「らくらくスマートフォンme」にお得に機種変更【docomo with対象スマホ】

  • 2018年4月29日
  • by 
「らくらくスマートフォンme」にお得に機種変更【docomo with対象スマホ】

「docomo with(ドコモ ウィズ)」は2017年6月1日より登場した、
「ドコモの月額料金をずっと1500円安く利用することができる」という内容の新しいプランです。

2017年12月18日にはdocomo with契約者数は100万契約を突破しました。注目のプランということもあり、機種変更と同時にdocomo withへのプラン変更を検討している方も多いでしょう。

また、docomo with対象スマホの中で「初心者でも使いやすい」「高齢者も安心して使える」と話題の「らくらくスマートフォンme」も気になるところです。

今回はdocomo withについての解説とdocomo with対象スマホ「らくらくスマートフォンme」にお得に機種変更する方法について解説していきます。

1 docomo withとは?

docomo withとは、同じスマホをずっと使い続けることによって、お得に利用することができる割引サービスです。docomo with対象のスマホ端末を購入し、対象のプランに加入することで、毎月の利用料金から1,500円割引が適用されます。

割引の期限はなく、同じ端末で対象のプランに加入している限り、ずっと毎月1,500円の割引がされるという内容です。

1-1 docomo withの割引内容

docomo withは、月々サポート・端末購入サポートなどの端末購入補助を利用する事はできません。対象機種購入によって、利用料金が毎月1,500円割引になる料金プランです。
割引内容の詳細は、 割引額 1,500円/月、適用開始時期はdocomo with対象端末購入日から適用され、月途中にdocomo with対象端末を購入の場合は割引額は日割りとなります。

必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合や月々サポート及び重畳適用不可のキャンペーン割引の場合は翌月からの適用となり、docomo with対象外端末への機種変更した場合は前月末までの適用となります。

端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せず定価で購入した場合、SIMフリー端末等の既にお持ちの端末にSIMを差し替えて利用した場合はdocomo withを継続適用できます。docomo withの割引は以下の順番で割引額が充当されます 。

  • パケットパック定額料/1GB追加オプション(シェアパック子回線の場合はシェアオプション定額料、シェアパック分割請求オプション契約の場合は分割後の料金が対象)
  •  基本プラン:月額基本使用料
  •  spモード月額使用料の順に割引額を充当します。(但し、余った割引額の翌月繰越や他回線への割引充当はされません。)

「月々サポート」「はじめてスマホ割」「シニア特割」「ドコモにチェンジ割」「ドコモの学割2017(1,000円/月割引)」「シニアはじめてスマホ割」等は重畳契約不可となります。重畳不可のキャンペーン割引契約中の回線がdocomo withを申込むと、キャンペーン割引は当月末までの適用となって、docomo withは翌月から適用されます。

「ドコモの学割2016」「ドコモの学割2017」についても基本料割引は重畳不可です。しかし、dポイント進呈(1,000pt/月)等の各種特典およびボーナスパケット(5GB/月)については重畳適用がされます。

1-2  docomo with対象端末

docomo with対象端末は

  1. らくらくスマートフォン me
  2. Galaxy Feel SC-04J
  3. AQUOS sense SH-01K
  4. MONO MO-01K

の4機種です。docomo with開始当初の対象機種は「Galaxy Feel SC-04J」と「arrows Be F-05J」がありました。

2017-2018年冬春モデルから「らくらくスマートフォン me 」「AQUOS sense SH-01K」、「MONO MO-01K」の3機種とGalaxy Feelの新色「Galaxy Feel SC-04 JAurora Green」が追加されました。

1-3  docomo withの適用条件と注意事項

docomo withの適用条件は下記の4点です。

  • 対象申し込みが新規購入、乗り換え(MNP)機種変更、契約変更
  • 契約種別が Xi
  • 契約者名義は 個人名義、法人名義
  • 契約者年齢 中学生以上(個人名義の場合)

docomo with対象料金プランは、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプランですが下記のパケットパックの付帯が必須となっています。

  • データパック(S/M/L)
  • ウルトラデータパック(L/LL)
  • シェアパック(5/10/15/20/30)
  • ウルトラシェアパック(30/50/100)
  • ビジネスシェアパック(5~3000)
  • ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

次のページではdocomo withの注意事項とメリット・デメリットについて説明します。

あなたにおすすめ

arrows Beレビュー|落としても画面が割れにくいタフネススマホ... 落としても画面が割れにくいタフネスさと、タフネススマホらしからぬスタイリッシュなデザインで人気のarrows Beです。 そのarrows Beの後継機がついにドコモから発売になりました。arrows Beのユーザーには、どのように進...
arrows Be F-04Kに最安値で機種変更する方法【docomo with対象スマホ】... 今では完全に生活必需品となっているスマホ。無くてはならないものですが、年々本体代が高騰していて、家計を圧迫してしまっていませんか? そこで、ドコモの新料金システムであるdocomo withで対象のarrows Be F-04Kを最安...
ドコモのXperia XZ2 SO-03Kを最安値でお得に購入・機種変更する方法... ドコモからはXperiaシリーズのスマホがたくさん発売されています。 今回はその中から「Xperia XZ2(SO-03K)」について紹介します。 Xperia XZ2(SO-03K)とは一体どんなスマホなのかはもちろん、お得に...
「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」を徹底比較|どちらが買いか?... 大人気のAndroidスマホXperiaシリーズの最新モデルが各キャリアから発表されましたね! 今回もスタンダードなXperia XZ2と、映像美を追求したXperia XZ2 Premiumが発売されます。 Xperia XZ...