docomo withとシンプルプランの組み合わせがドコモで最安か検証してみた

docomo withとシンプルプランの組み合わせがドコモで最安か検証してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

格安SIMサービスが世間に広く浸透していき、国内大手のドコモ・au・ソフトバンクのキャリアはやはり料金が高いというイメージが強く付きまとうようになりました。

ただ、ドコモでは以前まで、カケホーダイ&パケあえるという料金プランを提供していて、基本料金はカケホーダイプランのみという料金プランとなっていました。

そのため、ドコモでスマホを購入すると高額な料金プランになってしまうというのがありました。

ところが現在では、あまりスマホを利用しない方に向けた料金プランも展開しています。

料金プランの自由度が高くなり、あまりスマホを使わない方に向けた割引サービスも追加されたことから、実際はどのような料金プランが一番安いのか分かりにくくなってしまっています。

そこで今回は、ドコモでのスマホを最も安いプランで利用するためにはどういった料金プランを契約するのが良いのかについて解説します。

なお、今回は「docomo with」との組み合わせを検証するものであるため、ガラケー向けの料金プランについてはあえて触れておりません。

docomo with対象機種を購入するならドコモオンラインショップがオススメ!

docomo with対象機種のおすすめスマホランキングをこちらで紹介しています。購入の参考にしてください!
docomo with対象機種のおすすめ最新スマホランキング

1 ドコモの通話プランを比較してみる

まずは、ドコモのスマホを利用する上で基本料金となってくる通話プランについて紹介します。

ドコモでは、通話プランを現在3種類展開しています。

ドコモのスマホの基本料金
  • 通話をよく使う人向けの「カケホーダイプラン」
  • 通話をあまり使わない人向けの「カケホーダイライトプラン」
  • ほとんど通話を行わない人向けの「シンプルプラン」

