「MONO MO-01K」にお得に機種変更【docomo with対象スマホ】

  • 2018年3月7日
  • by 
「MONO MO-01K」にお得に機種変更【docomo with対象スマホ】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアは、格安SIM各社に比べて、クオリティが安定していて安心して使用できますが、その分お値段は高いってイメージはないですか?

ところが、ドコモが始めた新サービス「docomo with」はそんな考えを打ち崩すような画期的料金体系だと話題になっているのです。

果たしてdocomo withはどんな料金体系なのでしょうか?

さらにこの記事ではdocomo with対応の代表的スマホの一つである人気の「MONO MO-01K」をよりお得に機種変更できる技もあわせて紹介していきます!

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

docomo withとは?


画像引用元:docomo with|料金・割引|NTTドコモ

CMでも耳にすることがある「docomo with」。直訳してしまえば「ドコモと一緒」ですが、果たしてどんな仕組みなのでしょうか?分かりやすく解説していきます。

 docomo withとは今までとは根本的に異なる料金体系

果たしてdocomo withとはどんな仕組みなのでしょうか?

一般的な料金体系

今までのドコモなどの料金体系には、基本月額の使用料に加えて、スマホ代を24回など分割払いにしている金額が加算されていました。
ただ、分割払いにすることで月々サポートという数万円の割引サービスを得られるわけです。

docomo withの場合


画像引用元:docomo with|料金・割引|NTTドコモ

docomo withの最大の特徴は、なんといっても月々の利用料から毎月1,500円割引されるということです。

docomo withの場合は、上記の月々サポートがない代わりに、いつでもスマホの機種変更は可能になります。

逆に言えば、月々サポートは2年間で終わってしまうので、その段階で機種変更をしないと割高になりますが、docomo withで申し込めば、同一スマホを2年以上つまり長く使えば使うほどずっと1,500円割引なのでお得というわけです。

なので、そこまで最新スマホにはこだわらないようなライトユーザーには、特におすすめの料金体制だと言えますね。

docomo withを利用したMONO MO-01K料金シミュレーション

ではdocomo withを利用したMONO MO-01K月々の料金シミュレーションをおこなってみましょう。

後述しますが、docomo with対応スマホは、元々スペックがミドルレンジクラスで料金は抑えめになっている特徴があります。

そのため、月々サポートがなくとも分割払いで機種代金を月額1,000円前後に抑えられるメリットがあります。

【docomo withを利用したMONO MO-01K月々の料金シミュレーション(2年間の定期契約あり※)】

※2年間は解約すると解約料がかかる=解約、機種変更するタイミングが決まってしまう

①通話料金

  • カケホーダイプラン(話し放題)2,700円
  • カケホーダイライトプラン(5分以内話し放題)1,700円
  • シンプルプラン(国内電話30秒20円の従量制)980円

②パケット料金

※データパックが一人利用向け、シェアパックが家族で分けられる家族向け(シェアするには+500円必要です)

  • データSパック(2GB)3,500円
  • データMパック(5GB)5,000円
  • ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
  • ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円
  • シェアパック5(5GB)6,500円
  • シェアパック10(10GB)9,500円
  • シェアパック15(15GB)12,500円
  • ウルトラシェアパック30(30GB)13,500
  • ウルトラシェアパック50(50GB)16,000円
  • ウルトラシェアパック100(100GB)25,000円

③MONO MO-01K本体代(分割)

  • 1,053円(2年間)※2年後は0円

④インターネット接続サービス

  • SPモード代 300円

⑤オプションサービス(任意)

  • 例:オプションパック(留守電、メロディコール、キャッチホン、転送電話)400円など

A.割引サービス①docomo with

  • 毎月1,500円割引(契約中永年)

B.割引サービス②ずっとドコモ割

※4年、8年、10年、15年とドコモとの契約年数による割引(パケット料金の割引)

  • 例:4年以上のドコモとの契約者
    パケット契約料ごとに100~1,000円割引
  • 例:15年以上のドコモとの契約者
    パケット契約料ごとに600~2,500円割引
    =ずっとドコモ割詳しくは⇒こちら

この(①+②+③+④+⑤)-(A+B)=が月額料金となります。では、具体的なユーザ―を想定して見てみましょう。

1.ドコモとの契約5年目の標準的な使い方のライトユーザー(1人利用)

①シンプルプラン980円+②データMパック5,000円+③本体代1,053円+④300円-A1,500円+B100円=月額5,733円

2.ドコモとの契約10年強の家族でパケットを分け合う家族みんながドコモユーザー

①カケホーダイライトプラン1,700円+②シェアパック15 12,500円円+③本体代1,053円+④300円-A1,500円+B1,000円=月額13,053円

※シェアパックなどでパケットをシェアしている同一家族が格安になります

docomo with対象スマホ一覧

docomo withでの契約は、すべてのドコモのスマホでできるわけではないのです。これがちょっと残念なところなのですが、docomo with対象スマホは決まっています。これらを紹介していきます。

MONO MO-01K

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

シンプルで使いやすい。高品質スマホ。

AQUOS sense SH-01K

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

高画質IGZOとあんしんの基本性能。長く付き合える新定番。

Galaxy Feel SC-04J

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

手になじむ感覚。一目でわかる上質。

arrows Be F-05J

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

多彩な機能、あんしんの使いやすさ。その手に、あなたらしさを。

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

初めてでもあんしんらくらく!スマートフォンデビュー。

これらのdocomo with対象機種のおすすめランキングを紹介しています。

MONO MO-01Kとは?

