullVision Displayで、解像度も高いため性能面や画質にこだわるならLG style L-03Kがお勧めです。

docomo with対象機種4【AQUOS sense SH-01K】


画像引用元:製品|AQUOS sense SH-01K|ドコモ公式サイト

AQUOS sense SH-01K項目
メーカーシャープ
発売日2017年11月10日
サイズ高さ 144mm × 幅 72mm × 厚さ 8.6mm
重さ148g
OSAndroid 7.1
CPUQualcomm MSM8937
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ約 5.0インチ FHD(1080×1920)
メインカメラ裏面照射型CMOS/約1310万画素
サブカメラ裏面照射型CMOS/約500万画素

シャープ独自のIGZO液晶を搭載しているため、フルHDと高精細でありながらも消費電力を抑えた駆動が可能になっています。

液晶画面は5インチと大きめでありながらも本体サイズはコンパクトであるため、スマホをポケットに入れて持ち運ぶスタイルの方でも問題ありません。

メインメモリ(RAM)も3GBと余裕のある容量となっているため、長い期間使い続けたいという方であってもメモリの少なさで不満を感じることはないでしょう。

docomo with対象機種5【MONO MO-01K】


画像引用元:製品|MONO MO-01K|ドコモ公式サイト

AQUOS sense SH-01K項目
メーカーZTE
発売日2017年11月30日
サイズ高さ 142mm × 幅 69mm × 厚さ 8.9mm
重さ153g
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon 435
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ約 5.0インチ HD(720×1280)
メインカメラ裏面照射型CMOS/約 1320万画素
サブカメラ裏面照射型CMOS/約 500万画素

MONO MO-01KはZTEから発売されている機種ですが、ZTEというメーカー名に馴染みがないという方もいらっしゃるかもしれません。

ZTEは中国では大手の通信事業者で、日本国内ではそれほど高いシェアを獲得していませんが、世界では5本の指に入るほどの高いシェアを得ています。

ここ数年では格安スマホの分野で、高コストパフォーマンスのスマホという位置付けで認知度が上がってきています。

その、ZTEからドコモ向けに発売されたMONO MO-01Kですが、5インチ液晶を搭載したコンパクトなスマホとして人気を集めています。

普段は、メールやSNSのチェックがメインでたまに電話をする程度という用途で、シンプルで使い勝手の良いスマホをお探しの方にはお勧めのスマホです。

docomo with対象機種6【らくらくスマートフォン me(F-03K)】


画像引用元:製品|らくらくスマートフォン me(F-03K)|ドコモ公式サイト

AQUOS sense SH-01K項目
メーカー富士通
発売日2018年2月28日
サイズ高さ 137mm × 幅 67mm × 厚さ 9.9mm
重さ138g
OSAndroid 7.1.2
CPUSnapdragon 625
メモリ2GB
ストレージ16GB
ディスプレイ約 4.5インチ HD(720×1280)
メインカメラ裏面照射積層型CMOS/約 1310万画素
サブカメラ裏面照射型CMOS/約 500万画素

シニア層のユーザーが初めてスマホを使い始めるなら、従来型携帯の様な使い勝手の方が馴染みやすいかもしれません。

らくらくスマートフォン meはAndroidスマホですが、従来型携帯に近い独自のUIを採用しているため初めてスマホを操作する方でも安心です。

また、スマホは壊れやすいと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、らくらくスマートフォン meは米国国防総省調達基準であるMIL規格14項目に準拠しています。

そのため、落下などの耐衝撃性能に優れいてる他、高い防水や防塵性能も備えているため、通常利用では安心して利用することができます。

次の章では、docomo withの詳細について紹介します。

2 docomo withとは


画像引用元:キャンペーン・特典一覧|ドコモオンラインショップ

docomo withの対象機種を紹介してきましたが、docomo withの対象機種がどのようなものかを見ることで、docomo withがどのようなものであるのかがわかってきます。

対象機種から見るdocomo withの特徴
  • 最新モデルではない
  • 現モデルのミドルレンジクラスの処理能力
  • 万能タイプのモデルはない

先ほどの項目でdocomo withのラインナップを見てきましたが、発売から2年程度経過したモデルが大半となっています。

しかし、性能面や機能面で全く使えないものかというとそうではなく、現行モデルのミドルレンジクラス並の性能や機能を備えている機種ばかりです。

これら、docomo with対象機種はゲームなどを快適にプレイするなど、スマホのスペックに依存する用途ではない限りは、特に不満が生じることはないでしょう。

docomo withの対象機種がどのようなものかがわかってきましたが、気になることは結局対象docomo with機種をいくらでも購入できるのかということではないでしょうか。

次の項目で、docomo with対象機種の機種代金を紹介していきます。

docomo with対象機種の機種代金一覧


端末名称端末代金月々サポート実質負担金
iPhone 6s42,768円(1,782円×24回)-42,768円(1,782円×24回)
arrows Be F-04K33,696円(1,404円×24回)-33,696円(1,404円×24回)
LG style L-03K40,176円(1,674円×24回)-40,176円(1,674円×24回)
AQUOS sense SH-01K30,456円(1,269円×24回)-30,456円(1,269円×24回)
MONO MO-01K25,272円(1,053円×24回)-25,272円(1,053円×24回)
らくらくスマートフォン me(F-03K)38,880円(1,620円×24回)-38,880円(1,620円×24回)