これら3つがどのように異なり、どのような料金体系となっているのかについて見ていきましょう。

1-1 ドコモの基本料金 | カケホーダイプラン


画像引用元:ドコモ公式:カケホーダイプラン

まずは、ドコモのスマホで通話をよく行う人向けの料金プランである「カケホーダイプラン」からご紹介します。

カケホーダイプランの料金は2年縛りと言われる2年定期契約の場合、1ヶ月あたり2,700円で利用可能です。

このカケホーダイプランでは、通話時間の制限というものがありません。

そのため、1日あたり何時間通話をしていたとしても1ヶ月あたりの請求は2,700円となります。

このカケホーダイの範囲は「国内通話」とされているため、ドコモ同士や家族内通話といった制限がありません。

多くの通信事業者では30秒あたり20円という通話料金設定となっているため、1日あたり2時間以上通話する方ならこちらのカケホーダイプランがおすすめです。

1-2 ドコモの基本料金 | カケホーダイライトプラン


画像引用元:ドコモ公式:カケホーダイライトプラン

続いて、あまり通話をしない人向けの「カケホーダイライトプラン」についてご紹介します。

こちらは、制限付きのカケホーダイプランと考えると分かりやすいです。

カケホーダイプランでは通話時間も関係なくどれだけ通話をしても一定の料金でしたが、こちらのカケホーダイライトプランでは一回あたりの通話が5分以内とされています。

家族内通話であればドコモのファミリー割引を利用することで通話料金が割安となりますが、家族内通話以外は5分以内かけ放題という制限付きのカケホーダイプランです。

申込みの条件として、「パケットパック(シェアパック子回線も含む)の契約が必要」という文言があるため、データ通信ではシェアパックを契約する必要があります。

家族内通話の「家族内」の定義として、「同一シェアパック内の回線である」という条件があります。

月額料金は1,700円となっていて、通話の発信を行う回数については制限がありません。

そのため、一回あたりの通話時間が短い人向けの料金プランでもあります。

ご自分から発信して5分を超える通話時間となった場合、5分を超えた時点から30秒あたり20円の通話料金が発生します。

1-3 ドコモの基本料金 | シンプルプラン


画像引用元:ドコモ公式:シンプルプラン

次に、ほとんど通話をしない人向けの料金プランである「シンプルプラン」についてご紹介します。

こちらはなんと月額980円で利用できるかなりお安い料金プランです。

ですが、かけ放題となる範囲が家族内通話のみとなっています。

この家族内の定義はカケホーダイライトプランと同様であるため、シェアパックを契約する必要があります。

しかしながら、1ヶ月あたりにほとんど通話を行わない方であれば通話料金は微々たるものであるため、こちらのシンプルプランがおすすめです。

通話料金はカケホーダイライトプランと同じく30秒あたり20円となっています。

次の章では、ドコモのデータ通信プランを比較します。

1-4 最も安いプランはシンプルプラン

さて、ここまで紹介した中でダントツで安かったのは、やはりシンプルプランでした。

シンプルプランは出来ることもシンプルですが、何と言っても月額料金が圧倒的にシンプルです。

以前までは1ヶ月あたりに2,700円が発生するカケホーダイプランのみの展開となっていましたが、通話をほとんど使わない方にも配慮したシンプルプランも提供されるようになりました。

そのため、ドコモスマホの基本料金としてはまずシンプルプランを選択して通話はLINE通話などで行うという方法が最安への近道です。

ドコモの基本料金の最安は「シンプルプラン」
  • 月額料金は980円
  • 通話料金は30秒あたり20円
  • 通話はLINE通話などを活用しよう

2 ドコモのモバイルデータ通信プランを比較してみる

続いて、モバイルデータ通信における料金プランはどれを選ぶのが良いのかについて見ていきましょう。

モバイルデータ通信に関して、選べる料金プランがたくさんあります。

どれを選ぶのが一番安いのか、どれを選ぶのがご自分にとって一番相性の良いプランなのかについて、以前まで受付を行っていたパケットパックと新しく受付が始まったベーシックパックを比較していきます。

2-1 新規受付が終了したドコモの「パケットパック」

ドコモでは、以前まで定額制のデータ通信プランであるパケットパックのみを提供していました。

あらかじめ当月に利用できるデータ通信容量が決められ、その範囲の中でモバイルデータ通信を行うという料金プランです。

ですが、この「パケットパック」の料金プランは2018年5月24日をもって新規受付が終了しています。

これまでこちらのパケットパックを利用していた方はそのまま利用することが出来ますが、これからスマホを購入する方には適用されません。

そこで、パケットパックに変わって提供されたデータ通信プランを契約する必要があります。

2-2 新しく登場したドコモの「ベーシックパック」とは?


画像引用元:ドコモ公式:ベーシックパック・ベーシックシェアパック

パケットパックに変わって新しく登場したのは、「ベーシックパック」という従量課金制の料金プランです。

こちらの料金プランでは、当月に使用したモバイルデータ通信量に応じて請求額が異なります。

ベーシックパックの料金プラン

ベーシックパック月額料金
~20GB7,000円
~5GB5,000円
~3GB4,000円
~1GB2,900円

ベーシックパックでは、1GB未満のモバイルデータ通信量であれば1ヶ月あたりの料金は2,900円となります。

以前までのパケットパックでは最低でも2GBの契約で、1ヶ月あたり3,500円という料金が発生していたためモバイルデータ通信料金が安くなったと言えます。

ベーシックパックはお一人で使う人向けの料金プランですが、もちろん、下記のようにご家族で利用する人向けの「ベーシックシェアパック」というプランもあります。

ベーシックシェアパックの料金プラン

ベーシックシェアパック月額料金
~30GB15,000円
~15GB12,000円
~10GB9,000円
~5GB6,500円

このように、シェアパックの場合でも従量課金制が導入されました。

こちらのシェアパックの子回線という形でシェアオプションを利用すると、データ通信料金は基本料金にプラス500円のみとなります。

お一人で利用するのであればベーシックパックの「~1GB」が最も安いプランとなっていますが、ご家族で利用する場合はシェアパックの子回線となるのが最も安いプランであると言えます。

次の章では、ドコモをお得に利用するポイントを紹介します。

ドコモの新プラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を徹底分析

2-3  ドコモの「ウルトラ」シリーズは定額制

モバイルデータ通信を多く利用する人向けに、ドコモでは「ウルトラ」シリーズという大型のデータ容量を用意しています。

こちらは、これまでのパケットパックと同じ定額制の料金プランとなっていて、1GBあたりの単価が安くなっています。

「ウルトラ」シリーズも「ウルトラデータパック」と「ウルトラシェアパック」の2種類が用意されているため、以下で2つの料金プランをまとめます。

ウルトラデータパックの料金プラン

ウルトラデータパック月額料金
ウルトラデータパックLL
30GB
8,000円
ウルトラデータパックL
20GB
6,000円

ウルトラシェアパックの料金プラン

ウルトラシェアパック月額料金
ウルトラシェアパック100
100GB
25,000円
ウルトラシェアパック50
50GB
16,000円
ウルトラシェアパック30
30GB
13,500円