現在5機種あるdocomo with対象スマホ。そのなかでもシンプルな操作性でリーズナブルなMONO MO-01Kが人気です。

果たして、MONO MO-01Kはどんなスマホなのでしょうか?スペックや特徴を見ていきましょう!

MONO MO-01K基本スペック

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

画面サイズ:5.0インチ

本体サイズ:69x142x8.9 mm

重量153g

OS:Android7.1

内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB

バッテリー:2,800mAh

カメラ:1,320万画素(メイン)・500万画素(イン)

その他:防水(IPX5/IPX7)

カラーバリエーション:White、Gray Black(2色展開)

MONO MO-01K主な特徴

シンプルイズベスト!

MONO MO-01Kの最大の特徴と言えば、やはりコレ!シンプルイズベストなところではないでしょうか?

カメラ機能は最先端スマホに比べれば劣りますが、自撮りができるインカメラもしっかり内蔵しています。バッテリーも1日丸々使うには2,800mAHと十分なレベルです。

最先端のスペックにしないことで、値段を1/3程度に抑えられていることは大きいのですね。

もともとスマホは、各種アプリをダウンロードして、自分流にしていくものなので、本体のスペックはガラケー時代に比べるとそこまで重要ではないのです。

それだったら安いスマホに越したことはないと思いませんか?

しかも、MONO MO-01Kは、操作性もいたってシンプル。細かなアイコンなどはなく、初めてスマホユーザーになるような人でもすぐにスマホライフを楽しめます。

夜でも安心!ブルーライトカットモードを搭載

最近スマホやパソコンから発せられる光(ブルーライト)が目を酷使していると話題ですが、このブルーライトをカットするモードがMONO MO-01Kには搭載されています。

特に夜にベッドの中でスマホをいじって、目に負担をかけているような人はブルーライトを軽減して、目をいたわってあげましょう!

約69mmのコンパクトボディ

最新スマホでは、画面サイズも6インチ前後のようななかなか女性などでは片手で持ちづらい大型化が進んでいますが、MONO MO-01Kは大きすぎず小さすぎずの5インチサイズ。

しかも幅69mmと手に持ちやすいサイズ感のコンパクトボディなので、長時間持ち続けても大丈夫です。

リーズナブルな価格帯

仮に一括払いでMONO MO-01Kを購入したとしても、新規・機種変更・MNPともに価格は25,272円と、最近は100,000円オーバーの機種も珍しくないスマホで異例とも言えるようなリーズナブルな価格帯なのです。

スマホの平均寿命は2~3年と言われていて、他の家電に比べると交換のサイクルも短いもの。すぐに新機種が出ますし、やはり安いに越したことはないですよね。

MONO MO-01Kを最安値で手に入れる方法

画像引用元:ドコモ スマートフォン|製品|NTTドコモ

ここでは、元々安さが魅力のMONO MO-01Kですが、より安く手に入れたい!という欲張り派の人も納得の最安値で入手する方法を伝授していきます。

3-1  オンラインショップを利用する

MONO MO-01Kを手に入れる方法がドコモショップや家電量販店などいくつかありますが、間違いなくドコモオンラインショップを利用するのがベストです。

何故、実店舗ではなくネット?やっぱり安いの?なんて思いますが、詳しく説明しますが、安いのはもちろんそれ以外にもメリットがたくさんあるのです!

ドコモオンラインショップを使うメリット

  • 24時間365日いつでも自分のタイミングで利用ができる
  • 手数料が安い
    例)ドコモ→ドコモの機種変更の場合 
    実店舗:2,000円 
    オンラインショップ:0円
  • 頭金が0円(実店舗では手数料のような頭金 5,000円程度 が取られる場合が多いです)
  • キャンペーンをやっている(オンラインショップにて対象機種を購入した場合、抽選で50人に1人、dポイント10,000ptをプレゼント!さらに、子育て応援プログラムご加入者限定!春のプレゼントキャンペーン当選確率10倍になります~2018年3月31日まで)

dポイントをしっかり貯めよう


画像引用元:dポイントクラブ | サービス・機能 | NTTドコモ

Tポイント、PONTA、楽天スーパーポイントなどお財布がパンパンになるほど色んなポイントカードで溢れている人も少なくないと思います。

dポイントもそんなポイントの1つですが、dポイントだけにドコモでしか貯まらない、使えないなんて思っている人がいたら絶対に損をしていますよ。

dポイントはローソンやマクドナルドを始めとした実店舗を始め、PONTAやJALのマイルなどとも相互交換がOKのポイントです。

貯まったポイントはドコモの月々の使用料に充てるだけでなく、実店舗でも使えますし、スターバックスカードなどと交換することも可能です。そして、もちろんMONO MO-01Kを始めとしたスマホ本体代にも充てられます

