ドコモのシンプルプランを徹底解説

ドコモのシンプルプランを徹底解説|通話料金の内訳とギガライトと比較

  • 更新日:2023年12月19日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2023年12月19日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、現在ドコモのシンプルプランに加入中の方に向けて、シンプルプランを徹底解説します。

シンプルプランはすでに新規受付を終了しており、今は「eximo」と「irumo」がスマホ向けプランとして提供されています。

しかし、シンプルプランのまま継続利用した方がいいのか、最新プランに変更して方がお得なのかわからない人も多いのではないでしょうか。

最新プランにしてお得になるのかや最新プランにした方がいいケースも詳しく解説するので、最新プランとの違いを知りたい人はぜひ参考にしてください。

吹き出しアイコン

ちなみに、シンプルプランは新規受付を終了しているので、ドコモへ乗り換えなら最新プラン一択です。

ドコモのシンプルプランの月額・加入条件

シンプルプランは、月額1,078円でファミリー割引グループ内の国内通話が無料になるサービスです。

シンプルプラン
月額料金2年定期契約あり※1,078円
2年定期契約なし※2,728円
国内通話料ドコモ携帯電話宛国内通話22円/30秒
(国内テレビ電話39.6円/30秒)
他社携帯電話
固定電話宛など
データ通信量加入中のパケットパックのデータ量
SMS送信料SMS(国内)送信3.3円/回~
受信 無料
国際SMS送信50円/回~
(非課税)
受信無料

※ 現在は2年定期契約は廃止済み。

シンプルプランで適用できる割引

シンプルプランで適用できる割引は以下です。

  • ずっとドコモ割プラス
  • docomo with
  • ドコモ光セット割
シンプルプランまとめ
  • 新規受付終了した通話プラン
  • 家族内通話はかけ放題
  • それ以外では22円/30秒
  • パケットパック+spモードと組み合わせて使う

トップ画像引用元:シンプルプラン(スマホ) | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモならdカード GOLDがおトク!

  • dカード GOLD 新規ご入会&ご利用で最大5,000ポイントもらえる!
  • 39歳以下なら合計最大11,000ポイントもらえる!
  • キャンペーンは5月12日まで!

ドコモのシンプルプランの月額料金・加入条件

ドコモ

画像引用元:コーポレートアイデンティティ | 企業情報 | NTTドコモ

※ドコモのシンプルプランは、2019年5月31日をもって新規受付を終了しました。
最新プラン「eximo]:データ量無制限
最新プラン「iromo」:3GBが880円〜

ドコモのシンプルプランは、月額1,078円でファミリー割引グループ内の国内通話が無料になる基本料金プランです。

ファミリー割引グループ以外への国内通話は22円/30秒、国内テレビ電話は39.6円/30秒の通話料金がかかります。

シンプルプランの月額料金

シンプルプラン
月額料金2年定期契約あり※1,078円
2年定期契約なし※2,728円
国内通話料ドコモ携帯電話宛国内通話22円/30秒
(国内テレビ電話39.6円/30秒)
他社携帯電話
固定電話宛など
データ通信量加入中のパケットパックのデータ量
SMS送信料SMS(国内)送信3.3円/回~
受信 無料
国際SMS送信50円/回~
(非課税)
受信無料

※ 現在は2年定期契約は廃止済み。

なお、2023年現在は2年定期契約が廃止済みです。

加入当時に2年定期契約を選んでいる場合は、現時点の請求も1,078円となります。

シンプルプランだけではデータ通信できない

AQUOS sense7

シンプルプランの月額1,078円は、通話のみ利用できる基本料金プランのみの最低料金です。

スマホの醍醐味であるデータ通信を利用するためには、パケットパックとspモード(インターネット接続サービス)も契約する必要があります。

パケットパックは最安値で3,190円なので、実際は以下の月額料金からとなります。

シンプルプランの実際の月額料金
  • シンプルプラン:1,078円
  • spモード:330円
  • パケットパック:3,190円
  • 合計:4,598円