「ウルトラ」シリーズの一番データ容量が低いパックをベーシックパックの料金と比較すると、

  • ウルトラデータパックLL(20GB):6,000円/月
  • ウルトラシェアパック30(30GB):13,500円/月

となっています。

そのため、ベーシックパックやベーシックシェアパックで最大容量を利用する方であれば、「ウルトラ」シリーズを契約した方が安くなります。

2-4 ドコモの割引サービス


画像引用元:ドコモ公式:料金・割引

ドコモでは、データ通信プランから「ずっとドコモ割プラス」や「ドコモ光セット」という、ドコモのサービスを利用することでの割引を受けることが出来ます。

「ずっとドコモ割プラス」では、月額料金からの割引かそれともdポイントでの還元かのどちらかを選ぶことが出来ます。

dポイントとは、ドコモが提供しているポイントプログラムで、ドコモサービスの月額料金支払いにも利用することが出来ます。

月額料金からの割引ではなくdポイント還元をすることによるメリットは、還元されるポイントが月額料金からの割引額に比べて1.2倍となるという点です。

そのため、当月にdポイントが付与されると実際に利用できるのは翌月からとなるため、即座に値引きをするという訳にはいきませんが、dポイント還元を行った方がお安くなります。

また、ドコモでは「ドコモ光」というご自宅向けのインターネット光回線サービスを提供しています。

こちらのサービスとドコモのモバイル回線を併用することによって、ドコモのモバイル回線の月額料金から値引きが入ります。

以下に、ベーシックパックとベーシックシェアパックを参考にした割引金額を表でまとめます。

ベーシックパックのドコモ光セット割

ベーシックパックドコモ光セット割
~20GB800円
~5GB800円
~3GB200円
~1GB100円

ベーシックシェアパックのドコモ光セット割

ベーシックシェアパックドコモ光セット割
~30GB1,800円
~15GB1,800円
~10GB1,200円
~5GB800円

ベーシックシェアパックの方がそもそもの金額が高額であるため、ドコモ光セット割による割引効果が大きいです。

ドコモ光はご自宅向けのインターネット光回線で、最大通信速度1Gbpsを実現しているため、高速通信を行うことが可能です。

また、ご自宅のインターネット回線をドコモ光にすることで、dポイントが貯まりやすくなります。

ドコモ光を利用することで、ドコモスマホの月額料金がお安くなりさらにdポイントもお得に貯まるため、是非導入した方が良いです。

2-5 ドコモを利用するならモバイル通信は抑えた方がお得

ここまで、ドコモのモバイルデータ通信プランの料金についてご紹介してきました。

料金だけで見ると、やはりモバイルデータ通信を抑えた「~1GB」を利用するのが最も安い料金プラントなります。

モバイルデータ通信を抑えるのはコツが必要ですが、

  • 自宅では常にWi-Fi接続
  • 外出先でもなるべくフリーWi-Fiスポットでインターネット接続

を行うようにすると良いです。

また、ドコモ光をセットで利用すると「ベーシックパック/~1GB」の場合は毎月100円値引きとなるため、自宅のインターネット回線はドコモ光にした方がより安くなります。

ドコモのデータ通信の最安は「ベーシックパック」
  • ベーシックパックの「~1GB」が最安値
  • モバイルデータ通信を抑えよう
  • ドコモ光を利用するとドコモ光セット割でさらにお得

次の章では、最終的にどのプランの組み合わせがドコモを安く利用できるか紹介します。

3 docomo withとは割引サービスなのか


画像引用元:ドコモ公式:docomo with

ドコモでは、「docomo with」という割引サービスを提供しています。

こちらのサービス内容は、docomo with対象の機種を購入してドコモスマホ向けの料金プランを利用することで、毎月利用料金から1,500円割引されるというものです。