ローソンのように支払方法を上手く使えばdポイント5倍(100円につき5dポイント)になるようなお店も。しっかりコツコツ貯めれば、本体代全てをポイント払いも決して夢ではないと思います。

dカードを作成する


画像引用元:dポイントクラブ | サービス・機能 | NTTドコモ

ドコモが発行しているクレジットカードがdカードです。

年間費無料(2年目以降は1回以上の利用が必要)の一般カードと年会費10,000円のゴールドカードがあります。

このdカードでは、通常のクレジットカード支払い(ID支払いも可)にすると100円につき1ポイントがもらえます。

そのため、ネットショッピングなどメインのクレジットカードをdカードにすれば、スマホ本体代にも充てられるdポイントがザクザク貯まるというわけです。なかでも注目したいのが、dカード GOLD。

つまり、ゴールドカードなのです。

クレジットカードは無料のモノで十分だと思うかもしれませんが、このdカード GOLD、ドコモでの月々使用料の10%分がdポイントでもらえるのです。

還元率10%はなかなか聞いたことがないレベルの高還元率ですね!話題になるのも頷けます。

例えば家族みんなでドコモにしていて一括請求にしている、大容量パケット計画をしているなど、月額8,000円を超えるようなユーザーならほぼそれだけで年会費はペイできる計算になります。

しかも、dカードゴールドなら空港ラウンジ利用に加えて、スマホが故障した場合などのケータイ保証が最大100,000円まで保証(一般dカードは10,000円)という携帯電話会社ならではの特典もついてきます。

自分向けのドコモのキャンペーンはないか?

現在、ご存知の通り、スマホ業界は熾烈なシェア争いを繰り広げています。

そのため、ドコモを始めとした各社はユーザー獲得のために魅力的なキャンペーンを多く打ち出しています。

なかにはエントリーしないといけないような、知っている人が得をしているようなキャンペーンもありますので、ドコモのキャンペーンサイトは随時チェックしたほうが良いです。

特にユーザーの出入りが激しい3~4月の春先や、最新iPhoneが発売される頃などは要チェックです!!ここでは主なおすすめキャンペーン一例を紹介します。

25歳以下のドコモユーザーの方は要チェック!

・ドコモの学割


画像引用元:キャンペーン | NTTドコモ

1年間毎月の利用料金を1,500円割引、更に同じシェアグループ全員には、dポイント3,000pt(期間・用途限定)をプレゼント!

・ハピチャン


画像引用元:キャンペーン | NTTドコモ

25歳以下のドコモユーザーは毎月嬉しい特典
(例)3月マクドナルドグランベーコンチーズ(曜日関係なし)
(例)4月ローソンプレミアムロールケーキ2個(曜日関係なし)

家族でドコモユーザーもしくはドコモに機種変更を検討している方がいる場合は要チェック!

・ドコモのご家族紹介キャンペーン


画像引用元:キャンペーン | NTTドコモ

他社からドコモへ乗り換え、または新規契約をする家族を紹介すると、ひとりの紹介につき、dポイント(期間・用途限定)10,000ポイントを進呈!

・家族まとめて割


画像引用元:キャンペーン | NTTドコモ

家族いっしょに買うと、その場で1台あたり最大5,184円(税込)引!

下取りサービスを利用する

MONO MO-01Kに機種変更をする前のスマホ(ガラケー)はどうしていますか?何かで使いそう、思い出になるなんて残していても、結局引き出しの中にしまったままになっていませんか?

それだったらセキュリティでも安心の大元、ドコモに下取りに出して、MONO MO-01Kの本体代を少しでも浮かしませんか?
ドコモの下取りサービスだったら、ガラケーのような古い機種や画面が割れているような故障品でも下取りできる場合が多いです。

docomo with対象スマホ MONO MO-01Kにお得に機種変更のまとめ

docomo with対象スマホ「MONO MO-01K」にお得に機種変更!をテーマにお届けしました。いかがでしたでしょうか?

ちなみにMONO MO-01Kはドコモおすすめ最新スマホランキングにおいても上位を獲得しています。

docomo with対象機種であり、シンプルなデザインかつ必要十分な機能を備えた所が人気を博しています。

今までは乗り換えなどで2年ごとにキャリアを変えて機種変更するのがお得とされてきましたが、このdocomo withの登場によって、同じスマホを長く使えば使うほどお得になりますから、大事に使いたいですよね。

なかでも低価格が魅力の「MONO MO-01K」、高くなりがちなスマホ代の節約の一助となってくれることでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