上記のパケットパックは、最低限のベーシックパック 〜1GBの場合で計算しています。

毎月1GB以上のデータ量を使っている場合は、上記で試算した月額料金より高くなるので注意してください。

なお、パケットパックも新規受付終了していますが、シンプルプラン利用中ならプラン変更可能です。

吹き出しアイコン

この後、各データ量の月額料金を一覧でまとめているので、実際に利用しているデータ量にあわせて計算してみましょう。

パケットパックの月額料金

シンプルプランで選べるパケットパックには、ひとりで使う「ベーシックパック」と家族で分け合う「シェアパック」があります。

ひとりで使っている場合
データ量月額料金
〜1GB3,190円
〜3GB4,400円
〜5GB5,500円
〜20GB7,700円
20GB6,600円
30GB8,800円
家族で分け合っている場合
データ量月額料金
〜5GB7,150円
〜10GB9,900円
〜15GB13,200円
〜30GB16,500円
30GB14,850円
50GB17,600円
100GB16,500円
子回線550円/回線

毎月1GB以上使っている場合やシェアパック契約中の場合は、先ほどの計算式を使って実際にいくらかかっているか確認してみてください。

シンプルプランで適用できる割引

docomo with

画像引用元:docomo with | 料金・割引 | NTTドコ

シンプルプランでは、以下の割引を適用できます。

正確にはシンプルプランからの割引ではなく、一緒に選ぶことになるパケットパックに対しての割引です。

適用できる割引
  • ずっとドコモ割プラス
  • docomo with
  • ドコモ光セット割

ずっとドコモ割プラス

ずっとドコモ割プラスは、dポイントクラブのステージに応じて月額料金の割引、またはdポイント還元が受けられるサービスです。

dポイントクラブは改定されて「ランク制」になりましたが、シンプルプランを継続している間は従来通りステージ判定されます。

ステージは5段階に分かれています。

ステージと条件

項目1st2nd3rd4thプラチナ
ドコモ回線
継続利用期間
4年未満4年以上8年以上10年以上15年以上
dポイント獲得数
(6ヶ月間累計)
600pt未満600pt以上1,800pt以上3,000pt以上10,000pt以上

ステージに応じて月額料金の割引かdポイント還元されますが、dポイント還元は割引額の1.2倍となっています。

※2024年1月分より、法改正の規制強化で一部の割引額が減額します。
以下は減額適用後のdポイント還元額を表示します。

ひとりで利用する場合

料金プラン2nd3rd4thプラチナ
ウルトラデータLLパック240pt480pt700pt
ウルトラデータLパック120pt240pt500pt
ベーシックパック
(~20GB)
120pt240pt600pt
ベーシックパック
(~5GB)
120pt240pt400pt
ベーシックパック
(~3GB)
---400pt
ベーシックパック
(~1GB)
---240pt
ケータイパック---最大360pt

家族でわけあう場合

料金プラン2nd3rd4thプラチナ
ウルトラシェアパック1001,200pt1,440pt2,100pt2,100pt
ウルトラシェアパック50960pt1,200pt1,400pt1,400pt
ウルトラシェアパック30720pt960pt1,200pt1,200pt
ベーシックシェアパック
(~30GB)
720pt960pt1,200pt1,300pt
ベーシックシェアパック
(~15GB)
720pt960pt1,000pt1,000pt
ベーシックシェアパック
(~10GB)
480pt720pt800pt800pt
ベーシックシェアパック
(~5GB)
120pt240pt600pt600pt

なお、1stステージは共通してdポイント還元はありません。

docomo with

docomo withとは、ドコモ指定の機種を購入すると毎月1,650円割引になるサービスです。

現在は新規受付終了していますが、シンプルプラン加入当時に購入した機種のまま利用していれば、割引が継続されています。

docomo withは以下の条件で終了することに注意しましょう。

docomo withが適用外になる条件
  • 対象外料金プランへの変更・パケットパックの利用停止
  • 電話番号保管の申込み
  • docomo withを契約しているドコモ回線の解約

