「MONO MO-01K」にお得に機種変更【docomo with対象スマホ】

  • 2018年3月7日
  • by 
「MONO MO-01K」にお得に機種変更【docomo with対象スマホ】

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアは、格安SIM各社に比べて、クオリティが安定していて安心して使用できますが、その分お値段は高いってイメージはないですか?

ところが、ドコモが始めた新サービス「docomo with」はそんな考えを打ち崩すような画期的料金体系だと話題になっているのです。
果たしてdocomo withはどんな料金体系なのでしょうか?

さらにこの記事ではdocomo with対応の代表的スマホの一つである人気の「MONO MO-01K」をよりお得に機種変更できる技もあわせて紹介していきます!

1  docomo withとは?

画像引用元:docomo with|料金・割引|NTTドコモ

CMでも耳にすることがある「docomo with」。直訳してしまえば「ドコモと一緒」ですが、果たしてどんな仕組みなのでしょうか?分かりやすく解説していきます。

1-1  docomo withとは今までとは根本的に異なる料金体系

果たしてdocomo withとはどんな仕組みなのでしょうか?

一般的な料金体系

今までのドコモなどの料金体系には、基本月額の使用料に加えて、スマホ代を24回など分割払いにしている金額が加算されていました。
ただ、分割払いにすることで月々サポートという数万円の割引サービスを得られるわけです。

docomo withの場合

画像引用元:docomo with|料金・割引|NTTドコモ

docomo withの最大の特徴は、なんといっても月々の利用料から毎月1,500円割引されるということです。
docomo withの場合は、上記の月々サポートがない代わりに、いつでもスマホの機種変更は可能になります。

逆に言えば、月々サポートは2年間で終わってしまうので、その段階で機種変更をしないと割高になりますが、docomo withで申し込めば、同一スマホを2年以上つまり長く使えば使うほどずっと1,500円割引なのでお得というわけです。

なので、そこまで最新スマホにはこだわらないようなライトユーザーには、特におすすめの料金体制だと言えますね。

1-2  docomo withを利用したMONO MO-01K料金シミュレーション

ではdocomo withを利用したMONO MO-01K月々の料金シミュレーションをおこなってみましょう。
後述しますが、docomo with対応スマホは、元々スペックがミドルレンジクラスで料金は抑えめになっている特徴があります。

そのため、月々サポートがなくとも分割払いで機種代金を月額1,000円前後に抑えられるメリットがあります。

【docomo withを利用したMONO MO-01K月々の料金シミュレーション(2年間の定期契約あり※)】

※2年間は解約すると解約料がかかる=解約、機種変更するタイミングが決まってしまう

①通話料金

  • カケホーダイプラン(話し放題)2,700円
  • カケホーダイライトプラン(5分以内話し放題)1,700円
  • シンプルプラン(国内電話30秒20円の従量制)980円

②パケット料金

※データパックが一人利用向け、シェアパックが家族で分けられる家族向け(シェアするには+500円必要です)

  • データSパック(2GB)3,500円
  • データMパック(5GB)5,000円
  • ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
  • ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円
  • シェアパック5(5GB)6,500円
  • シェアパック10(10GB)9,500円
  • シェアパック15(15GB)12,500円
  • ウルトラシェアパック30(30GB)13,500
  • ウルトラシェアパック50(50GB)16,000円
  • ウルトラシェアパック100(100GB)25,000円

③MONO MO-01K本体代(分割)

  • 1,053円(2年間)※2年後は0円

④インターネット接続サービス

  • SPモード代 300円

⑤オプションサービス(任意)

  • 例:オプションパック(留守電、メロディコール、キャッチホン、転送電話)400円など

A.割引サービス①docomo with

  • 毎月1,500円割引(契約中永年)

B.割引サービス②ずっとドコモ割

※4年、8年、10年、15年とドコモとの契約年数による割引(パケット料金の割引)

  • 例:4年以上のドコモとの契約者
    パケット契約料ごとに100~1,000円割引
  • 例:15年以上のドコモとの契約者
    パケット契約料ごとに600~2,500円割引
    =ずっとドコモ割詳しくは⇒こちら

この(①+②+③+④+⑤)-(A+B)=が月額料金となります。では、具体的なユーザ―を想定して見てみましょう。

1.ドコモとの契約5年目の標準的な使い方のライトユーザー(1人利用)

①シンプルプラン980円+②データMパック5,000円+③本体代1,053円+④300円-A1,500円+B100円=月額5,733円

2.ドコモとの契約10年強の家族でパケットを分け合う家族みんながドコモユーザー

①カケホーダイライトプラン1,700円+②シェアパック15 12,500円円+③本体代1,053円+④300円-A1,500円+B1,000円=月額13,053円

※シェアパックなどでパケットをシェアしている同一家族が格安になります

1-3  docomo with対象スマホ一覧

docomo withでの契約は、すべてのドコモのスマホでできるわけではないのです。これがちょっと残念なところなのですが、docomo with対象スマホは決まっています。これらを紹介していきます。

MONO MO-01K

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

シンプルで使いやすい。高品質スマホ。

AQUOS sense SH-01K

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

高画質IGZOとあんしんの基本性能。長く付き合える新定番。

Galaxy Feel SC-04J

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

手になじむ感覚。一目でわかる上質。

arrows Be F-05J

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

多彩な機能、あんしんの使いやすさ。その手に、あなたらしさを。

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

初めてでもあんしんらくらく!スマートフォンデビュー。

次のページではMONO MO-01Kのスペックや特徴について説明します。

あなたにおすすめ

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」を徹底比較|どちらが買いか?... 大人気のAndroidスマホXperiaシリーズの最新モデルが各キャリアから発表されましたね! 今回もスタンダードなXperia XZ2と、映像美を追求したXperia XZ2 Premiumが発売されます。 Xperia XZ...
Xperia XZ2 Premiumレビュー|最高スペックの世界初4K HDR対応スマホ... Xperiaシリーズは常に最新鋭のスペックを備えて最高のAndroidスマホとして大人気です。 そんなXperia最新機種Xperia XZ2 Premiumがお目見えしました! 全てのキャリアでXperia XZ2が発売され、...
AQUOS R2レビュー|動画専用カメラを搭載した高スペックスマホの評価... 各キャリアから2018年夏モデルとしてAQUOS R2が発表されました! 高性能なAndroidというとXperiaやGalaxyを思い浮かべる方もいますが、AQUOS R2はこの2大機種に全く引けを取らない高性能機種です。 A...
Xperia XZ2レビュー|最高のAndroidの名に恥じぬ評価とスペック... Xpeiraは3キャリア全てが取り扱う大人気機種です。 そのXperiaシリーズ最新モデルXperia XZ2の発売が開始されました! 毎回最高スペックで構成されたモデルなので、機種選びに迷ったらXperiaを選べば間違い無いで...