docomo withとシンプルプランの組み合わせがドコモで最安か検証してみた

docomo withとシンプルプランの組み合わせがドコモで最安か検証してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

格安SIMサービスが世間に広く浸透していき、国内大手のドコモ・au・ソフトバンクのキャリアはやはり料金が高いというイメージが強く付きまとうようになりました。

ただ、ドコモでは以前まで、カケホーダイ&パケあえるという料金プランを提供していて、基本料金はカケホーダイプランのみという料金プランとなっていました。

そのため、ドコモでスマホを購入すると高額な料金プランになってしまうというのがありました。

ところが現在では、あまりスマホを利用しない方に向けた料金プランも展開しています。

料金プランの自由度が高くなり、あまりスマホを使わない方に向けた割引サービスも追加されたことから、実際はどのような料金プランが一番安いのか分かりにくくなってしまっています。

そこで今回は、ドコモでのスマホを最も安いプランで利用するためにはどういった料金プランを契約するのが良いのかについて解説します。

なお、今回は「docomo with」との組み合わせを検証するものであるため、ガラケー向けの料金プランについてはあえて触れておりません。

速報

docomo withにiPhone 6s(32GB)が追加!
2018年9月1日から、docomo withにiPhone 6s(32GB)が追加されることになりました!
在庫切れ・品薄が予想されますので、ドコモオンラインショップでの予約はお早めにすることをオススメします!

docomo with対象機種を購入するならドコモオンラインショップがオススメ!

docomo with対象機種のおすすめスマホランキングをこちらで紹介しています。購入の参考にしてください!
docomo with対象機種のおすすめ最新スマホランキング

1 ドコモの通話プランを比較してみる

まずは、ドコモのスマホを利用する上で基本料金となってくる通話プランについて紹介します。

ドコモでは、通話プランを現在3種類展開しています。

ドコモのスマホの基本料金

  • 通話をよく使う人向けの「カケホーダイプラン」
  • 通話をあまり使わない人向けの「カケホーダイライトプラン」
  • ほとんど通話を行わない人向けの「シンプルプラン」

これら3つがどのように異なり、どのような料金体系となっているのかについて見ていきましょう。

1-1 ドコモの基本料金 | カケホーダイプラン


画像引用元:ドコモ公式:カケホーダイプラン

まずは、ドコモのスマホで通話をよく行う人向けの料金プランである「カケホーダイプラン」からご紹介します。

カケホーダイプランの料金は2年縛りと言われる2年定期契約の場合、1ヶ月あたり2,700円で利用可能です。

このカケホーダイプランでは、通話時間の制限というものがありません。

そのため、1日あたり何時間通話をしていたとしても1ヶ月あたりの請求は2,700円となります。

このカケホーダイの範囲は「国内通話」とされているため、ドコモ同士や家族内通話といった制限がありません。

多くの通信事業者では30秒あたり20円という通話料金設定となっているため、1日あたり2時間以上通話する方ならこちらのカケホーダイプランがおすすめです。

1-2 ドコモの基本料金 | カケホーダイライトプラン


画像引用元:ドコモ公式:カケホーダイライトプラン

続いて、あまり通話をしない人向けの「カケホーダイライトプラン」についてご紹介します。

こちらは、制限付きのカケホーダイプランと考えると分かりやすいです。

カケホーダイプランでは通話時間も関係なくどれだけ通話をしても一定の料金でしたが、こちらのカケホーダイライトプランでは一回あたりの通話が5分以内とされています。

家族内通話であればドコモのファミリー割引を利用することで通話料金が割安となりますが、家族内通話以外は5分以内かけ放題という制限付きのカケホーダイプランです。

申込みの条件として、「パケットパック(シェアパック子回線も含む)の契約が必要」という文言があるため、データ通信ではシェアパックを契約する必要があります。

家族内通話の「家族内」の定義として、「同一シェアパック内の回線である」という条件があります。

月額料金は1,700円となっていて、通話の発信を行う回数については制限がありません。

そのため、一回あたりの通話時間が短い人向けの料金プランでもあります。

ご自分から発信して5分を超える通話時間となった場合、5分を超えた時点から30秒あたり20円の通話料金が発生します。

1-3 ドコモの基本料金 | シンプルプラン


画像引用元:ドコモ公式:シンプルプラン

次に、ほとんど通話をしない人向けの料金プランである「シンプルプラン」についてご紹介します。

こちらはなんと月額980円で利用できるかなりお安い料金プランです。

ですが、かけ放題となる範囲が家族内通話のみとなっています。

この家族内の定義はカケホーダイライトプランと同様であるため、シェアパックを契約する必要があります。

しかしながら、1ヶ月あたりにほとんど通話を行わない方であれば通話料金は微々たるものであるため、こちらのシンプルプランがおすすめです。

通話料金はカケホーダイライトプランと同じく30秒あたり20円となっています。

次のページでは、ドコモのデータ通信プランを比較します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2018-19年冬春版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2018-19年冬春の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホを決めました。 始めに最新スマホのおすすめランキングを紹介し、最後に使...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...
ソフトバンクの機種変更ならドコモ乗り換えで10,800円割引クーポン発行中!... ソフトバンクでiPhone XSやGoogle Pixel 3、Xperia XZ3などの最新機種に機種変更を考えているなら、ドコモへ乗り換えも検討してはいかがでしょうか? 実は、bitWave限定でドコモオンラインショップで使える1...
ドコモおすすめ最新スマホ機種ランキング【2018-19冬春モデル】... NTTドコモは、2018-2019年冬春の新商品ラインナップとして、 スマートフォン5機種、ドコモケータイ2機種、ワンナンバーサービス対応製品1機種、データ通信製品(モバイルWi-Fiルーター)1機種の全9機種を発表しました。 ...