なお、2019年6月から、終了条件から「docomo with対象端末以外への機種変更」が削除されています。

しかし、2023年以降のスマホは5Gスマホなので、現時点で機種変更すると対象外プランへの変更に該当し、docomo withは終了します。

ドコモ光セット割

ドコモ光を契約中なら、ベーシックパックやシェアパックの月額料金からの割引が受けられます。

ベーシックパックのドコモ光セット割

ベーシックパックドコモ光セット割
~20GB880円
~5GB880円
~3GB220円
~1GB110円

ベーシックシェアパックのドコモ光セット割

ベーシックシェアパックドコモ光セット割
~30GB1,980円
~15GB1,980円
~10GB1,320円
~5GB880円

ベーシックシェアパックの割引額が大きいのは、そもそもの料金が高いためです。

家族とシェアするプランなので、ひとりあたりの割引に換算するとあまり割引額が高くないケースもあります。

新プランでも適用される

ドコモ光セット割は、新プランのeximoやirumoにも適用されます。

最新プランでは1回線あたり1,100円割引されるため、ドコモ光セット割の存在はシンプルプランを続ける理由にはなりません。

シンプルプランのひとり・家族利用で料金シミュレーション

iPhone15 ProとiPhone14 Pro

ここからは、シンプルプランをひとりで使っている場合と、家族で使っている場合に分けて料金シミュレーションします。

なお、家族で利用するケースでは、シェアパックを契約していることを前提に計算していきます。

ひとりで利用している場合の料金

ひとりでシンプルプランを利用する場合、パケットパックは「ベーシックパック」「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」から選択することになります。

ひとりでシンプルプランを使う場合のセットプラン
  • ベーシックパック
  • ウルトラデータLパック
  • ウルトラデータLLパック

それぞれの料金に、シンプルプラン(1,078円)とSPモード(330円)の料金を足したものが、月額料金になります。

ひとりで利用する場合の月額料金

データ量月額料金
〜1GB4,598円
〜3GB5,808円
〜5GB6,908円
〜20GB9,108円
20GB8,008円
30GB10,208円

なお、実際の請求時には、上記の金額に通話料やユニバーサルサービス料(2.2円/月)が加算されます。

家族で分け合っている場合の料金

パケットパックの「シェアパック」では、代表回線ひとりが契約しているデータ量を、家族で分けて利用しています。

データ量を分けてもらう子回線は「シェアオプション」の月額550円だけですが、代表回線は家族分の料金もかかるため高額になりがちです。

各回線の月額料金は、データプランにシンプルプラン(1,078円)とSPモード(330円)の料金を足した金額になります。

家族で利用する場合の1回線あたりの月額料金

データ量月額料金
〜5GB8,558円
〜10GB11,308円
〜15GB14,608円
〜30GB17,908円
30GB16,258円
50GB17,908円
100GB19,008円
子回線1,958円