ドコモはこれと似たサービスに「月々サポート」という割引サービスがあります。

「月々サポート」の場合は、機種の購入から2年間と割引期間が決められていて、機種によって割引される金額も様々です。

ですが「docomo with」では割引期間の制限がありません

また、docomo with対象機種であればどの機種でも毎月1,500円割引されます。

docomo withの対象となっている機種ははどれもミドルスペックモデルのスマホで、2年間の分割支払にすると本体代金が1ヶ月あたり1,500円を切ることがあります。

つまり、本体代金が実質0円となってさらに月額料金から割引が入るということです。

またこちらは、本体代金を先に全て支払ったり3年目以降も同一の機種を利用したりすることによって分割代金がなくなるため、純粋に月額料金から割引をすることができます。

3-1 2018年夏モデルからドコモの新機種が投入される

docomo withは、かなり魅力的でお得な割引サービスですが、これまではミドルスペックモデルのスマホが中心で、どれを選んでもあまり変わらないというのが正直なところでした。

本体価格は安くなるものの、スマホとしての楽しさやワクワク感が薄れていってしまっていました。

ところが、2018年夏モデルではミドルスペックモデルよりも少しハイエンドなスマホも投入されるようになりました。

「LG style」

「LG style」というスマホは、メモリが4GBで内蔵ストレージ容量も64GBと大きく、使っていて楽しむことができそうなスマホです。

本体代金は40,176円となっていて、24回の分割支払にすると月額174円という本体負担額となります。

つまり、本体代金の総額は実質4,176円という計算になります。

ハイエンド寄りなミドルスペックスマホが実質5,000円を切る本体価格で提供されるのは、ドコモならではといったところです。

「MONO MO-01K」

ドコモのオリジナルブランドのスマホである「MONO」シリーズ「MONO MO-01K」は本体価格が25,272円となっていて、24回の分割にすると1ヶ月あたり1,053円という負担額になります。

このように、分割支払にした時に1ヶ月あたりの負担額が1,500円を切るスマホを購入することで、本体代金が実質0円となりさらに毎月500円近くの割引が入ることになります。

この2つのdocomo with対応の新機種はdocomo withランキングでも上位にランクインしています!

docomo with対象機種のおすすめ最新スマホランキング【2018年夏版】

docomo withって何?
  • 期間制限なしで毎月1,500円割引
  • docomo with対象機種の購入が必要
  • 対象機種はラインナップが増えた
  • 本体価格が実質0円でさらに割引されることもある

4 安い料金でお得にドコモを活用しよう!


画像引用元:ドコモ公式:料金・割引

ここまで、ドコモの月額料金で最も安い料金プランを追求してきました。

それでは、いよいよどの組み合わせが最も安い料金プランとなるのかをまとめていきます。

まず、基本料金は「シンプルプラン」が最も安い料金プランです。

かけ放題となる範囲がないというデメリットはあるものの、1ヶ月あたりの負担額が980円というのは魅力的です。

さらに、モバイルデータ通信プランはベーシックパックを選択して、モバイルデータ通信を節約して「~1GB」の範囲に抑えるという使い方がおすすめです。

この利用方法であれば、Wi-Fi通信がメインとなるというデメリットがあるもののモバイルデータ通信料金を2,900円に抑えることが出来ます。

ですが、ご家族で利用している場合にはシェアパックの子回線となるのが最も安い料金プランです。

シェアパックの子回線であれば、1ヶ月あたりの請求は500円となります。

シェアパックの請求はご家族で均等に分けることもできるため、その際には料金が異なってきますが、基本的にはシェアオプション代金500円のみの負担額となります。

またこの際、ドコモ光もセットで利用しているとドコモ光セット割が適用されるためさらにお安くなります。

そして最後に、購入するスマホは「docomo with」対象のものを選ぶようにしましょう。

ドコモの最も安い料金プランは
  • 基本料金は「シンプルプラン」
  • モバイルデータ通信プランは「ベーシックパック/~1GB」
  • docomo with対象スマホを選択
  • ドコモ光と併用

上記の組み合わせが、ドコモのモバイル回線を利用する上で最も安い料金プランであると言えます。

今回検証してみた結果、やはりシンプルプランとdocomo withの組み合わせが最も安い料金プランとなりました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