それぞれの機種代金がいくらなのがわかりましたが、docomo with対象外の機種と比較すると機種代金にどのような違いがあるのかが気になります。

そこで、docomo with対象外の機種の機種代金も参考のため調査した結果を以下に掲載します。

docomo with対象外機種の機種代金一覧


端末名称端末代金月々サポート実質負担金
Xperia XZ2 Premium SO-04K112,752円(4,698円×24回)45,360円(1,890円×24回)67,392円(2,808円×24回)
Galaxy S9 SC-02K99,792円 (4,158円×24回)46,656円 (1,944円×24回)53,136円 (2,214円×24回)
AQUOS R2 SH-03K95,904円 (3,996円×24回)46,656円 (1,944円×24回)49,248円 (2,052円×24回)

docomo with対象機種の場合には、機種代金の月額料金から毎月一定の金額を割り引く「月々サポート」が適応されません

Xperia XZ2 Premium SO-04Kはフラッグシップモデルということもあり機種代金が11万円を超えていますが、月々サポートが適応されるため実質負担金は67,392円になります。

docomo with対象機種で最も機種代金が安いのはMONO MO-01Kで25,272円で、Xperia XZ2 Premium SO-04Kの実質負担金と比較すると42,120円も安いことがわかります。

docomo withの特徴
  • 月々サポートがない
  • 通信料金から毎月1,500円の割引
  • 3年目以降も割引は継続

先ほども触れましたが、docomo with以外の機種の場合には月々サポートがあるのに対して、docomo with対象機種には月々サポートがありません。

月々サポートがない代わりに毎月の通信料金から1,500円の割引を受けることができ、割引期間はdocomo with対象機種を使っている期間はずっと継続します。

docomo withの適応条件


docomo withの適応を受けるためには、先ほどの項目までで紹介してきた対象機種を購入する必要がある他に、以下の条件を満たさなければなりません。

docomo with適応の契約形態
  • 新規
  • MNP
  • 機種変更
  • 契約変更
docomo with適応となる料金プラン
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • シンプルプラン(スマホ)
docomo with対象となるパケットパック
  • ベーシックパック(1/3/5/20)
  • ウルトラデータパック(L/LL)
  • ベーシックシェアパック
  • シェアパック(5/10/15/20/30)
  • ウルトラシェアパック(30/50/100)
  • ビジネスベーシックシェアパック
  • ビジネスシェアパック(5~3000)
  • ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

docomo withの割引を継続するためには、上記の契約を維持している必要があります。

購入したdocomo with対象機種を手放してしまったり、契約しているプランを対象外のプランに変更してしまうとdocomo withの割引が無くなってしまうので注意が必要です。

docomo withのメリットとデメリット


ここまで、docomo withの対象機種や対象機種の機種代金、そして適応条件などを見てきましたが、docomo withのメリットとデメリットを紹介します。

その前に、まずは、ドコモユーザーのdocomo withに対してどのような評価をしているのかを確認してみましょう。

docomo withの評価
  • 料金が安いから満足
  • 機種の選択肢が少ない
  • スマホの各種規格が古い
docomo withのメリット
  • 毎月の通信料金から1,500円の割引
  • 機種代金が安い
  • 3年目以降も使い続けるとお得
docomo withのデメリット
  • 対象機種が古い
  • 2年ごとに最新機種に乗り換えたい方には不向き

評価やメリット・デメリットの結果から、docomo withが適しているのは以下のようなユーザーということになります。

docomo withに適している方とは
  • スマホに高いスペックを求めない利用方法
  • スマホの維持費をとにかく安くしたい
  • 1度スマホを購入したら最低でも3年は使っている
docomo with終了が決定!ドコモ新料金の分離プラン前に加入がお得の理由

docomo withのまとめ

ここまで紹介してきたdocomo withの特徴などをまとめると以下のようになります。

docomo withの対象機種
  • iPhone 6s
  • arrows Be F-04K
  • LG style L-03K
  • AQUOS sense SH-01K
  • MONO MO-01K
  • らくらくスマートフォン me(F-03K)
docomo with対象機種の特徴
  • 最新機種ではない
  • 月々サポートがなくても対象外機種よりも安い
  • ミドルレンジクラスの処理能力
docomo withの特徴
  • 毎月の利用料金から1,500円の割引
  • 割引は対象機種を使い続ける限りずっと継続
  • 月々サポートの適応対象外
docomo withが適しているユーザー
  • スマホのスペックにこだわりがない
  • スマホの料金を安くしたい
  • 機種変更したら3年は使い続けている

docomo withの対象機種は、最新機種ではないため性能面で見ると、現行機種よりも処理能力は遅く各種機能の規格も古い場合があります。

また、月々サポートによる割引対象外となるため、最初の2年間は値引きなしで端末代金を支払う必要があります。

しかし、3年目以降は端末代金の支払いがなくなるため、通信料金-1,500円の支払いのみで良いため、お得さが増してきます。

現時点で一度機種変更をしたら3年以上は使い続けているという方は、それほどストレスを感じることなくdocomo withの恩恵を受けることができるでしょう。

【2020年4月】ドコモ機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