なお、実際の請求時には、ここに通話料やユニバーサルサービス料(2.2円)が加算されます。

シンプルプランは通話料金に注意

AQUOS sense7

シンプルプランは月額1,078円で、ファミリー割引グループ内の国内通話は無料の通話プランです。

しかし、それ以外の国内通話では22円/30秒、国内テレビ電話は39.6円/30秒かかります。

例えば、ファミリー割引グループ内以外との通話を合計10分行った月は、料金が440円プラスされてしまうので気を付けましょう。

【10分国内通話料した月の計算式】
1,078円+22円×20(10分は30秒の20倍)= 1,518円

国内テレビ通話を合計10分行った場合は、792円です。

【10分国内ビデオ通話した月の計算式】
1,078円+39.6円×20(10分は30秒の20倍)= 1,870円

LINEなどの無料通話で代替しよう

LINEアプリ

画像引用元:‎「LINE」をApp Storeで

通話料金を節約する手段として、LINEなど外部アプリの無料通話を利用する方法があります。

LINEはスマホユーザーならほぼ全員が使っているアプリなので、通話したい相手と「友だち」になっておいて、以降はLINEアプリで通話しましょう。

ビデオ通話もLINEなら無料で行えます。

なお、無料通話ができるアプリなら、必ずしもLINEである必要はありません。

SkypeでもZoomでも、必要に応じて好きなものを使いましょう。

ただし、アプリの無料通話のみ使う月でも、契約しているデータ量に応じて4,598円〜の月額料金がかかります。

シンプルプランとギガライトを比較

ギガライト

画像引用元:シンプル2択な料金プラン。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

シンプルプランはギガライトと比べてどちらが安いのかみていきましょう。

ギガライトとは

ギガライトは、2023年6月30日をもって新規申込み受付を終了した、ライトユーザー向けの旧プランです。

データを使った分だけ支払う従量課金制で、パケットパックのベーシックパックと仕組みが似ています。

ギガライトの料金

ギガライト
条件2年定期契約 and
dカードお支払割
適用なし
2年定期契約 or
dカードお支払割
適用時
~7GB6,150円5,980円
~5GB5,150円4,980円
~3GB4,150円3,980円
~1GB3,150円2,980円
国内通話量家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS送料(国内)1回あたり3円~
(受信 無料)
国際SMS1回あたり50円~
(受信 無料)

では、ギガライトと、シンプルプラン+ベーシックパックの料金を比較してみましょう。

どちらも2年定期契約ありの料金で計算します。

通話料はギガライトもファミリー割引グループ内では無料、それ以外の国内通話は20円/30秒と同じなので、計算には含めません。

~1GB ギガライトのほうが安い

ギガライトの~1GBは2,980円。

対するシンプルプラン+ベーシックパックの~1GBは4,180円。

よって、ギガライトのほうが1,200円安いです。

docomo with適用なら逆転

もしシンプルプラン+ベーシックパックにdocomo withが適用される場合は、2,680円になります。

つまり、シンプルプラン+ベーシックパックのほうが300円安いです。

~3GB ギガライトのほうが安い

ギガライトの~3GBは3,980円。

対するシンプルプラン+ベーシックパックの~3GBは5,280円です。

よって、ギガライトほうが1,300円安いですね。

docomo with適用なら逆転

もしシンプルプラン+ベーシックパックにdocomo withが適用されている場合は、3,780円に。

シンプルプラン+ベーシックパックのほうが200円安いです。

~5GB ギガライトのほうが安い

ギガライトの~5GBは4,980円。

対するシンプルプラン+ベーシックパックの~3GBは6,280円なので、ギガライトほうが1,300円安いです。

docomo with適用なら逆転

シンプルプラン+ベーシックパックにdocomo withが適用されている場合は、4,780円になり、シンプルプラン+ベーシックパックのほうが200円安くなります。

~7GBまで ギガライトのほうが安い

ギガライトの~7GBは5,980円です。

対するシンプルプラン+ベーシックパックは、~20GBが適用されて8,280円。

よって、ギガライトのほうが2,300円安いです。

この価格差はdocomo withを適用しても逆転できません。

シンプルプランと最新プランを比較

ドコモの新プラン

画像引用元:ドコモで選べる料金プラン | 料金・割引 | NTTドコモ

ここからは、シンプルプランとドコモの最新プランを比べて、どちらが安いのかみていきましょう。

2023年12月現在はギガライトはなくなり、新料金プランのみが選択できます。

比較する料金プラン
  • eximo
    データ量無制限の使い放題プラン
  • irumo
    小容量向けの低価格プラン
  • ahamo
    オンライン申し込み専用の格安プラン

最新プランにはシェアパックのような「家族とデータ量を共有するプラン」はありません。

現在シェアパック利用中の場合、新プランの料金は家族の人数分を計算する必要があることに注意しましょう。

eximo

eximo

画像引用元:ドコモで選べる料金プラン | 料金・割引 | NTTドコモ

eximoは、2023年7月1日から提供開始したデータ量無制限プランです。

毎月たっぷり動画やゲームを利用する人でも、データ量がなくなって困ることはありません。

また、あまりデータ量を使わなかった月は自動的に割引されるので、月によって利用量が変わる場合も安心です。

ひとりで使う場合の料金比較

データ量シンプルプランeximo
〜1GB4,598円4,565円
〜3GB5,808円5,665円
〜5GB6,908円7,315円
〜20GB9,108円
20GB8,008円
30GB10,208円
無制限-

ひとりで使う場合は、毎月5GBで足りるならシンプルプランを使い続けた方が安くなります。

しかし、5GBを超えると逆転し、eximoで使い放題の料金がお得です。

3人家族で使う場合の料金比較

データ量※シンプルプランeximo
〜5GB12,474円13,695円
〜10GB15,224円16,995円
〜15GB18,524円21,945円
〜30GB21,824円
30GB20,174円
50GB21,824円
100GB22,924円
※ シンプルプランは家族合計のデータ量、eximoは1人あたりのデータ量です。

3人家族を例にすると、シェアパックの容量に関わらずシンプルプランの方が安く使えます。

ただ、eximoはデータ量無制限なので、大きなシェアパックでもデータ量上限に到達しているなら、eximoの方が快適に使えます。

料金と使い勝手で検討して、必要に応じてプラン変更を検討してください。

irumo

irumoとは

irumoもeximoと同様に、2023年7月1日に開始した新料金プランです。

eximoとは異なり小容量向けのプランで、あまりデータ量を消費しない人ならお得に使えます。

ただし、irumoは混雑時に他プランより優先的に速度低下する可能性があるなど、注意点もある料金プランです。

プラン変更の前に、こちらのirumo解説記事もしっかりチェックしてから手続きしてください。

ひとりで使う場合の料金比較

データ量シンプルプランirumo
〜0.5GB4,598円550円
〜1GB2,167円
〜3GB5,808円
〜5GB6,908円2,827円
〜6GB9,108円
〜9GB3,377円
〜20GB-
20GB8,008円-
30GB10,208円-
無制限--

ひとりで使う場合、毎月9GB以下で足りる人はirumoの方が安くなります。

その反面、irumoには10GB以上の料金プランがありません。

シンプルプランで20GB・30GBを利用している人は、次に解説するahamoを検討しましょう。

3人家族で使う場合の料金比較

データ量※シンプルプランirumo
〜0.5GB12,474円1,650円
〜1GB6,501円
〜3GB
〜5GB8,481円
〜6GB15,224円
〜9GB10,131円
〜10GB-
〜15GB18,524円-
〜30GB21,824円-
30GB20,174円-
50GB21,824円-
100GB22,924円-
※ シンプルプランは家族合計のデータ量、irumoは1人あたりのデータ量です。

家族3人で使う場合、ひとりあたりのデータ量が9GB以下なら、irumoに変えた方が安くなります。

ひとりだけが大量にデータ量を使う世帯なら、eximo + irumo 2人でもっと安くできる可能性もあるでしょう。

ahamo

ahamo大盛り

画像引用元:ahamo大盛り 100GB4,950円

ahamoは、2021年3月26日に受付をスタートしたオンライン専用の格安プランです。

申し込みから各種手続きがすべてオンライン手続きとなる代わりに、ドコモの料金プランの中でもトップレベルの安さです。

ドコモ光セット割などの割引も対象外ですが、元々の月額料金が安いので割引がなくても全く問題ないでしょう。

ひとりで使う場合の料金比較

データ量シンプルプランahamo
〜1GB4,598円2,970円
〜3GB5,808円
〜5GB6,908円
〜20GB9,108円
20GB8,008円
30GB10,208円4,950円
100GB-

ひとりで使う場合、ahamoにプラン変更した方が圧倒的にお得に使えます。

オンライン手続きのみで問題ないなら、積極的にahamoを検討してください。

3人家族で使う場合の料金比較

データ量※シンプルプランahamo
〜5GB12,474円8,910円
〜10GB15,224円
〜15GB18,524円
〜20GB21,824円
〜30GB14,850円
30GB20,174円
50GB21,824円
100GB22,924円
※ シンプルプランは家族合計のデータ量、ahamoは1人あたりのデータ量です。

家族3人を例にした場合でも、ahamoを利用する方が安くなります。

シェアプランの容量が多いほどahamoにするほどお得度が高くなります。

家族まとめてシンプルプランを継続しているなら、プラン変更を検討した方がいいでしょう。

シンプルプランがおすすめな人

AQUOS wish2

 

シンプルプランと最新プランを比較すると、多くの場合は最新プランの方がお得になる結果でした。

docomo withなどの割引を受けている場合は1,650円割引があります。

現在シェアプラン利用中の場合のみ、割引込みで考えるとeximoにプラン変更するよりシンプルプランの方がお得になる可能性があります。

しかし、irumoやahamoなら、シンプルプランで各種割引を受けても新プランの方がお得になるでしょう。

  • シェアパックを使っていてデータ量が足りている
  • 家族全員がdocomo withを継続中

こうしたケースなら、シンプルプランを継続した方がいいかもしれません。

シンプルプランから変更した方がいい人

iPhone15 Pro ディスプレイ

逆にシンプルプランから新プランに変更すべき方は、以下のような方です。

シンプルプランから変更したほうがいい人
  • docomo with適用中ではない
  • 5Gを使いたい
  • 5G対応の新機種にしたい

docomo with適用中ではない

最新プランと比較した通り、多くの場合はシンプルプランより新プランに変更した方が安くなります。

しかし、docomo with適用中の場合は変更しないほうが安いケースが増えるので、現在の料金をよく確認してプラン変更するか決めましょう。

逆にdocomo with適用中でないなら、プラン変更する方がお得になるはずです。

5Gを使いたい

2023年12月現在、ドコモの5G対応エリアはかなり広くなりました。

5Gサービス開始当初は都市部しか5Gに繋がりませんでしたが、郊外でも5G対が使える場所が増えています。

5Gを使ってみたい人は、5Gスマホ購入&最新プランに変える時期が来たと考えていいのではないでしょうか。

5G対応の新機種にしたい

2023年12月現在、ドコモが販売しているスマホはすべて5Gスマホです。

つまり、最新機種を購入する際は、必然的に最新プランにプラン変更が必要になるということです。

先ほど計算した通り、シンプルプランから新プランにしても、多くの場合は今より安くなります。

5G対応の新機種が欲しいなら、シンプルプランにこだわらずに機種購入&プラン変更しましょう。

シンプルプランは基本的に最新プランに変更した方がお得

Galaxy S23

画像引用元:Samsung Galaxy S23(サムスン ギャラクシーS23) | Samsung Japan 公式

今回は、ドコモのシンプルプランについてと、最新プランとの料金比較を解説しました。

シンプルプランまとめ
  • 新規受付終了した基本料金プラン
  • 家族内通話はかけ放題
  • それ以外は22円/30秒
  • docomo withの1,650円
  • 多くの場合は最新プランの方が安い

シンプルプランは現在のすでに新規受付終了しています。

今から加入はできないプランですが、docomo withで「ずっと1,650円割引を受けているから」と、使い続けている人が多い料金プランです。

しかし、料金比較をした通り、ほとんどのケースでは最新プランに変更した方がお得になる料金プランです。

特にずっと同じスマホを使い続けている人は、端末本体の寿命を感じているのではないでしょうか。

現在もシンプルプランを使っているなら、ぜひ今回の解説を参考に、最新機種の購入と最新プランへの変更を前向きに検討してみてください。

この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。